FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


童謡「かごめかごめ」は聞き方によってはかなり謎めいた歌詞もありますし、あの歌詞をよくよく読んでみると
矛盾する言葉もあったりすると思います。
子供の遊びの「かごめかごめ」は、それをやった経験は無くてもどんな遊びなのかは大半の方は
ご存知ではないかと思われるほど、ある程度の知名度はあるのかなと思われます。
鬼は目を隠して中央に座り、その周りを他の子が輪になって歌を歌いながら回り、
歌が終わった時に鬼は自分の真後ろに誰がいるのかを当てるという遊びなのですけど、平成以降ではこの子ども遊びを
実際にされた方は少ないのかもしれないですね。

このかごめかごめをモチーフにしたアニメ作品として私的にいっちば~ん!に思い浮かぶ作品は、「うる星やつら」の
第101話「みじめ!愛とさすらいの母!?」です。
この話は全体としてはドタバタラブコメディーが多いうる星やつらの中では、かなりの異色の話で、
話自体がとてつもなく荒唐無稽なんだけど訳のわからん哀愁とファンタジーは感じ取られた方も多いのではないかと
思います。
話の中に幼い女の子も出てくるのですが、この子はあたるの母親の子供時代の様にも思われる設定となっています。

この話は、諸星あたるの母親が見ている夢の世界がパラレルワールド的に展開されるストーリーで、
この回が放映されたのは1983年7月という事で、押井守監督があのファンタジー感溢れる
映画「うる星やつら・2~ビューティフルドリーマー」を制作している真っ只中という事もあり、この第101話が押井監督脚本という
せいもあり、映画と同様に訳の不思議な感覚を楽しむ事ができると思います。
そしてこの話の中で執拗に引用されていたのが「かごめかごめ」のフレーズなのでした。

かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる
夜明けの晩に 鶴と亀が滑った 後ろの正面だあれ

上記は今現在知られている「かごめかごめ」の歌詞でして、、昭和初期に山中直治によって記録された千葉県野田市地方の歌が全国へと伝わり現在に至っているそうです。
野田市が発祥地といわれる事から、東武野田線の清水公園駅の前に「かごめの唄の碑」が現在でも建立されているそうです。

ちなみにですけど、江戸時代の童謡の文献においては、このかごめかごめの歌詞は
かァごめかごめ。かーごのなかの鳥は。いついつでやる。
夜あけのばんに。つるつるつっぺぇつた。なべのなべのそこぬけ。そこぬいてーたーァもれ。

となっていて、今現在の歌詞とはかなりの違いがみられます。後述しますけど、三善晃が作曲した「響紋」においては、
今現在の歌詞ではなくて、江戸時代の童謡の歌詞の方を採用しています。
「後ろの正面」という表現は明治以前の文献では確認されていませんし、「鶴と亀が滑った」についても
明治以前の文献では確認されていないそうです。

改めてですけどこの「かごめかごめ」の歌詞って不思議だと感じます。

童謡の世界はたいていの場合は昼がメインになっている事が多いと思うのですけど、かごめかごめは「夜明けの晩」という事で
少なくとも明るい昼間ではないと思います。
それに夜明けと晩という矛盾する歌詞が出てくるのも謎です。
更にいうと「後ろの正面」というのも明らかに妙な言い回しで確かに言葉の遊びなのかもしれないですけど、ここにも
歌詞自体の矛盾を感じます。
細かいツッコミですけど、本来は縁起がいい動物の鶴と亀が「滑る」と言う所にも不気味さは感じます。

「かごめかごめ」はその謎めいた歌詞から様々な憶測も呼んでいるようです。

姑によって後ろから突き飛ばされ流産する妊婦とか、次から次へと知らない男の相手をさせられる遊郭の遊女の悲劇とか
徳川埋蔵金の所在をテーマにしているとか
はたまた牢獄につながれている死刑囚が助けがくるのをひたすら待っている間に処刑がなされてしまったとか
さまざまな都市伝説を生み出している童謡とも言えるのかもしれないですね。
姑によって神社の石段の上から突き落とされてしまい、嫁の妊婦は命は取り留めたものの大事な子供は流産してしまい、
二度と子供が産めない体になってしまい、嫁にとっては「私を突き落としたのは一体誰なの・・? もしかして普段から
私にとてもいじわるなあの姑なの・・?」と感じている所を「後ろの正面だーれ」と解釈している方もいますし、
死刑囚に関しては、斬首された首が転がって体は正面を向いているけれど首が後ろを向いて
「私を殺したのは誰?」と問うている事を示唆しているのではないかという解釈する人もいるようです。

私としては歌詞自体に特に大きな意味は無くて一つの言葉遊びなのかもしれないし、霊夢が降神・降霊の儀式をやるように、
神や霊を呼ぶ儀式を子供が見よう見まねで遊びに取り入れたのが、地域と時間の経過によって
言葉自体の違いを招いてしまったとも言えるのかな・・と思ったりもします。

どちらにしても少しばかりミステリアスな童謡である事は間違いないと思います。

さてさて、このミステリアスな童謡「かごめかごめ」をモチーフにした邦人作曲のクラシック音楽も実はあったりもします。

それが先週の当ブログの「交響三章」の記事でも取り上げさせて頂きました三善晃が1984年に作曲された
オーケストラと童声合唱のための「響紋」です。
財団法人民主音楽協会の委嘱により1984年、尾高忠明指揮、東京フィルハーモニー交響楽団、東京放送児童合唱団により
初演され、その後ニューヨークでも演奏され高い評価を得ており、その年の尾高賞も受賞された作品でもあります。
ちなみに私自身は初演から三年後の1987年に尾高忠明指揮の指揮でこの曲を初めて知りました。
初めて聴いた時からこの曲の不思議さとメルヘンっぽさと難解さが妙に混在した中でも、曲自体の妙な生命感らしきものに
魅せられたのも事実です。

オーケストラと童声合唱のための「響紋」は、「レクイエム」「詩篇」と続く連作的な生と合唱の三部作の最終作品に
該当するとの事です。
「レクイエム」は死者から生者への声、「詩篇」は生者から死者への声であると三善晃は言われていますけど、
その意味では「響紋」は、生者から生者への声という事なのかもしれないです。
(三善晃の解説ノートには、「響紋」が生者から正者への声とは一言も書いていないものですから、これは私の邪推
なのかもしれないです・・)

生者から死者へ呼びかけても、逆に死者から生者に呼びかけても返ってくる答えは無いと思います。
但し、大人のような邪心とかよこしまな心を持たない子供の中には、霊の声や死者の声を聞くというよりは
感覚として心のどこかに捉えることが出来も子も中にはいるのかもしれません。
三善晃の「響紋」の意図としては、人は必ず死者の仲間入りをするものですけど、
人は子供時代にそうした死者や霊たちの声を聞く事が出来たと同じように、
大人になってからでも子供時代に感じていたように純真な心も決して失って欲しくないし、子供の頃に感じた「感性」を
大人になってからも少しでも残しておいてほしい・・
そして大きくなってからも死者や霊たちの声、場合によっては警告に対してもしっかりと耳を傾けて欲しいという事を
願っていたのかもしれないです。
そうした意図をあの「かごめかごめ」の不思議なエコーから当時は感じ取っていたものです。

この曲の最も重要な部分である童声合唱が歌っているのは、童謡の「かごめかごめ」です。

そして大変興味深いことに三善晃がこの曲のテキストとして選んだ「かごめかごめ」は現代で歌われている歌詞ではなくて
江戸時代の歌詞であったりもします。
そこにある意図は、昔ながらの降霊を意識しているというか、上記で書いた通り、子供は純粋なゆえに死者や霊たちの
声や警告にも素直に耳を傾けられるという事なのかな・・?と思ったりもします。
児童合唱がいくつかのグループに分かれて、調をずらして、次々に「かーごめかごめ…」と歌っていくのですが、
何かが迫ってくるような有無を言わせぬ迫力があります。
子供たちからの問いかけというよりは死者からの問いかけのようにも聞こえたりもします。
そしてあまりいい例えではないのですけど、この場合の死者と言うのは「水子」ではないのかな・・?とも感じたりもします。

三善先生は、幼いころに戦争を体験し目の前で友人が機関掃射に打たれて亡くなるという悲惨な経験もされているそうです。
だからこそ、この生と合唱の三部作の第一作「レクイエム」においては、三善晃は、学徒出陣で亡くなった学生さんの手記などを
テキストにして戦争に対する嫌悪感と反戦について、かなり厳しい口調と音楽でもって提示をされています。
そうした流れで考えてみると、「響紋」のなかに出てくる児童合唱は、戦争で亡くなった子供たちの声という解釈も成立する
ようにも思えます。

余談ですけど、この「響紋」を1台ピアノと2台ピアノ用に編曲した楽譜が出版されています。
編曲されたのは2014年に例のあの佐村河内守名義のゴーストライター問題で世間を賑わせた新垣隆さんです。

最後にこの「響紋」という曲自体の解説を少しばかり・・・

先週書いた「交響三章」とか同じ作曲家の「管弦楽のための協奏曲」やピアノ協奏曲だと
曲に対する感じ方等をスラスラと文章に出来るのですけど、「響紋」に関しては全然言葉が出てこないです。
複雑すぎて私のような専門的音楽的教育を受けていない者にとっては解説のしようがないという感じでもあったりします。
ただ言えることはとにかく「かごめかごめ」が不思議な感覚で響いてくるという事なのだと思います。
曲の冒頭から「かごめかごめ」がゆったりと歌われ始めるのですけど、既にこの段階でこの世のものとは思えない雰囲気が
醸し出されています。
すると突如管弦楽が不況和音を奏で合唱をかき消すように強奏します。
合唱は出たりひっこんだり、オクターブ上がったりしながら、メロディーとして「かごめ」を歌い続けます。
対立とも融和とも取れない不思議なバランスの管弦楽と合唱の対話が延々と続いて、最後はしっとりと呟くように
閉じられるというのが大まかな曲の流れでもあります。

全体から感じ取れることは、この曲は「生きている者たちへのメッセージ」なのかな・・?という事ですね。

確かに死者から生者への警告やメッセージ風にも受け止める事も出来るのかもしれないですけど、
生きる事のある意味象徴でもあり「生きる事」が一番に輝いている児童たちの合唱をあえて使用する事で、
縁があってこの世に生を受けた限りは、精一杯生きてみよう・・というメッセージを伝えたかったのかもしれないですし、
子供という存在自体が生きることへの象徴と考えていたのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

かごめかごめの歌って
不気味だと聞いたことがあります。
本当の解釈ってどうなんでしょうね?

かごめかごめ

ふたごパンダ 様


「かごめかごめ」に限らず童話・童謡の員の意味はこわいという話はよく耳にします。

かごめかごめも、徳川埋蔵金を示唆しているとか
無実の囚人の怨念説とか神社の石段の上から姑に突き落されて流産させられてしまった嫁とその子供の怨念説とか
色々あったりします。

定説はいまだにないようですけど、私としてはそうした怖い都市伝説よりは純粋に
大人の降霊の儀式の祝詞を子供たちが見よう見まねで言葉遊びとして楽しんでいる内に言葉が変形してしまったと
考えた方が宜しいのかもしれないですし、そうした意味では「響紋」のように子供という「純粋な生者」からの
活きるメッセージとして捉えたいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |