FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


1985年というと私的に色々な事があった年なので、今から振り返るとかなり記憶に残る年です。
この年は、もう既に今から28年も前の時代なのですよね・・・
何か感慨深いものがあります。
この年は成人式を迎え、二十歳になったという事で、特段内面の変化とか成長とかは
なかったと思いますが、何となく、
「あと2~3年で、いよいよ社会人になってしまうのか・・・」と
学生と言う社会人になるまでのモラトリアム期間をどうすれば有意義に過ごせるのか、
どうすれば良いのか、何かぐじぐじ悩んでいたようにも思えます。

この年から大学のキャンパスが大宮市から水道橋に変わり、自宅アパートも
大宮から中野に移ったもので、
正直当初は、大宮の「田舎でもないし都会でもない」中間的な雰囲気にすごく自分自身が慣れ親しんだものの
中野に移ってくると、何か「都会的な孤独感」とか「空虚感」をすごく意識するようになり、
中々街自体に馴染めなかったような印象があります。
当時の中野は、現在のような「サブカルチャーの街」という感じは全然なくて、
中野ブロードウェイの「まんだらけ」にしても当時はわずか一店舗だけでしたしね。
当時の中野は、北口の飲み屋街に代表されるように、どちらかというと「オヤジ達の街」という
感じでした。
だから、そんなに「都会の孤独感」とかそういう感じの街ではなかったと思うのですけどね。
上京して二年目だったので、緊張していた心の糸が少しゆるんでいた時期だったのかもしれません。


〇花輪高校

 前年度、交響曲第三番「シンフォニーポエム」というハチャトゥーリアンのマイナーシンフォニーで
 久しぶりの金賞を受賞し、この年もガジベコフの交響曲第二番という
 誰も聴いた事がない曲をひっさげて、プログラム一番で登場しました。
 ガジベコフという作曲家は、正直今でもよくわかりません。というか資料が全然ない・・・
 当然ガジベコフという作曲家の交響曲第二番というレコードをいろいろ探しましたたが、
 全然該当するものもなく、上野の東京文化会館音楽資料室にも該当資料はありませんでした。
 よくこんなマイナーシンフォニーを小林先生は見つけ出したものですよね。
 感心します・・・
 課題曲Aの「ファイブリングス」は出だしの金管の分厚い響きは、大変印象的で、
 朝一番にも関わらず音楽が大変生き生きとして躍動感がありました。
 ティンパニーの終始堂々としたソロもお見事!!
 自由曲のガジベコフも、緊張感と重量感に包まれ、なおかつアレグロのスピード感が大変切れている
 という具合で、全く文句のつけようがない演奏だったと思いますが、
 審査発表の際、銅賞と聞き、耳を疑った記憶があります。
 この演奏は今でもブレーン社のCDで聴くことができますが、今聴いても素晴らしい演奏であり、
 「何でこれが銅賞なの??」という気持ちは今でも全く変わりがありません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

これこそ、出番が中間~後半ならば文句無しだったのは。
当時買った花輪のビデオテープ、今でもたまに観ますよ。

ガジべコフ/交響曲第2番

渚スコープ 様

自分のブログ内では散々書いているのですけど
私がなぜこのブログを始めたかと言うと
その一番の理由が、1982年の東北大会の花輪高校のウォルトン/交響曲第一番と
同じく82年の仁賀保の矢代秋雄/交響曲と、
1981年の東北大会の大曲高校の三善晃/交響三章第二楽章の演奏の素晴らしさを
後世に記録として、形として何か残したいと思ったからです。
※82年の花輪と81年の大曲は、全国大会には出場していません・・・

だから「花輪高校」というと何か個人的には大変思い入れのある学校の一つです。

85年の花輪の演奏は、重量感がありサウンドに切れとスピード感があって
本当に「素晴らしい!!」としか言いようがないのですけど
あれが銅賞ですからね・・・
あれはいまだに到底納得できませんし、審査員の耳を疑うレベルの話だと思います・・・

でもいまだに「ガジべコフ」という作曲家はよく分かりませんし、
この方の交響曲第二番の原曲も聴いたことがありません・・・

確か1984年以降、日本ワールドレコード社は、84年の演奏までは対応可でしたけど
85年以降の全国の演奏はカスタムテープ制作中止となり、
この年以降はブレーン社へのカスタムテープ制作依頼を下の思いますが
このテープはホント、よく聴きましたね。
ま、もっとも現在は「レジェンダリーシリーズ・花輪」がありますから
既に「過去の遺物」になってしまいましたけどね・・・

お気持ち、よくわかります。
朝一だし、悪くても銀賞だろうと自分も思ってましたから。

まだ地方在住だった自分にとって、初めて生で聴いた全日本大会。
しかも好きなバンド、名門花輪の演奏に朝からブッ飛びましたから。

しかし、ウォルトンは音源すらないんですか?非常に残念ですね。


ガジベコフはネットでググってもほとんど出て来ませんね。
数年前、ヤフオクでガジベコフ交響曲第2番のレコードが出品されてまして、千葉の友人が最後まで張り合ったけど、6~7千円で断念したみたいです。落札したらダビングして貰う約束をしてたのですが^^;

ナクソス辺りが録音しないかなあ(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/465-f7d36b53
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |