FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


先日初めて知ったのですけど、藤田玄播氏って最近お亡くなりになっていたのですね。
知らなかった・・・
氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

藤田氏の代表作と言えば、言うまでもなく「天使ミカエルの嘆き」
これは兼田敏の「シンフォニックバンドのためのパッサカリア」・保科洋の「カタストロフィー」と
同様に1970年代の吹奏楽邦人作品の代表的名作だと思いますし、
永遠に後世に受け継がれていくべき作品だと思います。
確かヤマハ浜松からの委嘱作品であり、全国大会初演が1981年でしたけど、
翌年以降結構各地で演奏されていましたし、何回か色々なチームで全国大会で演奏されていました。

私は、この曲を初めて生で聴いたのは、
1981年の宮城県大会の仙台地区予選で仙台第一高校が演奏したものでした。
仙台第一高校は、その年以前はB部門での東北大会常連チームでしたけど、この年からA部門に
上がっていました。
この年は、演奏も悪くはなかったのですけど、県大会で姿を消しましたが、
翌年に「グランドキャニオン」で、ヴァイオリンソロとピアノの効果的使用を含めて
全国大会に初出場しています。
(現時点では全国はこの年一回限りの出場のようです
この1981年の演奏で何が印象に残っているかと言うと、
チューバの大胆な使用というか、チューバ奏者が部分的に楽器を上下逆さまに持ち
音を天井に向けて出すというのではなくて、
床に向けて出すという事をやっていました。
確かに低音がかなり効果的に鳴っていたのは覚えています。
この演奏がきっかけで「天使ミカエルの嘆き」という曲を知ったのです。

ヴィヴラフォーンの響きで開始され、徐々に気持ちが高潮していき、
演奏開始から2分辺りで一つのクライマックスに到達します。この部分でのシロフォーンの
無茶苦茶な乱打が視覚的にも聴覚的にもかなりの効果を発揮します。
曲は一旦静まり、オーボエの呟くようなソロからトランペットの生き生きとしたソロへと展開し、
一旦静かになり、
メンデルスゾーンの「結婚行進曲」のパロディーみたいなファンファーレが高らかに鳴り響き
曲は静かにうめくように閉じられていきます。
タイトルが暗示する通り、非常に分り易い曲であり、
吹奏楽の色彩的効果が魅力的に発揮されていると思います。

藤田氏の他の曲と言うと、カンツォーネ・バルナバの生涯・切支丹の時代と色々ありますが、
正直ミカエル以外はあまり印象に残っていません。

「天使ミカエルの嘆き」の演奏で一番印象に残っているのは
1984年の東海大学第四高校です。
このチームは1982年にもミカエルを取り上げ、82年は金、84年は銀賞ですが、断然84年の方が
素晴らしい演奏と思います。
何が素晴らしいかと言うと、弱奏部分の説得力、いかにも泣き崩れそうな表情、
PPの部分の間の取り方の巧さがあげられます。
91年にJBS吹奏楽団がこの曲を自由曲として全国に臨んでいますが、この時の指揮者の下地氏は、
現在でも読響など世界各地のオケでタクトを振るっています。

藤田氏は、実は吹奏楽の指揮者としても頑張っていた方で、
90年代には、都留文科大学、三和銀行コンサートバンドでもタクトを振られ、
都大会で何回か聴いた事があります。
自作自演はではなくて、エル・サロン・メヒコとかウェーバーの主題による交響的変容といった
アレンジものを振っていました。
正直、指揮はあまり上手くはなかったですね・・・
コチコチの硬い感じの指揮でした。

「天使ミカエルの嘆き」は、特に中学生・高校生の小編成で演奏して欲しい曲です。
ある程度の人数がいれば、無理なく消化できる内容の曲ですし、
名曲は語り継がれていくべきだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ん?

ミカエルの全国大会初演は確か1978年だったと思いますよ。
その年のヤマハのジュビラーテをYou tubeにアップしてますw

失礼・・・

なおりパパ  様


ご指摘ありがとうございます。

後日訂正しておきますね・・・

クラシック音楽カテゴリは、ある程度資料見ながらの記事upにしているのですけど
「吹奏楽」カテゴリは、ほぼ自分の記憶だけで掻いているものでして・・・
時折ああしたチョンボをしてしまいますので、
ま・・大目に見て頂けると幸いです・・(笑)

「あの水平線の彼方」ですけど、倉敷の演奏は、そうですね・・・
印象としてはなんか盛り上がらない中途半端な感じで
ラスト近くのコーラスも短いし、なんか意図不明みたいな印象を持ってしまいますね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/463-a04b8a81
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |