FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


スヌーピーはシュワルツのピーナッツシリーズのキャラの中でもウッドストックやチャーリー・ブラウンやライナスなどと
並んで屈指の大人気キャラの一人だと思いますし、特にスヌーピーの関連グッズの人気はいまだに衰えることがないものと
思ったりもします。
私自身、東北の実家にいた頃、年齢差が10以上というか一回りも離れているせいもあり考え方や嗜好が全くかけ離れていて
兄や姉と正直あまり共感する事や話題の接点も無かったのですけど(汗・・)
兄や姉の自室になぜか邦訳された当時のスヌーピーの漫画が全巻揃っていたせいもあり、
二人の自室に侵入しては(汗・・)このスヌーピーの漫画は結構小さい頃より慣れ親しんでいたものがありました。

そのせいもありますし、うちの奥様がスヌーピーも昔から大好きという事もあり、我が家にはスヌーピー関連グッズも
結構ゴロゴロしていると思います。
そうしたスヌーピーの関連グッズで最近結構気に入っている商品が「スヌーティー」というスヌーピーがデザインされた紅茶
であったりもします。
最初にこの商品を発見した際は「なんだか他愛も無いオヤジギャグ・・」と感じたものですけど、缶自体のデザインがとても
かわいいですし、価格は一缶1000円前後と高めのせいもありますけど、結構高級感漂う香りと味もあったりして、
私自身はお気に入りの一品であったりもします。

スヌーティーなのですけど、2007年の登場以来、スヌーピーとピーナッツの仲間たちの缶入り紅茶の定番として、
スヌーピーファンのみならず紅茶ファンにも変わらない人気を誇る「スヌーピーの紅茶=SNOOTEA=スヌーティー」として
既に定着しているのかもしれないですね。
「セイロン」「キャラメル」「マスカット」の3種の四角い缶の定番に加え、限定ブレンドが季節ごとに登場し、
楽しいティータイムを彩ります。

それにしてもスヌーピーとお茶をかけて「スヌーティー」とは洒落ているというか粋なネーミングなのかもしれないです。

そして先日ですけどこのスヌーティーに季節限定物の「ストロベリーバニラブレンド」が登場しましたので、
この赤くて丸い缶にスヌーピーがデザインされた紅茶をまたまた購入させて頂きました。
そしてこのストロベリーバニラですけど、とにかく香りがフルーティーで香ばしくて、ここにバニラビーンズのような
香りも加わりますので上品で豪華絢爛な味わいを楽しむことができます。



004_convert_20181221152125.jpg


このスヌーティーを扱っている店舗が今の所限られているのが難点なのかもしれないです。

埼玉ですとイオンの専門店ゾーンや大宮・ルミネで見かける「プラザ」という雑貨店ぐらいしか見かけないです・・

先日プラザに入った際に、お目当てのスヌーティーを発見することができなかったもので、若そうな女の子の店員さんに
聞いたところ、「うちは雑貨店なのでそうしたお茶類は置いていません」と何やら冷たい反応でした・・(泣・・)
店内を見渡すと、確かに雑貨店なのだけど、クッキーとかハーブ、キャンディーやスヌーピー関連の小物は
たくさん置かれていましたし、いかにも該当商品がありそうな雰囲気が漂っていたので、
今度はちょっとベテランみたいな(?)お姉さま風の店員さんに聞いてみたところ、
「あーそれはですねぇ・・」と途端にキビキビと動き出し、店内をざっと見て一端の奥に引っ込み、それからすぐに
「今現在当店では在庫が切れているけど、近くの○○店には在庫がある様子です。
今から○○店に取り置きをしておくように手配の連絡をいたしますが、どうされますか?」と親切に対応して頂き、
私が「それではその店で取り置きをお願いします」と依頼したら
「それではお客様がその店へのご来店の予定の日時を教えてください。その時間帯にレジでわかるように
段取りしておきます」と言って頂き、後日その違うお店に行ったら、ちゃんとそのように取り置きの段取りがなされていました!

こういう店員さんの細かい気配りってなんだかとてもうれしいものがありますよね~!

正直、最初のあのちょっと冷たい感じの店員さんだけで終わったとしたら「なんだこの店は・・ちょっと印象悪いね・・」で
終わったのかもしれないですし、
このお店には余程のことがない限り積極的には行かないのかも・・?と思ったのかもしれないですけど、
別の店員さんの応対がとても気持ちがよく好感が感じられましたので
「是非また来店したいのかも・・」と思ってしまったものでした。

こういうお店・会社というのはそこで働く店員さん・社員さん一人一人の対応で、来店したお客さんの印象が
変わってくるものだと改めて実感したものですし、そのことは、広義的にはこうした「折衝・接客」業務を普段している私自身にも
決してそれは他人ごとではないということを示唆している話なのだと思います。

こういうのが「人の振り見て我が振り直せ」ということなのかもしれないですね。

話はガラッと変わりますけど、そろそろ本格的な受験シーズンに入りますね~

受験生の皆様方におかれましては風邪などひかれずに万全の体調で試験に臨んで頂きたいものです。

私も今から××年前にそうした受験生だった時期がありましたけど、大学に関しては受験した3校の内、結果的に
一つしか受からず2校は玉砕しましたけど、何はともあれ現役で受かった事だけはよかったです・・

その唯一合格した学校の試験科目の一つが国語でして、
国語は60分で4題構成(2題が現国 1題が古典 1題が漢文)だったのですが、現国の最初の一題が、なぜかテーマが
「スヌーピー」でもありました~
内容が「人間というものは二度と故郷に帰ることはできない」というもので、
スヌーピーが子犬の頃にチャーリー・ブラウンの家に遊びに来たとある女の子が投げた小枝をウキウキと拾い集めに
いったものの、その女の子は飽きて帰ってしまい、スヌーピーはいまだに小枝を持っていた・・
そしてその女の子が成長して「子犬だったスヌーピーをもう一度見てみたい」と思ってスヌーピーに近づいたところ、
その小枝を手にしていたスヌーピーに子犬だったころの面影は無く、おなかがぽっちゃりしていた
ぐーたらビーグル犬になっていたという粗筋に対して、執筆者が
「世の中というものは思い通りにいかないし、自分の思っていたイメージと相手が抱くイメージとの乖離は往々にしてよくある事」
という事を展開していたと思うのですが、
上記で買い通り、私自身スヌーピーは小さいころから慣れ親しんでいたため、
この現国の出題に思わず入り込んでしまい、問題自体を結構真剣に取り組んでいたら
あっという間に30分の時間が経過してしまい(汗・・)
「あ・・これ時間配分的に完璧やばいじゃん・・!」と慌てて残り3題に突入していったみたいな記憶があったりもします・・(汗)

最後に日本で邦訳されているスヌーピーの訳詩では詩人の谷川俊太郎氏がとにかく粋ですてきな訳詩をされていたのが
大変印象的でもあったりします。
その中で特に印象に残っている訳詩として、スヌーピーの執筆した小説の中で、下記のような話がありました。

婚約中の二人であったが、男の方は寒い北側の州で生活する事を希望していたけど、女の子の方は
暖かい南部の州での生活を希望していた。
結果的にこの二人は破談し婚約解消する事になったけど、後日その真相について聞たれた女の子のセリフの
日本語への訳詩がとてもすてきなものでした!
なにかと言うと谷川氏の訳は、「早い話が彼の多緯度=態度が気に入らなかったのよ」というものだったのですけど、
原語のセリフからすると意訳・曲解に近いものもあるのですけど、原語だと日本人にはあまりピンとこないセリフを
こうまで日本語としての洒落っ気に合わせて邦訳されるとは
当時「詩人の完成は素晴らしいものがあるよね~」と感心させられたものでした。

そういう意味では上記のスヌーティーもこれに近い感覚があるのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

スヌーティー初めて知りました。
缶もかわいいですね♪
私の友達にスヌーピーが好きな人が
多いです。
こんなに寒い日だったら
紅茶がとびきり美味しいですね(*´ω`*)

ホットティー

ふたごパンダ 様


年末寒波到来という事で寒いですね~

外出して冷えて帰ってきたら室内で温かいお茶を飲んで温まりホッ・・とするのもそれはそれで
冬の楽しみ方と言えそうですね。

特に鮎は熱いレモンティーやミルクティーが美味しくて温まりそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |