FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


この当時の昼間は、千葉県佐倉市の京成臼井が勤務先だったため、
駅前のそば屋とかココスとかケンタッキーとかで昼ごはんを食べる事が多かったような気がします。
当時は「臼井」という表記でしたが、いつのまにか京成うすい駅という表記に変わっていましたが、
読みにくいせいなのかな・・・?
当時の臼井周辺は、都内近郊ベッドタウンとしてのベッドタウン的新興住宅地という側面と
古くからの農家という二つの側面が混在する街という印象がありました。
現在は、八街・印西・冨里という所もどんどん開発が進みましたので、
臼井だけが新興住宅地という事もないと思いますが、
当時自分が勤務していた頃の臼井と現在のうすいはどのように変わったのか、
どの点が変わりがないのか、一度見てみたいなーと思います。
というか、臼井周辺は、1990年以降一度も行った事がありませんので、大分変ったのでしようけどね・・・

〇福岡工大付属高校

 前年「ダンスフォラトゥーラ」で九州大会で圧倒的な名演を残しながらも
 まさかのスカ金で全国に駒を進めなかったこのチームですが、この年は前年の鬱憤を
 晴らすように素晴らしい名演を残しています。
 そして、1984年以来久しぶりの金賞を受賞しています。
 そう言えば、このチームは1981~年まで4年連続金賞を成し遂げながら、85年に九州大会で
 スカ金に終わり、全国5年連続金賞という栄冠を取り逃がしています。
 結果的に指揮者の鈴木先生は、この年で福岡工大付属から勇退されてしまいます。
 最後に大輪の花を咲かせてくれたような気がします。
 課題曲Aは悪い演奏ではありませんが、最後のトランペットのソロがスカスカにかすれてしまい、
 思わずヒヤヒヤしたものです。
 自由曲「シバの女王ベルキス」は前年度に東北学院大学が全国初演を行い、指揮者&編曲者の淀氏は
 ベルキスを世に広めたという大きな功績を残す事となりました。
 東北学院大学は、ⅠとⅣを繋ぎ合せた演奏ですが、
 福岡工大付属の演奏は、小長谷氏のアレンジによるもので、
 Ⅱ.戦いの踊り~Ⅲ.暁のベルキスの踊り~Ⅳ.狂宴の踊りを選曲しています。
 戦いの踊りは、このチームが全国初演ですが、出だしのティンパニーのソロと金管の咆哮は
 本当にインパクトがありました。
 続いての大太鼓二台による太鼓連打も迫力がありましたし、続くクラリネットのソロもいかにも
 アラビアンナイトみたいな音の世界であり、とても興味深く聴いたものです。
 ⅡとⅣ間に挟まった暁のベルキスは、しっとりと聴かせてくれました。
 1992年の常泉寺吹奏楽団は、この「暁のベルキス」の部分をメインにしっとりと聴かせてくれましたが、
 ベルキス=よく鳴る曲というイメージが定着した中で、これ程内省的なベルキスも珍しいので
 印象に残っています。
 福岡工大付属のベルキスは、豪快さと細やかな部分が融合した素晴らしい演奏でしたし、
 鈴木先生への餞別だったのかもしれません・・・
 翌年から指揮者が石田中・那覇中等でお馴染みの屋比久先生へと変わり、福岡工大サウンドも
 一変する事となります。
 
 余談ですが、ベルキスのⅡの大太鼓連打の部分で太鼓の撥に鈴をつけて太鼓と鈴の音が同時に鳴る
 演出は印象に残っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/441-7db06a2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |