FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


それにしても今年のあの酷暑はかなりきついものがありますね~!

一つだけよかった点を挙げるとすると、「蚊は35℃以上になるとあまり活動をしなくなる」というデータの通り、
今年に関しては例年ほどはあまり科に刺されなかったという事はあるのかとは思います。

だけどそうした暑さにあまり関係ないのが蟻なのかな・・>

先日なのですけど夜中に二階の自室で寝ていたら、腕にモソモソ動いているというか、這ってくるモノがいました。
最初は「あれ、蚊に刺されたのかな・・」と思ったら蚊ではない感触でくすぐったいような感触でした。

よく見てみたら小さい黒い蟻でした。

最初に発見した際は驚きました!!

ここ二階ですよ!

以前台所でうっかり瓶入り蜂蜜をこぼした際に、どこからその匂いを嗅ぎ付けたのかは不明ですけど、
アリたちが玄関ドアの下部のほんの小さな小さなすき間から侵入した事はあったのですけど、
さすがに二階へのアリの侵入は想定外でした!
(台所のアリは「アリの巣コロリ」を玄関前に置いたら数日後にアリの侵入は収まっていました)

「一体どこから入ってきたの!?」と思ったのですけど、よく観察してみると、外壁を登って二階の部屋のプリーツ網戸の
ほんの小さな隙間をかいくぐって室内に侵入していました。
しかもよく見てみると一1匹、二匹というレヴェルではなくて十匹以上の小さな黒蟻がなぜかしりませんけど、
室内のゴミ箱とかお菓子類にではなくて、箱ティシュの中にたかっていました。
最初に見たときは「え・・なんか気色悪い・・」と感じましたけど、小さい黒蟻たちが外壁をよじ登ってほんのわずかな隙間から
室内に侵入してくるあのヴァイタリティーには苦笑しながらも感心したのも事実でありました・・



あり



蟻の好物であるお菓子が入った容器には目もくれず、ティッシュに寄ってくる蟻とはいったい何者なのでしょうか?

その正体は「ルリアリ」と呼ばれる蟻かもしれないです。
というかルリアリで間違いないと思います。
このルリアリは樹皮の裏や枯れ木・枯れ枝などの腐った部分に巣を作る習性があり、
植物繊維でできているティッシュに営巣する性質があることが調べていくうちに判明しました。
ティッシュを食べているわけではなく、ティッシュ箱はルリアリが巣を作る環境に近いため、巣を作ろうと集まっています。
同時に箱ティッシュには商品によってはグリセリンやソルビットなどが添加されている場合があるので、
その甘さに寄ってくる事も多少はあるのかもしれないです。

ルリアリは体長は2mmと小さいですけど性格は意外と攻撃的で人間に噛みつくこともあるそうです。
また隙間を好むため、電子機器など様々なところへ入り込んで巣を作り、故障させてしまうこともあるようです。

ルリアリの被害にあわないための対処方法としては、
ティッシュのまわりにテープを貼って侵入を予防するとか
苦手な香りを使用して蟻を寄せつけないといった方法があります
ルリアリはレモン、酢、ハッカ、ミント、ラベンダーなどが苦手のようでして、
拭き掃除の際にはレモンや酢などを水で薄めたものを使ったり、アロマオイルを使うという手もありそうですね。

ちなみに私自身が試していっちば~ん!効果があったのは「アリの巣コロリ」を箱ティッシュの前に置くことでした!

これ意外と効果があり、2~3日後には室内に一応その後蟻の姿を見かけることはなくなりました。

それにしても黒蟻というのはどこにでもやってくるものだと改めて感じたものですし、もしかしたらマンションなんかでも
3~4階あたりでも侵入は可能なのかもしれないですね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

アリの駆除

甘いものをかぎつけると何処からか仲間を連れて入ってきますね。
あり専用の駆除剤でないと効かないようで
田舎にいたころ苦戦したことがありました。

対処できたようで良かったです。

ええーー~~?!びっくりですね、それは^^;しかし、甘いものではなくて、ティッシュに群がるとは、いろいろなありがいるものですね^^;まあ、なにに群がるせよ、ちょっと勘弁してもらいたいものですね^^

一口にマンションの3~4階と言っても、小さなアリにとっては地上から何十キロの距離になると思います。
その距離を徒歩で登るのもすごいですが、最初の一匹はどうやって位置を仲間に知らせたのでしょうか?
まさか、アリがGPSの付いたスマホを持ってたなんて事はないですよね(笑)

困ったものです・・

コットン 様


一階ならわかるのですけど二階にもあんな小さい黒アリが侵入してくる事が驚きでした!

ネットで色々と調べてみるとこの種類のアリは、室内の箱ティッシュの香りに引き寄せられ、
繊維質のティッシュが何十枚も箱に入っているのを、アリにとっては巣と思い込んでしまう性質があるとの事でした。

特に被害と言う事もないのですけど、ちょっと困ったものですけど幸いアリの巣ころりで駆除できたのが
幸いでした。

黒アリ

八咫烏(全力稼働中) 様


ティッシュに群がる黒アリは、このアリの性質上、何層もあるティッシュを巣と思い込んでいるというのも
あるそうなので、仕方がない側面もあるのかもしれないですね。

ちなみにですけど、黒アリは害虫でもある室内のシロアリを食べて退治してくれるという側面もありますので、
一概に「駆除してしまえ~!」というのも気の毒なのかもしれないてすね・・

とてつもない旅ですね・・

sado jo 様


二階でもマンションの3~4階の距離というのは地上から見ると、ご指摘の通りとてつもない距離と
言えそうですね!
あんなとてつもない長旅を出来てしまうアリというのも考えてみると神秘的な生物と言えるのかもしれないですし、
仲間への連絡方法も含めて謎は多そうですね。

こんばんは♪

今年は梅雨が少なくてボウフラが少なかったから
蚊も少なかったってTVで言ってました。
蚊は暑いのも苦手なんですね。
そういえば今年は蚊に刺されていないかも?
蚊は大嫌いなので刺されなくてよかったです(* ´艸`)クスクス

35℃が境目・・!?

ふたごパンダ 様


私自身血液型が蚊が最も好むとも一部で言われているO型のせいか、昨年あたりまでは毎年蚊に刺されまくり
でしたけど、
今年は35℃以上の酷暑が続いていたせいか、今年に関してはほとんど蚊に刺されなかったのは幸いでした。

蚊も35℃を超える酷暑は苦手なのですね~(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |