FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


本年度・・2018年の全日本吹奏楽コンクールも無事に全国大会も終了しましたけど、
出場者・指揮者・関係者の皆様は本当にお疲れ様でした!
来年も今年以上にすてきな名演が出てくる事を期待させて頂きたいと思います。
そしてこうした吹奏楽コンクールという本番一発勝負というほんのわずかな時間のために、
たくさんの練習時間と部外者の私達には想像もつかないようなご苦労とか困難とか場合によっては
「響け! ユーフォニアム」でも散々登場していたギスギスしまくった修羅場とか意見対立とか
とにかく特にスクールバンドの指導者や部長・副部長等の皆様のご苦労は尽きないものがあったと推察されます。

改めて感じるのですけど、音楽関連の学校では無い普通のスクールバンドにおける吹奏楽指導者の先生方の
日々のご苦労は本当に大変なものがあると思いますし、
今現在も問題になっている通り「文化部・運動部のブラック部活化」からもわかる通り、部活の顧問・指導者の皆様は、
場合によっては土日祝日の練習にも朝から晩まで付き合い、先生自身のプライヴェートの時間が少なくなったり
はたまた自腹を切るという事すら日常茶飯事である事を考えると、
こうした普通の公立校における先生方の負担軽減というのもそろそろ本気で議論をすべき時期に入ったと言えるのかも
しれないです。

「響け! ユーフォニアム」は、滝先生赴任前はだらけまくっていた北宇治高校吹奏楽部でしたけど、滝先生が
指導を開始すると劇的にサウンドや部員たちの意識改革が変化していったのは、このアニメ・原作の見どころの
一つだったと言えるのかもしれないです。
滝先生の指導は一言で言うと「適格で全てが理屈に適っている!!」としか言いようが無かったようにも感じられます。
吹奏楽でよくありがちな
「一音入魂」・「気合だ、気合だ!!」・「皆の気持ちを一つにすればよいハーモニーが生まれる」という
精神論ではなくて、
「どのように練習すれば正しい奏法で楽器を吹くことが出来るのか、どうすれば美しい音を出せるのか」という
適格な練習理論に基づいての指導をされていた事はとても理に適っていたと思います。
ランニング・正しい呼吸法・ロングトーン・ソルフェージュなどは、正しい奏法で美しい音を出すための一つの訓練
でありまして、それらをきちんと正しく消化した上で
私の持論の一つでもあります「優しさ・甘美さ・厳しさ・冷たさ・楽しさなどの感情は音色から生まれる」という事を
アニメ作品でも滝先生はきちんと具現化されていたという印象すら感じさせるものがあったと思います。




7aa11659_convert_20150429234026.jpg



吹奏楽に限らずオーケストラの管楽器セクションにおいても「どうすれば美しい音を出せるのか」というのは永遠のテーマ
だとも思います。
その具体的な方法論は色々とあると思いますし、それを厳密に細かく書いてしまうととてもキリが無いので
手短に書いてしまうと、
要は、正しい奏法でお腹からたっぷりと息を吸い吐き出すという正しいプレス、呼吸法を実践する事と言えるのかもしれません。
だからこそ第4話でも、ランニングをした後に直ちに楽器を吹いたりロングトーンを行ったり
お腹を使ってたっぷりと息を吸い、息を吐く事を実践させるために
両手を挙げて自分の息が雲に届くようにまっすぐ吹く事をイメージさせたり等の指導を
滝先生は実践されていたのだと思われます。

よく吹奏楽部は「走る文化部」と揶揄される事はありますし、
私自身の経験ですけど「自分達、本当に文化部なの?」と思えるほど、日々のランニングとか
うつ伏せになって足を少し上げてテンポよく呼吸を合わせたり、腹筋などは確かに私自身もよくやったと思います。
これは別に単に「体力をつける」という事だけではなくて、どちらかというと「正しい腹式呼吸」を身に付けるための
基礎訓練と言えるのだと思います。

第4話の中で、チューバ担当の初心者の加藤葉月が「ロングトーン」という同じ音を長時間連続して
吹き続ける練習をしてかなり弱音を吐いていましたけど、
ロングトーンは吹奏楽部の練習の本当の基本中の基本ですからね~!
ロングトーンは吹奏楽部に所属し金管・木管楽器を担当している限りは絶対にやらないといけない練習であり、
避けては通れない事なのだと思います。
だけど、ロングトーンは大変地味で単調な練習であり、
正直、何の目的意識もなくただ漫然と音をボ―――――――ッと吹き続けているだけでは
ほとんど意味がありませんし時間の無駄という感じになってしまいます。

ロングトーンの目的と成果は何なのでしょうか?
どういう事に気を付けて音を伸ばせばよいのでしょうか・・?
思いついた事を列挙してみますと、

1.音の吹き始めから終わりまで音量を変えないように気をつける
2.音の吹き始めから終わりまで音色が変わらないように気をつける
3.自分の思ったタイミングで音が出るように気をつける
4.呼吸法を意識する(腹式呼吸)
5.出来るだけリラックスして吹く

つまりウォーミングアップの役割と
体に不必要な力が入ったまま演奏する癖を付けないようにするという側面もあると思います。

私が中学の吹奏楽部の頃は、このロングトーンは本当に拷問で単調でつまらない練習以外の何者でも無かったです。
あの当時は、朝7:15からの早朝練習の大半はロングトーンに費やされていましたけど
私を含めてほとんどの部員は
「それではなんでこんな朝も早くからこんな単調な練習をしなくちゃいけないんだ~!」と
全く目的意識も無く漫然と文句ばかり言いながら吹いていたと思います。
だからあれだけロングトーンに時間を割いても、ほとんど上達していなかったのは、
部員の「目的意識の欠如」以外の何者でもなかったように思えます。

高校の吹奏楽部に入部してまず驚いたのは、この「ロングトーン」に対する目的意識が全然違っていて、
ロングトーン中は、「自分の音」だけでなく「他の楽器の音」も聴く事をとにかく徹底されられました。
具体的には、
中学の時は全員が、ドーレーミーファーと同じ音を同じ音量で漫然と吹いていましたけど
高校の吹奏楽部では、
35~40人の部員をA~Eグループに分けてグループ毎にそれぞれ違った音を吹かせていて、
うまく和音的に調和するように配列されていたので、
自分の音を出しながら、全体の「ハモリ」を確認するという一石二鳥の効果が発揮されていたと思います。
時にはそれが不協和音みたいな和音構成になっていましたけど、
その時に初めて、「不協和音も響かせ方によっては美しく響く事もある」という事を意識したような感じもありました。
全員で単一音を漫然と吹くというとどうしても単調になってしまいますけど、
グループ間で違った音を出す事で、「個人」対「全体」の音の響かせ方の違いとか
和音のハモリ方とかそうした事をこのロングトーンを通じて改めて気が付かされたという感じもありました。
それと音量についても色々と細かい指示がなされ、
最初の5分間はffで、次の5分間は一転してpppで、次の5分間はその中間のmfで、ラスト5分間は盛大にfffでと
色々と変化もあったりして、「ロングトーン」といえども全く気が抜けない感じになっていて
中学時代の漫然としたロングトーンとはエライ違いになっていましたけど結果的に大変良かったと思います。
だけど当時のロングトーン最中の部員達は私も含めて相当大変だったと思いますし、神経を使っていたと思います。

第4話で「倍音」という理論が登場していました。

倍音って何なのかというと
簡単に言うと、正しく調律された音をずっと吹き伸ばしていると
それが別の音として聴こえてくるという感じなのですけど、
この「倍音」っていう言葉自体、実は私自身は大学の吹奏楽団に入団するまでは全然知らなかったです(汗・・)
大学の吹奏楽団の初めてのクラリネットのパート練習に参加した際、
高校の時もそうでしたけど、初めてのパート練習ってすごーくドキドキなのですよね~
だってその時に初めて自分以外のメンバーの実力とか上手い下手が分かってしまいますし
同時に自分の実力も他のメンバーに分かってしまうものですから、
もしも自分よりも上手い人ばかりだったらどうしようと結構プレッシャーはかかるものがあったと思います。
初めてパートリーダーから「倍音」という言葉を聞かされて
「それではB♭クラ・バスクラ・コントラバスクラでAの音を伸ばしてみよう、全員の音が正確に
調音されていれば、天使の声が聞こえる」とか何とか言われていましたので、
「倍音とか調音とかなんじゃそれ・・?」と思い「倍音ってなんですか~?」と聞いてみた所、
「あなた、クラリネットを6年も吹いていて倍音すら知らないの!?
5の和音とは・・・? 7の和音とは・・・? 分散和音とは・・・・?」と色々質問されたのですけど
全然ちんぶんかんぷんでした・・(汗)
練習が終わった後で、「楽典」の本を渡され、「これでも読んで改めて勉強し直しなさい」と半分あきれられたのは、
なつかしい思い出ですね。
パートリーダーのあのすてきなお姉さまは「なんじゃこの倍音すら知らないこの東北の田舎の山猿は・・!?」と
感じられていたのかもしれないですね~(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

地味だけど大事

こんばんは。
ロングブレスは基本で地味だけど、難しいと聞いたことがあります。
基本を繰り返すことで体で覚える。
何ができるようになるかが分かるメソッドの1つだと思います。
滝先生が落合さんみたいに説得力あるから不思議です。

野球で言うと

五航戦の愛鷹 様


吹奏楽・管弦楽の管楽器奏者が行うロングトーンは野球に例えると、
打者ならば素振り、投手ならばシャドウピッチングなのだと思います。
確かに単調でつまらないようにも見えますけど、素振りもロングトーンも何も考えずに漫然と行うと
時間の浪費だと思うのですけど、
考えながら一つ一つの動作をこなし繰り返させることで、
自然と身についていくものと言えそうです。

基本は大事!という事なのだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |