FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


当たり前の話ですが、この時代はパソコン・スマートフォンは勿論の事、
携帯電話すら世に出ていない時代でした。
自分の印象としては、携帯が普及し始めたのは1995年頃だったような気がします。
大体1994年頃までは、会社への定時連絡は、公衆電話を利用してという感じでしたし、
場合によってはポケベルを持たされる程度でした。
今にして思うとこの時代は良かったですよね。
だって、一旦朝会社を出てしまうと、顧客とかクレーマーとかうるさい上司からは
とりあえず夕方までは解放されますから・・・
現在何て、何かあるとすぐ携帯が鳴ったり、メールが入りますからね・・
ホント、おちおち息抜きもできない何か「せわしい時代」という感じです。
その点、この当時はバブルの絶頂期という事で、確かに死ぬほど働かされましたけど、
どこかのんびりしていたのは、携帯やメールがないからなのかもしれませんよね。

だけど、当時女の子に連絡する場合、どうしていたのかな・・・
高校時代もそうでしたけど、相手の女の子の実家の固定電話に電話するのは
結構「ドキドキ」でしたよね・・・
それがまた古典的で良いのかもしれませんけどね・・・


〇習志野高校

 前にも書いた事がありますが、個人的には課題曲A「風と炎の踊り」は好きな曲では
 ありません。むしろ嫌いな曲です。
 だけど、この習志野高校の課題曲Aを聴くと、そうした印象はかなり変化します。
 何て言うのかな、音色を最優先に考え、美しいサウンドを日常的に作ろうとしているチームは、
 音楽自体もそれなりに説得力を持つ事のお手本となるような素晴らしい演奏でした。
 同じ事は、1987年の課題曲B「渚スコープ」にも言えるのかもしれませんけどね。
 とにかく出だしの「ひそやかさ」はこのチームならではの気品さに満ち溢れ、
 出だしを聴いただけでゾクゾクッとしたものです。
 ffになっても全然音が割れず、美しい響きが継続されているのは驚異の一言です。
 自由曲の「交響三章」第三楽章も圧倒的歴史的名演だと思います。
 この曲は、自分にとってのNO.1の名演は、1980年の秋田南高校なのですが、
 (96年の常総学院も悪くはない・・)
 この年の習志野も勝るとも劣らない素晴らしい演奏を聴かせてくれています。
 秋田南との相違点として、前半のチューバのリズムの低音の充実感、後半のアレグロの
 トムトムの甲高いややヒステリックな響きなどが感じ取れます。
 秋田南は、これは一つの「宇宙」という感じもするくらい鬼気迫る演奏なのですけど、
 習志野は、幾分感情をセーブした知的な演奏と言う雰囲気もあります。
 前半と後半の対比とか、サウンドの透明感と美しさ、とにかく素晴らしい演奏を聴かせてくれ、
 無事に淀川工業と並んで五年連続金賞の偉業を成し遂げてくれました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/444-a36e8a6e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |