FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


12/2記事の続きです・・

「東方深秘録」のPC版の正式製品頒布日は2015年5月で、同年の秋に「東方紺珠伝」の製品頒布が実施され、
年が明けて2016年に「東方深秘録」のPS4版が発売されたという経緯があります。
東方深秘録のPS4版は単にゲームのハードという器を追加されただけという事に留まらず、実はとある重要な
変更事項もあったりします。
その中で最大の変更事項は「東方紺珠伝」であの大活躍を見せてくれたうどんげちゃんの追加キャラ設定です。
発売当初のPC版にうどんげちゃんは存在していませんでしたけど、PS4版になって重要キャラとして
うどんげちゃんが追加設定されているという大変珍しい変遷があったりもします。

「東方紺珠伝」」は「東方深秘録」の後の作品ではあるのですけど、
ストーリーの時系列をよく分析してみると、東方深秘録の異変が幻想郷で巻き起こっていた頃には、
実は既に純狐とヘカーティア様たちによる月の都侵略が実行されていて、
サグメがパワーストーン(オカルトボール)を地上に向けて放った時期を既に過ぎていましたので、
東方深秘録と東方紺珠伝の異変の間には実はかなり密接したストーリーがあるという事が判明した結果にも
なっていますので、「東方深秘録」でのうどんげちゃんは、PS4版での追加キャラとして追加設定されていても
実は全然ヘンではないし違和感は全く感じないし、深秘にもうどんげちゃんが既に絡んでいたのは
全体のストーリーを考えると整合性が図れるし妥当である」という事にもなるのだと思われます。

そしてこのPS4版としての深秘録は、一言で言うと東方紺珠伝の後日談というかエピソードとしてプレイをした方が
より物語全体の整合性を図れるのだと思われます。
PS4版としての深秘録でのうどんげちゃんの弾けっぷりとどこか吹っ切れた様子は、紺珠伝における吹っ切れた様子と
重なるものがありますし、東方憑依華における夢の世界での「本音」で生きるうどんげちゃんの発言とほぼ同じという事は
大変興味深いものがありますし、ここにいるうどんげちゃんは以前のような「人が怖い、妖怪が怖い、お師匠様はもっと怖い」
といった臆病兎では既に無いという事を改めて私達に示唆しているのだと思います。

そんな訳で本記事においては12/2の記事の続編・補足みたいな形になりますけど、うどんげちゃんの「東方深秘録」の
後日談としての各キャラたちとの絡みについて少しばかり触れさせて頂きたいと思います。

そうそう、うどんげちゃんは、東方深秘録~紺珠伝~憑依華において、何やら楽器のトランペットみたいでもあり拡声器の
ようにも見える銃器を手にしているシーンが多くみられるのですけど、
これは月の玉兎たちが武器として所有しているルナティックガンです。
真正面に飛ぶ実弾の他、パワーアップによってうどんげちゃんの周囲に発生する魔眼的オブジェクトから幻影の銃弾を
バラバラ撒き散らすという何気に結構ヤバい雰囲気の戦闘道具でもあったりします。
紺珠伝においてはメガホン並の大きさでしたけど、深秘録のPS4版ではそれ以上の巨大サイズに変更されていて、
戦闘状況に応じて小銃型など別の形態に一瞬で変形したり、メガホンのように波長を拡散したり、
それとは別に素手でも銃弾を放ったり、はたまた実はもう一丁隠し持っていて二丁拳銃みたいな感じにもなったりしていて
ツッコミ所は満載であったりもします。
幻想郷内の最大の技術屋の河童のにとりをして
「未知の技術で出来ている」とか「(原理や仕組みは)何一つ分からん」と言わしめる月の高度な技術を結集した銃器
と言えるのだと思われます。
ちなみにですけど、清蘭も似たようなルナティックガンを所持しているものの、うどんげちゃんほどの破壊力は無いですし、
今一つ使いきれていないという印象もあります。
そうした点から考えると、うどんげちゃんの能力の高さがここでも立証されているようにも思えます。






うどんげちゃんは霊夢に語りかけます。

「貴方が月の都を疑うのは判るわ・・だって私もそうだもの」

これはかなり意味深な発言だと思いますし、うどんげちゃんのある意味本音に近いものを吐露したものと
言えるのかもしれないです。

うどんげちゃんの心の深層は、師匠の永琳に対する不満とか
「永琳・輝夜・サグメといった月のリーダー達は本当に自分の都合しか考えないし、私が大怪我しようがダメージを負おうが
しったこっちゃないのかもしれない」という不満や
「東方紺珠伝」の異変の際に本当は行きたくもない月への出動を命令された際にも、紺珠の薬についての効用は
確かに指示されたものの、その薬の副作用とか
本当は月で何が起きていて、自分が月に向かう真の理由とは何なのかについては永琳の口からは一切事前に語られておらず
その辺りがうどんげちゃんとしては永琳に対する口には出せない不満を抱えているのかもしれないです。

実は霊夢自身も「永琳たち月の民たちは事前に必要な情報を何一つ教えず、私達チーム紺珠伝のメンバー4人を
危険地帯に向かわせていた」とカンカンに激怒しているのですけど、
こうして考えてみると紺珠伝については霊夢とうどんげちゃんの「想い」は実は共通のものがありそうですね。



f4c52631_convert_20181113075237.jpg


霊夢はうどんげちゃんに語りかけます。

「都市伝説異変を解決するためにはまた月の都に行くしかないのかな・・?」

セリフから察するにサグメには出会った後の様子なのだと思われます。
「東方紺珠伝」は結局の所、一応表面的には収束しているものの、本質的問題は何一つ解決されていません。
一つは純狐がいつまた暴発するか分からないという事、二つ目はこれは月のリーダーたちの問題でもあるのですけど
「嫦娥」の処遇を一体どうするのかという問題であり、これによって一つ目の問題が大きく左右される事になります。
そして1と2の進展次第ではいつまた月のリーダーたちが幻想郷侵攻を企むのか読めないという事であり、
再度こうした問題が発生した際は、月のリーダーたちは、永琳・ゆかりんに再度収束を依頼するしか方法が無いという事でも
ありますので、そうした事情を理解している霊夢としては
「三回目の月派遣も決してありえない話ではない」という事は既に覚悟しているのかもしれないですね。
PS4版のExでは次回作も示唆されていましたけど、これは「東方憑依華」の事なのかもしれないですし、この憑依華に
おいては「東方深秘録」のメインテーマであった都市伝説も随所に出ていましたし、ドレミー・スイートが
かなり重要な役割を担っていた事を考えると、
まだまだ月絡みの異変は収束しそうにもないし、霊夢の頭痛の日々はまだまだ続きそうという事なのだと思います。



863b1c68_convert_20181113074742.jpg



うどんげちゃんは神子に語りかけます。

「赤い色の方が良いかなぁ、んー、でも青も意外性あるかなぁ・・迷うわねぇ」

うどんげちゃんのこのセリフは最初何を意味しているのかよく分からなかったのですけど、赤と青という事で
多分ですけどお師匠様の永琳の服の色の事を言っているのかもしれないですね。
これがもしも「東方憑依華」における夢の世界のうどんげちゃんモードでしたら、普段の永琳に対する不満・ストレスから
「年寄りのババアのくせに無理して若作りしてあんな赤と青の派手なコントラストの衣装なんか着ちゃってさぁ~」とか
言うのかもしれないですね・・(汗・・!)

今更言う魔でもない事ですけど、うどんげちゃんは月からの脱走兵です。

当時のうどんげちゃんは月の兵士でありましたので、これは軍隊で言ったら「軍法会議の上死刑判決」といった大罪に
相当し、まさしく敵前逃亡という罪とも言えると思います。
地上の幻想郷に逃げてからは永遠亭に匿われ、永琳の庇護の下、永琳の助手というかタダ働き同然に
こき使われ日々無茶振りをされていたりもします。
永琳がうどんげちゃんを匿ったのは月の都の動向を探るためであり、自分達の邪魔になるようなら殺すつもりだった
というのが設定にもなっているのですけど、
うどんげちゃんにとって永琳というお師匠様は、恩人だけど同時にとてつもなく怖い存在という事なのだと思います。
月に出撃前ならば「お師匠様の服の色はツートンでかわいいなぁ~♪」とも感じていたのかもしれないですけど、
紺珠伝以降はとてもじゃないけどそんな気分にはなれないのかもしれないですね・・

小野塚小町はうどんげちゃんに関しては「味方を見捨てて逃げた罪により死後は地獄に墜ちる事が既に確定済」と
結構シビアな事を言っています。
うどんげちゃん自身は、地上で真面目に働く事でそれを贖罪しようと考えているようですけど、
「それでは贖罪にならない」と四季映姫様に東方花映塚で説教されていたのが大変印象的であったりもします。



291a3ea8_convert_20181113074646.jpg



うどんげちゃんは華扇に語りかけます。

「猿の手……それ欲しいわぁ」

うどんげちゃんは何かしら願い事がある様子なのですね~

「猿の手」はこれは都市伝説としては定番の一つだと思います。
その概要は、一見みすぼらしい猿の前足のミイラは持ち主の願い事を三つ叶えてくれるという魔力を持つけど
願い事の成就には高い代償が伴うというグリム童話みたいな内容です。
そしてこの都市伝説は、東方深秘録で華扇がチョイスしたネタでもあります。

ちなみにですけど「物語シリーズ」の化物語の中では、神原駿河に取り付いた怪異として扱われていたりもします。

うどんげちゃんが猿の手を使って叶えたい願いとは一体何なのでしょうか・・?

月を脱走した事への後悔・・? 月の仲間たち・同僚や綿月姉妹といった自分をかわいがってくれた人たちへの自らの
不義理を詫びたいという事なのかもしれないですし、
はたまた、「東方憑依華」の夢の世界モードの本音語りでは明言されていなかったものの、
永琳や輝夜に対する不満を直接ぶつけて自分の現在の処遇を改善して欲しいけど、とてもじゃないけど
そんな事は言えそうにもないから、猿の手という一つの魔法のアイテムを駆使して、永琳に対する日頃のストレスを
発散したいとかやはり現在の永遠亭絡みなのかもしれないです。
うどんげちゃんとしては、最近の異変を通して自信を付け、「私は穢れた地上の妖怪兎」と宣言して吹っ切れていますので、
そうしたうどんげちゃんの最近の本当の気持ちを師匠の永琳にも分かって欲しい・・という事なのかも
しれないです。



0ea6a37b_convert_20181113074432.jpg


うどんげちゃんは華扇に語りかけます。

「貴方の波長、恐ろしく長いわね・・感情豊かに見せても心の奥底は冷淡で、非人間的な・・・」

華扇の波長が長いというのは予想通りですけど、心の奥底が冷淡で非人間的というのは少し意外でもありました。
「東方茨歌仙」の華扇はどちらかというと温かみがあり人間臭い雰囲気を感じ取れるのですけど、
うどんげちゃんがそのように感じているという事は、やはり「華扇=実は鬼説」というのは本当なのかもしれないですね。

うどんげちゃんの真の能力とは、上記で華扇の波長を看破した通り、「物の波長を操る能力」というものであり、
「狂気を操る程度の能力「はこの一部に過ぎず、本来の用途は幅が広いと言えるのだと思います。
そうしたうどんげちゃんの「物の波長を操る能力」を応用し、相手の波長を読み取ってそのキャラの性格分析すらも
実は可能でもあったりします。
実際、「東方花映塚」なおいてもうどんげちゃんは各キャラの性格をそま波長から適確に推測していたりもします。

霊夢 → (非常に)長い・短い

霊夢は短気のようにも見えるのですけど、のんびりとした面と荒っぽい面の二つの側面を有しているものと思われます。

妖夢 → 比較的長め

元々「のんきそう・・」みたいなイメージがありますし、ゆゆ様からのあの日々の禅問答みたいな煙にまかれる会話を
していると嫌でも波長は長くなりそうですね~

チルノ → 短い

チルノは意外と 気性が激しい感じもありますし、おバカさんゆえの無鉄砲さがあるのだと思われます。

因幡てゐ → 飛びぬけて短い

小野塚小町 → かなり長い

もしもですけど、うどんげちゃんの波長測定から見た場合、あのゆかりん=八雲紫様と早苗さんはどのように映るのか
興味津々ですね~
ゆかりんは短気も気の長さも自由自在というイメージがありますけど、早苗さんの波長は意外と短いのかもしれないですね~



7f2551a0_convert_20181113074516.jpg


華扇はうどんげちゃんに語りかけます。

「最近、吹っ切れたみたいね、月の都との因縁は綺麗になったのかしら?」

これは言うまでもなくうどんげちゃんのいい意味での吹っ切れた様子を華扇なりに分析したものと言えそうですね。

うどんげちゃんは、今現在は精神だけでなく身体自体も穢れに染まって地上の兎となり、月には二度と帰れないの
ですけど、今現在のうどんげちゃんは「それでも私は構わない!」という強さを有しているのだと思います。



62f1b3b6_convert_20181113074553.jpg



にとりはうどんげちゃんに語りかれます。

「なんだい、今更、祭りに参加してきたって分け前やんないよ」

にとりのこのセリフは通常版の「東方深秘録」には未登場だったけど、「東方紺珠伝」でのあの大活躍を評価されて
PS4版の追加キャラとして登場し、追加キャラなのにまたまた目立つ活躍を見せているうどんげちゃんに対する
やっかみみたいなものもあるのかもしれないですね。

にとりは「東方茨歌仙」でも縁日等でのショバ代を要求したり、
命蓮寺の縁日でインチキ商売をしている所を白蓮さんに咎められると「ショバ代払っているのだから文句を言うな!」と
逆ギレしたり等銭儲けには余念がない一面もありますので、
深秘録というのはにとりにとっては面倒な異変というよりは都市伝説騒ぎにかこつけたお祭り騒ぎみたいなものと
言えるのかもしれないですね。



637121a4_convert_20181113074958.jpg

d521df43_convert_20181113075350.jpg


にとりはうどんげちゃんに
「お、その拡声器見せてみな……何だか未知の技術で出来ているな、 これがルナテクノロジーって奴か
うーん何一つ判らん」と
うどんげちゃんが手にしているルナティックガンについては、幻想郷内で最大の技術者ともいえるにとりをもってしても
「正体不明」と嘆かせるとてつもない科学技術の結集とも言えそうですね。

そしてうどんげちゃんはにとりに語りかけます。

「お師匠様が河童の薬を褒めてたわよ・・民間療法の極みだって」
「そういえば河童の薬には何か得体の知れない穢れた物が入っているみたいだけど……尻子玉?」

うーむ、河童の薬にはやはり人間達から取り去った尻子玉が入っていたのですね・・

そしてうどんげちゃんの発言からは、河童の技術を評価しながらもどことなく不気味とか胡散臭さを感じ取っているのかも
しれないですね。



df0a6465_convert_20181113075437.jpg

cf042a1e_convert_20181113075108.jpg


最後は物部布都です。

布都はうどんげちゃんに自らがモチーフにした都市伝説の番町皿屋敷について
「何?皿屋敷が古いとな?馬鹿言え、私の時代には無かった最新の怪談だぞ」とか何とか言っていますけど、
これは布都の古さを意味すると同時にうどんげちゃんとのジェネレーションギャップを感じますね~
一方うどんげちゃんは布都に対して
「オカルトで皿屋敷?古くさ! こういう頭の固い奴にはなりたくないわー」とかなり辛辣な事を言っていますけど、
布都は、この異変の中でこいしちゃん・秦こころ・霊夢等からもこてんぱんにやっつけられ
「あんたと戦ってもまず負ける気がしないわ―」とまで言われているのですけど、
うどんげちゃんのツッコミも容赦がないという感じですね~

うーーむ、これでは布都の上司の神子も「頭痛がとまらん・・!」という感じなのかもしれないですね。



6894797_p0_master1200_convert_20181113082541.jpg



ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

そして今回ご紹介させて頂くイラストは言うまでもなくうどんげちゃんなのですけど、
今回は2枚のうどんげちゃんを転載&ご紹介をさせて頂きますけど、この2枚のうどんげちゃんは、
2018年11月現在で、アミグリさんが最も古い時期に描かれたうどんげちゃんと一番最近描かれた最新のうどんげちゃん
という事で、最古最新のうどんげちゃんの違いを皆様にご覧頂き、
アミグリさんの絵師様としての進化を是非見て頂きたいと思います。

上記のうどんげちゃんはアミグリさんが2009年10月というとてつもなく初期の頃に描かれた作品です。
そしてこのうどんげちゃんは「dream fantasy」に掲載された作品ではなくてpixivだけに掲載されていた作品でも
ありますので、この初期の頃に描かれたうどんげちゃんは大変希少価値がある作品と言えると思います。

2009年という時期から推察してこのうどんげちゃんは、東方緋想天・東方非想天則における
半袖ブラウス・青のスカートに赤のバンドといううどんげちゃんの公式設定をモチーフにされた作品と
言えると思います。

青のミニスカもうさ耳もすてきですし、何よりもとってもかわいいです!

この頃のうどんげちゃんはまだ今現在のように吹っ切れる前のうどんげちゃんなのですけど、
逆に幻想郷に来たばかりの頃のような初々しさを私たちに伝えていると思います。

初々しくて清楚なうどんげちゃんですけど、足を組んでいるあたりはうどんげちゃんのすてきなお色気みたいなものも
伝えていると思います。



kukki-udonge-004_convert_20181016150145_convert_20181023071424.png



それでは続きまして最新のうどんげちゃんです!

「おやつの時間」とタイトルが付けられたうどんげちゃんは、「dream fantasy」のアミグリさんが2018年10月に描かれた作品です!

これはとってもかわいいかわいいクッキーうどんげちゃんですね~!

うどんげちゃんが手にしていて籠の中に入っているクッキーはうどんげちゃんの手作りなのかな・・?
クッキーもとてもおいしそうです。
背景のケーキ・ガトーショコラ・クッキーもとってもおいしそうですし、うどんげちゃんのすてきなティータイムが始まりそうですね!

少しきょとんとした表情・少しよれっとしたうさ耳・先日のハロウィンゆかりんみたいに流れるような長髪の美しさ・
ミニスカートの可愛らしさといつものブレザー制服などうどんげちゃんの魅力全開に加えて
背景のお菓子やいつものキラキラ感がすてきに加わり、華やかさも十分すぎるほど表現されていると思います。

アミグリさんが描かれる長髪キャラは、いつみても「美しいなぁ・・」とうっとりさせられるものがありますし、
このうどんげちゃんの流れるような美しい長髪とこのミニスカートの素晴らしさは最高なのだと思います!

私も是非ぜひこのクッキー配りのうどんげちゃんからお菓子を貰いたいです!

初期の頃のアミグリさんが描かれたうどんげちゃんも清楚で初々しくて素晴らしいですし、最新のうどんげちゃんの
華やかさも素晴らしいですし、
2009年→2018年という10年間のアミグリさんの進化と成長も二枚のイラストからすてきに伝わっていると思います。

上記のアミグリさんが描かれたうどんげちゃんは、その権利は全てこのうどんげちゃんの作者である
アミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなかわいいうどんげちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!

ちなみにですけど明日・・12月23日は「アミグリさんが描かれた東方・艦これ以外の版権作品特集」です!

こちらもたくさんのすてきな作品が揃っていますので、明日の当ブログも是非ぜひお越し頂ければ
とっても嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

優曇華院の複雑な心境

優曇華院としては複雑な心境なのかもしれないです。

もちろん師匠の永琳に対しては尊敬と感謝の気持ちが強いとは思うのですけど、月絡みの一件ではあまりにも無茶振りすぎる点と説明不足の点はありありでしたからね。

時に師匠を恨みながらも心の中では心服しているという事なのかもしれないです。

アミグリさんの描かれる優曇華院の初期作品と最新作品の進化が素晴らしいと思います。最新作の優曇華院のかわいらしさは見とれてしまいそうですね。

さゆり 様、ありがとうございます!

さゆり 様


ご指摘の通りだと思います!

私が感じていた事とほぼ同じことをお考えになられていてとても嬉しいです。

うどんげちゃんは、永琳に対して「これからもずっとついていきたいし私のお師匠様としてお慕い申し上げている」
と感じているのは間違いないと思うのですけど、
「できれば事前にもう少し情報を教えてほしかったしもっとアドバイスして欲しかった」と感じているのかも
しれないです。

アミグリさんの描かれた初期作品と最新のうどんげちゃんを「すてきな進化」とお褒め頂きありがとうございます!
初期作品のうどんげちゃんの素朴なかわいらしさもすてきだと思いますし、
「おやつの時間」のうどんげちゃんの精緻な美しさも最高だと思います。

台詞を見るとうどんげちゃんの変わっていった様子を感じてるキャラもいるのですねぇ。
開き直って生きる力強さというのはとても大きな意味を持つことですが長いこと大きな変化もなさそうな他の永遠亭ファミリーでは描けない、うどんげちゃんだから描ける部分なのかもしれませんね。

アミグリさんのイラストは長い髪の描き方がとても美しいです!そして最新のうどんげちゃんはその技術がさらにレベルアップしていると思います。
うどんげちゃんの服装もあって一人のJKのおやつタイムみたいで微笑ましくも感じられますね。

早苗さんと少し似ているのかも・・?

schwert 様


うどんげちゃんは「東方では珍しい作品ごとに人物面の成長が感じられる進化するキャラ」とも言われていて、
その辺りは、おしとやか→はっちゃけ→名言(迷言)製造マシーンと化していった早苗さんの変化と
似ている者があるのかもしれないですね。

うどんげちゃんの変化・開き直りで吹っ切れた様子を感じ取っているキャラ達は、ゆかりん・白蓮さん・華扇・妹紅と
幻想郷でも屈指の強さを誇る人たちが多いというのも大変興味深いものがありそうです。

うどんげちゃんは心の本音としては永琳に対して「こんちくしょー」と思っている面も無くは無いのかもしれないですけど、
それでも「お師匠様には敵わないしついていかざるを得ない」というどこか諦めと尊敬の両方を
有しているのかもしれないですね。

アミグリさんの描かれた2枚のうどんげちゃんのすてきな進化を感じ取って頂きありがとうございます!

初期作品の可憐さもすてきですけど、最新作の精緻さとあのJKさんのおやつタイムを連想させるかわいらしさは、
一つの大きな高みに達しているかのような進化が間違いなく伝わってきていると思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |