FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


E.ラロという作曲家は「スペイン交響曲」という大変な名作以外はあまり馴染みがないのかもしれません。
私としては、歌劇「イスの王様」序曲という知る人ぞ知る名曲も是非一度聴いて頂きたいと思います。

この序曲を最初に耳にしたのは、やはり私らしくて管弦楽の演奏ではなくて吹奏楽コンクールの吹奏楽アレンジ版による
演奏でした。
1982年に東海代表として全国大会で演奏した白子高校吹奏楽部の自由曲がこのラロの「イスの王様」だったのでした。
(ちなみにですけど、この序曲を吹奏楽コンクールで一番最初に演奏したのは、明石北高校と兵庫高校での大変な名演が
大変印象的な1969年の松井先生指揮の明石高校でした。)
当時高校生だった私は、当然ラロなんて作曲家は聞いたことがありませんでしたし、当時はスペイン交響曲というあの
大変な名曲ですら何にも知りませんでした・・(汗)
「イスの王様」というタイトルから勝手に想像して、「イスというと椅子の事なのかな・・?」とか
「座ってなまけてばかりいる王様をテーマにしたコメディーみたいな作品なのかな?」と今から思うととんちんかんな事ばかり
連想していたものでした・・(汗)
ちなみにこの歌劇は、コメディーではなくてどちらかというとかなりシリアスで叙情的な内容でもあります。
一言で言うと、イスというのはフランスに伝わる伝説上の都市の名前で大洪水で一夜にして水没した街との事です。
その伝説に基づくのがこの「イスの王様」という歌劇で、白子高校が自由曲として演奏していたのはその序曲です。

歌劇「イスの王様」序曲はCDも結構ちらほらと出ていますけど、プロの管弦楽団でもたまにですけど、
オープニング曲として演奏されることもあります。
私自身もこの序曲のプロの管弦楽団による生演奏は、フルネ指揮の都響とフォスター指揮のN響で二回ほど
聴いたことがありますけど、感想は一言で言うと「とてつもなく地味、だけど内省的で美しくもあり時に荒々しい曲」と
いう印象があったりもします。
どちらかというと通好みの渋い曲に入るのかもしれませんけど、内容的には大変奥深い曲だと思います。
曲は長いやや暗めの序奏から開始され、アレグロ→アダージョ→アレグロの序奏付三部構成という形式で、
緩→急→緩→急という事で音楽の場面場面の切り替えが大変はっきりしていて、曲の構成はなんとなくですけど
ロッシーニの歌劇「ウィリアム・テル」序曲と似ている面があるように思えます。
そして序曲の雰囲気も歌劇の雰囲気もなんとなくですけど、ワーグナーの楽劇の世界を彷彿させるものも多々あったりして
ラロという作曲家自体がワーグナーの影響をかなり受けているのかな・・?と感じさせる点も多々あるようにも
感じられます。

歌劇「イスの王様」の大まかな物語ですけど、架空の国であるイスの国がモデルになっています。
(くどいようですけど、決して家具の国の話でもありませんし、大塚家具の父娘の確執・お家騒動をテーマにした
物語でもないです・・汗・・)
歌劇全体を簡単に要約すると、
イスの王様の王女である姉妹は偶然にも同じ男性(ミリオ)を好きになってしまいます。
だけど振られたのはお姉さま(マルガレード)の方でして、お姉さまは失意のあまりやけくそになって
腹いせに敵国の王子と組んで水門を開いてしまい、イスの街が大洪水で水没しそうになるのですけど、
自責の念に駆られたお姉さまは最後にはお姉さま自ら人身御供の生贄となって海にその身を投じ
神の怒りを鎮めて水がひき最終的には街がが救われるという感じのお話でもあります。

曲自体は渋いというか、地味な印象を拭えない内省的な曲なのですけど、
出だしの長い静かな序奏が実に素晴らしいし魅力的ですし、序奏や中間部におけるしっとりとしたチェロによるメロディーも
大変美しいものがあります。
盛り上がる部分の小太鼓のロールが実にいい働きをしていますし、金管セクションの重厚な響きは大変迫力があります。
強奏部分の怒涛の三連符のリズムの激しさはリストの交響詩「レ・プレリュード」を彷彿させるものが
あるのかもしれないです。

ラロという作曲家は、ソロ楽器(主にヴァイオリン)と管弦楽のための協奏曲的な作品をいくつか残しているのですけど、
なぜかタイトルに「ヴァイオリン協奏曲」と表記せず、 超有名な「スペイン交響曲」以外でも
「ロシア協奏曲」とか「ノルウェー幻想曲」というタイトル表記を採用しています。

ラロはどういう訳か「協奏曲」というタイトルが嫌いだったのかもしれないですね。

交響詩と交響曲の境界線は大変曖昧だとよく言われますし、例えばR.シュトラウスのアルプス交響曲は
人によっては「あれは交響曲でもなんでもなくて長大な交響詩である」という見解の方もいるようですし、
はたまた人によっては同じくR.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」は
「あれは全体を貫く主題が統一的にあるし、循環主題ともいえるから交響曲なのではないのか?」と言われる方もいますし、
結局はその境界は良く分らないというか曖昧と言うか、
作曲家が「これは交響詩」と言えば、どう見ても交響曲の体裁であってもそれは交響詩になってしまうのかもしれないですね。

ラロの「スペイン交響曲」も前述のように誰がどう聴いても形式的には「ヴァイオリン協奏曲」以外の何物でも無いと
思うのですけど、作曲者本人が頑なに交響曲と言っている以上、音楽史的には「交響曲」という位置づけになってしまうのも
大変興味深いものがありますね。

この序曲の吹奏楽アレンジ版では、上記で書いた通り1982年の白子高校の内省的だけどしっかりとその壮大な雰囲気を
表現していたのは大変印象的でした。
この年の白子高校の課題曲が、あまり演奏されなかった課題曲A/吹奏楽のためのカプリチオというのも
通好みなのかもしれないです・・
1982年の白子高校以外では、1991年に青山学院大学が全国大会でこの曲を自由曲として選んでいますけど
白子高校以上に地味の演奏なのですけど、大人っぽい大変内省的な演奏をしていて、音楽的に大変感動するものが
あります。
管弦楽でも吹奏楽アレンジ版でも、この魅力的な序曲がもっと演奏されるといいなぁ・・とも思ったりもしますね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4598-93c1d617
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |