FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


世の中で歯医者に行くのが大好き!という方はそれほどは多くは無いのかもしれないですね・・

歯医者に行かれるほとんどの方は、虫歯・歯痛・歯槽膿漏等歯や口内に関するトラブルでしぶしぶ行かれることが
ほとんどなのかもしれないです。

私自身、小学生の頃に一度虫歯になり一か月程度歯医者にかかった事があるのですが、
その際の嫌な記憶というか、トラウマ・・ 例えば、電気ドリルの音、ノイズから出てくる冷水、
痛みのためにあまり触れては欲しくない部分に治療器具が当たった際の痛さなどを思い出してしまいます。
2014年頃の記事にも、歯痛が酷くなってしまい不本意ながらしぶしぶ近所の歯科医に行ったみたいな記事を書いたことがあり、
その時に最近の歯医者さんの治療は昭和の頃に比べるとそれ程痛みを伴わないし、
なによりもありがたかったのは、事前に歯科医の先生より「痛みを感じたら、手元のそのスイッチを押してください。
ただちに治療をいったん中止します」と言われていた事への安心感ですね。

最近はそうした虫歯も多分ないと思いますし、モノを食べたり冷たいアイスや飲み物を飲んでも「歯にしみる・・」といった
感覚は皆無であるのは大変ありがたいものがあると思います。

実は既に20年以上も前の話なのですけど、当時の会社の健康診断の一環で「歯科検診」も行われ、
その際に 「あんた、この歯の状態をこのまま放置し、何か対策とか治療とかケアの方法を学ばないと、
間違いなくあんたの歯は5年以内にボロボロになってしまい、
20年後のあなたの口の中は、100%の確率で歯は一本も無くなる!
つまりあんたの歯は20年後は間違いなく100%の確率で総入れ歯になりますっ!!」と
とてつもない上から目線で予言されてしまい、あの頃はまだ若気の至りと言う事で(?)カチン!ときてしまい、
「だーれがお前のいう事なんか聞くものかっ! ふんっ!!」という感じでしたし、
「お前のそんなポンコツ予言なんか誰が信用するかっ!」という事でそのまま放置した前科が実はあったりもします・・(汗・・)
結果的にあれから20年以上の歳月が流れ、あの当時の歯の状態をそのまま放置し、特に対策もケアも
していなくて、朝晩の歯磨き以外の事は何もしていませんでしたけど、
別に総入れ歯にもなっていませんし、モノが食べられない状態になっている訳でもありませんし、
一本たりとも入れ歯になっている訳ではありません・・
別に5年でボロボロの状態になっていた訳でもないです・・

やっばりモノは言い方一つで変わるのかな・・?

20年前のあの歯科検診の際に、上記のような乱暴な口調の上から目線の男の中年歯科医からあのように
上から目線で言われるとカチン!ときてしまうけど、
あれがもしも東方のゆかりん=八雲紫様みたいなお姉さま歯科医の先生とか
アリス・早苗さんみたいなすてきな美少女風の歯科医の先生からやさしく指摘をされたとしたら、
翌日には、間違いなくそのやさしく美しい歯科医の先生がアドバイスされた事を100%遵守していたのかも
しれないですね~!

それにしても「20年後にあんたの歯は100%の確率で総入れ歯になってしまう」というのもちょっと酷い言い方なのかも
しれないです。


dc7e9405_convert_20200505172542.jpg


歴代プリキュアの中で将来のすてきな女医さん候補というか、将来の夢として「医者になりたい・・」と掲げていたのは
プリキュア5のかれんさんとドキドキの六花ですけど、
かれんさんが歯医者さんだったら「すぐ終わるから少しぐらい痛くても我慢してよね~」とか言いそうなな感じは
ありそうですけど、ドキドキの六花でしたら、多少痛くても六花のあの天使のような笑顔を間近でお目にかかれるのだったら
多少の痛さは我慢できますし、六花に会いたくてほんのちょっとの歯槽膿漏でも歯科医院に通ってしまいそうな
感じにもなりそうですルン・・!

歴代プリキュアの妖精の中でもラケルは羨ましいポジションだと思います。

日々ずっと六花と一日行動を共にしていて、こうやって私服の六花と一緒に自転車デートを楽しむ事も出来るのですから、
私もラケルの立ち位置になりたいですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

総入れ歯

私の唯一の自慢は歯が丈夫な事ですが、家人はぬくぬく先生と同じく「20年後には総入れ歯になるでしょう」と言われたそうです。
けど、30年経った今でも自分の歯でしっかり、美味しく食べてます。
歯を大事にしないといけませんよという意図は分からないでもないけど、患者を脅す様な発言をする医者はあきませんね。

モノは言いよう・・

なかゆくい 様


コメント頂きありがとうございます。

もちろん虫歯は嫌ですし歯のケアの大切な事は分かりますけど、モノは言いようということなのだと
思います。
素人にもわかりやすくなおかつ上から目線ではなくて「一緒にケアしていきましょ!」という事を伝えていれば
もう少し反発は抑えられたのかもしれないです。

つくづくモノはいいようですね・・

歯が命

こんばんは。
歯医者といえば「邪神ちゃんドロップキック」に出てくる名前が「ゴッサム歯科」ってスゴいネームだと。
邪神ちゃんが歯医者に恐れおののく姿が笑えます。
ボク的に歯医者さんといえば、待合室で西スポ読めるので、ホークスの敗けにイライラして治療を受けるパターン。
歯科技工の若いお姉さんに癒されて帰ってます。

スポーツ新聞

五航戦の愛鷹 様


本日はマリーンズも西武に逆転負けを食らい大敗しましたし、ホークスも日ハムに逆転負けを食らいましたので、
こういう時の翌日のスポーツ新聞はむしろストレスになってしまうのかもしれないです。
でもスポーツ新聞は診察室の憩いの読み物であり、退屈しのぎにはうってつけですね。

歯科医は先生は大抵男性が多くてつまらないですけど、受付の女の子は癒し系のかわいい子が多いイメージがあり、
それだけでも歯科医に行きたくはなりそうですね・・

歯医者さん苦手です…

自分は子供の頃はあちこち虫歯だらけで、私の母が76歳で健在ですが30代の半ば頃には総入れ歯になり、父は故人ですがやはり総入れ歯でしたので、自分ももしかしたら……と思っていましたが、普段の歯磨きがよかったのか50歳を間もなく2年過ぎようとした今でも全て自分の歯であることに喜びを感じてます。
…いや、厳密に言うと40歳頃奥歯に歯石ができ歯磨きしても痛みが止まらないという危機がありましたが、歯医者さんで歯石除去をしてもらい、奥歯中心に細かくブラッシングするようになり、おかげで12年ほど歯医者さん知らずです。
やはり元とはいえ管楽器奏者が歯のお手入れをせず、歯がダメになった……とはなりたくなかったと思ったのもあります。
一方で女性の皆さんの中には1分半、いや中には数十秒でブラッシング終えてる人もある程度いて、ちゃんと磨けてるのかな?と思ってしまうこともあります…。

幾つになっても・・

一秋田県民 様


確かに昭和の頃に比べると歯科医の受診時の痛さや怖さは技術向上により相当程度軽減されていると思いますが、
それでも歯科医に行く事は抵抗があり行きにくい雰囲気があるのは間違いないと思いますし、
幾つになっても「歯医者はできれば行きたくない・・」という感じなのかもしれないです。

実は私自身は朝のブラッシングは数十秒で終る事もしばしばあり、ご指摘の通り多分ですけど
ちゃんと磨けていないのかもしれないです・・


学校で歯の集団検診を受けていた頃は、歯のカルシウム質と綺麗な歯並びを歯医者さんに褒められました。
あれから数十年の歳月が過ぎた今、残っている歯は10本ほどしかありません。それが悲しい現実です(笑)

歯は家と同じかもですね~

sado jo  様


新築住宅といえども家というのは経年劣化は避けられないですし、そのためにメンテナンスは必要だと思いますが、
同様な事は人の体にもいえそうですし、「歯」も同じと言えそうです。

歯のメンテナンスも大切ですし、なにか不具合が発生した場合は歯科医の診察を受けるのは当然なのかも
しれないですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4502-58913fb0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |