FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


最近の吹奏楽コンクールは、難易度の高いアレンジもの・邦人作品が目立ち、
オリジナル曲を自由曲に選ぶ事は少なくなってきたと思いますが、
これはここ数年というか、1980年代中盤以降はそうした現象はずっと続いていると思います。
勿論、それが決して悪い事とは思っていませんし、
時代の流れと言うか流行もあると思います。
最終的にもう一度原点である「吹奏楽オリジナル作品」にも光が当てられる時代が
来て欲しいなーと感じています。

そんな中、振り返ってみると1984年の全国大会・一般の部は、かなり特異的というか、
この年は吹奏楽オリジナル曲、その中でも古典的な名作品が色々と自由曲として実際に
演奏されていた事は、何か今にして思うととても嬉しい感じがします。

例をあげると・・・

〇札幌市民/朝鮮民謡の主題による変奏曲

〇大曲/管楽器と打楽器のための交響曲第二番

〇米沢/古いアメリカ舞曲による組曲

〇からす川/呪文と踊り

〇蒲郡/交響的断章

〇福井/吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」

〇尼崎/大阪俗謡による幻想曲

〇出雲/シンフォニックバンドのための序曲

〇高松/天使ミカエルの嘆き

アレンジものは、葛飾のローマの祭り 長岡のカルミナ=プラーナ 佐賀の絵のような風景の
3団体だけで、吹奏楽オリジナル曲を選んだチームは、出場12チーム中9チームと言う
高い比率を占めています。

また、偶然かもしれませんがチャンスの曲が3つも出ているのは、何かとても嬉しい感じがします。

現在の視点からプログラムを見てみても、吹奏楽の王道を行く選曲ばかりで
まさに正攻法の選曲と言えると思います。

現在はどうしても選曲が難曲系 知る人ぞ知るマニア系 演奏効果ばかりを狙った邦人もの
ばかりが選ばれてしまいがちですが、
たまにはこうした王道を行く選曲もありなのでは?と思ってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/458-39878b2e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |