FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


アニメや漫画では「まるで牛乳瓶の底のような分厚い眼鏡を掛けた冴えない女の子が眼鏡を外すととてつもない
すてきな美少女になる」というのは一つの鉄板ネタのようにも感じられるのですけど、
私自身がそうした女の子のすてきな変化を最初に感じた作品というのは映画「ロッキー」の中に登場している
エイドリアンなのかもしれないです。
エイドリアンは映画の中ではとても内気でおどおどした女の子であまり主体性というものは感じさせなかったのですけど、
とあるシーンにてロッキーから「眼鏡を外してみて・・美しい・・」とかなんとか言われた事が一つのきっかけとなり、
その後徐々にすてきな変化を見せてくれていたと思います。
地味で内気なエイドリアンは「メガネを取ると美人」という定番ネタの一つの伝説として君臨しているのかもしれないです。
ロッキーと付き合うようになって自信をつけたエイドリアンは眼鏡を外すようになり服装も以前より華やかになるのですけど、
これは女の子のすてきな変化とも言うべき一つのシンデレラストーリーの伝説と言えるのかもしれないです。

さてさて、それでは日本のアニメにおいて、そうした「眼鏡をかけた冴えない女の子が眼鏡を外すと実はすてきな美少女」という
典型的なキャラとしてどんなすてきな女の子がいたものでしょうか・・?
思い浮かぶ範囲で下記に少しばかり挙げさせて頂きますと・・

アララ・ココア(NG騎士ラムネ&40)

レディ・アン(新機動戦記ガンダムW )

ティラ・ミス(爆れつハンター)

東城 綾(いちご100%)

ニーナ・アインシュタイン(コードギアス 反逆のルルーシュ)

委員長(瀬戸の花嫁)

藤崎 綾(To LOVEる -とらぶる-)

メイリン(黒執事)

槇島 沙織(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)

天王寺 渚(Aチャンネル)

クーリエ(モーレツ宇宙海賊)

鈴原 泉水子(RDG レッドデータガール)

星 七海(アイドルメモリーズ)

この中では私的にいっちば~ん!と感じさせるのはいちご100%の東城 綾だと思います!

東城 綾は、性格はおしとやかな恥ずかしがり屋でかなりのドジっ娘で、「普通の人間の三倍は転んでいる」と
廻りからも言われているのですけど、それでいて眼鏡を外すと普段の地味な印象が劇的に変化し、
とてつもない美少女になってしまうあの素晴らしき変化は、まさしく
「眼鏡をかけたさえない女の子が眼鏡を外すと実はすてきな美少女」というネタの典型事例なのだと思えます。

さてさて、ここからは東方の話になりますけど、東方Projectで眼鏡をかけているキャラって実はほとんどいません。

東方眼鏡っ娘というと、朝倉理香子とマミゾウと宇佐見菫子だけです。
朝倉理香子は旧作キャラで、現在の東方の世界に登場する事はありませんし、
宇佐見菫子自体はあくまで外界の現役JKさんですので、幻想郷内の現役キャラというとマミゾウだけなのかもしれないですね。
ちなみにですけど、森近霖之助は眼鏡を掛けていますけど、あの御方は東方では極めて珍しい男性キャラで
少なくとも眼鏡っ娘ではありませんね~
三月精の一コマとしてルナチャイルドがメガネを掛けているシーンがありましたけど、あれはあくまで
ワンシーンだけでした!
そうそう「東方鈴奈庵」でもたまにですけど小鈴が眼鏡を掛けているシーンもあったと思います。
東方で眼鏡がお似合いそうなのは、パチュリーさんなのかもしれないですね・・

東方唯一の眼鏡キャラはマミゾウなのかもしれないですが、
「東方Project」の世界観として、これまで何度か書いた通り、妖怪と人間を完全に分離するために
博霊結界を張り外界にいる妖怪を全て幻想郷内に集結させたという設定がありますけど、
マミゾウのように外界に残っていた妖怪も一応はわずかながらいたとの事です。
マミゾウの正体は「化け狸」なのですけど、マミゾウの強さは相当なもので、「最強の妖怪の一人」という
立ち位置でもほぼ問題ないかと思われます。
それでいて人望が厚いというのも大きな魅力ですし、マミゾウがよくマミゾウ親分みたいな言い方をされるのも
よく分かる気がしますね。
例えば命蓮寺内においては、新参者でもある幽谷響子のよき相談相手でもあり、
またまた「東方鈴奈庵」においては不動のレギュラー入りを果たし、
生まれたばかりの妖怪や新たに幻想入りした妖怪に、幻想郷や妖怪としてのルールを教える教育係も買って出るなど、
幻想郷の治安維持にも務めている様子がこの鈴奈庵では提示されています。
私としては、是非ぜひ白蓮さんにお願いしたい事は、このマミゾウを重宝してあげて欲しい!と言う事ですね。
白蓮さんの右腕としてマミゾウをフルに使えば、命蓮寺の勢力も更に一層拡大していきそうな気もします。
反面そうなると霊夢の博霊神社はますますさびれちゃうからそれは設定上まずいのかな・・・?

さてさて冒頭で書いた通り、眼鏡をかけた冴えない女の子が眼鏡を外すと実はすてきな美少女というのは
漫画・アニメの世界では鉄板なのかもしれないですけど、その逆パターンとして
ちょっとポンコツそうで頭は悪いのかもしれないし全体的にほわわ~んとしてゆるそうな雰囲気の女の子が
突如眼鏡を掛けてしまうと、なぜかとてつもなく頭脳優秀で知的な雰囲気の女の子のようにすてきにチェンジする事だって
あるのかもしれないです。
東方においてはそうした可能性を秘めていそうな代表的なキャラは多分ですけど、東方屈指のおバカさんとしても名高い
チルノと言えるのかもしれないですけど、「東方パカルテット」の一角とも言われているルーミアは果たしてどうなのかな・・?と
考えた時に、実は既にそれをすてきなイラストとして発表されていたすてきな絵師様がいたものでした!

それが誰なのかと言うというまでもなくdream fantasy
すてきな管理人さんのアミグリさんなのですけど、
それでは下記に改めまして、アミグリさんが描かれました通常版のルーミアを2作品ご覧になった上で
眼鏡を掛けたルーミアを是非ご覧になって頂き、普段はどこなくとふんわりゆるく描かれ、かわいい金髪幼女的に
描かれる事の多いルーミアが眼鏡を掛けただけでとてつもなく知性が漂うインテリみたいな雰囲気になってしまうのか
という事を皆様にご覧になって頂きたいと思います。
そういう意味では、当ブログではよく「色は魔法」と言っていますけど、同時に「眼鏡を掛けただけたで美少女の雰囲気も
劇的に変化する事もある」という事も言えるのかもしれないですね。



31343669_p0_convert_20170704210637.png



そうした訳でここから先はアミグリさんが描かれたルーミアをご覧になって頂きたいと思います。

その前にルーミアについての復習を少しばかりさせて頂きたいと思います。

ルーミアというと一般的には「可愛い」とか「そーなのかー」とか「金髪系幼女の雰囲気で少し幼い雰囲気」という感じ
なのだと思いますが、ルーミアの本質はあくまで宵闇の妖怪という事で、
系統としては一応は「人食系の妖怪」という事で危険度は決して低い妖怪ではないと思います。
ルーミア自体、人を食べて襲うというよりは、「人の心を食べてしまう」という解釈の方が妥当かもしれないですし、
闇を駆使して人を襲うきっかけは作るものの実際に人を食らうのはあくまでルーミア以外の人食系妖怪なのかもしれないです。
ルーミアの周辺は真っ暗闇なのですけど、ルーミア自身もこの闇の中では本人も何も見えていないとの事です。
自分で闇を発動しておいてルーミア自身も全く闇の中の自分の位置を把握できていませんし、
同時に、闇の外の様子も全く見えていないそうです。
そのために森の中であちこちで木にぶつかっている姿が目撃されているとの事です。
基本的にはほとんど人も襲わず、昼も夜もあてもなくふよふよと空を飛んでいるだけの事が多いとの事です。

そうしたちよっとおバカさんみたいな所やふわふわかわいい容姿が根強いルーミア人気の理由なのかもしれないですね。

そしてルーミアというと、「そーなのかー」というセリフと両手を左右一杯に広げているあのポーズがとても印象的なのですけど
このポーズは、三月精等公式漫画でも随所に見せていますけど、あのポーズが意味するものって
果たして何なのでしょうか・・?
たぶんあんまり意味は無いのかもしれないですし、ルーミア自身も何か意図を持って行っているポーズでは
ないと思われますけど、なんかあれはとってもかわいい仕草だと思います。
魔理沙はあのボースに関しては「人類は十進法を採用しました・・という事なのか」みたいな事を
言っていましたし、二次創作ではよく「ルーミアは頭のリボンを外して両手を左右一杯に広げると初めてその真の能力が
覚醒する」と言われているようですけど、
果たして実際はどうなんでしょうか・・・??

上記のルーミアは、アミグリさんが2012年11月に描かれた作品です。

このルーミアは「いかにもルーミアらしい!」という雰囲気に溢れていると思います。
両手の広げ方のかわいらしさや金髪少女のあどけなさを見ていると
「ルーミアはやっぱりかわいい妖怪だよね~」とも感じてしまうのですけど、どことなくミステリアスに雰囲気も
少し感じられるのは、それがルーミアの「宵闇の妖怪」としての本質と言えるのかもしれないですし、
正攻法の描き方による正統派のルーミアと言えるのかもしれないです。

こうやって見てみるとルーミアの魅力の一つは、ふわふわかわいらしさと宵闇の妖怪としての怖さの間に
絶妙なミスマッチを起こしている所とも言えそうですね~
そうした妙なアンバランスさをアミグリさんは実に整然と描かれているようにも感じられます。



27785942_p0_convert_20170704210556.png



続きましてアミグリさんが2012年6月に描かれたルーミアです。

これは反則的にかわいいルーミア!としか言いようがないほどのあいくるしさに溢れていると思います!

そして同時に幻想的で美しいルーミアだと思います。

「一人のすてきな美少女が闇の中に佇んでいた・・」みたいなタイトルを勝手に付けたくなってしまいそうな
美しい作品だと思いますし、このルーミアはまさに「幻想郷の夢見る美少女」なのだと言えると思います。

上記のルーミアは2012年6月に完成された作品なのですけど、この作品を元絵にした更に素敵な作品が
半年後に生まれることになります。
2012年のクリスマスの時期に描かれた「サンタコスプレのルーミア」は、上記のルーミアをベースにした作品とも言えますし、
2012年6月の作品にサンタコスプレを施したのが「サンタコスプレルーミア」と言えるとも思いますけど、
とにかくどちらのルーミアもとってもかわいくて美しくて素晴らしいと思います。

この クリスマスルーミア
ご覧になりたい方はここからご覧ください!
→ クリスマスルーミア

上記の2枚のルーミアはまるでかわいいふわふわっとした妹みたいな雰囲気のルーミアでしたけど、
下記のルーミアは、こうしたふわふわかわいいルーミアに「眼鏡」を掛けさせたある意味実験的な作品と
言えるのかもしれないです。
だけどその実験の成果は間違いなく大成功と言えると思います。



mega-rumi!!_convert_20140807164506.png




続きまして、アミグリさんが2014年8月に描かれた「眼鏡ルーミア」です。

ルーミアはよく、チルノ、ミスティア・ローレライ・リグルと共に「東方パカルテット」みたいな扱いを
される事もあり、東方ではどちらかというとおバカさん扱いをされる事も多いような気もしなくはありません。

さてさて、それにしても「眼鏡」を掛けただけで随分と知的なルーミアに見えてくるものですよねっ!

最初にこの「眼鏡ルーミア」は拝見させて頂いた時の印象は「え・・? ルーミアってこんなに賢く聡明そうなキャラだったっけ・・?」と
感じたものですけど、眼鏡一つ加えるだけでキャラの印象は随分と変化するものだという事を改めて実感させてくれる
素晴らしい作品だと思います。
絵・イラストというのは、言葉同様に「すてきな魔法」なのかもしれないですね。

冒頭でグタグタと既に書いた通り、
古典的な漫画・アニメにおいて、眼鏡をかけているちょっと冴えない感じの女の子に主人公の男の子が
たまたま眼鏡を外した時のその女の子の素敵な美少女振りに思わず心がときめいた・・みたいなシーンもあったかとは
思うのですけど、
このアミグリさんが描かれた「眼鏡ルーミア」は、眼鏡を掛けていても外していてもどちらもすてきな美少女ルーミアなんだなぁと
感じさせてくれると同時に
普段どちらかというとゆるゆる&ふわふわしている女の子も、人によっては眼鏡を掛けただけでとてつもなく知的で聡明に
見えてしまうという感じで、眼鏡をかけた冴えない女の子が眼鏡を外すと実はすてきな美少女という古典的ネタの
逆バージョンと言えるのかもしれないです。

それにしてもこの眼鏡ルーミアの賢そうな雰囲気は際立っていると思います。

普段が普段なだけに余計に際立って感じるのは、それこそがアミグリさんの表現力の勝利と言えるのだと思います!

上記のアミグリさんが描かれたルーミアは、その権利は全てこのルーミアの絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなかわいいルーミアを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

メガネっ娘は無敵

こんにちは。
メガネっ娘は大好きですよ。
保存しているイラストも多いと思います。
3次元でも無条件にキュンと来ますねぇ。

メガネ艦娘

五航戦の愛鷹 様


メガネっ娘は萌え要素の塊みたいな面もありますし、ここにツンデレ要素が入ると最高なのかも
しれないですね。

メガネ艦娘というと、鳥海・霧島・望月・香取などが思い浮かびますけど、
香取・霧島のフィギュアにはときめいてしまう時もありますよね~

牛乳瓶の底…

以前は「牛乳瓶の底のような分厚い眼鏡」というのが鉄板ネタでしたか?
う~ん、余り覚えていない…数年前ってことはないですよね。
メガネ美人というのは聞いたことがありますが、実際に昔のメガネのレンズは分厚かった、ということかな~。

アミグリさんの作品は、背景のぼかし具合やキラキラまで、毎回違って、人と同じく惹きつけられる所が多いですね。
最後の作品の爪も、ほんのりピンクで可愛いです。
手の甲の凹みまで、細かく描かれていて感動がいっぱい^^

「眼鏡をかけた冴えない女の子が眼鏡を外すと実はすてきな美少女」
このパターンで最初に有名になったのは「ラストエグザイル」に出てきた戦艦シルバーナの女副長・フォレスタ中佐だった様に記憶してます。
眼鏡を外して束ねていた髪を解くと超美人だったのを覚えてます…その正体はアナトレー帝国皇帝の皇女だったと言う設定でした。
彼女は父の亡き後、アナトレー帝国皇帝になってデュシス国と和平を結び、裏で世界を操る共通の敵ギルドの組織に立ち向かいます。

眼鏡の厚み

なつみ 様


今現在ですと、眼鏡の素材は薄型軽量のプラスチックですし同時に以前とは考えられないほどの低料金価格設定を
実現できていますけど、
昔の眼鏡はガラスの素材がメインという事で、度を上げるほどガラスの厚みを増さざるを得なくなり、
牛乳瓶の底のようなグリグリ眼鏡が横行していたのかもしれないですね。

そうしたグリグリ眼鏡を外すととんでもない美少女というネタは記事内でも具体例として挙げさせて頂きましたけど、
特に際立っているのは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」という作品の沙織なのだと思います。
あの変りようは奇跡としか言いようがないのかもしれないですね。

アミグリさんの描かれた作品をより具体的にお褒め頂きありがとうございます。
ちなみになつみ様から寄せられるコメントもアミグリさんも目を通されていて
大変喜ばれていました!
爪や手の甲の凹みといった大変細かい点にも着目されている点はさすが!と私自身もとっても感心させて頂いております。

なるほど!

sado jo 様


この「ラストエグザイル」という作品はすいません・・初めて知りましたけど、画像検索を掛けると
確かにご指摘の通り、束ねていた髪をぱらっとほどくとすてきな美少女になるものなのですね!
皇帝の娘という設定にも魅かれるものがありそうです。

教えて頂きありがとうございました!

こんばんは♪

メガネ娘って美人がやるからいいんですよ(笑)。
男の人がメガネかけたら3割り増しなんですが(* ´艸`)クスクス

昔の漫画ですと・・

ふたごパンダ 様


昭和の頃の漫画ですと、眼鏡女子というと「ざ~ます」といった山手のお高い奥様とか教育ママという
感じも無くは無かったのですけど、それがいつの間にやら
眼鏡を外した女の子はみんな美少女という感じになってきたのも最近の風潮なのかもしれないですね~(笑)

眼鏡をはずして変わる女の子といえば私はハートキャッチプリキュアのつぼみを思い出します。アニメでは深く触れられていませんでしたが視聴者的には彼女もまた眼鏡の有無で一気に印象が違って見えるキャラだったと思います。
キャラクターが見た目から自信をつけて変わっていくのは素晴らしき成長ストーリーですし、眼鏡をはずすような外見の変化はそのための重要な第一歩と言えるのではないでしょうか。

眼鏡という1アイテムでちょっとおバカっぽいはずのルーミアもガラリとイメージを変えますね!アミグリさんの描かれた眼鏡ルーミアはちびっ子だけどなんだか先生っぽくも見えて賢そうです。
この眼鏡をかけて引き締まった雰囲気のままでふわふわとした会話をし始めたらそれはそれで可愛いさ倍増かもしれませんね…w

なるほどっ!

schwert 様


この記事を書いている時に「分厚い眼鏡を外すとすてきな美少女キャラで誰か書いていない人がいたな~」と
思っていたら、言われてみればつぼみがいましたね!
教えて頂きありがとうございました!
ハートキャッチって歴代でも珍しいくらいの主人公ポジションとモブキャラに眼鏡っ娘が多い印象がありましたけど、
つぼみにとっては「内気な自分をすてきにチェンジさせる事」の一つの象徴が眼鏡を取る事であり、
髪型の変化と言えるのかもしれないです。
1話においてそれを勧めていたえりかは「さすがファッション番長」という感じなのですけど、
1話の頃のえりかのうざキャラ振りは相当なものがあったのも今にして思うととても面白いものがありました!

アミグリさんの描かれた眼鏡ルーミアをお褒め頂きありがとうございます!

確かにあの眼鏡ルーミアはチルノを教える学校の先生みたいな雰囲気がとてもかわいらしく描かれていると思います。
眼鏡ルーミアがゆるゆる会話をするとそこにギャップというのか萌えを感じそうですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4639-5328c6a0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |