fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


「ドキドキプリキュア」はストーリーが濃厚過ぎて見ている方のドキドキも止まらないものがあったと思います。

万能すぎるマナに大人のありすに正妻焼きもち妬きの六花で既にお腹一杯状態なのに、さらにここにポンコツまこぴーや
歴代屈指の大人のお姉さんプリキュアのキュアエース(返信前の人は実は小学生というのも凄い話でした・・)が加わりましたし、
さらにレジーナも加わると歴代最強メンバーといえるのかもしれないです。
六花というと私の大好き青系プリキュア四天王の一角ですけど、六花の「マナ、愛しているよ・・」とか
「ごめんですめばプリキュアはいらない」の不滅の名言も素晴らしかったですルンッ~♪



ドキドキプリキュアは歴代プリキュアの中でも実はかなり哲学的で重たいテーマが含まれていることも多々あり、その一つが
マナの「敵とは友達になれないのかな・・・」の一言だったと感じられます。
それまでの歴代プリキュアは、ほとんどの場合、妖精達から「自分達の国を助けて」と頼まれて、プリキュアになり、
妖精の国を滅ぼした敵方と戦うという構図がほとんどでした。
そのため、「妖精達の国を復活させる」という目的が自分達自身の利害と必ずしも一致することではなくて、
換言すると、妖精達の国を復活させるというのは、本来プリキュア達には全然関係のない遠い国の出来事でもあるので、
それはプリキュアたちのご厚意というのかプリキュア性善説に立脚するものだったといえるのかもしれないです。
自分達の国を復活させたいという当事者プリキュアは厳密に言うとせいぜいキュアミューズ位だったと思います。
(ミルキィローズはパルミエ王国復活後の登場でしたし、パッションとビートは組織からの裏切りキャラという立ち位置
でもありました)
そんな中、ドキドキプリキュアは当初からトランプ王国を滅亡させられた被害者の一人がキュアソードとして登場しています。
物語の序盤で敵方トップであるキングジコチューの娘であるレジーナが、「マナと友達になりたい」と言って近づいてきたとしても、
普通の感覚としては、「あんた、何を言っているの! ふざけないで!! 私はあなたを絶対に許さない!」というのは
当然の感覚と思われます。

ここでよく吟味すべきなのは、レジーナ自体、トランプ王国を滅ぼした行為には全く関わっておらず、
レジーナの「滅ぼしたのは自分の父親、だから自分は関係がない」という理屈も一応は筋が通っている事なのです。

「敵のトップの娘だからという理由で、その娘までも敵対視して良いのか・・」
「罪を憎んで人を憎まずという理論は、レジーナの場合どうなのか・・」
「汝の敵を愛せよという理屈とまこぴーの憎しみの感情の調和をどう図るべきなのか」
「敵と友達になる事は可能なのか」
「仮にレジーナと友達になれた場合でも、一方の当事者のまこぴーの立場や気持ちはどう汲んであげればよいのか・・・」といった
大変デリケートで難しい問題を内在していたシリーズだと改めて感じてしまいますし、
単なる娯楽的作品にとどまらず、こうした難しい問題のなげかけをする事で、新しい挑戦をしてみようとする
プリキュア制作チーム自体の心意気にも心から敬意を表したいと感じています。

序盤の段階ではマナ自体が「信念を持って心の底からレジーナと友達になりたい」と確信している訳でも
無い所がミソだったと思います。
マナとしては当然ながらまこぴーの気持ちも痛いほどわかるし、まこぴーとのこれまで培ってきた友情を壊したくはない。
だけど、レジーナ自体確かに自己中で、敵トップの娘なのだけど、敵と割り切るにはどこか割り切れないものがある。
それほどの悪人とも思えないし、直感で「この娘とは友達になるべき」という感覚が働いている・・・
という感じでしたけど、ここから様々な展開を経て、ドキドキの不滅の名作回でもあるまこぴー新曲発表会にて
感極まった状態でレジーナを抱きしめようとしたまこぴーに至ったあの展開はとても素晴らしいものがあると感じざるを
得ないですし、改めてドキドキプリキュアを見ても「汝の敵を愛せるのか」という難しい問いかけについて
自問自答することになってしまいそうです。

汝の敵を愛する事が出来るのか・・・

これは難しいテーマですよね・・

これを扱った前例として「フレッシュプリキュア」のイースとラブという事例もありました。

フレッシュの時はラブの
「罪を憎んで人を憎まず」
「悪いのは、イースという個人ではない」
「悪い事をしている友達を悪い事から脱却させるのが自分の使命」という理論づけで物語を展開していきました。
ドキドキの場合、被害者&当事者VS加害者の娘というややこしい一筋縄ではいかない構図が見えています。
やっかいな事にレジーナ自体、子供っぽいというか、
「自分がやりたい事だけをやりたい」という自己保存の要求が非常に強い子で、自分が良ければそれで良いと言う
子供のように純粋なジコチュー娘でしたので、
必ずしもイースとエレンのような心理的葛藤が出来る大人ではない事が非常にやっかいな所でもありました。

「汝の敵を愛せよ」というのは、いうまでもなく新約聖書が出典です。

これは、新約聖書マタイによる福音書第五章・ルカによる福音書第六章にある一節なそうです。
自分の敵は憎むものだという当時の世間の常識に対して、イエス・キリストは
「自分を愛してくれる人を愛することは、誰にでもできる。悪意をもって自分を迫害する者にこそ、
慈愛をもって接しなければならない」と戒めたものですけど、言葉でいうのは簡単ですけどそれを実践できる人というのは
もしかしたら歴史上皆無なのかもしれないです。
人には感情やら愛憎やら嫉妬やら恨みつらみなどさまざまな要素を秘めていますし、そうした聖人君子のような教えを
実践すること自体が大変難しいものなのかもしれないです。

「汝の敵を愛せよ」は、愛する相手はすでに敵ではないという意味では既に矛盾を秘めていますし、
そもそも論でいうと、十字軍等で異教徒を虐殺し尽くしたキリスト教徒が何を言うか・・みたいな話なのかもしれないです。
「敵を愛せよ」の解釈として一理ありそうなのは、当時のユダヤ教の律令ではユダヤ教を信じる者が同胞であり信じないものを
すべて敵とみなしていた風潮に対してイエスは律令に無批判に従うことは問題あると説き、
「汝が敵と思っている者が本当に敵なのかよく考えなさい・・宗教や信条の違いだけで敵とみなすことは本当に正しいのか」
といったことを問いかけていたのかもしれないです。
一つの掟に盲従する危険や「リーダーがそのように言っていたから間違いない」と固執することへの危惧を既に2000年以上前に
説いていて、多様性の普遍的価値みたいなことも既にもしかしたら予知していたのかもしれないです。

そうした意味においてドキドキプリキュアの場合、マナの「敵とは仲良くなれないのか・・」という問いかけは
レジーナに対して敵意むき出しのまこぴーや六花に対するマナ自身の「本当にそれでいいの・・?」という問いかけでもあった
という解釈も妥当なのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |