FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


G.パレの「リシルド」序曲は最近ではほとんど演奏されませんね・・
全国大会でも1989年の広島大学を最後に25年以上演奏されていなかったと思います。
支部大会や県大会ではたまにこの曲を演奏しているチームにお目に掛ったりする事もありますし、確か最近でも
関西大会の一般の部で、伝統と実績のある尼崎吹奏楽団がこのとてつもなく地味な曲を自由曲にしていて驚いたものでした。
この曲は1967年に今津中学が全国大会初演を果たしたと記憶していますが、
70年代~80年代にかけて支部大会・全国大会でも色々なチームが自由曲として取り上げられているものの
個人的な印象としては「少し意外・・・」という感じもあったりもします。
例えば、今津中学校・出雲吹奏楽団・銚子商業・淀川工業・湊中学校・石田中学校など数多くの名門チームがこの曲を
自由曲に選んで全国大会に臨んでいたのは実は紛れもない事実であったりもします。
  
リシルド序曲はかなり地味な曲で決して華やかな曲でもないし華麗に鳴り響く曲という
訳ではないし、全国大会でこれだけ多くのチームが取り上げたのが正直不思議というか謎でもあったりします。
逆に言うとそれだけその時代には現在のような吹奏楽オリジナル作品が決して多くは無かったという事の裏付けなのかも
しれないですね。

リシルド序曲のの魅力はどこにあるのかな・・?

一言で述べると「するめいかのように噛めば噛むほど味わいが出てくる曲」という感じなのかもしれないですね。

リシルド序曲は打楽器もティンパニ・大太鼓・シンバル・小太鼓のみの編成で鍵盤打楽器は未使用だったと思います。
構成は、非常にゆったりとした出だしから始まり、緩-急-緩-急の四部構成で、序盤のホルンソロは中々印象的ですね。
曲の雰囲気は一言でいうと「品格」が漲っていて、古典的形式がかなり厳格に適用されていて、
かなりきっちりかっちりと構成されている印象もあると思います。
全体的には木管セクションを中心にした展開がメインで、金管セクションがそれほど目立たないという点も印象の薄さに
拍車を掛けているのかもしれないです。
ラストの高音による息の長いフレーズによる閉じられ方は面白さを感じさせてくれていると思います。
確かに分かりやすい曲でシンプルで決して悪い曲ではないとは思うのですけど、
私的にはほとんど印象に残らない曲なのかも・・という感想になってしまいますね。

最近の吹奏楽オリジナル作品とか、スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」の世界と比べると相当地味すぎるのだと思います。
その地味さがこの曲が最近あまり演奏されなくなってきた一つの要因になっているのかもしれないですけど、
逆にそうした「地味さ」をアピールポイントして、改めてこの噛めば噛むほど味が出てくるこのリシルド序曲を
自由曲として演奏するのは、それはそれで面白いと言えるのかもしれないですね。

リシルド序曲の作曲者のパレは、パリ・ギャルド吹奏楽団の第4代目団長でもあります。
そのせいだと思いますが、曲は地味なのに使用楽器は特殊な「サクソルン属」系を多用し、
これを原曲のまま演奏するのは結構難しいと思います。
全国初演時の今津は確か木村吉宏氏のアレンジだったと記憶しています。
最近ではコンサートマーチ「テイク・オフ」でお馴染みの建部氏のアレンジも見受けられますね。
パレ自身、管弦楽曲を吹奏楽にアレンジしたスコアを色々と残していますが、
現在でもたまにですけど、パレ編曲による幻想交響曲~終楽章を耳にすることもありますね。
ちなみにワーグナーの歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列の
名アレンジで知られるカイリエは、パレの弟子との事です。

リシルド序曲の名演はどのチームなのかな・・?

多くの人は、銚子商業とか出雲吹奏楽団を推すと思いますが、私としては1977年の石田中学を推したいですね。
石田中の演奏は全国大会では銀賞という結果に終わってはいますけど、あの洗練された音色に柔らかい響きは印象的で、
全体的にはファンタジー感溢れる素晴らしい音色を披露してくれますけど、
「美しすぎて少し印象が希薄」と審査員には評価されたのかもしれないですね。

他には1980年の広島・基町高校も面白い演奏をしています。
このチームは、伝統的に基町トーンと呼ばれる「控え目・おとなしめ」の演奏をしていたのですけど
1980年だけは当時のレコードの裏ジャケットの出演者のコメントに記載されている通り、
珍しく「パワー」を前面に出したかなりエネルギッシュな演奏を展開しています。
そのせいかこのチームにしては珍しく粗雑という感じもありますけど高校生の若いエネルギーは伝わってきていると思います。
地味で単調なこの曲に無理やり「盛り上がり」を作ろうとした不自然さみたいなものを感じてしまうのはマイナスポイント
なのかもしれないです。
リシルド序曲みたいに地味な曲は、従来の「基町トーン」を受け継いで演奏した方がよかったようにも感じられますし
その点で大変勿体無い演奏とも言えます。
こうした路線はこの年だけで終わり、翌年はカテルの序曲「ハ長調」という大変素晴らしい名演を後世の私達に
残してくれています。

リシルド序曲は、コンクールの演奏もプロの演奏も含めていまだに「これぞ決定的名演!!」という決定打がないような気もします。
この地味な曲を音楽的に聴かせてくれる素晴らしい演奏をしてくれるチームが出現している事も期待していますけど、
それはもう無理なのかもしれないですね。

余談ですけど、私が高校の頃、OBの中にとてつもなく厳格でうるさくて大の説教好きという先輩がいて、
その先輩は私にとっては7~8代前の時代に生徒指揮も務められていて、当時の県大会でうちの高校を金賞に導き
支部大会代表までは至らなかったけど、その豊かな音楽性を当時の審査員から高く評価されていたという御方だったと
思います。
(ちなみに当時と私が現役の頃は、うちの高校にはいわゆる音楽の先生が誰もいなくて、毎年毎年生徒の中から指揮者を
選出し吹奏楽コンクールに臨んでいました)
その先輩は夏休みになると大抵一度は母校を訪れ、毎回毎回判で押したように説教ばかり垂れているので、
その先輩がやってきた・・みたいな情報が入ると、ほとんどの部員は個人練習と称して部室・音楽教室からとんずら
しちゃいますので、当時、一応は吹奏楽部部長であった私がそのOBをお相手する羽目になったものですけど、
毎回毎回「だからお前たちはダメなんだ!」と説教されるのがオチ・・という感じでもありました・・
(あの全部員がさーっと逃げるという雰囲気は、東方で例えると、公休日に幻想郷の人里にお説教を垂れにやってきた
地獄の閻魔様の四季映姫様が、姿を現したと同時に幻想郷内の人間・妖怪たちがさーっと姿を消しとんずらする光景と
似ているものがあるのかもしれないですね・・)
そのOBの先輩は、現役当時は上記で書いたバレのリシルド序曲とかジールマンの「チェルシー組曲」というあまりにも
地味でマイナーすぎる曲が大好きで、現役当時は
部員の「そんな地味な曲は嫌だ!」という大ブーイングの声をはねのけ、
「自分達が演奏する自由曲はリシルド序曲とチェルシー組曲のうち二つに一つ」と選択を迫り、
リシルド序曲よりは少なくとも盛り上がるチェルシー組曲を自由曲にしたという経緯もあったそうです。
そしてこの先輩は口癖のように「チェルシー組曲とリシルド組曲みたいな渋い曲が分からん奴は吹奏楽、いや音楽を語る資格は
ない!!」とやたら息巻いていましたけど、その意味においては、
私は未だに吹奏楽を語る資格が無いという事になるのかもしれないですね~(汗)

リシルド序曲もチェルシー組曲も上記で書いた通り噛めば噛むほど味わいが出てくる曲なのかもしれないですけど、
現在の吹奏楽オリジナル作品のあの華麗さを目の当たりにすると、やはり「地味すぎるのかも・・」と感じずには
いられないですね・・

最後に・・上記でジールマンのチェルシー組曲の話が出てきましたので、この曲について少しばかり触れさせて頂きたいと
思います。

ジールマンのチェルシー組曲は全体でも6分強の短い3つの楽章から成る作品で、
メロディーラインはかなりレトロで古めかしいムードではありますけど、時にモダンさを感じる面も多々あったと思います。

この組曲は下記の三曲から構成されています。

I..イントラーダ

冒頭はトランペットのの華やかで軽快な旋律で始まりますけど、このテーマが全楽章を支配するといっても過言では
ないと思われますので、この組曲は金管セクション、特にトランペットに巧い人がいないと全く曲にならないような
感じもあるかとは思われます。

II..カンツォーネ

抒情的な音楽で、木管セクションが奏でるゆったりとしたメロディーラインはとても清らかで美しいと思います。

III..アレグロ

低音楽器がマーチ的に演奏されⅠで登場していたメロディーラインが再現されます。
全体的には一種の変奏形式であり、たくさんの楽器によってメロディーラインが変奏され反復していきます。
途中のトランペットソロがとてつもなく渋いです。
そしてラストはたたみかけるように一気に終わり、全体としてはいかにも「古き良きアメリカ」とか
「努力すればいつかは願いが叶う」といったインチキ臭くて胡散臭い60年代のアメリカそのまんま・・という雰囲気に
溢れていると思います。

三楽章形式ですが、全体的になんとなくですけど「サンダーバード」みたいなテーマが至る所に登場しているようにも
感じられます。
今現在の華麗なオリジナル作品に比べるとやはり地味とか単調とかシンブルという印象も確かに感じるのですけど、
そのシンプルさがやはり「古き良きアメリカ」なのだと思います。
全体的にはトランペットが活躍しますので、トランペットが外すとこの曲全体の印象がとてつもなく悪くなってしまう危険性も
秘めているようにも感じられます。

チェルシー組曲は音源がほぼ皆無なんですよね・・

私がどうしてこの曲を知っているのかと言うと、言うまでもなくうちの高校のその説教好きなOBが指揮した演奏の実況録音の
テープを何度か聴いたからでもあったりします。
ちなみにチェルシー組曲には、飯吉安彦指揮・フィルハーモニアウィンドアンサンブルのレコードがあったりもしますけど、
当然このレコードはとうの昔に廃番になっていてCD化もされていませんので、今となっては幻の音源です。
指揮者は飯吉安彦と書いてありますけど、写真を見ると汐澤安彦にしか見えないのですが、、
汐澤安彦さんはもしかしたら婿養子に入ったとか離婚したとか色々となにか事情があったという事なのかな・・? (汗)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

またまた

私のエピソード持ってる曲にほんとヒットしますねぇ

リシルド序曲は高2の時の自由曲候補でした。当時はまだ名残?で演奏する団体もパラパラとありましたので、聞いたことはありましたが、この時代の曲特有の難しさにやられまくっていました。
この時期私はBSaxにバイトしていたのでなおさらでしたね。
そして結局は顧問がコンクールのエントリーを忘れて出場すら叶わなかったというオチなんですが、あれば出れなくてよかったですw

そしてチェルシー組曲。こちらは中学の時に卒業した先輩が演奏した曲だったらしく、卒業生を送る会みたいな会で懐かしの曲を演奏することになって初めて触れたのでした。
当時やっていた、民話や西部の人たちよりは難しく、インヴィクタ・アルヴァマーよりはかなり簡単という位置づけでしたけど、すでに演奏されなくなっていた曲でしたね。
しかし実際に聞いたことは数回しかなく、私のイメージではきちんと聞かせるのが難しい曲という印象でした。
ちょっと音源探してまた聞いてみたいと思います。

リシルド序曲

まつたく 様


リシルド序曲は今現在も当時としても大変珍しいと思える木管主体のオリジナル作品でしたので、
そうした点も華やかさに欠け地味と評されていた理由なのかもしれないですね。
下手なチームが演奏すると退屈極まりない曲になってしまうのですけど、
例えば1977年の石田中のように考えられた演奏をされると、途端に魅力的な曲にも感じますので
やはり音楽というものは演奏者によってかなり変化するという事なのかもしれないですね。

チェルシー組曲は対照的に金管優勢の曲ですけど、今現在の華麗なるオリジナル曲に比べるとどうしても地味とか単調のように
聴こえたりもするのはやむを得ないのかもですね。

飯吉靖彦が本名で、汐澤姓は芸名だと聞いたことがあります。

ありがとうございます!

やなぞう 様


教えて頂きありがとうございます!

汐澤さんというと東京佼成や東京吹奏楽団の指揮者とかアルヴァマー序曲の例のあの快速速度の演奏が
大変印象的で、あれが本名かと思っていたら
実はチェルシー組曲のレコード表記のように飯吉靖彦さんが本名だったのですね。

これは初めて知りました。貴重な情報をありがとうございます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4414-89379a92
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |