FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


先日の「ドキドキプリキュア」第16話を見て改めて感じた事は、
「自己中」というのは、人間誰しもが持っている本能的なものであり、誰しもが
「自分が一番可愛い」
「世の中は自分を中心に回っている」
「自分の思い通りに物事が動けば、全てがうまくいく」
なんていう風には思っているはずだと思うのです。
それは、歴代プリキュア達も事情は違えこそ、同じだと思うのです。
要は程度の問題だと思うのです。
他人に迷惑とか災いをもたらしてまで、己の自己満足を達成させたいなのか、それとも
他人に迷惑や不快な思いをさせる位なら、自分はここは他人に譲るとか妥協するべきなのか、
それを決めるのは一人一人の自由な判断に委ねられるべきだと思うのです。

そうなると、一体「自己中」と「自己中ではない」の境界はどこにあるのか、
自分達はどのように線引きをすれば良いのか・・・
正直それに対する「回答」なんてないと思います。
ホント、要はさじ加減なのだと思います。
「自己中」とはすなわち「自己愛」と言い換えても良いとさえ思います。
自分達一人一人が生きている限り、その人の人生の主役はその人自身なのですから、
結局は自分が一番可愛いという事になると思うのです。
反面、人間には「良心」・「自制心」というものもあり、
どこかで自分自身をコントロールしなくてはいけない局面もあります。
いつまでも自分中心で考えるべきではなく、他人と向き合い、他人と妥協しあい、最終的に
自己の欲するものを全てとはいかなくても、幾つか適度に手に入れば上々の仕上がり・・・
要は、くどいようですが、バランスというか
その人その人の心の良心に基づくさじ加減だと思うのです。

今回のドキドキのレジーナの場合、上記の事が頭に入っているかと言うと、必ずしもそこまで
成熟はしていないというか、子供の「これ欲しい、あれ欲しい、これはいや、あれもいや」の
単純な自己欲求の領域だと思うのです。
どちらかというと、プリキュア5の映画の「ダークドリーム」に近いような存在だと思うのです。
(極悪性がないゆえにのぞみは、ダークドリームに手を差し伸べた・・・)
そうした子供のような「自己中」のレジーナに対して、
他人に迷惑を掛けてまで自己の欲するものを無理やり奪うという父親のキングジコチューとは
明らかに相違点はあると思うのです。

本当にレジーナが、キュアソードのトランプ王国壊滅に関わっていないとすると、
一体マナ達、とくに真琴なんかはどうレジーナに接すれば良いのか、
本当に敵とは友達になれないのか・・・
色々な問題・矛盾点をはらみながらも物語は中盤へと進もうとしています。



過去にも、敵からプリキュア側に寝返った者たちも存在します。
満と薫、イース、エレンなのですが、彼女たちの場合、
プリキュアを倒すために、まずはプリキュア達を知るために近づいて行ったら、いつの間にやら
プリキュア達の暖かい心に共感し始め、
同時に自分達が行っていた事、行おうとしていた事に対する後悔の念から
プリキュアに変容したり、プリキュアと最終決戦に向かったりします。
いわば彼女達は、自分達の過去の悪行に対する罪滅ぼし的要素というのか、改心の象徴として
プリキュアに変容した訳なのです。
だけど、レジーナの場合、そうした改心とか罪滅ぼし的要素はほぼ皆無・・・

それではレジーナとプリキュアを結びつけるものとは一体何なのか・・・
真琴とレジーナという相反するものに対して、マナは一体どのような折り合いをつけるのか・・・

興味は尽きない所です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/469-bbe4f92a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |