FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


改めて第15回の「ドキドキ」を見てみると
ありすの大人っぽさが際立っています。
通常のパターンですと、ダビィのように「真琴に辛く当たる大人のベテラン女優が憎たらしい」
みたいな展開⇒そのままジコチューへと変容という事になってしまうものですが、
やはりこの若さで企業の役員会にてテキパキと指示を出すありすは違います。
大人の視線から、真琴の問題点やどうするべきなのかを提示しているのは
さすがとしかいいようがありません。
一体何なのだ・・
この優秀な黄色プリキュアは・・・
昨年までのじゃんけんをする泣き虫黄色プリキュアとはエラい違いだ・・・

プリキュア6の場合、個人的見解ですが、
メンバーの中で最も大きな成長を果たしたのは、実はのぞみではなくてかれんさんだと思っています。
同様に、今回のドキドキの場合、
主人公は言うまでもなくマナなのですけど、
物語の中で、最も大きな成長と大きな果実を示してくれそうなのは、真琴のような気がします。

まこぴーの場合、異次元出身という事で、確かに色々と学ぶ事は多いのでしょうけど、
それ以上に、
仲間との信頼関係・今回の女優さんからの「厳しい中にも愛が満ち溢れている」アドバイスと交流
など多くの経験と出会いが、更にまこぴー自身の成長が期待できるような気がします。
真琴の視線から物語を見てみると、確かに「成長」というキーワードが見出せそうな気が
します。





さてさて問題はレジーナです。
恐らくは「5人目のプリキュア」になるのかもしれませんけど、
問題はその動機です。
満と薫、イースの場合
「友達と偽ってプリキュアに接近したら、本当に友達になってしまい
 今更プリキュアと戦うことが出来ないし、自分自身の本当の気持ちをこれ以上偽る事が
 出来ない」というのが動機でしたし、
エレンの場合は、元々の位置づけが妖精系でしたので、変遷の末、元の鞘に収まったというのが
動機なのでしょう。
そうなると、レジーナがプリキュアになる動機と必然性はどこにあるのか・・・??
現時点ではまだ材料に乏しいし、不明な点が多いので
まずはじっくりとみていくしかないと思います。
そうなると、親父との関係とか葛藤とかそうした問題は出てくるのかな・・・?

まずはレジーナは次回はマナに接近するみたいですが、
そうなると六花さんの立場はどうなるのかな・・???
真琴の時のように、またまた「焼きもち妬き六花さん」の登場・・??
それとも正妻の座争いの激化・・??
最終的には、マナハーレム状態の出現??

真琴の成長性と合わせて、こちらもしばらくは目が離せそうもありません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/446-f766eda4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |