FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「なぜ山に登るのか」という問いに対するいっちば~ん!有名な答えは、ジョージ・マロリーの「そこに山があるからだ」
という事なのだと思うのですけど、それではその質問を小泉さんにぶつけてみたとすると、そこから返ってくる
小泉さんの答えは「そこに(おいしい)ラーメンがあるからです」となるのは言うまでもない事なのかもしれないですし、
事実、「ラーメン大好き 小泉さん」第9話: 山においてもそうした話が展開されていました!

冒頭シーンからなぜか小泉さんは登山をしています・・しかもかなり急な山のようです。

ちなみに小泉さんが登っていた山は「筑波山」でした・・

この第9話が東京MXで放映されていたのは今年の3月でしたけど、最初にあのシーンを見た際の印象は
「小泉さんってそれほどはスポーツが得意とか体力が勝っているという印象があまりないのに、どうしてこんな急な勾配の山を
登っているのだろう・・」と感じたものでしたけど、
私自身も既にこの時は「どうせまたラーメン絡みなんでしょ・・と思っていたら、はい! まさにその通りの展開でもありました~!





0b7c4eef-s_convert_20180813180218.jpg

8bf47880-s_convert_20180813180122.jpg



それにしてもこの筑波山の登山ルートは小泉さんのように普段ほとんど運動をしていないようなか細い美少女JKさんが
登るルートではないですよね・・
なんだかこのシーンだけを見てしまうと「ヤマノススメ」みたいな展開でもありました・・(笑)

小泉さんは一度、食べたいと思っていたラーメン店が定休である事を知らずに駆けつけ、そこでショックと空腹とで
倒れてしまったり、
はたまた前日まで東北へのラーメン食べ歩き旅行をしていて翌日の学校の試験の際に疲れのため試験中に爆睡し、
白紙答案を出すなどやはりどう考えてもこんな急な勾配の山道を登山している事自体違和感を感じますよね~

当たり前の話ですけど、小泉さんの目的は登山でも体力作りでもありません。

言うまでもなく山頂の山小屋で食べられるおいしいラーメンを食べることが目的なのです~!

そしてその目的のためならこんな急な勾配など全く苦にもしない小泉さんの「ラーメン愛」はやっぱり本物ですね!



24a38e91-s_convert_20180813180252.jpg



小泉さんはどうにかこうにか山の頂にまで到着します。

そこで老夫婦から声を掛けられます。

「お嬢さんも登頂記念に一枚どうですか?」

そして小泉さんは「私は…登頂が目的ではないので」と答えます。

登頂が目的ではない山ガールとは・・? 登頂が目的じゃない登山とは・・?とお感じになる方も多々いらっしゃるとは思うのですが、
小泉さんは私達凡人とは発想そのものが違うのです!
小泉さんの脳内にあるものは「ラーメン」だけなのです! (笑)

そして小泉さんはその山頂の山小屋の食堂に入り、そこでしていた事は言うまでもなく、
「山の頂上でしか味合う事の出来ない美味しいラーメンを食べる事」なのでした~!!



a25d28f3-s_convert_20180813180452.jpg

232acb0c-s_convert_20180813180050.jpg



いや~、とにかくこの域にまで達すれば小泉さんの「ラーメン愛」も極まった・・としか言いようがないですね~(笑)

ここでおいしそうにラーメンを食べる小泉さんの表情は恍惚とかうっとり・・というものをとっくに超越し、
そこにあるのは「すてきなラーメンの女神様!」という感じなのかもしれないですね~!!

山登りという長時間の苦難に耐えた後の空腹にまみれた時に食べるラーメンというのは、小泉さんにとっても
更に別格のお味という事になるのでしょうね!

さてさて、私自身も一度だけ小泉さんのように山登りをしてそこで食べたラーメンの美味しさに感動した経験が
あったりもします。
1988年と言うと私自身がとある金融機関の行員として社会人デビューを果たした年でもあるのですけど、
この年の10月に新入行員は全員約一週間に渡る「自衛隊体験入隊合宿」に強制的に参加させられ、
入隊体験といっても、連日連日朝から晩までひたすら規律と行軍訓練とランニングと号令掛け声ばかりをさせられ、
本当に体力的にも気持ちの上でも相当追い詰められた・・みたいな感じでもありました。
その位体力的にはきつかったです。
おまけに、陸上自衛隊の体験入隊の場合、二日に一度は「深夜見回り訓練」といって夜中に交代交代で
見回り警護当番をさせられ、体は限界まで疲れているのに中々熟睡が出来ないという状態が続き、
結構ヘロヘロ状態だったと思います。

そんな中、体験入隊の最終日には早朝二時に起きて「夜間行軍」という山の中での歩行訓練を延々10時間以上
させられ、あの夜間の山中での夜間行軍が完了するとそのまま体験入隊が完了するというものでした。
あの夜間行軍は相当厳しいものがあり、事前に「この行軍では毎年毎年3割程度の途中脱落者が出るよ・・」と警告されていて
実際私たちの代でも2割以上の途中脱落者が出ていました。
(途中脱落者は首に「脱落者」というカードを下げられ、自衛隊のトラックに乗せられそのまんま演習場に逆戻りという
感じでもありました・・あれはかなり格好悪かったですね・・汗・め)
私自身あの夜間行軍を最後まで付いていく事ができて無事にゴールできたことは当時はとても嬉しかったものでした!
そしてその夜間行軍が完了し、体験入隊完了書と夜間行軍をゴール出来た人だけが与えられる行軍完了書が授与されて、
最後は自衛隊の幌付きトラックに乗せられ、駅まで送り届けて貰った時点でこの体験入隊が完了したものでした!
そして帰りの電車到着までの時間で駅前にあったラーメン店で食べたあのラーメンの味は、
多分ですけど、小泉さんが筑波山の山頂に到着し山小屋で食べたラーメンの味と似たようなものがあるのかもしれないです!

そのくらいあの体力的に限界を極めた後に食べるラーメンの美味しさは格別でした~!!

自衛隊体験入隊で一番面白かったのは入浴です。
自衛隊の浴槽はとても深くて座る事は出来ず全員立っての入浴というのは忘れられないですね・・
印象的だったのは、自衛の売店に普通にエッチな本が結構売られていた事なのかもしれないです・・(汗・・)

あの一週間はひたすら「走る・歩行訓練・号列・規律・体力トレーニング」の日々でした。
最終日の夜間行軍以外でいっちば~ん!きつかったのが、土嚢をかついで10メートルダッシュだったと思います。
あれは本当に腰が抜けるぐらいのヘロヘロ感がありました。

思うのですが、人間と言うものは体力的に限界の日々が続くと何が一番の楽しみかと言うと
やはり「食べる事」になってしまうと思うのです。
この期間中はとにかく体力を消耗する日々でしたのでお腹ばかりが空いていました。
この体験入隊中は、我ながら良く食べたという感想です。
とにかく「食べる事」しか楽しみがなかったし、ひたすら「空腹」でした。
でも自衛隊の食事って、全然まずくないというかとても美味しかったのは印象的です~!
何よりも量が多いのはさすが自衛隊!という感じでもありました!

あの期間中は私を含めて周りの人達も丼三杯は当たり前という感覚でもありました。

この体験入隊が終わって普通の生活に戻った時は、むしろこの「普通の生活」を
取り戻すのに何か少々時間がかかってしまったのは何か妙なものでした。
小田急線を乗り継ぎ新宿駅に着いて解散となった時、マクドナルドや吉野家の看板を見て
「あー、やっと俗世間に戻ってきた」と何か感慨深いものはありましたけど、
出発前に食べたあのラーメンの味は格別でしたね~!

小泉さんがもっと究極においしいラーメンを食べたい!と思うのならば、小泉さんが自衛隊に一週間体験入隊をされ、
最終日に夜間山中行軍を行い、それが終わった後にラーメンを食べるというのが
もしかしたらいっちば~ん!なのかもしれないですね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

新入社員の自衛隊体験入隊が流行った時期がありましたね。
これで根性が鍛えられると 会社側は思ったのでしょうか?
読んでいて 一週間もよく頑張れたと思いました。
貴重な体験でしたね。

なんか、一瞬、自分たちイベントカメラマンとかぶるところがあるように思いました(笑)撮りたいチームさんがいると、それを追いかけてどこまで(笑)やっぱりラーメンであれ何であれ、自分の欲するところは人間困難を乗り越えてでも手に入れにいってしまうものなのですね^^;

文化の違い?

ラーメンの食べ方!
小泉さんの食べ方が見ていても一番好きですv
フランス人の食べ方は、スープをメインに、麺はつまみ的な…
そんな感じで、先にスープをすべて飲み干してしまう人を多く見かけます;;

食に関して頑張れたというより仕方なかったことならありますよー。
10日間の絶食かな~これが限界でした(苦笑
「自衛隊体験入隊合宿」拝読しましたが厳しい!!
日本は「戦争をしない国として」ではなく、もう一段皆で上にあがって、
世界の平和を構築するリーダーとして生きる道が
あるのではないかと、ひそかに期待している私です(話が逸れてしまいましたね)
それでは、また。

自衛隊体験入隊

tugumi365 様


当時はバブル真っ盛りの時代でもありましたので、企業もそうした無駄な(笑・・)出費が出来るゆとりが
あったと言えるのかもしれないですね。
ご指摘の通り、別にあの自衛隊体験入隊により、心が入れ替えられるとか根性が付くという感じではありませんし、
とにかく体力的にきつかった~!という印象しかないですね~

当時はまだ完全週休二日は定着していませんでしたので、戻ってきた次の日の土曜は普通通り出勤でしたけど、
とにかく全身が痛くて一日ボーーッとしていて、当時の支店長からも
「全然効果ないじゃん!」と皮肉たっぷりに言われていたのは印象的です。

小泉さんもカラス様も本質は同じ・・!?

八咫烏(全力稼働中) 様


カラス様も小泉さんももしかしたら似た者同士なのかもしれないですね~(笑)

小泉さん→どうして山に登るのか? →そこにおいしいラーメンがあるから

カラス様→どうして写真を撮るのか? →そこによさこいがあるから

という感じなのかもしれないですね~!

ラーメンは麺とスープのすてきな融合

なつみ 様


フランス人の食べ方は、スープをメインに、麺はつまみ的な…

→このあたりはなんとなくよくわかる気がします。

諸外国の文化ですと、麺は麺、スープはスープという事で両者を切り離して考えがちというのは、
食事をコースと考え、前菜・スープ・メイン・デザートと考える欧米の文化となんとなく合致しているようにも
感じられますね。

日本というか・・小泉さんの場合は、ラーメン自体を一つの日本の文化と考え、麺とスープが融合した一つの料理と
考えているのが食べ方の違いとして表れているのかもしれないです。

自衛隊体験入隊というのはバブルの金満時代の日本だからこそできた一つの余裕と言えるのかもしれないですね・・
今現在はどの企業も新入社員研修にそこまでお金も余裕も無いのかも
しれないですね。
世界で唯一の被爆国という事をもう少し世界にPRして、被爆国だからこそ提言できる核のない世界の実現への提言を
本来はすべきなのだと思いますけど、それが出来ないのは大人の事情とか他国への配慮というものなのかも
しれないですね。



こんばんは♪

自衛隊体験入隊ってあるのですね!
私だったら1日も持たなさそう(笑)。
立って入浴するのは知らなかったです。
身体の疲れが取れるんでしょうか?( *´艸`)

こんばんは。

どうして山に登るのか? そこに山があるから。

ではどうして駅に行くのか? そこに「何か」があるから。
その「何か」を探すために町の町史を読んだり戦前の古い本に目を通したり郷土資料館に行ったり。。。

体験入隊のように体力勝負ということはありませんが、目的があって何かをするという行為が「生き方」なのかなと思いました。

自衛隊体験入隊

ふたごパンダ 様


自衛隊体験入隊合宿は当時のバブルの産物なのかもしれないですけど、経験者としては
「とにかくきつかった!」という印象しかないです・・

自衛隊の入浴は当時の規定は「一人15分以内」という事もあり慌ただしくとてものんびり出来るという雰囲気では
なかったですね。
浴槽全体に巨大ジェット噴流が備わっていて、立っていても押し流されるという感じでしたね・・

そこに〇〇があるから・・

冬音 様


「ラーメン大好き 小泉さん」の小泉さんも冬音様も、もしかしたらどこかですてきな共通点があるのかも
しれないですね。

小泉さん→どうして山に登るのか? 美味しいラーメンがそこにあるから

冬音様→どうして駅を訪れるのか? 駅や街の過去の歴史を知りたいという知的好奇心があるから

そうした「何かを知りたい、究めたい」というのはご指摘の通り、人にとってはそれが「生きるチカラ」に
なっているのだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |