FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


今年のこの酷暑は既に異常気象すらも超越し、気象庁の発表のように「天災」というレヴェルなのかもしれないですね。

まだ当面は残暑と蒸し暑さは続くのかもしれないですけど、古くから「暑さ寒さも彼岸まで」と言っていますので
あと一か月この暑さを我慢すると、季節はいつの間にか「秋」に向かうのかもしれないですし、
秋が来るとまたまた寒い季節がやってきて一年はあっと言う間に過ぎていくのでしょうね。

夏の暑さなのですけど、さすがに「クールジャパン!」のご先祖さま達は、
「気分だけでも涼しくしないとやってられない!」みたいな気持があったかどうかは定かではありませんけど、
見ただけで、その音を聞いただけで多少は「冷涼感」を演出してしまう粋な小道具をはるか昔から
作り上げていた「昔の知恵」は、「さすがだな・・!」と感じるものが多々あったりもしますね。

その一つが風鈴とかビードロなのかな・・・?

風鈴のあの「ちりんちりん・・」という音やビードロの涼しそうなのだけどなんとなく儚いあの音は
瞬間的に「暑さ」を忘れさせてくれるすてきなアイテムだと思います。
他には、ブタの置物みたいな蚊取り線香の置物とかすだとか縁側とかラムネとか冷たい麦茶とか
うちわとか扇子などもり夏の暑さを瞬間的に忘れさせてくれるすてきな夏の小道具というのか「夏の風物詩」
みたいなものなのかもしれないですね。

こうしたすてきな夏の風物詩としての小道具に触れ合うと「あーーー! なんか日本人に生まれてきてよかったぁーー!!」と
感じたりもしそうですね・・(笑)

ちなみにですけど、風鈴の音色は本来は「魔除け」との事で、ビードロの音色も一年の厄を払うものという事です。



ビードロ



「ビードロ」なんて若い世代の皆様にとってはもしかして「死語の世界」になっているのかな・・・?

そう言えばビードロ自体最近あまり見かけなくなったような気もしますね。

私が子供の頃は、どの家にも風鈴やビードロとか万華鏡のおもちゃは置いてあったような気もしますし、
一戸建ての家には縁側が設置されていて、縁側の上に風鈴が吊るされていたり、はたまた縁側に蚊取り線香のブタの置物が
置かれていたような気もしますし、縁側に繋がる小さな庭には、水の入ったたらいが置かれていて、
たらいの中にはすいかがあったりしたものです。
というか最近の若い皆様の中には、縁側とかたらいとか万華鏡という言葉すら死語の世界として捉えている方も
多いように感じられるのは、これも一つの時代の流れなのかもしれないですね・・(汗)

この「ビードロ」ですけど、首の細いフラスコのような形をしていて、底が薄くなっていて、
長い管状の首の部分を口にくわえて息を出し入れすると気圧差とガラスの弾力によって
底がへこんだり出っ張ったりして、あの涼しい音を出しています。
基本的にはおもちゃなのですけど、旧正月などで厄払いの願いをこめて吹くこともあるとの事です。

さてさて、東方Projectには、公式書籍の一つとして射命丸文をメインとした「東方文化帖」があるのですけど、
この中のアンソロジー漫画の一つとして比良坂先生による「東方幻想曲」というショート漫画が掲載されています。

この「東方幻想曲」に登場してくるゆかりんは、現在の「三月精」に登場してくるゆかりんとほぼ同じなのですけど、
幻想曲のゆかりんには、東方儚月抄等で見られたゆかりんのあの圧倒的存在感とか威厳とか策略家みたいな
雰囲気はあんまり感じられません。
どちらかというと霊夢を静かに優しく見守るような母親というのか保護者みたいな雰囲気の方が強いですし、
とっても可愛らしく感じられます!



CIMG9893_convert_20160811160507.jpg



霊夢が風鈴を物置から出してその涼しい音に夏の風情を感じていた時に、
「スキマ妖怪」に相応しく唐突に博麗神社の境内の縁側にゆかりん=八雲紫様が出没され、
「風鈴とは風の流れを感じるもの・・・これぞまそに風流」と涼しげに言うゆかりんに対して
霊夢の「本来、風鈴の音は魔除けなのに、あんたが逆に寄ってきたら意味ないじゃん」とツッコミが入り
「そりゃ、そうだ・・」というゆかりんがとってもかわいかったです!
こういう霊夢とゆかりんは、普段の博麗神社の巫女さんとそのすてきな保護者という関係性ではなくて
普通の仲の良いちょっと年の離れた? (汗・・)姉妹のように見えてしまいますね~

こういうゆかりんは、後年天子ちゃんをフルボコにしたゆかりんと同一人物とは全く思えないですし、
「東方儚月抄」において永琳を唯一のターゲットにしたあの一連の策略振りとは
全く無縁の御方に見えてしまうから面白いものです。



CIMG9891_convert_20160811160435.jpg



風鈴を探している際に「ビードロ」も見つけた霊夢なのですけど、
「ビードロの音色は一年の厄を払うもの」・「風鈴にビードロとはまさに縁」というゆかりんがとっても風流です。
ゆかりんは本来は妖怪ですので、風鈴・ビードロによってお祓いをされるべき存在なのですけど、
ゆかりんがあまりにもかわいいのでそのあたりは、ルーミアのように「そーなのかー」と流しておいてあげましょうね・・(笑)

「ビードロの音色を聞かせてちょうだい」というゆかりんとビードロを吹く霊夢と
それをうっとりとした表情で聞くゆかりんは、幻想郷の素敵すぎるダブルヒロイン!!という感じですね~!



CIMG9895_convert_20160811160606.jpg



霊夢の「風鈴もビードロも風の流れる音も虫の鳴き声も、全てが一体となって音楽を奏でていく」とか
「ねえ、ゆかり・・・、いつかこの音色そえも全て幻想のものになってしまうのかしら」という表情は、
少なくとも、いつものあの怠け者巫女とか無双巫女みたいな霊夢ではないですよね・・

こういう霊夢もたまにはすてきです!!

ラストの「暑さしのぎに冷酒はいかが?」というゆかりんもとってもかわいかったです!

霊夢は多分まだ10代の少女なのですけど、10代の巫女さんに普通にお酒を勧めるというのも、常識に囚われてはいけない
幻想郷らしい話でもありますね。

たまにはこうした幻想的な霊夢とゆかりんもとってもすてきですね!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ビードロ、最近は全然聞きませんでした。東方のキャラたちは、こういった小物を手に持っているとなぜかすごく映えますね。セリフも実にかっこいい。風流の極みですね。

その後のシーンは・・(笑)

八咫烏(全力稼働中) 様


ゆかりんと霊夢の会話は粋なものがありますよね~

このシーンの続きとして、ゆかりんはスキマから日本酒を出して霊夢と昼間から一杯やっていますので、
やはり幻想郷の常識は半端ないものがありそうですね~!

暑さ盛りに屋台が立ち並ぶ日本の夏祭りの風景。
人が大勢集まって暑いはずなのに、何となく涼しく感じられるのは夜店の風鈴の音色のせいでしょうかね。

すてきな日本の夏の風物詩

sado jo 様


風鈴やビードロのあの涼しい音や蚊取り線香のブタの置物やラムネとか縁日の屋台や盆踊りというものは
日本の夏のすてきな風物詩だと思いますし、
美しい日本の風景なのだと思います。

こうしたすてきな伝統は忘れることなく子孫にまで受け継いでいってほしいものですね。

こんばんは♪

ビードロ素敵~。
ピンクがカワ(・∀・)イイ!!
今はあまり見ないけど
こういう日本の伝統がこれからも
残っていってほしいですね♪

ビードロ

ふたごパンダ 様


風鈴やビードロが忘れられていくような日本にはなってほしくないなぁ・・と
思ったりもします。
すてきなものはいつまでもずっと受け継がれていって欲しいものです!

あの清楚な音は夏の涼しげな風物詩の音だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |