FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


今年の夏はとにかく暑かったですね!

今までの感覚ですと「9月に入ると昼間も8月ほどは暑くないし、夜になると涼しい風が入ってきて、窓を全開に
して寝ていると風邪をひいてしまうのかも・・?」という感じだったのかもしれないですけど、
今年は昼間も夜も「まだまだ暑い・・!」という感じですし、
冷たい飲み物やアイスクリームはまだまだ手放せそうにもない・・という感じですね。

だけどそうは言ってもあと一か月ほどすると10月中旬という事で、さすがにいくらなんでもあの酷過ぎる猛暑は終わっていると
思いますし、少しは「秋」らしきものを実感できる日が多少はあるのかもしれないです。
それにしても近未来の日本の四季は、夏と冬ばかり連続し春と秋はあまり感じられない二季の国になってしまう可能性すら
あると思いますし、そうなった場合、東方の春告精のリリー・ホワイトや秋姉妹のお二人は肩身が狭くなってしまうのかも
しれないですね・・(泣)

秋もあと少しで多少は実感できる日々が間もなく到来するのかもしれないですけど、
秋や冬になると温かい飲み物とか温かい食べ物を飲んだり食べたりすると、
それだけで「なんか生き返ったぁ――――!!」みたいな雰囲気にもなったりしますし、
冬の時期の明け方とか晩に心身をポカポカと温めてくれる「飲み物」というと、
熱いお茶とかココアとかおしることか甘酒とかコーンポタージュもいいのですけど
私としては、「熱い紅茶」、特に特にミルクティーにとてつもなく癒されるものがあったりもします!
あれを寒い晩に飲むとホッとするものがありますし、どことなく癒されるものがあったりもするから不思議なものですね・・(笑)

季節が秋から冬に向かっていくと、温かいおしることか肉まんとか熱いスープとか温かいお蕎麦やラーメンもいいのですけど
「焼き芋もいいよなぁ~」と言った事を感じたりもします。
焼き芋は美味しいし栄養はあるし、焼き立てのものを食べると、ま・・・確かに熱いのですけど
体の底から温まるような感じになってしまいます。
冬の温かい食べ物というと鍋とかおでんとかたこ焼きなんかも素敵だと思いますが、この「焼き芋」も私は大好きですよ!!
子供の頃よく街中で見かけた屋台とか軽トラで移動巡回している「焼き芋屋さん」を
見かけることがめっきり減ったような印象があります。
ここ最近は「焼き芋」を買う場合ってスーパーで購入と言うパターンが増えているような感じがあります。
スーパーで焼き芋を買う場合って、焼き立てのものが多いし、値段はかなり安いし結構ついつい買ってしまうのですよね。
普段よく仕事帰りの際に立ち寄るスーパーでも新聞紙にくるんだ焼き芋丸々一個とか
パックに入った半切れとかよく売っているのですけどこれかなり安いと思います!
丸々一個でも大抵140円くらいで、半切れだと70円ぐらいだったと思いますが、
閉店間際ですと30%引きのシールとか半額シールが張られている事も多々あったりするのがいいですね! (笑)

焼き芋というと「たき火」のお伴というか、たき火をしながらお芋を焼いて、それを「熱い熱い、アチチチ・・・」
とフーフーしなか゜ら食べるというのも子供の頃は時にしていたような記憶もあるのですけど、
最近はそうした「たき火」という光景自体ほとんど目にしないですね。
というか、最近の市町村等での条例においては、「たき火」自体を禁止とか規制しているエリアが相当多いとの事
ですので、たき火をしたくても出来ない、それゆえにたき火で焼き芋を温めてフーフー言いながら食べるという行為自体が
今現在においては「夢物語」に近いような感じになっているのかもしれないです。
なんかそれはもったいない話ですね・・・

余談ですけど、最近の「戸建て住宅」の解体は、産業廃棄物処理とかリサイクルとかマニュフェスト作成等で細かく規制を
されていて、解体後に出た廃材は「どういう廃棄物をどのくらいの量でどの業者に廃棄手続を依頼したのか」という
流れがある程度把握されるように求められていて、そうした事務手続きの面倒くささとか業者の手間賃高騰もあり、
昔と比べて家の解体に関する費用はこの15年近くで5~7割程度上がっていると感じます。
私が住宅営業をしている頃の「木造住宅の解体」って、結構どんぶり勘定にやっていて
「え・・木造で35坪程度の家・・? そんじゃー、大体原価で60万、客出し価格で78万ぐらいだ!」みたいな感覚で
やっていましたけど、最近はそうしたテキトーな計算も通用しないのが実情だと思います。
更にいうと、解体業者のオヤジから聞いた話では、昭和40~50年代前半の頃って、今みたいに煩い時代ではなくて
どことなくのんびりしいたから、解体した家をどっかの広場に集めて、そこで「野焼き」みたいな感じで、
ちょっと(?)規模の大きいたき火みたいな事もやっていた・・とも言っていましたけど、
そんなの今の時代にやったら、近隣住民からのチクリ・・いや通報で一発で行政処分食らってしまいそうですね・・・
その解体屋のオヤジの話では、そうした家の「野焼き」の際に、よーく芋やとうもろこしやシシャモを焼いて食べていた・・
との事ですけど、当時はどこかそういう「のんびり」とした感じもまだ残っていたのでしょうね。
最近の世知辛い世相とはエライ違いですね・・・

私の自宅の三軒先の家も、そこに住んでいた老夫婦が「高齢化でとても自分達だけで生活は出来ないし介護が必要不可欠」
という事で、自宅を売却し遠方の介護付き老人ホームに入居するという事で転居されていましたけど、
その解体工事が先日より始まっていました。
私が現役の住宅営業をしていた頃の解体は上記で書いた通りまだ大雑把でテキトーな時代で、
解体に着手したら、まずは重機を家の前に付けて1日程度で重機とユンボでドッカンドッカン、ガラガラガッシャーン!!と
家一棟を丸ごと短期間で叩きつぶし、そこで出た廃材を次から次へとトラックに積み込み産廃所に持ち込むという感じでしたが、
最近の解体はそうした短期間の叩きつぶしは出来ないというのか、資材ごとに一つ一つ基本的には手作業でバラしていく
という感じが主流のようでもありますので、大体一日2人の職人が入って2週間程度は掛ってしまうのが
一般的という感じでもあるようですね。





8d719900-s_convert_20160122073646.jpg

09cb6c27-s_convert_20160122073720.jpg




そうそう「焼き芋」と言うと、2015年年4月~6月に放映されていた「響け! ユーフォニアム【第一期】」の第7話のワンシーンが
とっても印象的でした!!

「響け! ユーフォニアム」は、吹奏楽経験者にとっては
「そんな事昔あった、あった!!」といった吹奏楽あるあるみたいな要素がてんこ盛りの作品だと思うのですけど
見方によっては、とてつもなく懐かしかったり甘酸っぱい雰囲気を感じたりもするのですが、
このアニメの晴香部長ではないけど
(私自身のように)頼りなくて威厳がないポンコツ吹奏楽部部長経験者にとっては
とてつもなく「胃がギリギリ痛い」ようなアニメなのかな・・?とも思ったりもしますね。

第7話においても、とにかく色々とあって
「誰にも会いたくない!!」状態にまでなってしまい学校を休んでしまった晴香部長を、晴香の家にお見舞いに行き、
「焼き芋」の差し入れをした香織が、本当に天使に思えます!!

第7話の晴香と香織の「焼き芋」を巡るガールズトークが大変印象的でした!

なんで芋なの?

食べたかったの芋。牛乳で

一応吹奏楽部のマドンナだよ?

マドンナだって芋が好きなの  はぁむ・・・・・ もぐもぐ・・・・

うーーーん、あれは・・・「女の子の園」でしたね!!・・・(笑)

やっぱり香織先輩は素敵な芋マドンナですね

香織のあの「はぁむ・・・・・ もぐもぐ・・・・」はとてつもなくかわいかったですね~!!

晴香部長と言うと全般的には「頼りない部長」という印象が大変強かったりもしましたけど、
第二期ではそれなりの成長と逞しさも垣間見せてくれてもいましたし、第一期の最終回の京都府大会のシーンにおいての、
「今日の本番を迎えるまで、いろんなことがありました」
「でも今日できることは、今までの頑張りを…思いを、全て演奏にぶつけることだけです」というのは
少し安っぽいけど、いかにも誠実な晴香らしい言葉でした。
御守りを作ってくれた部員に対する労いの言葉も決して忘れないのはやはり晴香部長らしい相手への気遣いですね。

これは完全な余談になってしまうのですけど、
私自身、中学と高校で吹奏楽部の部長をしていて、いい事はあんまりなかったけど
数少ない嬉しかった事は、吹奏楽コンクールの閉会式の審査結果発表&表彰式の際に、部を代表してステージ壇上に
他校の部長たちと共に立ち表彰状を手渡された事かもしれないです。
あれって照れるものはあるものの「部を代表している」といった「誇り」は感じていたものです。
高校の時はダメ金でも金賞だったから、とにかく舞台上でも嬉しくて感動しまくりでしたけど、
中学の時は金賞も取れずに銀賞で終ってしまいましたので、
銀賞の表彰状を貰った際は全然嬉しくも何ともなかったし、
「これで部長職と大嫌いな吹奏楽から解放される・・・」という嬉しさ半分、
中学最後のコンクールもやはりダメだった・・・という「後悔」の気持ちが半分と「微妙な寂寥感」という感じだったと思います。
ああいう大観衆を前に、部を代表して表彰状を受け取るという感覚は今でも忘れられないものがあったりもしますね。

そして晴香部長も第二期において、全国大会の表彰式においては表彰状を部を代表して受け取っていたのも
大変印象的でもありました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

解体業者の仕事も繊細にかつ大変になってきているのですね。一つ捨てるにしても、やはりちゃんと分別しないといけないのかもしれません。丁寧になったといえば聞こえはよいですが、その実、ほのぼのとした余裕を失ったともいえるかもしれませんね~。秋をなるべく長く楽しみたいですね。そして、冬にサッと通り過ぎてもらいたい私です。

こんばんは♪

私も冷たい飲み物やアイスクリームは
まだまだ手放せそうにもないです(*´▽`*)
でも冬に近づくとミルクティーや焼いも
食べたくなりますよね。
めっちゃわかります(*^o^*)

解体工事

八咫烏(全力稼働中) 様


リサイクル法がない昭和の頃の家屋の解体はある意味大変豪快で、ショベルカーでまずはガツン!と建物を
大雑把にばらし、それを何日間かけて手作業で廃材・部材をボンボントラックに積み込んで
産廃に持っていくだけでしたので、昔は楽だったのかもしれないですけど、
今現在は解体業者さんも細かい規制に縛られて、大変そうではありますね・・

その分請負金額は増えていますので、結果オーライなのかもしれないですね・・

焼き芋

ふたごパンダ 様


関東も急に冷え込んできて、こういう時はざるそばではなくてあたたかいそばを食べたくなりますし、
冷たいお茶よりは熱いお茶が飲みたくなりますし、
おやつもアイスよりは焼き芋や肉まんが食べたくなってしまいますね・・(笑)

焼き芋の移動販売も以前よりは見かけなくなりましたけど、たまに見かけると
「秋が近いのかも・・」と感じてしまいますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4496-4e9f241c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |