FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


1989年は平成元年、
年が明けて間もない頃に昭和天皇が逝去されて、時代は平成へと入ります。
結果論になるのですけど、平成は、全体的に景気が良かったのは、平成元年と二年くらいで、
あとは今日に至るまでずーーっと不景気みたいなものですよね・・

昭和天皇が逝去されるという事は、銀行内の上層部ではとっくの昔に想定内だったようで、
支店長の机の中には
「昭和天皇逝去後の支店内外対応マニュアル」なんてものが準備されていて、
例えば、逝去発表の日は、全行員は五時に退行(当時はPM22:00以降の退行が平均的だったかな・・)
一週間は顧客宅訪問といった営業活動は全面自粛
(だけど、電話営業を活用し、ノルマは達成しろ・・・)
半旗の掲揚とか全行員黒ネクタイ着用とか
色々細かい指示は出ていました。

逝去後3日前後は、どのテレビをつけても昭和天皇の事ばかり取り上げていましたので
聴いた話では、レンタルビデオ店のレンタル数は、この時は異常な増大になったみたいです。

〇高岡商業

 1983年の圧倒的歴史的名演の「ローマの祭り」の再演でした。
 印象としては、83年もすごいけど、この年もすごい。
 「良く鳴っている」・「豪快」という印象は変わりがありません。
 83年はトランペットに惜しいミスがあったけど、この年は聴いた限りでは目立つミスもなく
 よくまとめられていました。
 「気持ち良いほど鳴り響く」の典型的な演奏でした。
 強いて言うと、83年の演奏のコピーではなくて、
 それを超えるような何か相違点と言うか、変化も欲しかったような気もしますけど、
 これは贅沢な望みかな・・・?

〇東海大学第四高校

 全部門を通じて最高の課題曲D「すてきな日々」でした。
 文字通り、演奏が「スィング」している感じで、特にトロンボーンの洒落っ気たっぷりの
 グリッサンド気味の演奏は素晴らしいとしか言いようがありません。
 サウンドが美しい上に、音楽が常に前進しているので、まさに怖いものなしと言う印象です。
 自由曲の「神話」も文句のつけようがない演奏です。
 踊りの部分の変拍子も、「変拍子を全く変拍子と感じさせない」楽に聴かせる演奏で、
 非常に安定感がありました。
 課題曲と異なり、幾分音色がねっとりしていたようにも感じられましたが、逆にそれは
 神話の世界にマッチしていたと思います。
 踊りの部分の後の静粛な部分以降、フルートとクラリネットのソロは大変美しく緊張感を
 持続しての演奏でしたが、
 残念だったのは、その後のクラリネットの二重奏の部分があっさりカットされていた事・・・
 あの部分は、曲の中でもかなり重要な部分なので、
 出来れば演奏して欲しかったなーと思います。実に惜しい・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/447-06645425
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |