FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


この幻想郷では常識に囚われてはいけないのですね!



161b73c4-s_convert_20160612201232.jpg


早苗:あら、この寒い中参拝に来たのですか?
    うふふ。私もここでの挨拶の仕方を学びました。この幻想郷では常識に囚われてはいけないのですね!

早苗さんというとよく言われるのですけど、東方Project内の名言(迷言)製造マシーンなのかもしれないですし、
「まいったかぁー!」・「寝たら私が死ぬぞ!」・「さっさと勝負しろ! このヘンなTシャツヤロー!」などはその代表的な名言なのですが、
やはり早苗さんのいっちば~ん!の不朽の名言は上記の「この幻想郷では常識に囚われてはいけないのですね!」
なのだと思います!

「この幻想郷では常識に囚われてはいけないのですね!」が飛び出してきた異変は「東方地霊殿」なのですけど、
見方によっては「東方地霊殿はさとり様・こいしちゃんといった地霊殿ファミリーの話なんでしょ・・? どうしてここに早苗が・・?」と
思われる方もいると思うのですけど、
改めて「東方地霊殿」という作品を振り返ってみると、従来までの「幻想郷内で騒ぎ・異変を起こしたかった」とか
異変を起こさないといけない理由がそこにはあったという感じでは全然なくて、
むしろ地霊殿の主のさとり様の意思としては、この異変前も異変後も
「私たちは誰にも干渉されず誰からも邪魔されずに静かにここで平穏に暮らしたい・・」という意思があるのは
明白なのだと思います。
むしろ「異変なんか地霊殿で起こされることは迷惑千万!」という意識なのだと思います。
それゆえこうやって考えてみると「東方地霊殿」という作品は、地霊殿の主のさとり様にとっても
地霊殿のExtraボスでもあり、さとり様の唯一の実妹でもあるこいしちゃんにとっても不本意極まりないものと
言えるのだと思いますし、古明地姉妹にとっては迷惑そのものだといえますし、古明地姉妹にとっては、
この異変は別に異変を起こした張本人とか黒幕という事ではありませんし、後述しますけど、この異変の真の黒幕は
八坂神奈子・洩矢諏訪子という守矢神社の二人の神々と言えるのだと思います。

そっか・・だから「東方地霊殿」のEXステージで中ボスとして早苗さんが唐突に何の脈絡もなく登場し、
あの不滅の名言を言われていたのかもしれないですね。
守矢神社組があの異変の黒幕でもあるのですから、こいしちゃんステージの道中中ボスとして早苗さんが突然出没
していたのにはそうした黒幕としての事情があるからなのでしょうね~

八坂神奈子は、ある意味幻想郷内のはた迷惑でお騒がせな神様なのかもしれないですね・・・(汗・・!)

地霊殿異変→お空の暴走→ムラサ・ぬえ・一輪たちの地底からの脱出→白蓮さんの復活などの一連の異変について、
表だってその名前は出てきませんけど、
そうした異変の元々の原因を作りだしたのは、他ならぬ神奈子と諏訪子でしたので、
「東方星蓮船」あたりの頃は、神奈子というと「ハタ迷惑な神々・・・」という印象は拭えなかったですし、
「また守矢がなにかしでかしたのかっ!!」みたいな感じもあったと思います。
あの頃は「また守矢かっ!?」とか「これじゃ、ゆかりんが過労死しそう・・」みたいな雰囲気もあったものですけど、
それに関しては、外界から幻想郷に引っ越しをして間もない頃でしたし、
外界の技術の進歩を分かっている神奈子と諏訪子にとっては幻想郷の古い体質とか技術の遅れを
二人の神さまなりに心配していたという事にしておきましょうね・・・

神奈子・早苗さんといった「守矢神社」組の登場により、幻想郷に唯一存在していた「博麗神社」という
霊夢の神社に商売敵が登場し、
この事がそれまでは「信心とはお賽銭を得るためのもの」という認識程度しか持っていなかった巫女・霊夢が
多少は変化するきっかけにもなりましたし、
新しい物好きで幻想郷内に外界の科学技術を持ち込む事が実は大好きな神奈子が色々とはた迷惑な(汗・・!)事を
色々とやらかしてくれたもので、地霊殿のお空にとある余計な(?)能力を与えてしまった事により
幻想郷内に少しばかり・・・否! 多大な変化と影響を与えてしまい、その結果として

1.聖白蓮というニューヒロイン、そして仏教勢力一派である「命蓮寺」ファミリーを呼び込んでしまった

2.神子という道教勢力を長い眠りから覚醒させてしまった

3.地霊殿のこいしちゃんというキャラを一躍「世界のこいしちゃん」へと変貌させるきっかけを作ってしまった

などといった事態を招いてしまったのですけど、
幻想郷の雰囲気を明らかに一変させ新しい刺激を幻想郷内に与え、幻想郷が変化するきっかけを作ったという事で
これはこれで大変意義がある事だと思いますし、その立役者はまさにこの神奈子であるといっても差し支えは
無いとすら感じます。

神奈子は、元々が大の新しきもの好きで科学技術が大好きで、またまた好奇心旺盛な神様でもありますし、
フレンドリーで大の酒好き&とてつもない酒豪で
(幻想郷内最大の呑兵衛の萃香と差しで飲んで勝てる可能性があるのは八坂神奈子だけかもしれないですね!)
同時に、幻想郷のそうした古い体質とか技術の遅れを神奈子なりに心配していたのだとは思います。
外界の「全てが合理主義」とならない程度の簡単な文明開化を幻想郷にもたらしたいと考えていたのかも
しれないですし、幻想郷内の人里の人間達の「生活水準向上」が霊夢の博麗神社ではなくて、自分達の「守矢神社」の
知名度UPに繋がると考えたのかもしれないです。
その結果として神奈子は諏訪子共々、色々な事を画策し、それが結果として「異変」になっていったのだと
思われます。

東方星蓮船のそもそものきっかけは、地霊殿での間欠泉騒動なのです!
つまりそれは神奈子と諏訪子の技術革命が全ての原因とも言え、この二人の神さまたちが、
元々鳥頭で純粋で素直ないいこのお空にとある余計な能力を与えてしまい、お空がそうした能力を制御できずに
暴走してしまったというのが、ある意味平和ボケしていた幻想郷内に白蓮さんとか神子といった宗教関連の
ニューヒロインを生み出してしまった事に直結をしてしまうのです。
つまりは、神社勢力の守矢神社組がおとなしく何もしなければ、幻想郷内の宗教関連施設は、
霊夢の博麗神社と早苗さんや神奈子の守矢神社だけで済んでいたものが、
そうした神奈子たちが余計な事をしてくれたおかけで、白蓮さんの仏教勢力、そして神子の道教勢力という
新しい宗教を幻想郷内に呼び込むきっかけを見事に作ってしまい、
言うならば自ら「商売敵」を作ってしまったようなものですよね~

更に「星蓮船」本編の顛末が次作「東方神霊廟」の神霊騒動のきっかけとなっているため、
こちらもそもそもの発端はやはり神奈子たちが引き起こした間欠泉騒動が間接的な原因になっている事を考えると、
「守矢神社はトラブルメーカー」というのかそのお騒がせ振りは、
神様と言えども、幻想郷そのものは常識には囚われてはいけない所なんだなぁ・・と改めて実感させられるものがあると
思います。

「東方地霊殿」の二人の神々の意図というものは、
外界と違って「電気」が開通していない幻想郷の技術の遅れに危機感を持ち、
とあるものにとある力を与える事により何か新しい「エネルギー源」を得ようとした事でもあります。
そしてその二人の神々が目を付けたのは、お空であり、お空は二人の神々により、
「核融合を操る程度の能力」を与えられてしまいます。具体的にはどういう事かと言うと、
神の火の力=八咫烏の分霊をお空の体内に宿されてしまったという事なのです。
神をその身に宿すのは普通の人間や妖怪には簡単な事ではありません。
霊夢も「東方儚月抄」にて神を霊夢の身に降臨させるという巫女らしい事をやってのけていましたけど、
あれは、事前にゆかりん=八雲紫様が霊夢に徹底的に稽古を付けていたからこそ出来た技なのであり、
お空のようなそうした言われた事も3秒後にはすっかり忘れ果ててしまうような鳥頭の妖怪には、
本来はあんまり相応しくないのかなぁ・・とも思えるのですけど、
それではどうして神奈子たちがお空に注目をしたのかというと、
お空は元々が、「地獄鴉」という妖怪鳥であり、八咫烏という「神の火の力」を降臨させる際に、元の性格が素直で
「自分は八咫烏なんだ・・」と思い込みやすい性格であったためとの事です。
本来は、そうした「神の火の力」を持つには待った相応しくない頭の持ち主のお空に
そうした力を与えてしまった神奈子たちはやっぱり「はた迷惑な神様」と言えるのかもしれないですね~
結果的に、お空が後日暴走化したそのドサクサ紛れで、旧地獄な封印されていたムラサ・一輪たちが
脱出し(こいしちゃんに言わせると、出所・・)、巡り巡って聖白蓮と豊聡耳神子の復活を呼び込み、
こいしちゃんが「自分のペットにもお空みたいな力を与えて貰おう」と守矢神社まで行こうとした妖怪の山で、
秦こころが落した「希望の面」を拾う事で、こいしちゃんが「誰からも気づかれない存在」から一躍あの「世界のこいしちゃん」へと
華麗なる飛躍を果たした事にもなりますし、
最終的には、神奈子も「幻想郷にこうした核融合というエネルギー源は難しい・・」と悟る事になり、
幻想郷内でのこうしたエネルギー源利用を断念したものの、後日水車を利用した幻想郷内と守矢神社を結ぶローブウェイを
開通させることにもなりますので、
結局のところ結果オーライといえるのかもしれないです。

お空自体は、元々は「鳥頭」と称されるほどのポンコツ頭というか三歩歩いたら三秒前に言われた事すらも
忘れてしまうタイプのキャラなのですけど、
そうした頭がからっぽの子にそうした能力を与えるとどうなるのかという事を示唆したのが
「東方地霊殿」の本編でもありますし、
同時に私達外界の人間たちも、本来は有すべきではない「原子力発電」とか「核兵器」みたいな危険極まりないものを
有していると今後どんなカタストロフィ(悲劇的結末)がそこに待ち受けているのかを
どこか暗示しているようにも感じられますし、
そうした危険極まりないものを平和的利用にですら制御できないのに、それが万一軍事使用に再度利用された場合に対する
なにか「警告」・・みたいな事ももしかしたらZUN神主様としては意図されているのかなぁ・・とも
思ったりもしますね。
ちなみにお空は自身の暴走から目が覚めた後も、親友のお燐ちゃんやご主人のさとり様の事は覚えていても
そうした能力を与えた神奈子たちの事は綺麗さっぱり鳥頭らしく忘れ果てていますので、
そうした「危険な能力」を与える場合、ちゃんと人を見て選べ!!という事なのかもしれないですし、
それは、もしかして・・「原子力みたいな危険極まりないエネルギー源」を人間が使いこなすには、
まだそこまで人間自体の精神面が追い付いていないとか、
「核兵器の発射ボタン」を押す権限を有している某国の大統領が万一・・お空のような「鳥頭」化したら一体どうなるんだろ・・
みたいな事をもしかしたら、後付けの理屈になってしまうのかもしれないですけど、
ZUN神主としては意図されたのかもしれないですね。

「東方地霊殿」の核心的部分でもあるExtraステージを振り返ってみますと・・

霊夢:何処に居るのかしら、あの馬鹿。
紫:(神様を馬鹿呼ばわりしていいの? いいわよね)
霊夢:あの地獄鴉の言う事が本当なら、今回の一連の騒動は神奈子の仕業に決まっているわ。
    地底進出でも企んでいたのかしら?
こいし:あ、丁度良いところに巫女を見つけたわ。
     ここの神様が何処に行ったのか知らない?
霊夢:おん? 私も捜していた所よ。
こいし:え? 神社の巫女さんが神様を捜しているなんて滑稽だわ。本当は隠してるんでしょ?
霊夢:あんた、誰?
こいし:私は古明地こいし。しがない参拝客よ。
     わざわざ地底から出てきたってのに神様が見つからないなんて……。
霊夢:こめいじ……? どっかで聞いた事があるような。
紫:(ほら、地霊殿で聞いたんじゃ無い?)
こいし:貴方、地霊殿を知っているの!?
霊夢:最近行ったわ。
こいし:もしかして……貴方、お姉ちゃんが言ってた地上の人間?
霊夢:嫌な予感がするよー! もりもりと。
こいし:お姉ちゃんが中々腕が立つけど凶暴で、頭の中が空っぽの巫女にやられたって。
霊夢:さとりの妹さんね。あんたももしや……考えてる事を……。
こいし:心の事? 私は閉ざしちゃったわ。覚りの瞳。
     人の心なんて見ても落ち込むだけで良い事なんて何一つ無いもん。
霊夢:それは良かった。じゃ、神奈子も諏訪子も見つからないし、私はここら辺で。
こいし:ちょっと待ってよ!
     山の神は見つからなかったけど、良い人間を見つけたわ。
     私はおくうに神の力を与えた強い者を捜していたの。でも、おくうを倒した貴方はもっと強い筈!
     お姉ちゃんすら敵わなかった貴方の力、是非見せて欲しいわー!

こいし:さっすがぁ。貴方、ただもんじゃないわね。
紫:(ほんと、ただもんじゃないわね)
霊夢:普通の人間のつもりだって。ところで、何で神様を捜していたの?
こいし:ほら、お姉ちゃんのおくうは地獄鴉の癖にすんごく強くなったでしょ?
     聞いたら、山の神に強くして貰ったってさ興味あるじゃない?
諏訪子:おや、参拝客が二人も。今日はごちそうね!
霊夢:あ、いた。山の神様その2。何処にいたのよ、捜してたのよ?
諏訪子:ちょっと買い出しにね。
こいし:あら、もしかして山の神様? ちょっとお願い良いかしら?
諏訪子:霊夢、こいつ誰?
霊夢:地獄のこいし。
諏訪子:へーこいしねぇ……妖怪かと思ったわ。で、何かしら?
こいし:うん。私のペットにも何か神様の一つでも与えて欲しいわぁ。
諏訪子:……どういう事?
霊夢:そうそう思い出した。あんた、地底世界に何かした?
諏訪子:地底……? もしかして、山の産業革命計画の事かしら?
霊夢:産業革命計画??
諏訪子:この間、河童の工場を見学してね。外の世界に比べて相当遅れてたからねぇ。
     神奈子が、新しいエネルギー資源があれば、革命が起こる筈だって。ほら、神奈子は技術革命が好きだから。
紫:(それで、核のエネルギーを得ようと地底に八咫烏を?)
諏訪子:私は河童に核は危ないんじゃないの?って言ったんだけどね。それで? 上手くいったのかしら?
霊夢:あんたらねぇ。何かするつもりならみんなに言ってから行動してよね!
    その所為で灼熱の地獄まで行かされたんだから!
紫:(ふー……霊夢、ご苦労さん。よく頑張りました。今回の事件は全容が見えたからもう休んで良いわ、温泉でも何でも)
こいし:話まだー? 私のペットには恋い焦がれるような陰惨な力の神様が欲しいなー。
霊夢:あんたにそんな神様の力くれてやるもんですか。

改めてですけど、神奈子と諏訪子の二社の神々が「山の産業革命」という発想さえしなければ、
「東方地霊殿」というさとり様がーにとってははた迷惑な異変も起きることもなかった訳ですし、結果として間欠泉騒動が
引き金になって一輪・ムラサ・ぬえたちが封印されていた地底からの脱出を実現でき、これによって白蓮さんの復活が
図られ、宗教界のニューヒロインが登場した訳ですので、やはり神奈子たちは「余計なこと」をしてしまったと
いえそうです。

但し・・この異変が一つのきっかけとなって「こいしちゃん」が大ブレイクすることにもなりましたので、
こいしちゃん好きの東方ファンの皆様にとっては、「守矢神社、万歳!」ということなのかもしれないですね~(笑)







ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

上記の作品はアミグリさんが2018年10月に描かれた早苗さんです。

この早苗さんはアミグリさんがこれまで描かれてきた早苗さんの中では最も大人っぽいのかもしれないです。
例えばですけど、2017年のれいさなと同時に描かれた早苗さんは
「美しい清楚な巫女さん」という印象を受けたものですけど、今回の早苗さんはこれまでの多くの異変を経験し、
たくさんの妖怪たちや月の民たちとバトルをしてきた経験を重ね、幻想郷に移住をしてきた頃に比べると
一皮もふた皮もむけ成長を重ね「大人っぽくなった早苗さん」を印象付けているような雰囲気があると思います。

背景を描かない事と最近の作風の大きな特徴でもあるキラキラ感を少し抑えている事で、
素の早苗さんのかわいらしい魅力を120%以上発揮しているようにも感じられます。
いつもの風祝衣裳なのですけど、腋見せチラリも健在ですし、おへそのチラ見せもとてもかわいいですし、
肩出しと肩のあたりのなんとなく水着の日焼け痕が感じられる点も早苗さんの可愛らしさ・美しさを見事に
表現されていると思います。
これまでの異変解決への貢献度の高さから自信に溢れている感じも窺えそうな気もしますけど、初期の頃の
「わたし、わたし!」ではなくて
他者との共感度・コミュニケーションの深さも感じさせるような大人としての自信を感じさせる早苗さんのようにも
感じられそうです。

なんとなくですけど外界で言うとJKさんではなくてJDさんっぽい早苗さんのようにも感じられそうですね~!
早苗さん大好きの私としてはとてつもなく嬉しい早苗さんを描いて頂きとても嬉しいです!

二次創作においては早苗さんはよく「外界のJKさん時代の早苗さん」がよくモチーフにされていることもありまして、
その中では「外界のJKさんの頃の早苗さんの制服はセーラー服なのかブレザー制服なのか?」というテーマは
永遠の論争課題なのかもしれないですし、
私としては以前は「外界の頃の早苗さんは理系だから、ブレザー制服に白衣がお似合いなのかも・・?」と感じていましたけど、
最近はどちらかというと「セーラー服の早苗さんがいいかも~」と感じることが多くなりましたが、
アミグリさんが描かれるこうしたしっとりとしたおとなっぽい雰囲気の早苗さんも「すてきだなぁ~!」と感じたものでした。

上記のアミグリさんが描かれた早苗さんの権利は全て上記作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しい早苗さんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

(*^▽^*)

寝たら私が死ぬぞ!っていうセリフが
めっちゃかわいいですね(´∀`*)ウフフ

名言と迷言

ふたごパンダ 様


東方のこの早苗さんというキャラの名言と迷言のギャップはとてもすてきなものがあると思いますけど、
その中でもこの「寝たら私が死ぬぞ」は結構緊迫した場面でもありましたので、
あれは珍しく(?)名言の部類に入るのかもしれないですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4612-af147c35
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |