FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


本記事の一つ後の記事が東方の「天子ちゃん、マジ天使」でお馴染みの天子に関する記事ですので、
やはりここは統一する意味で(?)、天使とタイトルが付けられたクラシック音楽の中から、少し難しい音楽ですけど、
A.ベルクの「ヴァイオリン協奏曲~ある天使の思い出に」を取り上げさせて頂きたいと思います。

クラシック音楽の交響曲・協奏曲のジャンルの場合、 混沌・厳しさ・痛々しさが感じられるの二つの楽章の間に挟まれた楽章が
とてつもなく美しく響いてくる音楽も多々あると思いますし、
ハッとするほどその美しく儚い響きに心の底から憑りつかれる場合もあったりもします。
その代表例は言うまでも無くマーラーの交響曲第5番~Ⅳ.アダージェットなのだと思うのですけど、この他にも、
アイヴズの交響曲第4番第三楽章と
同じくマーラーの交響曲第6番「悲劇的」の第三楽章の回顧的な響きとか
ショスタコーヴィッチの交響曲第5番第三楽章など色々とあると思います。
極端な例ですけど、このブログでも時々登場する松村禎三の交響曲(第1番)の
アジア的エネルギーに溢れた凄まじい破壊度の第一・第三楽章に挟まれた短い第二楽章の寂寥とした響きも
実に渋くて儚いと思ってしまいます。

上記の二つの楽章に挟まれたというのではないのですけど
曲の中で比較的厳粛でギリギリと胃が痛いような感じの曲想が長時間続いた後で、唐突にふっと優しいメロディーが登場すると
思わず「ハッ・・・」とさせられる瞬間もあったりもします。
そうした事例で真っ先に思い浮かぶのは、ベルクのヴァイオリン協奏曲なのだと思います。

ベルクと言うと、歌劇「ルル」(ラストで、なんと「切り裂きジャックも登場します!)とか歌劇「ヴォツェック」が
あまりにも有名だと思うのですけど
私にとっては「三つの管弦楽曲」~Ⅲ.行進曲という印象が大変強いです。
このバリバリの無調音楽と初めて接したそのきっかけはいかにも私らしくて「吹奏楽コンクール」でありました。
1983年に秋田県の花輪高校が、このバリバリの現代音楽をひっさげて普門館に登場してきたものですけど、
最初この自由曲を聴いた時、当時は無調音楽とかベルクとか知る由もなかったので、
「花輪高校も前年の東北大会のダメ金に懲りて、今年は行進曲みたいな爽やか路線で行くのかな・・?」と
思っていたら、いかにも小林先生らしい積極的なチャレンジ精神でこの難曲に挑んでいました。
この曲は本当に陰鬱な曲で聴いていて生きているのが嫌になってしまいそうな曲でもありますし、
曲の途中でハンマーの叩きつけというすごいインパクトのある部分が出てきますが、
それはもしかして師匠でもあるマーラーの交響曲第六番「悲劇的」の第四楽章と同じ効果を意図したかも
しれないです。
曲のラスト近くで一旦静粛な世界になったと思ったら、突然ドラと金管が咆哮して絶叫していくような
終わらせ方は、マーラーの交響曲第六番の終わらせ方と似ているとも思ってしまいます。
ベルクの「三つの管弦楽曲~Ⅲ.行進曲を花輪高校の演奏を最初に聴いた時当時は、私にとっては驚愕以外の
何者でも無かったです。
歩きながら吹くマーチとは似ても似つかぬものでしたし、メロディーは全くないし、喜怒哀楽のような表情が全くないし、
何音符を機械的に割振っただけのような感じもありましたけど、何か妙に心に引っ掛かるものは当時から感じていました。
私自身の勝手なイメージなのですけど、全員うつむきながら
処刑される刑場まで無言でうなだれて重い足を引きずって歩いていくような漠然とした光景みたいなものは、
この曲から感じ取っていたものでした。
何かこの曲を聴くと、いつも思い浮かぶ場面があります。
1984年に大学受験で、とある大学にて入試が終わった後で、朝霞台駅からキャンパスまでの長い田圃道を歩いている時、
ハッと後ろを振り帰ると、全員暗い表情でトボトボと歩いているその異様な陰鬱な雰囲気は、
ベルクの「行進曲」の世界そのものだったようにも感じられます。

話が思いっきり脇にそれてしまいました・・・

話をベルクの「ヴァイオリン協奏曲」に戻します。

音楽史的に一言述べると、
ベルク・シェーンベルク・ウェーベルンは、「新ウィーン楽派三羽ガラス」とも言われ、
20世紀前半のマーラー亡き後の「前衛音楽」を切り開き、
無調音楽・十二音技法を確立させ、後の時代のブーレーズ・シュトックハウゼン等に多大な影響を残したと言えます。
正直、作風は極めて難解です。
いかにも「現代音楽・無調音楽」らしいというのか、曲そのものにメロディーとかストーリーとか人間らしい感情の波は
ほとんど伝わってこないと言えるのかも しれませんし、 感覚としては限りなくモノトーンの世界に近いと思います。
ウェーベルンの音楽は特に機械的」も言え、特に10分近くの2楽章構成の交響曲は、
音符に一つも無駄な音が無いというのか、音楽そのものは「微分・積分」みたいな香りすらあります。
一方、ベルクとシェーンベルクはウェーベルンとは明らかに違うように感じられます。
確かに二人とバリバリの無調音楽なのですけど、この二人が創る音楽にはメロディーらしきものはまだ残存していると
思いますし、そのメロディーラインが時にエロチック・抒情的・退廃的・耽美的という何か「美的限界の域」を
超越しているような感じすらあると思います。
そのいい例が、シェーンベルクで言うと、無調に突入する前の作品ですけど交響詩「ぺリアスとメリザント」が挙げられ、
ベルクは歌劇「ヴォツェック」が挙げられると思います。
あの歌劇の内容は「隣接住人が誰なのか興味もないし知りたくも無い」という現代の病理を
既に予知しているような暗示があるのだと思います。
音楽自体も時にギスギスし、時に美しいという大変耽美的なものも感じられます。

ベルクと言うと絶対に忘れてはいけない作品が一つあります。

それがヴァイオリン協奏曲なのです!

この協奏曲は、とてつもなくすごい作品だと思います。
音楽そのものは決して気楽に聴ける曲ではありませんし、何かをしながら鼻歌交じりに聴ける曲では間違ってもありません。
この曲はよく言われるように「二重の意味でのレクイエム」なのです。
一つ目のレクイエムとは何かと言うと、
マーラーの未亡人アルマと再婚相手に生まれた女の子のマノンは、気の毒な事に19歳の若さで他界して
しまいます。
生前マノンを可愛がっていたベルクは大変ショックを受け、
マノンのための「レクイエム」の創作を思い立ち、それが結果としてこの協奏曲の作曲につながります。
このヴァイオリン協奏曲の副題は「ある天使の思い出に」とありますけど、その天使とは言うまでも無くマノンの事です。
そして二つ目のレクイエムの意味とは、
この協奏曲を完成させて四か月後にベルクは早過ぎる死を迎えてしまいます。

これは勿論偶然なのでしょうけど、
音楽」とは恐ろしい魔物だと感じさせるエピソードではあると思います。
ベルク自身ももしかしたら、作曲の途中で「自分自身の死」を感じ取っていたのかもしれないですけど、その辺りは
真偽不明です。

ベルクのヴァイオリン協奏曲ですけど、演奏会に行くと分かりますけど、
楽器編成として、アルトサックスが一台使用されています。
スコアの指定では、クラリネット奏者が3人いて、その内の一人がアルトサックスとの持ち替えという事になっていますけど、
実際は、クラリネットとアルトサックスはマウスピースの大きさも奏法も全然違いますので
そもそも持ち替えが無理な話だと思います。
だからこの曲はほとんどの場合、クラリネット奏者3人とは別にアルトサックス奏者が1名いる事になります。

それにしてもこの曲の第一楽章の厳しい響きは、聴いているだけで胸が締め付けられそうです。
目を閉じて聴いていると、「人が生きる事の難しさ・苦しさ」がひしひしと伝わってきます。
部分的にR.シュトラウスの「死と変容」みたいなエコーも感じたりもします。
だけど、この曲、本当に美しいというか、無調音楽のくせにメロディーラインがはっきりと明確に伝わり
それが大変「人間らしい感性」に溢れていて
本来無調音楽たる「非人間さ・メカニック的」とはまるで正反対の事をさらりとやってのけている点が素晴らしいと感じます。
確かに全体的には無調音楽そのものずばりなんですけど、
部分的には人間らしい響き、人間らしいハーモニーが響いてくるというある意味「奇跡」のような作品なのだと思います。

そしてこの曲の真価というか後世まで残る名曲たるゆえんは第二楽章の中盤以降に出現します。

第二楽章の最後の方で、クラリネットによるバッハのカンタータ第60番の引用があるのですけど、
この部分が実に素晴らしいと思います!
冒頭のアイヴズの交響曲第4番ではありませんけど、難解で錯綜した二つの楽章に突然美しい響きの
楽章があるとその楽章の美しさが一際映えると記しましたが、ベルクのヴァイオリン協奏曲もそうした感じです。
生きる苦しさに支配された音楽の中に突然クラリネットによって奏でられるあのバッハの美しい清らかなコラールは
聴くものを「ハッ・・・」とさせるものがありますし、
聴き方によっては最期の瞬間を迎えようとしてる美少女に神様が耳元で
「君はこんなにも苦しんできた・・もう大丈夫だよ、もう君はこれ以上苦しむ事は無いんだ・・」と囁いているようにも感じられます。

本当にこの箇所は何度聴いても泣けてくるものがあると思います。

ベルクやシェーンベルクの音楽は、無調音楽バリバリの厳しい響きなのに、時に「美しさ」が伝わってきます。
それに対して新ウィーン楽派以降のいわゆる「現代音楽」は、
楽譜そのものを機械的に扱い人間らしい感覚・感性・メロディーライン・美しさは伝わってきません。
ベルク以降の無調現代音楽は、作品数は山のように存在しても聴衆の「共感」は全く得られず、
ゴミの残骸と化しているのかもしれないです。

現代のクラシック音楽の実情は、ベルクたちの視点から眺めてみると「既に死んでいる状態なのかもしれません。
解釈によっては、ベルクたち先人から私たちに対して「三番目のレクイエム」を投げかけられていると
言えるのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ゴミの中にも宝石ありき・・・

 ベルクのvl協、意味深な暗喩が結構あるらしく主要な音の音名を辿るといろいろあるそうです。また、バッハへのオマージュともいえるカンタータの引用も、ドイツ語圏の音楽の拠り所をより強調しているにも思えます。
 以前このバッハのカンタータとベルクのvl協が続けて演奏されたときは非常に興味深く聴くことが出来ましたよ(若杉/都響の定期だったかな)。
 
 第二次大戦を目の当たりにした戦後の若手作曲家は、ある意味戦争に絡んでいったその過去を全否定すべく理想主義に走り、難解な音楽(ミュージック・セリエル等)に向かわざろうえなくなった、と記した研究者がいます。西欧流の個性の表出、維持、確定のため、戦後に進んだ現代音楽はそういった方向へいくのですが、そこに聴き手側との大きな乖離が生じてしまう羽目に。やがて前衛音楽も袋小路にハマってしまう、という状況なのでしょうか。

 ただ自分、一部この難解な前衛音楽も結構愛好しています。今までにはなかった個性が面白く思えるのです。また、12音技法から派生しているため、譜面で音列に番号付けてみると、いろいろと面白いことが判ってきたりもします(安直に言うとパズルで音楽ができてたりして!)。この音列、場合によっては複雑に入り組んだ和声よりも判り易い場合もあることも専門家は指摘しています。
 そしてそんな過程を経た作品は様々な可能性を秘めていて、西洋音楽を延命発展させるのでは、と思わせる響きも時頼見受けられます。ただ、聴き手にとって、聴き易さや伝統的な和声法にこだわっていると、受け入れ難いのも事実でしょう。

 ゴミのようなものの中から宝石が見いだせるか否か、自分自身の感性なり「おつむ」を試されているように考えて、現代音楽にも接して来ました。人生、秋期にある自分、最近はちとしんどくなる面もありますが、ボケないよう、いつまでも感性は鍛えておきたいものですわ。

 そういえば「ヴォツェック」、約20年も昔にスコア買ったはいいけど、流し見しかしていないなあ。いろんな形式がてんこ盛りされていて、それをより意識して聴ければより面白いのになあと思ってはいるけど、で止まっちゃっているのが勿体ない。さらに途中の兵隊の行進曲、出来たら演奏か指揮してみたい、という無茶苦茶な願望もまだあったりして!
 ま、その前にVl協、久しぶりにスコア眺めながら聴いてみるかなあ~

試行錯誤の真っ最中

とりあえずホラ吹き 様


ものすごくご無沙汰しております。

第二次世界大戦以後の現代音楽は実はいまだに方向性が定まっていないと言えるのかもしれないですね。
それだけ20世紀前半以前の音楽でもってクラシック音楽自体が「一つの到達点」に達してしまったという事なのかも
しれないですし、
それだけ第二次世界大戦以降の作曲家の皆様にとっては「どうすればいいのだろう・・」みたいな迷いは強かったと
言えるのかもしれないです。

あのパズルみたいな難解すぎる響きはとてもじゃないけど普通の皆様に理解してもらえるのは難しいのかも
しれないですし、
その模索した一つの方向性みたいなものが、例えばですけど吉松隆のロック調のわかりやすい音楽とか
原博の交響曲のように古典派を讃えるような懐古的な音楽もありなのかもしれないですし、
今現在は混沌とか試行錯誤の真っ最中という感じなのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4556-001ef6e1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |