FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


本日5/12の「ドキドキプリキュア」は相当レベルの高い回だったなーと
思います。
まこぴー回だから当然なのですけど、真琴=ソードが本当に可愛く魅力的でした。




改めて感じた事は、「ドキドキ」の4人は全員聡明なプリキュアなのですけど、
考え方やスタンスに個性と言うか違いが明瞭に表れているという事です。
元々ソードは妖精系というか、トランプ王国出身という事で、マナ・六花さん・ありすと異なり
トランプ王国崩壊の当事者であり、その復活は当事者意識を持って臨んでいます。
対して、それ以外の3人は、言葉は悪いけど
トランプ王国崩壊は3人にとって遠い異次元の世界の出来事であり、
アイドル・普通の中学生の生活をこなしながら、トランプ王国の王女探しを深夜行っているまこぴーと異なり
当事者意識は低いと思われます。
その辺りが、今後の展開として、マナの
「人助けをするのに理由なんていらない」
「いつまでも他人を頼ってばかりいてもダメ、自分も自分で出来る限りのことはしなくてはいけないし
 そうでないと成長できない」
という意識とどのように結びついていくのか楽しみな所です。

六花さんは、どちらかというと、真琴を助けたいというよりは
マナ大好き・マナをフォローしたいという意識が働いていますし、
ありすは、今回の話であった女優さんの当初の真琴に対する厳しい態度にいち早くその真意を見抜いた点など
大人の事情というか大人の視線から物事を見れる娘ですし、
そうした各人の違いが、最終的に真琴の「トランプ王国復活」という目的に対して
どのように4人全員としての統一見解・共通意識・共通の目標が構築できるのか
中盤以降のメインテーマとして、
興味深く、且つ楽しく見ていきたいと思います。

それと大きなテーマとして、キュアソードの成長があるのかなーとも思います。
ソードは異次元出身という事で、元々「仲間」とか「人助け」とか「思いやり」に少し欠けていた面も
あったようにも思えますが、
マナ達3人とプリキュアする事で、いかにソードの成長があるのか、
それもまた物語全体の大きなテーマだとも思えます。
時折、真琴の視線から物語を描いているのは、それを象徴していると思います。

それにしても、ありすは黄色系プリキュアなのに、本当に大人・・・

前回から気になっていた事なのですけど、
ロイヤルジュエリーでしたっけ? あれは5個で一組みたいですね。
色をよーく見てみると、ピンク・赤・紫・黄・青ですので、現時点のドキドキにないのは
赤という事になります。
という事は、いずれ5人目のプリキュア登場という事なのでしょうかね・・・??
そうなると色は赤プリキュアなのでしょうか・・・??
今の段階では、5人目の候補者はレジーナなんでしょうかね・・・??

敵幹部からプリキュア又はプリキュアの仲間になった先例として
満と薫、イース・エレンがいますが、
彼女らの場合、
友達と偽ってプリキュア達に近づいたら、本当にプリキュア達と友達になってしまって
プリキュアを倒すという目的を見失ってしまったという共通性があります。
だけどレジーナはどうなんでしょう・・・
その辺りは何かイースとかエレン何かとは少し感覚が違うような気もします。
彼女達には心の奥底に「人を思いやる温かいハート」があったけど、
なーんかレジーナの場合、
①悪意
②ダークドリームのような無邪気な邪悪・知らないゆえの悲劇
どちらかなのだと思いますけど、どっちなのかはまだ正直何とも言えない所です・・・

本当に巷でウワサの「キュアエース」に変容してしまうのかな・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/442-d0ef0755
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |