FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


昨日は「ご注文はうさぎですか?」のチノの正統派のとってもかわいいフィギュアレビューをさせて頂き、
純粋に清純派のかわいらしさという面が溢れていたと思いますが、
本記事はそうした清楚なかわいらしさとは全く対照的なエロっぽさ・おとなの妖艶美としてのフィギュアをレビューさせて
頂きたいと思います。

本日レビューさせて頂くフィギュアは「ひぐらしのなく頃に解」のあまりにも大人のお色気満載のエロっぽい
ミニスカナースの鷹野三四なのですけど、只でさえナース服のミニスカートはエロかわいらしさ全開だと思うのですけど、
更にここに黒ニーソとミニスカが醸し出す「絶対領域」の美しさが加わると無敵と言えるのかもしれないです!

改めてですけど、絶対領域とは一つの定義をすると「スカートとニーソの間の生足の太ももが露出した部分のこと」です!
最近では広義の意味として
「ショートパンツとサイハイソックスの間に発生するもの」も絶対領域と呼ばれる場合があるとの事らしいですが、
それは私としては断じて「絶対領域」として認める訳にはいかないです! (汗・・)
絶対領域は「スカート」だから意味があるんですっ!と私は声を大にして叫びたいですっ!! (汗・・)
ちなみにですけど、絶対領域は単純に生足の太ももが露出があればいい、と言うものではなくて、
「スカートの丈」:「絶対領域」:「靴下の膝上部分」の比率が「4:1:2.5」というのが
絶対領域の黄金比とされていて同時に理想とされているとの事です。

私の中で「絶対領域」と言うと真っ先にいっちば~ん!に思い浮かぶのは東方Projectの「封獣ぬえ」なのですけど、
ぬえ以外では冬服時限定なのですが「ご注文はうさぎですか?」のシャロがとても印象的です。
そしてシャロの絶対領域は「清純なかわいらしさ」だと思うのですけど、今回レビューさせて頂く鷹野三四の
絶対領域は、ミニスカのナース服という事もあるのですが、あのエロっぽい美しさはある意味危険領域に入っているのかも
しれないですね~

今回レビューさせて頂く鷹野三四フィギュアのニーソは黒ニーソなのですけど、
黒ニーソは白ニーソよりも生足の肌の色との違いがいっそう強調されるせいもあると思いますし、
黒色という事で、白ニーソとはちょいと違う大人のすてきなお色気が醸し出されたり、
脚が細く見えたりと、要は萌え要素の大事なアイテムではないのかな・・?と強く感じたりもします。

漫画・アニメの世界で、黒ニーソの実例としてどんなかわいいキャラの皆様がいたのでしょうか・・?
私の記憶と私の好みだけで下記に少しばかり列挙させて頂きたいと思います。

Aチャンネル / 一井透

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる / 夏川真涼

ガールズ&パンツァー / 武部沙織

ご注文はうさぎですか? / 桐間紗路(冬服時)

灼眼のシャナ / シャナ

中二病でも恋がしたい! / 小鳥遊六花

デート・ア・ライブ / 夜刀神十香

刀使ノ巫女 / 衛藤可奈美

響け!ユーフォニアム / 高坂麗奈(冬制服)

干物妹!うまるちゃん / 土間うまる

物語シリーズ / 戦場ヶ原ひたぎ

ラブライブ!サンシャイン!! / 津島善子

上記は当ブログの管理人の趣味と言う事もありJCさん・JKさんが多く、どちらかというと絶対領域娘だけど
清楚・清純という雰囲気が多めだとは思うのですけど、
鷹野三四のおとなのあの妖艶な絶対領域の色っぽさは尋常ではないのかもしれないですね~(笑)






「ひぐらしのなく頃に」というとそもそもは同人系ゲームなのですけど、ここから小説・アニメ・映画・ドラマCD・パチンコ・漫画など
相当多くの派生作品がありますし、アニメ化も実に第五期まで制作されていて、
原作の出題編・解答編・ファンディスクの内容全てのアニメ化が実現したと言えると思います。

私自身なのですけど、この「ひぐらしのなく頃に」という作品に関しての感想は「あまりにも複雑すぎていまだによく分からない」
という事に尽きると思いますし、
実はこの作品についてはアニメ作品全編視聴は断念しております・・(汗・・)
この難解なお話の概要を本当にごく一言で言ってしまうと、
昭和50年代の架空の村落・雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる
謎の連続怪死事件を題材にした作品連作式のミステリーと言えると思うのですけど、
ストーリーも登場人物もとにかくあちこちでクロス・交錯しまくっていて
私のポンコツ頭脳では正直理解は超えているようにも思えます。
各編はそれぞれがパラレルワールドの様に似通った時間軸で進むが別個の物語という関係になっているのも
全体像を捉えにくくしているようにも感じられますね。

ただその中でも、解というか解答編の第四話・「祭囃し編」に主人公として登場してくる鷹野三四(たかの みよ)の
存在感と狂気とエロっぽさのアンバランスの美学は際立っているものがあると思います。
鷹野三四の概要を語りだすと、とてもじゃないですけど本記事の収拾がつかないことになってしまいますので
割愛しますけど、雛見沢大災害の実行者であり、皆殺し編では子供たちや母親たちの殺害を繰り広げ、
正気の沙汰とは到底思えない殺戮者としての言動を展開しています。
そうそう、本人はナース服を身に付けていますけど、実際は医師でもあったりします。
殺戮者なのだけど全編に渡って含みのある言い回しや行動を取っているので、ある意味では狂気の黒幕という解釈も
成立するのではないかと思います。

さてさて、本記事のフィギュアは入江診療所のナースとしての鷹野三四ですけど、
ミニスカナース+ニーソを見せられると、あのナイスバディとクールな視線は大人の魅力満点と言えるのは間違いないと
思います。
フィギュアだけを見てしまうと「大人のお色気満点のエロ姉さん」という雰囲気なのですけど、アニメ作品等を見てしまうと、
やはりああした殺戮者・黒幕としてのギャップの落差に萌えを通り越したすさまじさを感じてしまいそうです。

ちなみにですけどこの「ひぐらしがなく頃に」シリーズとして私がいっちば~ん!大好きで魅かれるキャラは園崎詩音ですっ!



005_convert_20181124182209.jpg



このフィギュア、箱を開けると上半身、下半身、台座の3パーツに分かれています。

プライズ品の割には非常に出来が良くてナース服姿と相まって特有のエロさを醸し出していると改めて感じてしまいます。

ミニスカ・ナース姿、黒ニーソが醸し出す絶対領域の素晴らしさとフィギュアとしての魅力が最大限出ているのに、
更にここに「胸の大きさ」が加わりますので、エロかわいらしさとしては無敵に近いものがあると思えます!
くどいようですけど全体的なこの妖艶さは素晴らしいですけど、アニメ等での三四さんを見てしまうと
やはりあのギャップに絶句させられるものもありそうです。
ヒップラインなどは大きな見どころの一つだと思いますし、ここにはじわじわ来るエロスがありそうな気もします(汗・・)

このフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : ひぐらしのなく頃に解 組立式DXフィギュア 鷹野三四

メーカー : バンプレスト

発売時期 : 2010年4月

仕様  : プライズ系

サイズ : 全高約17cm



008_convert_20181124182256.jpg


鷹野三四らしい上から目線的なポーズがなんとなく女王様的のようにも感じられそうですね~(汗)

流し目的な表情も素晴らしいと思います!

見方によっては誘惑しているようにも見えたりもしますし、「お姉さんといいことしない~?」と言ってそうな気もしますけど、
うっかりノコノコついていくと次の瞬間にあっという間に瞬殺されてしまいそうな雰囲気もありそうです。

フィギュアなのですけど、やはりこの胸の豊かさにはそそられるものがありますし、何度見ても
あの黒ニーソが醸し出す大人のお姉さんの絶対領域は素晴らしいものがあるといわざるを得ないと思います。

もしもですけど、東方のあのゆかりん=八雲紫様が普段のあの派手なドレス姿ではなくて、こうしたミニスカと絶対領域を
醸しだされたとしたらそれは史上最強のエロスになってしまうのかもしれないです・・(汗・・!)



007_convert_20181124182232.jpg

012_convert_20181124182316.jpg


スカートがピッチリしているからか、おしりのラインがくっきり浮き上がっているのが素晴らしいと思います!

ナース服の衣装の皺も絶妙にそうしたすてきなラインの表現に一役買っていると思います。

そして後ろから見る絶対領域もとてもすてきなものがあると思わざるを得ないですね。



014_convert_20181124182339.jpg

015_convert_20181124182359.jpg

023_convert_20181124182420.jpg



とにかく「妖艶」とか「大人のすてきなお色気」という言葉しか出てきそうもないですね~

私の貧弱なボキャブラリーではこの程度の言葉しか思い浮かばないのですけど、同時にそうした言葉がこれほどまで
よくお似合いなキャラのフィギュア化なのだとも思います!

この鷹野三四フィギュアは見る角度と方向によって微妙に伝わるニュアンスの違いもあるように感じられますし、
角度によっては誘惑しているようにも見えますし、また別の角度からは
「本当の事をあなたにだけ教えてあげようか・・」と言っているようにも見えますし、
はたまた三四自身の子供の頃の悲惨な体験が頭に過って「こんな酷い事していいのかしら・・」みたいに感じているようにも
見えなくもないのかもしれないです。



024_convert_20181124182441.jpg

025_convert_20181124182503.jpg


プライズ系でこの出来映えは文句のつけようがないです!

シンプルカラーのナース服もきちんと影付けされているので安っぽく見えませんし、
髪やニーソにも色の強弱がきちんと付けられていますし、何度も書いて恐縮ですけど、あの絶対領域の表現は
「お見事!」という言葉しか思い浮かばないです!
後ろからだと、おしりに張り付くスカートのムッチリ感と絶対領域の素晴らしさを実感させられそうです。

金髪+ナース+胸の豊かさ+ミニスカ+ニーソ+大人のお姉さまというすてきな要素の集合体のように感じますが、
見た目的にはくどさを感じさせないのが素晴らしいです。







ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

上記は当ブログにしては大変珍しいことに(汗・・)お色気要素を全面に出してしまいましたし、
あれだけ見ると「絶対領域はエロいのかも・・!?」と感じる方も多いのではないかと危惧し(?)
「ここは最後はアミグリさんの描かれた清楚な絶対領域娘を転載&ご紹介させて頂きたい!」と感じましたので、
本記事のエンディングはアミグリさんが描かれた清楚でかわいらしいオリジナルの絶対領域の女の子でもって
締めさせて頂きたいと思います。

上記はアミグリさんが2011年12月に描かれた「メイドさん」です!

この初期の頃の作風のメイドさんも最近の作風に全く引けを取らないと思いますし、
こうした素晴らしい初期作品を拝見させて頂くと、アミグリさんのイラスト・絵は、今現在の作品ももちろん素晴らしいけど
初期作品も本当にすてきなものがあるよね~!と心の底から実感させられますね~!

このメイドさんは私にとってとっても大好きなアミグリさんのオリジナル作品の一つです。

背景のお菓子は、ケーキもプリンもクッキーもみんなとっても美味しそうです!
全体のピンクトーンが「温かい雰囲気」が見た目にもとってもすんなりと目に溶け込んできて優しさも感じられますし、
スカートのフリルがとても可愛く 描かれていてこの点もポイントが高いと思います!
この種のフリルスカートは俗に「フリル地獄」とか言われるのですけど、そうした難しさをあまり感じさせないで
とてもナチュラルに可愛らしさを伝えられていると思います。

それと改めて感じたのですけど、アミグリさんの描かれるこうした長髪の女の子は髪の毛がサラサラと流れるようで、
長髪の女の子の可愛らしさは絶対的正義なんだなぁ・・!と改めて感じさせてくれる作品でもありました!
そしてこの作品でアミグリさんが描かれている黒ニーソと絶対領域は、大人っぽいというよりは少女の可憐さやかわいらしさを
全面に出されていて、この萌えっとした感じに見ているだけで癒されそうになりますね!

やっぱり女の子のニーソは黒ニーソも白ニーソもとてもかわいいと思いますし、そこに絶対領域とか長髪が加わると
鬼に金棒なのだと思います。
そして何よりもアミグリさんの描かれる創作のオリジナルの女の子は本当にかわいくて魅力たっぷりで大好きです!!



18995562_convert_20110528162339.png



続きましてアミグリさんが2011年5月に描かれたオリジナル作品です。

当時のアミグリさんの記事を一部引用させて頂きますと、

「もともとはボールペンで描いた一発書きだったのですがスキャンで取り込んで
パソコンで清書しました。
ドレスのデザインとか色とか結構気に入ってます!」

との事ですけど、アミグリさんの当時のご苦労が見事に結集されていると改めて感じます。

女の子もまるでアイドルみたいにとっても可愛いし、ドレスがとてつもなく手がこんでいるのに、
鮮やかに仕上がっていて、 見ているだけでハッピーな気持ちになれそうです!
流れるような金髪の美しさも格別だと思います。
髪のリボンもとてもよくお似合いだと思います。

鷹野三四の金髪と絶対領域はエロ要素満載でしたけど(汗・・)
アミグリさんのオリジナル娘は金髪・絶対領域という要素でも、清楚・清純・かわいらしさが最大限発揮されていると
思います!



49009369_p0_convert_20161025201355.png



上記の絶対領域が素晴らしいメイドさんは、アミグリさんが2015年3月に描かれた「スイート」と題されたとってもかわいい
メイドさんです!
このスイートは、pixiv×電撃萌王のイラコンにアミグリさんが参加された時の二つの作品のうちの一つです。

「スイート」と題されたメイドさんは、ほのかに知性とかクールさが伝わっていると思います。

全体を支配する紫色が高貴な雰囲気をもたらしていると思いますし、ロングの髪の毛がとっても可愛いと思います。

そしてなによりもこの絶対領域が素晴らしいと思います!

こんなに可愛くて魅力的なメイドさんが近所の喫茶店とかにいたとしたら毎日通いつめちゃうのかもしれないですね・・(笑)

やっぱり黒ニーソとミニスカートが醸し出す絶対領域は素晴らしいですし、アミグリさんがメイドさんとしてそれを
モチーフにして描かれるとまさに天下無敵!と言えそうです!

上記のアミグリさんが描かれた絶対領域をモチーフにしたオリジナル作品の権利は
言うまでも無く全てこれらの作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい魅力的なメイドさんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

あけましておめでとうこざいます!

大遅刻ですけど、新年あけましておめでとうございます。
今年も素晴らしい記事とイラストのご紹介を楽しみにさせて頂きます。

フィギュアの大人っぽいお色気がたまらないですね~
それに対してのアミグリさんの描かれたイラストの爽やかさ・清涼さの対比がすごいと感心するばかりです。

こんばんは♪

ひぐらしのなく頃には人気ですよね~。
内容は深くは知らないのですが
ホラーですよね?(笑)。
ホラーは好きです(´∀`*)ウフフ

ノコノコついていくと次の瞬間に
あっという間に瞬殺されてしまいそう
という感想には笑いました(笑)。

『ひぐらしのなく頃に解』懐かしいですね!
思わずコメントを書いてしまいました。
鷹野三四のナース姿はアニメ見てた時も心にグッときましたが、フィギュアはエロいですねwミニスカ万歳です(* ̄●● ̄)

あけましておめでとうこざいます

さゆり 様


新年あけましておめでとうございます。

改めて今年も何卒宜しくお願いいたします。

昨年はアミグリさんの描かれたイラストをたくさんお褒め頂けた事にも改めて感謝申し上げます。

鷹野三四のフィギュアは撮影したいた私が言うのも何ですけど、あのお色気はドキドキさせられるものが
多々あったと思います。
それだけに絶対領域を含めてイラストのアミグリさんの絵との違いがとても斬新に感じられたものでした。

ひぐらしのなく頃に

ふたごパンダ 様


「ひぐらしのなく頃に」はシリーズ全体を通しても大変難解度が高くて、少なくとも万人向きの作品ではないですし、
時に残忍な表現もありましたし、何よりもストーリーの難解さは際立っていると思います。
どちらかというとホラーというよりは謎解きミステリーという感じなのかもしれないです。

そうした作品でも最近でもパチンコにおいてこの作品をモチーフにした台もあるようで、
あれには驚きでした!

こんなエロ可愛いナースがいたら・・・

三千筆 様


ひぐらしのなく頃に解 は大変難解な作品という感覚でしたけど、そうした中での
鷹野三四のあの独特な存在感とミニスカナースの制服は際立って強く印象に残っています。

アニメもそうでしたけど、改めてこうやって立体化されたものを眺めると危険で妖しいエロかわいらしさを
実感してしまいますよね~



鷹野さんはひぐらしの重めな物語に咲くエロ担当の一人ですね。フィギュアになってもけしからん雰囲気が強調されてます。黒ニーソもそうですけどスカート越しのお尻のラインにこだわりを感じますね…w
二次元ナースは優しくて温かくて「白衣の天使」という言葉がとても似合うものなのだと思いますけど、鷹野さんの場合本編での黒さもあって同時に危険な香り漂う天使といえそうです。

アミグリさんの描かれた女の子たちもニーソが眩しいですね。鷹野さんのような大人な色っぽさとはまた違った爽やかさ溢れる女の子の姿がそれぞれ美しく描かれていると思います。

お色気担当だけど・・

schwert 様


そうそう、昨年暮れにschwert 様も「ひぐらしのなく頃に」を取り上げられていましたね~!

あの難解でサスペンス的で殺戮シーンも多々ある作品の中で鷹野三四のエロっぽさの存在感は
際立っていたと思いますし、すてきなお色気担当でもあったと思います。
実際の鷹野さん本人は血生臭い黒幕でもあり、かなり怖い立ち位置の御方でもありましたので、
そうしたギャップが大きな魅力であったと思います。

このフィギュアのけしからん雰囲気は、お尻・黒ニーソもそうですし、ナース服や絶対領域も含めて
危険水域に達しているのかもしれないですね。
ちなみに撮影中は鷹野さんのスカートの中が見えまくりで困惑もしていました・・(汗)

そうした鷹野さんに秘するとアミグリさんの描かれた絶対領域娘の素晴らしき清涼感・さわやかさには
心打たれるものがあると思います。
さわやかだけど美しさの極限に達していると言えるのだと思われます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |