FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


私のような昭和生まれの昭和育ちの「昭和世代」の感覚ですと、字が汚い人用のための「ボールペン習字講座」 と
いったようなものも今現在のユーキャンほど巨大組織ではないものの昭和の頃には既に存在していたと思いますが、
特にそうした昭和世代の皆様にとって馴染み深いというのか一度ぐらい見た事がある広告とかイメージキャラというと
「日ペンの美子ちゃん」と言えるのかもしれないですね。
学研の教育雑誌とか週刊誌とか漫画雑誌とかなかよし・りぼんといった少女漫画雑誌の広告に
よくこの「日ペンの美子ちゃん」が登場する9コマ漫画が掲載されていて、当時、字が汚い事とか悪筆に悩んでいた人は
もしかして一度ぐらいは「自分もこの日ペンの美子ちゃんがお勧めしているボールペン習字で勉強した方が゜いいのかも・・?」と
感じていたのかもしれないですね。

ちなみにですけど、日ペンの美子ちゃんは「ひぺん」とか「にちぺん」という呼び方ではないですし、
ましてや「よしこちゃん」という呼び方でもなく、正しい呼び方は「にっペンのみこちゃん」です!
日本ペン習字研究会(日ペン)が実施しているがくぶん総合教育センターのボールペン習字通信講座の
イメージキャラクターが日ペンの美子ちゃんであり、美子ちゃんを主人公にした広告漫画のタイトルが「日ペンの美子ちゃん」
なのです!。

日ペンの美子ちゃんというと私みたいな昭和世代ですと、初代・美子ちゃんの「おしとやか・清純・聡明」という印象が
強いのかもしれないですね。
ちなみにこの初代・美子ちゃんは、したためた招待状やラブレターで意中のイケメン男性を次々と落とす特技があり、
その美しい書字で社長秘書としての職も手に入れたばかりでなく、最終的にはなんと・・!
社内で知り合った男性と結婚し、夫もボールペン習字講座を受講することで重要な手書き書類を任され、
部長まで昇進するというサクセスストーリーとなっていました。

ここで注意をしたいのは、実は「美子ちゃん」は一人のキャラではなくて、現在に至るまで初代から6代に渡るキャラが
存在しているのは意外と知られていない事実なのかもしれないですね・・(笑)
歴代の美子ちゃんは、同一キャラではなく、それぞれ別人がその名を引き継ぐという体裁になっており、
代替わりの際には「私が×代目の美子ちゃんです」といった自己紹介がなされているのが大きな特徴です。
二代目はちょくちょく初代と共演し、三代目登場の回では、初代・二代目・三代目が勢揃いしています。
ちなみに現在のいかにも今風なJKみたいな6代目美子ちゃんは、なんと・・! 初代とも共演を果たされています・・(笑)
初代から6代目に共通している事は、1.黒髪 2.ぱっつんな前髪 3.字が綺麗 4.ペットがいる
という事なのだと思います。



縺ソ縺薙■繧・s_convert_20180911011122



上記で書いた通り、美子ちゃんは代替わりを繰り返す度に美子ちゃんの絵柄を担当する先生が変わっています。

日ペンの美子ちゃんは6代に渡るキャラが存在しているのですけど、代ごとに作風・女の子の雰囲気がかなり違っているように
見えるのも大変興味深いものがあると思います。
そして更に興味深いのは、なんと・・! 美子ちゃんが存在していないというのか、OA化とかパソコンの普及という
時代の変化の波をもろに受ける形で、昭和の頃ほどボールペン習字の必要性が希薄になった事も影響し、
美子ちゃんというマスコットキャラが姿を消していた時期も実は存在していた事に改めてですけど
「もののあはれ」というのか「時代の変遷」みたいなものを感じずにはいられないです。
日ペンの美子ちゃんも押し寄せるIT革命の波には勝てなかったという事なのかもしれないですね。
4代目の美子ちゃんの在任期間は1988~1999年なのですけど、
考えてみると、この期間に日本は色々と激変していたのかもしれないです。
パソコンがこんなにも各家庭に普及し、携帯電話も普及し、固定電話で母親・父親が彼氏彼女からの電話をうっかり
取ってしまう時代は終焉を迎え、交換日記とかラブレターの代わりにメールやラインに取って代わられ
「いよいよ手書きを必要としない時代がやって来る」と多分ですけどほとんどの人が感じていたのかもしれないですね。
日ペンの美子ちゃんは、「手書き文化の大切さ」を象徴していた存在だったのかもしれないですけど、
美子ちゃんの9コマの広告マンガは、1999年に実はひっそりと最終回を迎えていたものでした。
この4代目の前の3代目の際にも手書き文化を破壊する存在としての「ワープロ」も登場していて、
そうした当時のOA機器とのバトルものが登場していましたけど、ワープロ自体が既に「死語の世界」となっていますので、
やはり「時代の変化」というものはこういう所にも感じざるを得ないものですね。
ちなみに5代目美子ちゃんは瞬間的に復活していますけど、わずか3話のみで終了となっていて
文字通り「幻の美子ちゃん」となっています。

それにしても美子ちゃんは、初代~6代目に至るまで、各代の美子ちゃんの雰囲気・表情・キャラ設定は
随分と異なっているものなのですね。
特に2代目の大人っぽい雰囲気から三代目は一気に幼児化が進んだような気もします・・・
5~6代目は今風というのか今現在のJKさんらしい明るく可愛らしい雰囲気がよく出ていると思います。
特に5代目美子ちゃんはわずか3話で終わっているのですけど、あの黒髪・長髪・ブレザー制服・ミニスカートは、
とても素晴らしいです!

上記で記したとおり日ペンの美子ちゃんは一旦4代目をもって終焉を迎えたのですけど、
転機が訪れたのは、「美文字」という言葉が2013年の流行語大賞にノミネートされたことなのかもしれないです。
ニンテンドーDSで「DS美文字トレーニング」が発売されるなど電子メールに頼らない手書きの
「美文字」ブームが起きたことを追い風に、
学文社の社内でも当時を知る社員を中心に「美子ちゃんを復活させよう」という機運が高まったという事で
短期間ではありましたけど5代目の復活となり、そして今現在の6代目という事へとバトンが受け継がれているのです!

現在の6代目の美子ちゃんの作者の先生の服部昇大先生は、
同人誌として美子ちゃんのパロディキャラクターを展開している所を学文社の社員の方によって見出され
「この人ならば新しい美子ちゃんを導き出してくれる」と評価され、正式に6代目の作者としてオファーが舞い込んで
きたとのことです。
この6代目日ペンの美子ちゃんは、17歳の正真正銘のJKさんなのですけど、
スマホやVRなど最新ガジェットを持つ一方で、時代にミスマッチなゲーム&ウオッチを持ち歩いていたり、
「私は全共闘時代生まれ」と言い放ったり、時に周りから「何歳?」とツッコミを入れられているのもなんだかとてもお茶目ですね。
漫画の中でも「忖度」という言葉を使用しているあたりは、最近の流行語にも敏感という感じなのかもしれないですけど、
6代目美子ちゃんが例えば「ナウい」みたいな死語の世界の言葉を使用していたら、
それはそれで面白いのかもしれないですね。



縺ォ縺」縺輔s_convert_20180911011043

繝九ャ繧オ繝ウ_convert_20180911011008


6代目美子ちゃんはいかにも今風のJKさんみたいな雰囲気で連載広告漫画がスタートし、今年の初めには
東京MX内で初のテレビCMも実現されています。

そしてここから6代目の美子ちゃんには驚きの展開も用意されていました!

何かと言うと、永遠の17歳のはずの美子ちゃんが突如何の前触れもなく唐突にママになっていました~!

「日ペンの美子ちゃん」の世界観はそのままに残しておき、更に現行の広告漫画はそのまま引き続きJKさんとしての
美子ちゃんが継続されているのですけど、
一つのオリジナル展開と言うのか番外編というのか、
日産の軽自動車・デイズ ルークスのタイアップ企画として「日サンの美子ちゃん」の連載が今年より期間限定で
開始されていました。

最初にこのニュースを聞いた時はびっくりでした!

6代目に限らず初代~6代目は基本的にはJKさんという設定でここまで続いていましたので、
まさか美子ちゃんが突然子持ちのママになっていたのは驚き以外の何物でもなかったですね~!
永遠の17歳と謳われていた美子ちゃんが1児のママになっていて、
4歳ながら冷静でしっかり者である娘のルー子や飼い猫のニャンコたちとともに、
「ママにうれしい機能が詰め込まれている」という日産の軽自動車・ルークスの魅力をアピールしていくという
漫画の流れになっています。
ママのためのクルマである 「日産デイズ ルークス」 の魅力を伝えるため、
美子ちゃんは連載第一話の2コマ目において「実は私はママだったの~」とまさかの宣言がなされていたのですけど、
最初に子持ちの美子さんを見た時の衝撃は絶大でした~!

このインパクトは、私にとっては「うまい棒のうまえもんには、実はうまみちゃんという美少女の妹がいた!」という
衝撃の事実に匹敵するものがあったと思います! (笑)

あくまで確認ですけど、この「日サンの美子ちゃん」はパロディーとかそういうものではないのですけど、
要は未来の美子ちゃんを描いた作品と考えてもいいのかもしれないですね。
もう一つの美子ちゃんととらえても差し障りは無いのかもしれないです。



譌・逕」_convert_20180911011243


「美子ちゃんがママになる」 というアイデアは、とても大胆な発想だと思いますけど
「まさかこれだけ長期間続いたJKさんの広告漫画の6代目主人公がママになるわけないよね~」と言う事で
ある意味とも見事に斬新に、美子ちゃんを長年見続けていた人たちの予想をすてきに裏切ったといえると思います~!

日産×日ペンの美子ちゃんコラボによって、「日産デイズ ルークス」 の魅力をよりわかりやすくお伝えするために
「あえて(?)ママになった美子ちゃん」 が各機能を紹介してくれているのですけど、
とにかくこの発想はとても面白いしこの意外性は見事だと思います。

そう言えば「うまい棒」のうまみちゃんも公式twitterにて公式うまみちゃん漫画を展開していますけど、
こうした意外性のある漫画による企業宣伝というのも
これからの宣伝媒体の一つのあり方なのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

これ系の漫画はついつい目が引き寄せられて読んでしまいますね~。美子ちゃんですか。ペン習字的なものは私もやってみたいのですが、なかなか手が出ません。独学でやっていましたけど、私の下手な字はもう手に刻み込まれているのかもしれませんね~。これと似た漫画だと、やっぱりチャレンジ、いわゆる進研ゼミの漫画をよく覚えていますね^^代替わりして作風が変わるのをみると、あ、昔の漫画ってこんなんだったな、ってジーンとします^^

美子ちゃん

八咫烏(全力稼働中) 様


実は社会人になる前に入社前研修と言う事で強制的に半年程度ペン習字の受講をさせられましたけど、
(美子ちゃんの会社では無かったです・・)
結果的に少しも上達しませんでしたし、字と言うものは小さい頃に身に付いたクセを修正するのは極めて難しいという
事なのかもしれないですね。

美子ちゃんの作風の変化は時代の変化もありますし、
「永遠の17歳が突然子持ちになってもいいじゃないか~」とすら感じてしまいますね・・(笑)

こんばんは♪

日ペンの美子ちゃん懐かしいですね♪(*´ω`*)
大人になった美子ちゃんにはビックリです(笑)。

美子ちゃんの進化

ふたごパンダ 様


日ペンの美子ちゃんは歴代6人の先生によって「17際の女の子」をすてきに進化し描き続けられている事には
頭が下がる想いですし、歴史を感じさせてくれていると思います。

ニッサン美子ちゃんは、あくまで番外編という感じなのですけど、かわいい奥様になっていた姿は
衝撃的でした~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |