FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計






ツインテ+ツンデレの女の子ってとてもかわいいし魅力的だと思います! そしてツインテ+ツンデレの女の子は、
漫画・アニメでは王道のキャラなのだと思います。

ちなみに「ラーメン大好き 小泉さん」の中ではそうした位置づけは中村美沙だと思います!
(冒頭の画像は中村美沙です!)
「ラーメン大好き 小泉さん」第2話の中で中村美沙が小泉さんに対して発していた
「べ、別にアンタと一緒に行きたいわけじゃないから!新しい彼氏作って行くんだからね!」というセリフは典型的な
ツンデレちゃんとしてのセリフでもありました!

ツインテ+ツンデレの女の子にさらに「金髪」という要素が加わるとある意味鬼に金棒といえるのかもしれないですね~!
(その三拍子揃ったキャラの一人が本記事においてフィギュアレビューさせて頂く「ハヤテのごとく!」の三千院ナギだと思います!)


アンタに付き合ってあげられる人なんて、私しかいないんだからね!

べっ、別にアンタのことなんて好きなわけじゃないんだからね!

アンタのためじゃないんだから!勘違いしないでよね!

アンタのためじゃないわよ。ついでによ、ついでに!!

べっ、別にありがとうだなんて、全然これぽっちも思ってないんだから!!

アニメやライトノベルには上記のような女の子の「ツンデレセリフ」がたくさん飛び出してきているのですけど、
ああいうツンデレの女の子もいいものですよね~! (笑)

「ツンデレ」とはかつて流行語大賞の候補にもノミネートされていましたし、これだけ多くのメディアでこの言葉が
使用されていると、まさか今更「ツンデレってなに・・?」と聞かれる方もいる訳はないと思いますが、
念のため「ツンデレ」の定義を記しておきますと、
ツンデレとは、普段は「ツンツン」して取っ付きにくいけど、特定の条件下になると「デレッ」とするような感じの子を
言います。
ツンデレはかわいい美少女が常にツンツンしていて時に、例えば誰もいなくなって二人っきりになった際にデレたりするから
威力を発揮するものだと認識しております・・(汗・・)
本当はその人の事が好きなのに「恥ずかしいから」とわざと「ツンツン」とした態度を取るような単なるアマノジャクもツンデレの
一種だと思うのですけど、最近はそうしたツンデレさんの方が多いのかも・・と言う感じもありそうですね・・(笑)
ツンデレと思われてしまう女の子のほとんどは基本的に照れ屋さんなのかもしれないです。
人からからかわれたり褒められたりした時、本人はどうしていいのかわからなくなってしまい、
かと言って、照れてドギマギしている様子を人に見せるのもまた更に恥ずかしいため、必死で無表情でいるのです。
だけどその内心はとても喜んでいたりするのもまたツンデレ娘たちの特徴でもあったりもします。
それを表に出すのが恥ずかしくてしょうがないからあえてというかわざと強がっているとも言えると思います。

そうしたツンデレに対してツインテールの女の子もとってもかわいいものがあると思います。
私の個人的な感覚なのですけど、ポニーテールは実用的だけどキュートで可愛い感じがあり、
ツインテールは何か少しアホっぽい可愛さというのどことなく幼さが感じられるのがたまらなくいいと思ったりもします。
誤解かもしれないけどツインテールという「コスプレの王道」みたいな印象もあったりします。

上記で書いた通りツンデレとツインテの女の子はとってもかわいいものがあると思いますし、アニメや漫画の世界では
なぜかツインテの女の子にツンデレの子が多いようにも感じられたりもします、
さてさてそうしたツンデレ+ツインテというアニメの萌え要素満開のキャラってどんなすてきな子がいるのでしょうか・・?

下記に思いつく限りで少し列挙させて頂きますと・・

・三千院ナギ(ハヤテのごとく!)

・柊かがみ(らきすた)

・五河琴里(デート・ア・ライブ)

・ニンフ(そらのおとしもの)

・澤村・スペンサー・英梨々(冴えない彼女の育て方)

・鈴乃木凛(ばくおん!)

・三宮三葉(終わりのセラフ)

・藤堂ユリカ(アイカツ!)

・神崎・H・アリア(緋弾のアリア)

・松嶋みちる(グリザイアの果実)

こういったキャラの皆様が挙げられると思います。私的にはこの中でいっちば~ん!と感じさせるツンデレ&ツインテキャラは、
神崎・H・アリアと澤村・スペンサー・英梨々と五河琴里なのかな・・?と思ったりもします。
ここ半年という限定条件では、やはりいっちば~ん!というとラーメン大好き 小泉さんの中村美沙なのかもしれないですね・・

そして上記の中でいっちば~ん!メジャーと思えるキャラは「ハヤテのごとく!」の三千院ナギと言えるのかもしれないです。

そんな訳で本記事においては、「ハヤテのごとく!」のメインヒロインの一人であり、ツンデレ+ツインテいったらこの人!と
感じさせる代表的なキャラの一人である三千院ナギのフィギュアレビューを簡単にさせて頂き、
最後にdream fantasy の管理人様のアミグリさんが
描かれたハヤテのごとく!から同じくメインヒロインの一人でもある桂ヒナギクを転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。




001_convert_20180730171837.jpg



三千院ナギフィギュアレビューの前にごく簡単に「ハヤテのごとく!」について説明をさせて頂くと、
この作品は、週刊少年サンデーにて10年近くに渡って長期連載されていた漫画で、昨年・・2017年に10年に渡る
連載が無事に完結をした作品でもあります。
そしてアニメ化もされていて、なんと・・! 以前は実写化もされていた作品でもあります。
展開が非常に遅い作品としても知られていて、原作では連載10年目を迎えていた時点でも時間空間的には
始まりからなんと一年も経過していないという事で、いわばサザエさん化してしまった作品とも言えると思います。

この「ハヤテのごとく!」のストーリーを大雑把に記すと・・

主人公である高校生の綾崎ハヤテは、両親が多額の借金を押付けて逃げたためヤクザに追われ路頭に迷う。
しかし超がつくほどの大金持ちである三千院家の跡取り娘・三千院ナギと運命的(?)な出会いを果たし、
ナギに借金を肩代わりしてもらう代わりに40年契約で執事を務めることとなる。
超人的なスキルを活かしつつ,万能メイドのマリアや白皇学院生徒会長の桂ヒナギク、元クラスメートの西沢歩、
天王州アテネなどの美少女達と共にハヤテはハーレム状態での生活を過ごしていく・・

そんなストーリーになるかとは思います。

この作品は、「デート・ア・ライブ」・「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」・「ニセコイ」・「モンスター娘のいる日常」などのように
いわゆる「ハーレムもの」の典型作品なのだと思います。
つまり、主人公の男の子一人に何人もの可愛い女の子がお相手してくれるという
世の男性にとっては「至福」のような作品の一つだと思います。
そしてこうしたハーレム系にはほぼ100%の確率でいそうなのがツンデレヒロインなのだと思いますし、「ハヤテのごとく!」では
そうした立ち位置は言うまでもなく三千院ナギが務めていたと思います。

上記フィギュアは実は私が購入したものではありません・・

2009年頃にうちの奥様が購入し以前書いた「Snow」の北里しぐれフィギュアの時のように我が家のロフトに
長期間放置されていたものを先日私が無事に(?)発見し、10年振りぐらいに陽の目に当たったというフィギュアでも
あったりします。
ちなみに彼女はナギとか例えば「トラどら!」の逢坂大河のように釘宮理恵が演ずるツンデレのキャラが大好物という事もあり、
ナギや大河といったフィギュアがゴロゴロしている理由にもなっています。
(大河フィギュアは3年前くらいに一度レビュー済でもあったりします・・)

あ・・ちなみにですけど私自身は「ハヤテのごとく!」でいっちば~ん!大好きなキャラは言うまでもなく桂ヒナギクです!
(そういう意味でも dream fantasy のアミグリさんが
ハヤテのごとく!で今の所唯一描かれているキャラがヒナギクというのはとっても嬉しい事でもありました~!)




002_convert_20180730171934.jpg


こちらは箱の横に描かれているナギのアニメの元絵です。

三千院ナギは大富豪三千院家の一人娘で日米のハーフでもあったりもします。
誘拐犯に攫われそうなところをハヤテに助けてもらい、ハヤテをハヤテ自身の借金を全額肩代わりした代わりに
自分の執事にしたという経緯があったりもします。

おろすと腰にとどくくらいの金髪をツインテールにしていて碧眼というのがいっちば~ん!の外見的特徴だと言えます。
身長が低くロリ体型というのは、高校に通っているけど頭脳明晰という事でわずか13歳で高校まで飛び級したという経緯も
大きいと言えると思います。
学校嫌いで筋金入りのひきこもりでオタクという立ち位置でもあり、非常に嫉妬深く、
ハヤテが他の女キャラとつるむと怒りを露わにする一方で、ハヤテの事は大好きでたまらないという典型的な
ツンデレ娘であったりもします。
また色々な誤解と勘違いにより、「ハヤテは自分に惚れている」と勘違いを起こしているヒロインでもあったりします。



003_convert_20180730171956.jpg



こちらは同じく箱に横に描かれている桂ヒナギクです。

ヒナギクのあの才色兼備・完璧超人ぶりは、ナギとハヤテすらも吹っ飛ばすような魅力に溢れてたと思います。

初登場以来登場キャラクター中最大級の人気を誇り、人気投票においては第2位のマリアの2倍以上の得票を獲得して
まさにぶっちき゜りの一位になっていましたし、あの人気の高さは頷けますよね!
東方に例えると毎年霊夢が圧倒的に人気投票で1位を獲得しているのと同じような雰囲気がヒナギクにはあったと思います。
私自身もアニメが放映されていた頃は、ヒナギクとマリアばかり注視していたような気がしますね・・(汗・・)

ヒナギクの唯一の欠点は貧乳ぐらいなのかな・・?? (滝汗・・!)



004_convert_20180730172017.jpg



フィギュア自体は少し小さめですが、ナギ自身アニメの中ではそんなに大きな身体ではないので見た目も
とてもちびっこかわいいです!
そしてこのツインテールがふわりと舞っている雰囲気がナギらしいと思います。

ツインテの躍動感やピースサインのポージングや、子供っぽいというか換言するといかにもこのこのロリロリ~っとした
細くて華奢な足がナギのかわいらしさにうまく繋がっていると思います。



006_convert_20180730172036.jpg

007_convert_20180730172056.jpg

008_convert_20180730172119.jpg


元気にピースサインしているのがとってもキュートです!
華奢な手足とロリロリ~っとした幼い雰囲気はむしろ13歳にしては的確な表現なのかもしれないです。
というか・・16歳のヒナギクと13歳のナギの胸の発育具合がほぼ同じというのは、ヒナギクが高身長な分
「ヒナギクはとてつもない貧乳・・」という事を裏付けているのかもしれないですね・・(汗)

アニメの再現度の高さという意味では申し分のない造型といえるフィギュアだと思います。



009_convert_20180730172145.jpg

010_convert_20180730172207.jpg



ナギのこの縞ニーソとミニスカートがもたらす絶対領域は素晴らしいですね~!

ナギのこのフィギュアはヒナギクとセットされる形のものですけど、ヒナギクがロングスカートであり絶対領域が存在していない
悲しさ(?)をこのナギのロリロリっぽいかわいらしさと絶対領域が十分すぎるほど
埋めてくれていると思います。



011_convert_20180730172227.jpg



ナギの表情が大変生き生きとしているので、釘宮さんのあのボイスが脳内再生されそうです~(笑)

ボディの凸凹は皆無で胸部はフラットそのものですけど(汗・・)短いスカートから伸びる細く眩しい太ももと脚線に
思わず癒されてしまいそうです~!



hi-na-gi-ku-chan!!_convert_20130130185221.png



ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!

上記の作品は、アミグリさんが2013年1月に描かれた「ハヤテのごとく!」の桂ヒナギクです!

アミグリさんが描かれたこのヒナギクはとても可憐で清楚でかわいいと思います!
「可憐な花」みたいな言い方がびったりきそうなヒナギクだと思いますし、かわいいというよりは
「上品さ」・「洗練さ」・「気品」という言い方の方がよく似合っているような感じもあります。
おしとやかという表現もしっくりきそうなヒナギクだと思います。

アミグリさんが描かれたヒナギクで特に「すてきだなぁ・・!」と感じさせてくれる箇所は、髪が華麗に美しく
舞っているようなところだとも思います。
勝手にタイトルを付けると「そよ風と美少女」と名付けたくなるような雰囲気に溢れていると思いますし、
この髪がふわっと舞い上がっている感じがとても美しいと感じます。

上記のアミグリさんが描かれたヒナギクのイラストは、
その権利は全てヒナギクの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy

9月に入っても暑いのと涼しいのが妙に混在し、季節の変わり目に近いという事で体調に変調が出やすい時期でも
ありますので、是非ぜひ皆様が体調管理に留意される事を願わずにはいられないです。

それでは最後まで本記事を読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは♪

全然ブログ内容と関係ないのですが(笑)。
ローソンで艦これのクリアファイルや
ミニタペストリーをもらえるキャンペーン
やってました~(*´▽`*)
ぬくぬく先生さんだったらどれがほしいのかなって
見てました(笑)。

ツインテ+ツンデレは二次元における萌え属性の組み合わせでは定番と言えますけど、そこに金髪とくればナギお嬢様を思い浮かべるという人はとても多そうですね。ツインテールの演出する幼さとロリ体型が完璧にマッチしていましたし、中の人である釘宮理恵さんの演技がハマりすぎなのも大きかったと思います。私も見ていて釘宮さんボイスにやられましたw
こちらのフィギュアでもそんなロリ可愛さがしっかり再現されていて釘宮さんの声が聞こえてきそうです。

アミグリさんはヒナギクも描かれていたのですねぇ。
広がるロングのピンク髪が美少女っぷりを引き立てていますね。まるで可憐な花のように感じさせてくれる美しさがたしかにこの一枚に詰まっていると思います!

ツインテールでいえば

フランチェスカ ルッキーニ(ストライクウィッチーズ)
八九寺真宵(化物語)

ちなみに・・・

ハヤテのごとく の劇場版
DVD持っています(ヒナギクのフィギアも持っています)。

ツインテールではないですが、三つ編みの天野遠子も捨てがたいです(ちなみに文学少女のDVDも持っています)。

僕、どこに向かっているのでしょう・・・。

正解は・・

ふたごパンダ 様


「艦これ」鎮守府秋祭り 二〇一八(フタマルヒトハチ) キャンペーンですね!

これに関しては既に予約記事を9/4で書いていて、その掲載は9/7ですので、その記事内にて
解答編(?)が書かれていたりもします(笑)

今回はそれほどお気に入りのキャラが配布グッズに入っていないので、今年のバレンタイン企画ほどには
気持ちが乗らない・・というのもありそうですね・・(汗)

ツインテ+ツンデレ

schwert 様


ツインテ+ツンデレはアニメ・ライトノベルにおいては、一つの鉄板キャラとも言えると思いますけど、
そうした中でもナギは異彩を放っていたと思います。
ツインテとツンデレに加えて、ご指摘の通りのあのロリロリ体型に金髪、そしてとてつもないお金持ちのお嬢様とくれば
無敵キャラとしか言いようがないと思いますし、
あのナギをツンデレ女王の釘宮さんが声優を担当すれば、鬼に金棒ですね~!

アミグリさんのヒナギクをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

あのヒナギクは輝夜みたいな長髪がとてもよく似合っていると思いますし、清楚な雰囲気が素晴らしいと思います。

アミグリさんはたまにですけど、東方・艦これ以外の版権アニメ作品を描かれる事もあり、
私的には金色モザイクやこの美術部には問題がある等の作品も大変印象的です!

物語シリーズで言うと・・

甲辰  様


「物語シリーズ」の八九寺真宵のあのロリかわいいツインテールはとても魅力的でしたね!

セカンドシーズンでの八九寺真宵の成仏前の暦との会話は本当に泣けるものが多々あったと思います。

物語シリーズのツンデレというと私的には戦場ヶ原ひたぎ以外あり得ない!という感じで、ひたぎのあの
ツンデレすらも超越したヤンデレ・ツンドロは壮絶なものがありましたし、
私は大好きでしたね~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |