FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


マヌケ妖精

歴代のプリキュアシリーズでは、ウェスターやアカオーニ、ミズシタターレ姉さん、
クモジャキーなどのような「マヌケ幹部」は必然的にうじゃうじゃいるのですが、
プリキュア側の妖精・精霊にも結構マヌケ妖精はいたりします。
というか、最近の要請のアホ化にはすさまじいものがありますね・・・

初代~SSの妖精達【メップルとミップル、フラッピとチョッピ、ムーブとフープ】は
どちらかというとなぎほの・咲舞のパートナーというよりは、お互いに支えあう側面が
強かったりします。

プリキュア5の場合、これは結構特殊なのかもしれませんが、
「パルミエ王国復活の手助けをして欲しいココ」という依頼者の立場でありながら、
実はプリキュア達を精神面からサポートする大人としての役割も担っています。
(ココナツは戦力的には本当に役立たずだけど・・・)

フレッシュの場合、
シフォンは、歴代プリキュアの妖精でもある意味「最強」なのかもしれません。
タルトくんは、残念ながら「役立たず」妖精なのかもしれませんが、
プリキュア達を影で色々と心配して、気遣いをする
苦労型妖精なのかもしれません。
(ブッキーと入れ替わった回はある意味シリーズ最高傑作の一つかも・・・)

ハートキャッチの妖精は、可もなく不可もない感じ

やはりスイートから様子は変わってきましたね。

ハミィは、プリキュアの妖精の中でも一番アホでマヌケで役立たず妖精と
言えるかもしれません。
マヌケ度は、のぞみの比ではないと思います。
でも、ハミィの場合、どこからどうみてもただの「ネコ」にしか
見えないのが面白い所ですよね。

スマイルのキャンディは、基本的に小さな子供だから仕方がないのかな・・・?

ハミィは歌姫という設定だけど、中の声の人(三石さん)があまり歌が得意でない
という事情もあったのか、本気モードで歌う時だけは、別の声の人(→本職の歌手の人)を
使用していましたよね。

ハミィがアホすぎて、同僚のセイレーン(→後のキュアビート)の存在が
何かかすんでしまったのは気のせいでしょうか?

そのせいか、キュアビートは、パッション程のドラマ性や感動性が今ひとつ低く、
何となく「影の薄い子」・「不幸な子」というイメージがいまだにあるのは
なぜなんでしょう?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/46-3ef4f974
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |