FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


クラシック音楽を主要な音源カテゴリとしている「ナクソスレーベル」は、設立当時は「安かろう悪かろう」という
イメージも決して無くもなかったのですけど、その背景にあるのは
無名でも実力のある演奏家や管弦楽団を起用することで価格を低く抑えることを志したという大変良心的なものが
あったと思います。
グラモフォン・EMI・シャンドスなとの大手レーベルが運命・未完成・新世界などといった一部の超有名曲の知名度に
頼りきっていた状況にあったのに対し、
ナクソスは知名度は低くマイナーな曲であっても良質な曲であれば積極的に取り上げ、
マイナーな作曲家の曲を取り上げたという意義は大変大きなものがあったと思います。
そして録音コストを抑えるために、例えばベルリンフィル・ウィーンフィル・ニューヨークフィル等の世界の超一流管弦楽団や
大変知名度と実績が大きい超有名指揮者に録音を依頼せず、
「こんな管弦楽団があったんだ・・!」みたいな感じで、マイナーで知名度がほとんどないけど演奏に関しては評判の良い
指揮者と管弦楽団を抜擢し、多くの演奏を録音し、録音コストを抑える事で、
初期の頃はCD一枚680円という従来のクラシック音楽の常識を打破し、
(基本的には輸入盤クラシック音楽のCDは一枚2000円程度、国内盤は2500~3000円程度する事が多いです)
良心的な価格でしかも演奏はかなりレヴェルが高いという事で、クラシック音楽界に新しい風を吹き込んでいたものでした。
初期の頃は演奏や録音に関して一部にかなりの質のばらつきが見られ、
「安かろう悪かろう」というイメージがあったものの、
レーベル創設から十数年が経過した現在では、そういった懸念もほぼ払拭されているといっても過言ではないと思います。
私自身もこのナクソスレーベルのCDはかなりの枚数を持っていますし、特に「邦人作品集」には
「よくぞこんな知る人ぞ知る邦人作品を録音してくれた!」と感謝の気持ちで一杯だったりもします。

さすがに最近では一枚680円という初期の価格を維持する事は難しいようで、現状は一枚1000~1200円程度です。

だけどあの良心的な内容でこの価格は本当に素晴らしいものがあると思いますし、大手も見習ってほしいものです!

そして近年では、お堅いクラシック音楽というイメージを打破してみよう・・みたいな面白い企画も色々としていて、
その中の一つがアニメ作品とコラボした「魔法革命プロコフィエフ」・「幻想魔神ハチャトゥリアン」・
「交響戦艦ショスタコーヴィッチ」という交響戦艦シリーズでした!



NYCC-27269_convert_20151026201057.jpg



「魔法革命プロコフィエフ」は、アニメ作品の美少女ヒロインとクラシック音楽を融合させたすてきなCDです!

このCDのコンセプトは、クラシックのミラクルパワーで「魔法少女」に大変身!?
交響戦艦シリーズ待望の”ヒロイン編”ついに登場!!という事でクラシック音楽とアニメのコラボ企画商品と
言えるのだと思います。

CDの紹介文として、
「いっけな~い!ちこくちこく~!」ドジで平凡なヒロインが、クラシック音楽のミラクルパワーで
「魔法少女」に大変身!?
学園、敵、変身、必殺技 、涙、友情など、少女アニメの「お約束シーン」を
イメージさせるキラキラでファンタジックな名曲をお届け。
Twitterで大反響を巻き起こしたヒットアルバム「交響戦艦ショスタコーヴィチ」
「幻想魔神ハチャトゥリアン」に次ぐ待望の第3弾!
とありますけど、まさにその通り!!という感じですね・・・

このCDに果たしてどんな曲が収録されているかと言うと
アニソンとかプリキュアの過去のOPとかEDが収録されている訳ではなくて
クラシック音楽の曲、特にロシア系の曲をメインに構成されている普通のクラシック音楽のCDです。
確かに収録されている曲は、ファンタジー系の感じな曲が多いですね。

収録されている曲目は

1.バレエ音楽「ロミオとジュリエット」 Op.64 – 導入曲<プロコフィエフ>

2.バレエ音楽「魔法の鍋」 P129 – コサックの踊り<レスピーギ>

3.「子供の魔法の杖」組曲第1番 – 序曲<エルガー>

4.鐘の歌<アンダーソン>

5.バレエ音楽「シンデレラ」組曲第1番 Op.107 – 真夜中<プロコフィエフ>

6.バレエ音楽「火の鳥」 – 火の鳥の出現~カスチェイ王の魔の踊り<ストラヴィンスキー>

7.バレエ音楽「くるみ割り人形」 Op.71 – こんぺいとうの踊り<チャイコフスキー>

8.レクイエム – サンクトゥス<ラター>

9.交響詩「人魚姫」 – 第2楽章( 抜粋)<ツェムリンスキー>

10.フルート協奏曲 ト短調 「夜」 Op.10 No.2 RV439 – 第6楽章<ヴィヴァルディ>

11.バレ エ音楽「シンデレラ」組曲第1番 Op.107 – シンデレラのワルツ<プロコフィエフ>

12.交響詩「魔法使いの弟子」<デュカス>

13.ヴァイオリ ン・ソナタ第3番 ハ短調 Op.45 – 第2楽章<グリーグ>

14.ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26 – 第1楽章<プロコフィエフ>

15.バレエ音楽「四季」 Op.67 – XV. 秋(アレグロ)<グラズノフ>

16.バレエ音楽「くるみ割り人形」 Op.71 – 花のワルツ<チャイコフスキー>

17.バレエ音楽「ロミオとジュリエット」 Op.64 – 終曲<プロコフィエフ>

私自身は、2・4・8・13の曲は知りませんし聴いた事がないです。
「シンデレラ」・「火の鳥」・「くるみ割り人形」の音楽は、魔法とか魔法少女をイメージしたCDとしてはもってこいの曲だと思います。
それにしても、ツィムリンスキーの交響詩「マーメイド」はとっても渋い選曲だと思います。

全体的には魔法少女とか夢見る少女という雰囲気は的確に伝えていると感じられます。
(特にプロコフィエフのシンデレラとロメオとジュリエットにそうした傾向が強いと思います)

「幻想魔神ハチャトゥリアン」も上記の「魔法革命プロコフィエフ」と同様に
ナクソスレーベルより発売された「交響戦艦シリーズ」の企画モノです。
(ちなみに本記事においては、「ヒーロー」をモチーフにした「交響戦艦ショスタコーヴィッチ」は、当ブログの管理人は
アニメ作品・漫画はすてきな美少女が登場しないとほとんど見ないという事もあり、ここでは登場いたしません・・汗)
「魔法革命プロコフィエフ」の方は、「魔法少女」をイメージしたものですけど
こちらの「幻想魔神ハチャトゥーリアン」の方は、ヒーロー・ヒロインではなくて
「ダークヒーロー・ダークヒロイン」をテーマにした企画商品である所が大変面白いと思います。

このCDの紹介文として
「前作では、悪と闘うシーンから勝利を喜ぶ凱旋のシーンまで、
ヒーローアニメのさまざまな場面を彷彿とさせるクラシックを、サウンドトラック風に編成して収録いたしました。
続く本作のテーマは「ダークヒーロー」。「かっこいい悪役」をイメージさせる
ハードな曲調のクラシックを厳選して収録しています」と表記されていますけど
これは何となく分かったような分からんような・・・・??

全体的には、豪快さ・・金管楽器がバリバリと轟音を立ててオーケストラをかき鳴らしている曲が満載という感じが
大変強い収録曲だと思います。



鬲比ココ_convert_20151103164224



このCDに収録されている曲ですけど

1.カバレフスキー: 組曲「道化師」 Op. 26 – パントマイム

2.プロコフィエフ: バレエ音楽「ロミオとジュリエット」 Op.64 – モンタギュー家とキャピュレット家

3.ハチャトゥリアン: バレエ音楽「ガイーヌ」 – 山岳人の踊り

4.ショスタコーヴィチ: 交響曲第10番 ホ短調 Op.93 – 第2楽章

5.ハチャトゥリアン: バレエ音楽「スパルタクス」 – ギリシャ奴隷の踊り

6.ウォルトン: 管弦楽のためのパルティータ – I. トッカータ

7.ボエルマン: ゴシック組曲(抜粋)

8.ハチャトゥリアン: 仮面舞踏会 – ワルツ

9.伝承曲: 速いチャルダーシュ

10.ハチャトゥリアン: 舞踏組曲 – レズギンカ

11.モーツァルト: 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 K.527 – 地獄落ちの場面

12.ムソルグスキー: 交響詩「禿山の一夜」(原典版)

13.ブラームス: 弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調 Op.18 – 第2楽章(抜粋)

14.レスピーギ: 交響詩「ローマの祭り」 – チルチェンチェス

15.リスト: 死の舞踏 S126/R457(抜粋)

16.ベルリオーズ: 幻想交響曲 Op.14 – V. ワルプルギス(サバト)の夜の夢(抜粋)

17.ショスタコーヴィチ: 組曲「馬あぶ」 Op.97a – 序曲

18.フィンジ: 前奏曲

7と9と18は、今まで聴いた事がありません・・
16の「幻想交響曲」~ワルプルギスの夜の夢と15の死の舞踏は
どちらかというと「魔法少女」の方がイメージ゜が近いのかもしれないですね・・
この「ダークヒーロー」というタイトルに最も相応しい曲と言うと
私としては、4のショスタコーヴィッチの交響曲第10番第二楽章だと思います。
この楽章は、元々、ショスタコーヴィッチが生前大嫌いで大嫌いで仕方なくゴキブリのように忌み嫌っていた
当時のソ連の独裁的指導者・スターリンをイメージにした曲であり
まさしく「ダーク―ヒーロー」そのまんま・・という感じなのかもしれないですね。
ダークヒーローの「格好よさ」を歌い上げた曲としては、ウォルトンのパルティ―タとレスピーギのローマの祭りが
イメージに合っていると思います。
ヒーロー戦隊としては・・ハチャトゥリアンの「レスギンカ舞曲」がいかにも戦う戦車軍団みたいな香りもあり
すてきな選曲だと思います。

だけど私としてはヒーローかダークヒーローというのは別にどうでもいいです・・(汗)

やっぱり、ヒロインの方が好きです!!

今回は「ダークヒーロー」をテーマにした曲ですけど、「ダークヒロイン」と言うとどんなキャラがイメージに合うでしょうか?
プリキュアで言うダークヒロインと言うと、これまでたくさんのキャラが登場していましたけど、印象的なのは
ハートキャッチプリキュアの「ダークプリキュア」だと思います。
それとプリキュア5の映画で登場した「ダークドリーム」も捨て難いものがあります。

この「ダークプリキュア」に何となく相応しい曲と言うと、このCDでは12番目の曲として収録されている
ムソルグスキー/交響詩「はげ山の一夜」(原典版)だと思います。

中学生の時、音楽の授業ではよく「音楽鑑賞」とかいって
名曲と呼ばれるクラシック音楽を全員でレコード鑑賞するという事もしばしば行われていた記憶があります。
ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」とか、シューベルトの「ます」とか
ヴィヴァルディの「四季~春」とかドヴォルザークの「新世界」とか色々聞かされていました。
私自身の出身中学はど田舎のアホ中学校出身で、生徒も私を含めてポンコツさんばかりでしたので
音楽の時間に、こんなウルトラメジャーなクラシックの名曲を聴かされてもほとんどの生徒達は「爆睡」状態でした・・

そんな中、生徒全員が目を輝かせてというか、それ程爆睡しないで
真剣に聴いていた曲が二つほどありました。
一つがシューベルトの「魔王」で、もう一つがムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」でした。
「魔王」は、当時の中学生として「魔王」というタイトルが斬新だった事とドイツ語の発音が
新鮮だったためと考えられますが
「はげ山の一夜」は少し意外な感じもします。今にして思うとイメージのしやすさがその要因なのかもしれないです。
精霊・妖怪・化物達が一晩だけ踊り狂うという曲が一般の生徒達にも受け入れやすかったし
各テーマがはっきりとその場面を明確に表現しているので、音楽として「非常に伝わりやすかった」のだと思います。
そして最後のフルートソロの美しい音楽もそれを支えるハープの伴奏も夜明けを確実に提示していましたので、
それもまた大変分り易かったのだと思います。

だけど私自身、数年後とんでもない事実を知ることになります。

交響詩「はげ山の一夜」しムソルグスキー作曲となっていますが、
今現在知られている形としての真の作曲家は、リムスキー=コルサコフだと思います。
ムソルグスキーはこの曲のオリジナルを色々な変遷はありましたけど
一応オーケストレーションまで完了していたもののあまりにも奇怪で悪趣味な響きの連続のため
誰も演奏してくれず長い間お蔵入り状態になっていました。
そして後日、リムスキー=コルサコフがこの未熟で奇怪な曲に色々と修正を加えて、今日演奏される形として
この世に出してくれたのです。
この曲の原曲を初めて聴いた時は、正直驚きました。
だって、確かに主要メロディの残骸は曲として残っているものの
世間一般に知られている「はげ山の一夜」とは全く異なるものでした!
おまけに、夜明け部分のフルートソロ部分も原曲には存在せず、あの部分は完全にリムスキー=コルサコフの
創作でもありました。
原曲は、「おどろおどろしさ」満載の曲で、どちらかというとストラヴィンスキーの「春の祭典」に近いような感覚を覚えます。
結局世間一般にムソルグスキー作曲と知られる「はげ山の一夜」はコルサコフの「編曲」という
名の下の「創作」と言えるのかもしれないです。

原典版のドロドロさは本当に半端無いです!!

あの感覚はハートキャッチプリキュアの「ダークプリキュア」に相応しいものがあると思います。



830acdcb_convert_20151103164258.jpg

6559d4e3_convert_20151103164336.jpg


ハートキャッチの「ダークプリキュア」の存在感の強さは本当にすさまじいものがありましたね!!

個人的には第10話での圧倒的な力の差を見せつけ
ブロッサムとマリンを「未熟なプリキュア」とバッサリ切り捨てたあのシーンが印象的ですし
序盤の第10話の段階で
ふたりのプリキュアに敗北と屈辱を味あわせたダークプリキュアの存在感は本当に素晴らしかったです!!


b3d4c53c_convert_20140902191934.jpg



だけど私的に歴代プリキュアでいっちば~ん!のダークヒロインというとハピネスチャージのアンラブリーに尽きると思います!
(厳密には男の娘ですけど・・汗・・)

第30話におけるアンラブリー=ファントムのラブリーに対する精神攻撃は実にえぐかったですね・・・(泣・・)
第30話をリアルタイムで見ていた小さい子供さんたちはあれを見て
「プリキュアってこわい・・」とか感じなかったのかな・・??

「ドジで勉強も出来なくて、将来の夢も決まっていない」

「人助けをしても逆に迷惑ばかり掛けてしまう。今だって、こんなに悪い私を倒す事すら出来ないでいる」

「めぐみは本当は弱い子・・」

この辺りは、見ていても痛々しかったですし、ダークヒロインに相応しかったです!

そしてなによりもアンラブリーのあの絶対領域は素晴らしかったです!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |