FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3b63afa0-s_convert_20180803170324.jpg



「ラーメン大好き 小泉さん」の偉大な点は、食べ物に関しては相当好き嫌いの激しい私自身の嗜好も変えさせてしまった!
という事もあるのかもしれないですね・・(笑)
私自身「ラーメン大好き 小泉さん」を視聴する前までは、どちらかというとラーメンのスープの表面に油が
ギトギト浮いているようなこってり系のラーメンはちょっと苦手なものがありました。
「ラーメン大好き 小泉さん」第9話で登場し、小泉さんと中村美沙が一緒に対べていた「ホープ軒」等に代表されるような
背脂をふんだんに使用した濃厚で脂ギトギトのこってりラーメンは「あのギトギトは見るのもちょっと苦手なのかも・・」と
感じていたのですけど、
あの第9話に触発されて、私自身カップ麺としての背脂ラーメンを色々と食している内に
中村美沙同様に「背脂ラーメンって全然悪くないじゃん! というかこれ、めちゃくちゃおいしー! ふはー」と
なってしまったものです・・(笑)

「ラーメン大好き 小泉さん」恐るべしっ!という感じでもありますね~!

そうそう、背脂ラーメンの「背脂」とは何かというと、豚の背中の部分の脂肪のことです。
オレイン酸・リノール酸などを多く含みスープに溶けやすいということでラーメンには必須の材料でもあります。
そして背脂ラーメンとはスープの中にこの背脂をふんだんに使用し、スープの表面がギトギトに
脂が浮き上がっているラーメンを 示します。
また、別鍋で背脂を溶かしたものを仕上げにふりかけるラーメンも存在しますけど、これは「背脂チャッチャ系 」と
いわれるそうです。
この背脂チャッチャ系にはラーメン丼そのものにも背脂がふんだんに付いており、「ラーメン大好き小泉さん」第9話の中でも
小泉さんは美沙に対して「あ、器も脂でギトギトしてるので、触らないほうが…」と注意を呼びかけていました。

一言に背脂ラーメンと言ってもオールドスタイルからドロドロ系までその形は様々であり、
醤油ベース、豚骨ベースなど意外に統一性はないというのも地域の多様性ということなのかもしれないですね。

そんな訳で私自身は最近まで背脂ラーメン系というものは敬遠気味であったのですけど、
「ラーメン大好き小泉さん」第9話にて、あまりにも小泉さんが背脂でギトギトしまくっている背脂ラーメンをあまりにも美味しそうに
例のあの「ふはーー」を交えながら美沙と一緒に食べているのを見て
「そんなに背脂ラーメンというものはおいしいものなのか、美沙が言うように見た目ほどくどくないし実はさっぱりとした味なのか」
という事に興味を持ち、
今年の3月に一度、日清のラ王 背脂コク醤油をまずは試食させて頂き、その模様は3月の記事で既にレビュー済なのですが、
本記事は、日清のラ王 背脂コク醤油と同様にとっても美味しくマイルドなニュータッチ凄麺シリーズの中から
京都 背脂醤油味の方をレビューさせて頂き、合わせて「ラーメン大好き 小泉さん」第9話の背脂について簡単に
振り返りをさせて頂きたいと思います。

それにしても9話「背脂」の冒頭の小泉さんの (欲しい…欲しい…) や (欲しい…!) や (背脂が…欲しい!)
というセリフと眼差しは、あれは「恋する乙女の雰囲気」そのものだと感じました。
もっとも小泉さんが恋しているのは言うまでもなくラーメンですけどね・・(笑)



003_convert_20180803162359.jpg



京都の食といえば京料理が有名です。
京都のご当地ラーメンも、京料理のように上品であっさりしたラーメンが主流なのではないかな・・?というイメージも
ありそうですけど、意外にも濃いめの味付けが多いのが京都ラーメンの一つの特徴でもあるそうです。
このニュータッチの凄麺シリーズの「京都 背脂醤油味」というのもそうした濃い味というものがベースに
なっていると感じられます。

京都 背脂醤油味は京都いいとこマップの推奨品の一つであり、

1.背脂のコク、唐辛子の辛みが美味しいスープ
2.後入れねぎの風味が背脂と絶妙にマッチ

といった二点が大きな特徴なのだと思います。



004_convert_20180803162415.jpg


蓋をあけると麺以外では、液体スープ・かやく(メンマとチャーシュー)・後入れかやく(九条ネギ)が入っています。

ネギのボリュームはかなり多いです!

ネギが多いというのも京都ラーメンの一つの特徴のようですね。



006_convert_20180803162451.jpg



インスタントと言う事で脂自体は、街のラーメン店とかホープ軒等で実食するほどの脂ギトギト感は抑制していると
思われるのですけど、スープ自体の見た目は意外と脂分を抑制しているという感じでもありましたけど、
実食してみると、「ラーメン大好き小泉さん」において中村美沙が背脂ラーメンのおいしさに陥落したかのように、
私自身もニュータッチ 凄麺 京都背脂醤油味の意外とさっぱりとした美味しさに陥落したものでした!

見た目はほんの少し脂の浮いている量が多い醤油ラーメンっていう感じで、
脂が若干多めに入っていることで、濃い口醤油風味がマイルドになっている味と言えるのだと思います。
だけどマイルドといっても背脂系ですので、ガツン!というパンチが効いたという訳ではないものの、
「それなりに濃厚な味だね~」と感じさせるものはあると思います。
そして濃厚というよりは私的には少し「辛み」を感じたものでした。この辛みは唐辛子系の辛さなのかもしれないです。

背脂がこってりしている~!というものではなくて、少し脂の浮いている量が多い醤油ラーメンという感じだと
思いますし、中村美沙がうっとりとして食べていたようにツルツル~っと自然に喉を流れていくという
なめらかさが大きな魅力と言えるのだと思います。

前回のラ王もそうでしたけど、背脂イコールギトギトというイメージは捨てた方が宜しいのかもしれないですね。

そしてニュータッチのこの凄麺シリーズの麺はとてつもなく本格的で美味しく、あれはマルちゃん正麺の域に達していると
思いますし、スープとの絡みは理想的だと言えると思います!



46dfa8b6-s_convert_20180302174131.jpg

f43416c8-s_convert_20180302174208.jpg



「ラーメン大好き 小泉さん」第9話の「背脂」は、痩せる事を目標にダイエットに励み、ランニングに精を出している
中村美沙に焦点が当てられていました。

私、中村美沙! 16歳! 美少女女子高生!! 秋…、食欲の秋…、負けてたまるか! 減量減量!!

そんな感じで、減量に励んでいる美沙がいたものですけど、あんな華奢な印象のあるすてきなツインテ美少女の美沙が
減量なんてする必要もないように感じられるのですけどね・・
一日にラーメンを5~6杯も完食している小泉さんが表面上は特段減量とかダイエットをしている様子は皆無で
ある事を考えると、美沙の隠れた努力は泣けるものがありそうですね~

そしてランニング中に美沙が偶然にばったりと遭遇したのは、あの小泉さんだったのでした!

美沙 : (でも…最近の小泉は…なにか、違う。悔しいけど、こうなりゃいっそ…)

美沙 : 小泉! 美沙にも教えなさいよー!

小泉さん : ? いきなり何の話ですか?

美沙 :しらばっくれたってダメなんだから!最近、なにか特別なことしてるでしょ!なんでも良いから教えなさいよ!

という感じで始まり、中村美沙が小泉さんにうっかりぶつかってしまい、
美沙が「どうしてこいつは最近肌がこんなにもツヤツヤしていて綺麗なんだ~! こいつは何か秘密があるのではないのか」と
考えるのですけど、偵察回なのか~と視聴者に思わせておいて、小泉さんに直接聞きに行く度胸が美沙の魅力なのかも
しれないですね~!
「ラーメン大好き小泉さん」はとにかくクールビューティの小泉さんのキャラが断然光っているのですけど、
大澤悠のボーイッシュな美少女ぶりもすてきですし、
中村美沙の小柄でツインテールもとってもかわいいですし、愛くるしいすてきな美少女だと思います~!
愛らしい見た目で普通にモテるのですけど、もう彼氏がいるだろうと思われて告白されないタイプが中村美沙の
公式設定でもあるそうです。

小泉さんは特に思い当たる節がないゆえに「私は別に何も・・」という感じなのですけど、
小泉さんが今現在はまっているラーメンは何? →それが背脂ラーメンという事で、小泉さんと美沙は
ホープ軒にて背脂ラーメンを食べに行くという展開になります。

そしてそこで美沙が見たのは脂ギトギトのラーメンであり、そしてそれが意外にもさっぱりしていて癖になるほど
とても美味しいという発見でもありました!



a45a880d-s_convert_20180803170402.jpg

77fe169f-s_convert_20180803170343.jpg



ダイエット中の美沙は
本来はこうした脂ギトギトの背脂ラーメンはNGのはずなんですけど、
美沙も小泉さんがあまりにもおいしそうに背脂ラーメンを食べているのに触発され、
「一口だけなら・・」と思ったのが運の尽きというのか
「ミイラ取りがミイラになってしまった」という典型的な話になってしまいました~・・・(笑)

「ふはー」という小泉さんもすてきだけど、背脂ラーメンに恍惚の表情を浮かべる美沙もすてきでしたね~!!

美沙 : 脂?! このスープ、ほぼ脂じゃん!?
小泉さん : あ、器も脂でギトギトしてるので、触らないほうが・・ここのお店は、“豚脂(ラード)”を漉したものを器に振り掛ける
        いわゆる、背脂チャッチャ系ラーメンです
        こうする事で、スープにまろやかなコクが出ます。

そんな感じで最初はおそるおそる・・という感じの美沙でしたし、 
「今、こんなの食べたら、これまでの努力が一瞬で無になってしまうのかも~」と視聴者の誰しもが感じたと思いますけど、
結果的に美沙は「何これ!? こんなラーメン初めて!?・・」と陥落してしまいます・・(笑)

「も…、もう一口だけ……」と最初は思っていた美沙ですけど、完食してしまいます・・ (笑)

見ている人たちは私も含めて、「あ~あ・・やっちゃったあ…、…完食、しちゃった……」と思っていたのかもしれないですけど、
隣の小泉さんのあの食べっぷりや見た目と違って背脂ラーメンは思ったほどはこってりしていなくて、
さっぱりとしたお味というのも美沙にとっては意外だったという事なのかもしれないですね。

そしてアニメの上では、ここから美沙の「背脂ラーメン食べまくりの日々」が続いていく展開になっています。

美少女というものはガリガリの痩せた子よりは、健康的な女の子の方が魅力的ですよね~!

それにしても小泉さんは、一日にラーメンを5~6杯程度も完食しているのに、どうやってあのスリムな体型を
維持されているのでしょうか・・?

謎は深まるばかりですね~!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

来ました!今夜の飯テロ!
今日は特別お腹が空いている中でこのような美味しそうなものが…。明日の昼はラーメンを食べに行こうと心に決めたごにぎりでした。
小泉さんの美味しそうに食べる姿を見たらダイエット中でも食べてしまいますよね。恐るべし!

背脂系は、ときにくどくなってしまうこともあると思いますので、その工夫をどうするかといったところでしょうかね。一口目のの爆発力は、まさにぶはーっ!に値します。なんだかおなかがすきましたよ^^;

小泉さんはラーメンの天使ですね~!

ごにぎり 様


「ラーメン大好き 小泉さん」がリアルで放映されていた時間帯はPM22.30でしたので、時間的には
かなりやばい時間帯でもあり、小泉さんのおかげで番組終了後または翌日に
何度ラーメンを実食したかわからないですね・・(笑)
本当に小泉さんはすてきなラーメン天使でした~!

是非ぜひ本日のランチはラーメンをお楽しみ頂きふはーとされて欲しいです!

そして8/11はアミグリさんの描かれた「東方水着娘」でさらにふはーとされて欲しいものです・・(笑)

ふはー

八咫烏(全力稼働中) 様


私自身もつい最近まで「背脂=くどい」と思っていたのですけど、小泉さんのおかげで実は意外とさっぱりしていて
麺もスープもするすると入っていくという事に気が付いたものでした!
小泉さん恐るべしっですね~! 背脂ラーメンは間違いなくふはーとなってしまいそうです!

そして8/11は是非「アミグリさんの描かれた東方水着娘」の世界でふはーとなって頂きたいです・・(笑)

食戟のソーマみたいなリアクションだったら、オークのハーレム的なリアクションになりそうな気が。

小泉さんは淡々と・・

ドラドラ 様


小泉さんは決してオーバーリアクションはされませんけど、そのかわりにあの「ふはー」でもって全ての
美味しさの感情を表しているのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |