FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


イッポリトフ-イヴァーノフの組曲「コーカサスの風景」は、第四曲「酋長の行列」が
結構有名なような気もしますが、それ以外の三つの楽章はあまり知られていないと思います。
又、作曲者のこれ以外の曲というのも正直聞いた事もありません。
典型的な「一発屋作曲家」なのかもしれません・・・
だけど、こうして後世に受け継がれていく曲を何か一つだけでも残せることは
本当にハッピーな事だと思います。

この曲というか、「酋長の行列」は、昔子供の頃に実家のレコードボックスの中に
「オーマンディ指揮/フィラデルフィア管弦楽団 世界名曲ライブラリー」みたいなタイトルで
ハンガリー舞曲とか、アルルの女とかフィンランディアとかスケターズワルツとか
ペルシャの市場にて等々の世界各国の小品名曲が収録されているレコードがあり、
「酋長の行列」は、このレコードの中に収録され、
何か子供の頃から、この曲は耳に慣れ親しんでいたような気もします。

「酋長」というと、何となくアメリカのインディアンの部族長とか、頭の飾りがすごい部族長みたいな
イメージがあるのですが、このイヴァーノフの曲のおかげて、
何か個人的には「酋長」というと、アメリカ西部劇のインディアンの親方というよりも
中央アジアの騎馬民族の親方みたいなイメージが
今でもあります・・・
子供の頃の印象って、結構後々まで引き継がれるものです・・・

組曲「コーカサスの風景」は残念ながら生で聴いた事は一度もありません。
強いて言うと、全日本吹奏楽コンクールの確か1997年頃の中学の部で、ある九州代表のチームが
この曲を演奏したのを聴いた事があるぐらいです。
この組曲は意外と長いです。全体で25分程度の曲なのですが、
第一曲「峡谷にて」だけで10分以上かかります。この第一曲はホルンののびのびとしたソロで
開始されるのですが、何か雄大な自然を感じさせます。
第二曲「村々にて」 第三曲「たそがれ」は比較的静かな楽章で、第二曲のコールアングレのソロは
結構ジーンとくるものはありますし、郷愁を感じさせます。
そして第四曲が「酋長の行列」なのですが、この楽章だけは俄然盛り上がります。
メロディーラインが恐ろしいほどに単調で、何のひねりも変化もなく「素朴」そのまんまな曲なのですけど、
それがまた「シンプルイズベスト」を立証している感じもします。
全体的にピッコロの中央アジア的な響きが極めて印象的です。

この曲が作曲されたのは1890年代中盤ですが、ドビュッシーみたいな印象派がいたり、
マーラーが交響曲第三番「夏の朝の夢」で100分を超える曲が作られていたり、
R・シュトラウスのような構築美のような音楽が世界各地で作られている中で、こうした素朴な曲が
ひっそりと作られていた事も何か興味深いものもあります。

イヴァーノフ自身は、1935年まで存命でしたので、ロシア革命・スターリンの独裁など色々大変な
時代を生きていたと思いますが、
この曲の後は、どういう人生を過ごしていたのかはよく分りませんが、
何か興味があるところです。

組曲「コーカサスの風景」は、昔ならばフェドセーエフ指揮/モスクワ放送響
現在ならば、グルシェンコ指揮/BBCフィルの素晴らしい演奏が
出ています。
「酋長の行列」だけなら6分程度ですので、これだけでもお勧めです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/457-1dadca25
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |