FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


前にも書きましたが、この時代は携帯電話メールが無い時代で、
女の子への連絡なんて、自宅の固定電話にするしかありませんでした。
その子が一人暮らしならば全然問題ないのですけど、親と同居していると
少しやっかいでした・・・
「もしも母親とか親父が出てきたら何て言おう・・」
「妹がいるっていったよな・・声の見分け付くかな・・」など
電話する以前にあれこれ考えてしまって、何かドキドキしたものです。

こうした何かまだしも「恥じらい」があった時代から現在を眺めてみると、
何か用があったり、アプローチする場合は、メールすればいい事を考えると
何か手軽になったというか、味気なくなったものだと思う事もあります。

自分が高校から大学時代にかけては、「めぞん一刻」という漫画が人気を誇っていましたが、
あのある意味純愛漫画には当然携帯とかメールなんてツールは出てきません。
出てこないアナログな時代だったからこそ、ああしたアナログな純愛も存在していたのかも
しれませんよね。
めぞん一刻は、結構前でしたが、伊東美咲が音無響子さん役で出ていましたが、
結構役に合っていたと思います。
少なくとも映画版の石原真理子よりは全然いいと思います。

1989年~90年頃にスピリッツで連載されていた山本直樹の「あさってDANCE」は結構大好きな漫画
でしたが、その中で携帯電話らしきものを使用するシーンがあります。
だけど、あれは携帯と言うよりは、回線が付いていない固定電話という感じで、
肩掛け電話とか当時呼ばれていたモノだと思いますが、
こうした漫画を今見てみると、やはりそれなりに時代を感じてしまいますね。

〇富山商業

 このチームは1983年の「海」以来金賞からは遠ざかっていました。
 84年の「ハーリ=ヤーノシュ」なんて「何であれが銀賞なの?」と思うハイレベルな演奏ですし、
 88年のロメジュリも相当劇的で高水準な演奏です。
 この年は、ショスタコの「祝典序曲」なんて、70年代の中学の部を連想させるような選曲ですが、
 かえって「名門校が原点に立ち戻る」という感じの演奏で、
 大変素晴らしかったと思います。
 クラリネットのパッセージは大変だと思いますが、吹いていて楽しい曲ですし
 分り易い曲ですので、
 単純な曲を大人の技術でゆとりを持って吹きこなすという感じの演奏だったと思います。
 ある意味、王道の演奏です。
 しかし、この年を最後に指揮者の先生は勇退され、しばらくの間富山商業は全国の舞台から
 姿を消すことになります。

〇中村学園

 黄金時代の時の指揮者から交替があり、指揮者が変わって初めての全国となりますが、
 「分り易い音楽づくり」という路線は引き継がれていたと思います。
 だけど技術と言うか詰めが甘いというか、サウンドが濁り気味というか、
 86年の「バリの喜び」みたいな名演時のサウンドは影を潜め
 何か普通の指揮者と普通の高校生による「普通の演奏」みたいな感じになってしまい、
 少しガッカリした印象があります。

〇兵庫高校

 明石南で「ダッタン人の踊り」の名演を残した松井先生が兵庫に移り、初めての全国出場を
 果たした演奏です。
 「ディオニソスの祭り」は、正直インパクトに欠ける演奏・・・
 後年の兵庫のアクの強さは、まだこの時は姿を見せず、
 オーソドックスな演奏を展開しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/450-dd34a029
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |