FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


5/19の「ドキドキプリキュア」はストーリーが濃厚過ぎて、
ホント見ている方のドキドキも止まらないものです。
大人のありすに正妻焼きもち妬きの六花さんで既にお腹一杯状態なのに、
これで更にレジーナまで入ってしまうと、一体この先どうなってしまうのでしょうね・・・?





マナの「敵とは友達になれないのかな・・・」の一言はかなり重たいものを含んでいると
思います。
これまでの歴代プリキュアは、
ほとんどの場合、妖精達から「自分達の国を助けて」と頼まれて、プリキュアになり、
妖精の国を滅ぼした敵方と戦うという構図がほとんどでした。
ですから、正直「妖精達の国を復活させる」という目的が自分達の利害と一致するという事ではなく、
悪く言うと妖精達の国を復活させるというのは、本来プリキュア達には全然関係のない遠い国の
出来事だったのです。
自分達の国を復活させたいという当事者プリキュアは厳密に言うと
せいぜいキュアミューズ位だったと思います。
(ミルキーローズは、パルミエ王国復活後の登場だし、パッションとビートは後述しますけど
 組織からの裏切りキャラという位置づけ・・)
そんな中、今回のドキドキは当初からトランプ王国を滅亡させられた被害者の一人が
キュアソードとして登場しています。
そうした中で、敵方トップであるキングジコチューの娘であるレジーナが、
「マナと友達になりたい」と言って近づいてきたとしても、
一般人の感覚としては、「あんた、何を言っているの!! ふざけないで!! 私はあなたを絶対に
許さない」というのは当然の感覚と思われます。

ここでよく吟味すべきなのは、
レジーナ自体、トランプ王国を滅ぼした行為には全く関わっておらず、
レジーナの「滅ぼしたのは自分の父親、だから自分は関係がない」という理屈も一応は筋が
とおっている事なのです。

「敵のトップの娘だからという理由で、その娘までも敵対視して良いのか」
「罪を憎んで人を憎まずという理論は、レジーナの場合どうなのか・・」
「汝の敵を愛せよという理屈と現実のソードの憎しみの感情の調和をどう図るべきなのか」
「敵と友達になる事は可能なのか」
「仮にレジーナと友達になれた場合でも、一方の当事者のソードの立場や気持ちは
 どう汲んであげればよいのか・・・」なとせという
今後の色々な面で難しい課題をしょい込んだものだなーと思っています。
だけど、10年目のシリーズで、単なる娯楽的作品にとどまらず、こうした問題のなげかけを
する事で、新しい挑戦をしてみようとする番組自体の心意気にも
本当に心から敬意を表したいと感じています。

現時点で、マナ自体が「信念を持って心の底からレジーナと友達になりたい」と確信している訳でも
無い所がミソだと思います。
当然、真琴の気持ちも痛いほどわかるし、真琴とのこれまで培ってきた友情を壊したくはない。
だけど、レジーナ自体確かに自己中で、敵トップの娘なのだけど、何か敵と割り切るには
割り切れないものがある。
それほどの悪人とも思えないし、直感で「この娘とは友達になるべき」という感覚が働いている・・・
マナ自体がまだ迷っているというのが、
今後どのような展開になるかを含めて、マナの決断と成長を含めて
色々な観点から期待しながら見ていきたいと思います。

「汝の敵を愛する事が出来るのか・・・」
難しいテーマですよね。
これを扱った前例として「フレッシュプリキュア」のイーストピーチと言うケースがありました。
この時は、
「罪を憎んで人を憎まず」
「悪いのは、イースという個人ではない」
「だけど悪い事をしている友達を悪い事から脱却させるのが自分の使命」という理論づけで
物語を展開していきました。
だけど、今回は
被害者当事者VS加害者の娘というややこしい一筋縄ではいかない構図が見えています。
なおやっかいな事にレジーナ自体、子供っぽいというか、
「自分がやりたい事だけをやりたい」という自己保存の要求が非常に強い子・・・
自分が良ければそれで良いと言い子供のように純粋なジコチュー娘ですので、
必ずしもイースとエレンのような心理的葛藤が出来る大人ではない事が非常にやっかいな所。

どちらにしても物語は、中盤に向けて一気に動き出しました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/466-3233badd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |