FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


三善晃の交響三章は日本フィルハーモニー交響楽団の邦人作品に対する委嘱シリーズ第4作として作曲した管弦楽曲でして、
同じく日本フィルから委嘱されて作曲された矢代秋雄の交響曲と共に
渡辺暁雄指揮・日本フィルの演奏を収録したCDに収録されていますけど、
三善晃の交響三章と矢代秋雄の交響曲の最高の名演が一枚のCDで聴けてしまうという素晴らしいものがあり、
私自身もあの誇り高き名演が収録されたレコードとCDは、私の生涯の最高の宝物の一つとも言えるのかもしれないです。
それほどあの渡辺暁雄指揮の演奏は神がかりの奇跡の名演と言えるのだと思います。

「交響三章」はタイトル通り三つの楽章から構成をされていて、
第一楽章は緩、第二楽章は急、第三楽章は緩-急-緩から成り立っていて、テンポのバランスが精緻に計算され尽くされて
いるという印象もあったりします。
そしてこの曲は全体的には大変難解で、少なくともイージーリスニング的に軽い気持ちで聴くことなど到底できないという
大変精神的な緊張感を求められる作品であり、その音楽的密度の高さは現代邦人音楽の中でも最高頂点に立つ作品の一つで
ある事は間違いないと断言できると思います。
全体的には三つの楽章を貫く大がかりな変奏形式とも言えると思いますし、
三善晃が事前に提示した「7つの動機」というものが、楽章をまたいで様々な形で変形されることにより、
作品の旋律的・和声的な側面を構成していると感じられます。

三善晃の曲で過去に生で聴いた曲は、

〇交響三章

〇ピアノ協奏曲

〇ヴァイオリン協奏曲

〇夏の錯乱

〇響紋

ぐらいなのですけど、
一度は、管弦楽のための協奏曲・レクイエム・変容抒情短詩を生演奏で聴いてみたいものです。
特に「レクイエム」は三善晃にしては、珍しい部類というか、「反戦」という強いメッセージ性を強く出したものであり、
CDで聴いても相当インパクトや訴えるものがある作品だけに是非生の演奏会で聴いてみたい思いはあります。
一度都響の邦人シリーズの演奏会で「オール三善晃プログラム」が組まれていて、この時に演奏された曲は、
交響三章・ピアノ協奏曲・響紋でしたけど、あの音楽的密度の充実度は本当に見事なものがあったと思いますし、
演奏と曲自体に圧倒されたものでした。
新星日響の東京芸術劇場シリーズのプログラムの中に、沼尻竜典指揮による三善晃の「夏の錯乱」の初演が
組まれていたこともありましたけど、あの演奏を生で聴けたことは今にして思うととても価値があったと思いますし、
演奏終了後に三善晃が舞台上で沼尻さんと固く握手を交わされていた場面はとても印象に残っています。

吹奏楽作品でも、三善晃はコンクールの課題曲という形ではありましたけど
「深層の祭り」・「クロス・バイ・マーチ」という歴史に残る素晴らしい作品を私達に残してくれました。

だけど、私にとって三善晃というと誰が何と言っても「交響三章」の研ぎ澄まされた世界に尽きると思います!
交響三章の管弦楽版全曲を初めて聴いたのは19歳頃でしたけど、あの時はすさまじい衝撃度が私の中にありました。
交響三章は大変な難曲ですし、メロディーラインがどこにあるのかよく分かりませんし、
聴いていて楽しい曲でないのは間違いないと思います。
単純に比較するのもどうかと思うのですけど、少なくとも矢代秋雄の交響曲よりはわかりにくい音楽だといえると思います。
終始緊張感と研ぎ澄まされたピーンと張りつめた空気はこの曲の全てと言っても過言ではないと思います。
この曲を初めて知ったのは1981年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会の大曲高校の第二楽章の演奏でした。
大曲高校は残念ながらダメ金で全国大会に進めなかったのですけど、あの異常な緊張感溢れる音楽を是非ぜひ
普門館の皆様にも聴いて欲しかった思いは今でもありますし、
同様に花輪高校が1982年に東北大会ダメ金で終わってしまったウォルトンの交響曲第一番~終楽章も是非是非
普門館の聴衆の皆様に聴いて欲しかった!という想いは今でもあったりします!

三善晃の「交響三章」という曲自体、大変難易度が高い曲でプロの管弦楽団でも滅多に演奏される事は 無い曲なのですけど、
作曲者の三善晃は、交響三章については「特に作曲上の意図はありません」みたいな事を言われていたと記憶していますが、
交響三章という曲について私自身が感じた事を言うと、三善晃が後年作曲した「夏の錯乱」という管弦楽曲に
どこかで通ずるようなものがありそうな感じがあったりもします。
それは何かと言うと、それは「亡びに向かう美学」みたいなものなのかもしれないです。
この世のもの全ては未来永劫、「不滅・不変」というものはありえないし、形あるものはいつか崩壊する・・・
形あるものが「亡び=滅び」に向かっていく散り際の美学みたいなものがこの曲には潜んでいるのかなと感じたりもします。
全体を通して特に三楽章の音楽的完成度の高さと緊張感は相当なものがあると思います。
ヴィヴラフォーンとフルートソロで開始される出だしの緊張感は大変凄まじく、
ここで提示されたテーマが暗示的に徐々に盛り上がっていく感じというかその音楽的展開が非常に巧みで、
聴く人をとてつもない内面的緊張に陥らせていると思われます。
最後の盛り上がりが終わって、ドラ2台とシロフォーンによる余韻の効果も計算し尽くされているようにも感じますし、
ラストのフルートソロで静かな終わらせ方も圧巻だと思います。

吹奏楽コンクールの吹奏楽アレンジ版の演奏なのですけど、
1980年に秋田南高校が自由曲として演奏した「交響三章~第三楽章」は、
私にとってはそうした「亡びの美学」・「もののあはれ」 みたいな諸行無常みたいなものを何か感じさせてくれています。
クライマックスに向けての金管のざわめきとかラスト近くのフルートソロとか冒頭の何かの暗示的な音は
「亡びの美学」そのものだと思いますし、
そうした美学を吹奏楽という制約を課された管楽器編成だけで
あそこまで完璧に内面的に完全燃焼し尽くした演奏というのは今後も不世出のような感じすらあると思います。
ちなみにですけど、1980年の秋田南高校の交響三章の演奏は、三善晃も後日絶賛をされていたそうですけど、
その気持ちは本当によくわかります!
1980年の秋田南高校に肉薄する演奏は、神奈川大学を別格扱いとすると、
高校の部ではそれほどないとすら感じてしまいます。
肉薄する例で言うと、1989年の習志野と1996年の常総学院を推したいと個人的には思っています。
両校とも低音セクションの扱いとか打楽器セクション(特に後半のトムトムの扱い)は秋田南を超えているのかなと
部分的に感じたりもするのですけど、
全体的な音楽的感銘度という意味では秋田南には足元にも及んでいないということなのかもしれないです。

そのぐらい1980年の秋田南の「神がかり度」は凄まじかったという事なのだと思います。

1980年の秋田南高校ですけど、とにかくとてつもない「研ぎ澄まされた圧倒的な名演」を後世の私達に残してくれています。
自由曲の内容がとてつもなく難解ですので、気楽に聴く事は出来ないジャンルだと思うのですけど
一瞬一瞬に「漲る緊張感と劇的な内省的な高ぶり」をあそこまで緻密に完璧に演奏した事例は
長い吹奏楽コンクールの長い歴史の中でもそれほど多くは無いと思いますし、ここに秋田南の交響三章の意義と価値が
あるようにも感じられます。
そうした漲る緊張感と劇的な内省的な高ぶりをきちんと音楽的に表現したチームは、
1991年の埼玉栄高校のシュワントナーのそして、どこにも山の姿はない・・・ぐらいしか思い浮かばないですね。

秋田南高校にとって1980年は「5年連続金賞」という偉業が掛った大変プレッシャーのある年だったと思いますし、
それまでの過去4年間のあまりにも素晴らしすぎる奇跡的な名演の数々を
「少しでも超えないいけないし、それが無理ならば少しでも近づける様な演奏を!」みたいな思いは相当あったと思いますけど
結果論から言うと、秋田南の「栄光の5年間の軌跡」の中では異論があるのは百も承知なのですけど、
1980年の交響三章の演奏が一番最高の名演といえると私は考えています。
もちろん、76年のペトルーシュカ、77年の春の祭典、78年の三善晃/管弦楽のための協奏曲
79年の矢代秋雄/交響曲は、どれも「とにかく素晴らしい!!」以外の言葉しか出てきませんし
特に特に76年のペトルーシュカのあの屈折した明るさと躍動感、78年の「精密な設計図」みたいな
冷静さと熱さが巧みに融合した名演など
全てが「長い吹奏楽コンクールの中でも永遠不滅の5年間」としか言いようがない演奏を私達に残してくれているのですけど
私自身は1980年の三善晃/交響三章~第三楽章の演奏がとっても大好きですし
この演奏を聴く度に
「これこそ歴史的名演!! 聴く者に絶対に何かを伝えているし、一つの宇宙空間すらも形成している素晴らしい演奏」と
感じてしまいます。

現在の吹奏楽コンクールの驚異的水準の視点から聴いてしまうと、80年の秋田南の演奏は色々と難点はあると思います。
当時は「ピアノ」が解禁される前の演奏ですので、「交響三章」はピアノが暗示的展開という意味では結構重要な
位置づけをされていると思うのですけど、秋田南はピアノが無いから「マリンバ」で代用しているので
少しネリベルっぽく聴こえてしまいますし、
曲のクライマックスの所でトランペットがかなり大きく音を外してしまい、この部分はCDでもはっきりと収録されていて
少し勿体無いなとも思ったりもしますし、
1989年の習志野と比べると低音セクションの鳴りが不足しているようにも感じられます。

だけど、そうした事は「どうでもいい」とすら感じさせてしまうのがこの年の秋田南だと思います。
暗示的な冒頭部分から最後の弱音で閉じられるところまで「研ぎ澄まされた内面的空間」が伝わってきます!!
三善晃の交響三章~第三楽章の音楽は、とてもとても気楽に聴けるような類の曲ではないのですけど、
その「内面の劇的緊張感」は当時の普門館の聴衆の皆様や「レジェンダリーシリーズ」に収録されているCDとして聴いても
間違いなく伝わってくると思います。

演奏しているのが普通の県立高校の高校生と言うのが絶対に信じられない素晴らしい演奏だと思います。

たまたま使用した楽器が「管楽器+打楽器」だったとしか言いようが無いです。

そしてここにあるのが「一つの宇宙」だと思いますし、研ぎ澄まされた空間なのだと思います。

最近の吹奏楽コンクールの驚異的レヴェルは、既にアマチュアの世界をとっくに超越していると思うのですけど、
それでも1980年の秋田南高校のあの内面的充実には到達していないのかもしれないです。
過去においても何度も多くのチームがこの三善晃の交響三章に挑んでいますけど、
1980年の秋田南高校の神がかりの演奏を超越した演奏はいまだに出現していないのかもしれないです。

そのくらい、あの当時の秋田南高校は偉大だったのだと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

時代を感じない演奏ですね

秋田南高校吹奏楽部

5年連続金賞受賞した秋田南高校吹奏楽部の演奏はどれも、当時の編成人数の上限や使用出来る楽器の制限を考えると、どの年もちょっとあり得ない様な、本当に素晴らしい演奏ばかりですね。吹奏楽編成なのにそれを感じさせないペトリーシュカの煌びやかさや、邦人作品のとてつもない緊張感を維持した演奏は当時発売されたLPやレジェンダリー等のCDに録音された演奏を通してでも、本当に神がかり的な演奏ばかりだと伝わって来ました。自分が高校生の頃の秋田南高校は、天野先生の編曲作品から離れて県大会落ちしてしまったり、最近でも他県の高校に押され気味で全国大会に出られない年も多くなってきてますが、東北高校吹奏楽の雄と言ったら今でも秋田南高校、花輪高校等の秋田県勢の学校だったりします。

三善晃先生
はっきりお名前を認識したのは1988年の課題曲「深層の祭」でした。その後再放送か何かでアニメ「赤毛のアン」の楽曲も担当されていた事を知り、子供向け番組では収まらないエンディング曲の完成度の高さに驚いたりしました。

偉大なる秋田南高校

GILLES27 様


5年連続金賞を達成した当時の秋田南高校の演奏はどの年もキラリと輝いていると思いますし、
あの個性の際立ちは素晴らしいと思います。
個人的にはあの5年の中では80年の交響三章の印象が大変大きいのですけど、
とてもじゃないけど吹奏楽の響きとは思えない78年の管弦楽のための協奏曲や
屈折した明るさと躍動感の76年のペトルーシュカや
伝説とも言える吹奏楽による春の祭典をやってのけた77年の演奏はどれもこれも本当に素晴らしい演奏で、
現在の奏者の皆様にも是非一度は聴いて欲しい名演だと思います。

現役奏者の皆様に秋田南高校と問いかけても「最近では全国に出るのも難しそう」とか「全国に出ても銀と銅の
ボーダーの演奏ばかり」という意見が多いとは思うのですけど、
秋田南の全盛期の演奏を実際にコンクールで聴いたことがある私としては、秋田南の偉大さを改めて痛感するばかりですね~!
ペダルティンパニもロータリーチューバも何も無い状態であの春の祭典はやはり伝説だと思います!

交響三章を始めて聞いたのは、1986年の秋田南高校のコンクールでの演奏で、他団体のために購入したLPレコードででした。
こんな曲があるのかと衝撃を受けた演奏でしたね。
あれで金じゃないのにも驚きましたが。
その後の三善作品は深層の祭なので、さらに衝撃を受けるわけですが、演奏する機会には今のところ巡り合えそうもなくホッとしております。
1980年代聞き返してみます~

交響三章

まつたく 様


1986年の秋田南の交響三章は、この年が高橋紘一先生の勇退の年で最後のコンクールというのは既に
分かっていましたので、当時の私もかなり緊張して同時に期待をして交響三章の1980年に次ぐ再演を聴いたものでした。
プログラム2番と言う事もあり、奏者の緊張もあり、
演奏としては80年に比べて理性的で知的な演奏ではあったけど、
演奏自体がかなり醒めている感じで、80年のあのとてつもない緊張感と熱さはあまり感じられなかったのは
少し勿体ないと感じたものですけど、
80年の秋田南の交響三章の演奏はそれだけ神がかっていたという事なのだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4550-a424a22f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |