FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


今更言うのもなんですけど、今年は本当に暑さが厳しい年だったと思います。
日本の国って以前でしたら6月~7月上旬に掛けてしとしと降り続ける梅雨の鬱陶しさが過ぎるとやっと本格的な
暑い夏が到来してくるという感じでもあったのですが、今年に関しては皆様ご存知の通り、関東では梅雨自体が
なんと6月の終わりに明けてしまい、そこから先は記録的な猛暑の連続であり、
ここ埼玉県の熊谷でも観測史上最高気温がいっちば~ん!高い事を経験した事もあったものです。
以前から何度となく書いている通り、日本の国土の美しさの一つとして四季がはっきりしていた事が挙げられたとも
思うのですけど、何となくですけど今年がそうした日本の美しい四季が崩壊し、
極端に寒い冬と極端に暑い夏の二季しかない国に変容するはじまりとして記憶されるのかもしれないですし、
四季の崩壊という観点では「明確な四季が見られる終わりの始まり・・」と言えるのかもしれないです。

そうはいっても昨日から暑い8月も終わりを迎え、9月に入り、明日より学校も新学期を迎えようとしています。

そして8月の終わりが近づいてくると「もう夏は終わりなんだな・・」と感じる事も多くなってきたようにも思えます。
それを一番感じるのは、日が暮れるのが結構早くなってきた事だとも感じます。
先日も仕事で夕方過ぎまで外を廻っていたのですけど、PM19:00を過ぎると、結構もう辺りは暗くなっています。
「最近までこの時間帯はまだ明るかったのに」と感じていたのですけど、季節は秋に少しずつ近づいているのかもしれません。
何よりも、最近ではセミが鳴く声も大分下火になってきましたし、 夜は結構涼しくなってきたようにも感じられます。
それにしても今年は7月に入ると急激に暑くなってしまいましたね!
あの時は「7月初めの段階でこんなに暑かったら今年の夏はどうなってしまうのだろう・・!?」と不安に感じたものでしたけど、
人間と言うものは、暑さ・寒さも含めて環境に順応してしまいますし、暑さも結局は「慣れる」という事で
なんとか対応できるものなのですね。

季節が秋に向かっているのかもしれないな・・と感じた瞬間は、
水田の稲の色が今までの青っぽい感じから幾分黄色というのか、黄金色みたいに色が変化しているのを
見た瞬間なのかなとも思ったりもします。

暑い、暑いと言っていても、水田一つとっても着実に季節は秋に向かっています。

そんな事をふと思ってたら、頭の中を不意にある一つの曲が駆け巡ってきました。

それが何かと言うと、1998年全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅱ/稲穂の波でした。

吹奏楽コンクールの課題曲の変遷の歴史を簡単に見ていくと、
1970年代後半から1992年までは書下ろしオリジナル作品とマーチの混合、
1993年から2000年代初期の頃は、奇数年がマーチの年で偶数年が幾分長めの書下ろしオリジナル作品の年と分離させ、
そして最近は、中学の部限定とか小編成用とか色々と興味深い工夫もある中、
基本的には昔のような書下ろし作品とマーチの混合というパターンに戻ったような感じもあります。
(全体的には試行錯誤の末、結局は元の鞘におさまったという感じですね・・)
1998年は、偶数年でしたから、オリジナル書下ろし作品の年でしたけど、
まだこの年は、1994年の例えば、饗応夫人とか雲のコラージュのように課題曲だけで6~7分程度の
長い課題曲という余韻がまだ幾分残っているような感じもあり、
4曲ともいずれも演奏時間は4~5分程度の曲でした。
この年は何となくですけど、Ⅰの童夢とⅡの稲穂の波に人気が集中していたような印象もあるのですけど
私は、何と言ってもこの課題曲Ⅱ/稲穂の波が大好きでしたね!!
この曲はもイメージがしやすいというのか、黙って目を閉じてこの曲を聴いていると自然に
目の前に広大な田んぼが広がっていて、「秋の収穫」を目前に控えた頃の黄金色に輝く一面の田んぼというのか、
そうした何か「日本人の心のふるさと」みたいな情景が 勝手に入り込んできたりもしていたものでした。
風でさーーーっと黄金色の穂がゆらゆらと揺れ動くみたいなイメージが私の中にはあったものです。
とっても分かりやすい曲で、難しいメロディーも変拍子も特になく、不協和音も無く
頭の中にすーーーっとメロディーラインが入り込んでくるとっても優しい曲だったと思います。
この曲、何度も支部大会・全国大会で耳にしたのですけど
どのチームも曲のイメージがしやすいせいか、課題曲にありがちな「無味乾燥な演奏」というのは
比較的少なかったようにも思えます。
稲穂の波の演奏で私がいっちば~ん!に好感を感じる演奏は秋田県の新屋高校の演奏だったと思います。
(二番目は神奈川大学の正攻法の演奏だと思います。この課題曲でいっちば~ん!個性的な演奏をしたのは、
間違いなくあの吉永陽一先生指揮の西宮高校なのだと思います!)
そして結果的に新屋高校は念願の全国大会初金賞を受賞すると同時に、1984年の花輪高校以来途絶えていた
高校の部における東北代表のチームが久しぶりに金賞を受賞するという快挙も見せてくれていたものでした。
私自身、いっちば~ん!最初に聴いた全国大会・高校の部が1984年だったのですけど、意識としては、まさかその年の
花輪高校以降14年間も高校の部の東北代表のチームが金賞ゼロを続けるなんて全く夢にも想像していなかった
ものでした・・(泣)
1998年の新屋高校の自由曲は矢代秋雄の交響曲~第四楽章でしたけど、指揮者の高野先生にとっても
1982年に仁賀保高校を指揮して同校を全国大会初出場・初金賞の快挙をもたらした時の自由曲も矢代秋雄の交響曲
でしたので、高野先生としても感慨深いものがあったと言えるのかもしれないですね。
(私自身の個人的感想ですけど、82年の仁賀保と98年の新屋は82年の方が感銘度・音のスピード感と切れ味と霊感は
はるかに勝っていたように感じられます・・)

「稲穂の波」の作曲者の福島弘和は、最近では、「ラッキードラゴン〜第五福竜丸の記憶」とか
シンフォニエッタ第2番「祈りの鐘」で吹奏楽コンクールでもお馴染みの方なのですけど
私としては、祈りの鐘もかなり大好きな曲なのですけど
「稲穂の波」と2000年課題曲Ⅰ/道祖神の詩の方に強く魅かれるものがあるように感じられます。
福島弘和は日本の「古き良き情緒」をイメージさせる曲の方が、私にとってはよりしっくりくるような気もあります。

「稲穂の波」ですけど、 出だしはゆったりと開始され木管楽器のたっぷりとした歌に最初から心打たれるものがあります。
金管がコラール風に瞬間的に盛り上がった後からの中間部はアレグロ的に展開され、
キビキビと進行していく雰囲気が何となくですけど私的には「風」をイメージしたりもします。
中間部の速い部分は、ホルンの雄叫びみたいな感じとタンバリンがシャリシャリ鳴っている部分が結構気に入っています。
中間部のラスト近くで一旦テンポを少し落とし、コラール風に展開していく部分は、この課題曲の最大の聴かせどころと
言えると思うのですけど、
ああいう感覚は、多分ですけど、日本人の「伝統的美意識・わびさびの世界」の琴線に触れる部分のようにも感じられますし、
日本人にしかわからない音楽なのかな・・?とも思ったりもします。
静かに閉じられるラストも実に秀逸だと思います!!

これはなんていうのかな・・? 「郷愁」の世界なのかもしれませんね。

この曲の雰囲気からは黄金色の稲も感じますし、赤とんぼといったイメージも伝わってきているようにも感じられます。

赤とんぼというと、既に彼岸の彼方の義父が生前によくその娘(つまりうちの奥様の事です・・)に
「うちの窓によく赤とんぼが飛んでくるのを目にするけど、なんだかあの赤とんぼを見ていると、
(その当時は既に逝去していた)うちの妻の事を思い出してしまい、あの赤とんぼに生まれ変わった妻が
自分に対して早くあなたもこっちの彼岸の世界にやってきなさいよと自分に囁いているような気がしてとてもせつない」と
とてもモノ哀しそうな眼をして話していたみたいな事を思い出してしまいます。

「稲穂の波」は聴き方によってはそうしたこの世とあの世を繋ぐような不思議な魅力を持った曲と言えるのかも
しれないという事なのかもしれないです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4420-8e7b58fa
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |