FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


伊藤康英の吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」は大変スケールが大きく
エネルギッシュな名作だと思います。
そしてこの曲は今後もずっと演奏され続けて欲しい後世に受け継がれていって欲しい素晴らしい名曲の一つだと思います。
この曲は過去に何度も吹奏楽コンクールの支部大会・全国大会でも演奏され
吹奏楽オリジナル邦人作品の一つの大変な成功事例としての評価は既に定着していると思います。
この曲の「熱さ」・「エネルギッシュさ」は大変なものがあり、
特に全曲を通して聴く場合は、中途半端な気持ちで聴くことは出来ない何か作曲者の真剣な意図が ひしひしと伝わってきます。
管弦楽アレンジ版として吹奏楽から管弦楽に作曲者自身によって編曲され、管弦楽版として演奏されたこともあります。
吹奏楽曲が管弦楽曲にアレンジされた事例って実はそれほど多い訳ではなく、
この「ぐるりよざ」の他には、私が知る限りでは、
フーサの「プラハのための音楽1968」と「この地球を神と崇める」とか、ヴォーン・ウィリアムズのイギリス民謡組曲とか
ミヨーのフランス組曲など決して多い事例ではないだけに、それだけ「ぐるりよざ」の演奏価値が高いと
認められた一つの証しなのかもしれないですね。

今年・・、2018年の6月にユネスコの世界文化遺産登録委員会より「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が
世界文化遺産に登録がされていましたけど、このいわゆる「隠れキリシタン」をモチーフにした曲こそが
この吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」なのです。

この曲は、1989年から1990年にかけて、海上自衛隊佐世保音楽隊の岩下章二の委嘱により作曲され、
鎖国時代の長崎の隠れキリシタンの文化に着想を得て、
隠れキリシタンに歌い継がれた音楽をベースにしながら独創的なこの音楽を創り上げていきます。
また委嘱者の注文を踏まえ、第2楽章に「龍笛」という極めて珍しい雅楽の楽器を使用しているのも大きな特徴ですね。
題名の「ぐるりよざ」は、長崎生月島に伝わるキリスト教の聖歌"Gloriosa"が訛った言葉なのですけど、
先祖代々「グレゴリア聖歌」として歌い継がれていく過程の中で
グレゴリオ聖歌の一つ「グロリオーザ」→「ぐろりおざ→「ぐるりよざ」」と言葉として
変容していったと言えるのだと思います。
先祖代々受け継がれてきた「隠れキリシタン」としての苦悩・誇り・「ばれたらどうしよう・・・」みたいな
焦燥感と危機感が曲の隅々にまで感じられ、決して楽な気持ちで聴くことは出来ない曲なのですけど
その「壮大なスケール」は是非一度耳にして欲しい大変な名作であり大変な力作であると感じます。

吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」は以下の三つの楽章より構成されています。

Ⅰ.祈り

Ⅱ.唱

Ⅲ.祭り

第一楽章の「祈り」は敬虔な祈りの音楽です。
冒頭部分は、コンサートチャイム・ヴィヴラフォーン等の鍵盤打楽器から静かに開始され、それに乗っかる形で
パストロンボーンとユーフォニアムがグレゴリオ聖歌を奏で、
更に「男声コーラス」が聖歌を歌い上げていきます。
(作曲者の指示で、コーラスを入れる事が不可能な場合はカットしても良いとの事です、ちなみにですけど
伊藤先生の見解としては、コーラスのカットは仕方がないが、男性奏者がいない場合等の女声コーラス・混声合唱は
あまり望ましくはないと指示されています)
中間部で激しいリズムの反復を経て、かなりヒステリックな木管の高音による絶叫の後、静かに閉じられていきます・・・

あの「絶叫」は一体何を示唆しているのでしょうか・・?

拷問・弾圧の恐怖なのか、それとも実際の弾圧による悲鳴なのか・・・・

とにかくとてつもなく重たい楽章です。

第二楽章は、冒頭で「龍笛」という雅楽の楽器が使用されています。
音の不安定感がなんか一層隠れキリシタンの人達の未来を暗示しているような気もしますけど、途中でホルンが
「あー、参ろうか、参ろうか、パライソの寺に参ろうか」という「さんじゅあん様のうた」というメロディーを高らかに吹き上げますけど
この部分は、弾圧にもめげない民衆の土俗的パワーみたいなものを感じます。
そしてこのホロンの勇猛なメロディーは、第三楽章のラストのすさまじいエネルギーの中で高らかに再現されていきます。
第二楽章自体のラストは、魚板による「床への叩き付け」というすさまじい一撃で唐突に閉じられます。

第三楽章は、第一~第二楽章での抑圧された鬱憤を全て吹き飛ばすかのような
エネルギッシュで豪快な音楽ですし、全曲中最大の聴かせ所であり全体の白眉です。
この楽章で有名な長崎民謡「長崎ぶらぶら節」が分かり易い形でかなり執拗に引用されているのが大きな特徴です。
第三楽章はA-B-Aというシンプルな構成を取り
Aではこの「長崎ぶらぶら節」をメインテーマとして展開され、Bのしっとりとした感動的な歌が展開され
Aの再現部では、
この「長崎ぶらぶら節」と第二楽章で出てきた「さんじゅりあん様のうた」が見事に融合され
最後はすさまじい大音量とエネルギーのコラールで閉じられていきます。
全体的には西洋のグレゴリオ聖歌と日本の民謡が一体・融合化した大変魅力的な作品だと思います。

作曲者の伊藤康英先生は九州の方かと思っていたのですけど、実は静岡県浜松市が出身との事です。
伊藤康英先生というと、吹奏楽コンクールにお詳しい方だとピンとくると思いますが
長い間筑波大学吹奏楽団の指揮者を務められていて、その自由曲の選曲が
ネリベル/二つの交響的断章 アイヴズ/カントリーバンドマーチ シェーンベルク/主題と変奏
ミヨー/フランス組曲 ヒンデミット/吹奏楽のための交響曲などという
ウルトラ級のマニア好みの選曲をされていたのは、本当に嬉しい限りでした。
伊藤康英先生は一度だけ全国大会に出場され、その時の自由曲は残念ながら自作自演とはなりませんでしたが、
矢代秋雄の交響曲をかなり精密に細かく聴かせていたのが印象的でした。

伊藤康英の吹奏楽作品ってかなり膨大なものがあるのですけど

特に・・・・

〇吹奏楽のための抒情的「祭」

〇北海変奏曲

〇未完のオペラへの間奏曲

〇吹奏楽のための交響的典礼

〇台湾狂詩曲

〇交響的断章「時の逝く」

〇ユーフォニアムと吹奏楽のための幻想的変奏曲

〇組曲「相馬三景」 ~ Ⅰ.ファンファーレ、Ⅱ.新相馬節、Ⅲ.相馬フェスティバルマーチ

〇浜松序曲 浜松市民のための三つのファンファーレ マーチ「浜松」 といったご当地オリジナル作品

などの作品が極めて印象的です。
二楽章から構成される「交響曲」もかなり魅力的な作品だと思いますし、ちなみにこの曲の初演は私も聴いていました~!
1996年には全本吹奏楽コンクールの課題曲Ⅰ/ 吹奏楽のためのソナタも作曲されていますけど、私自身はこの課題曲は、
苦手と言うか嫌いな課題曲の一つです・・(汗)

吹奏楽のための「ぐるりよざ」ですけど、プロの演奏では圧倒的に小田野宏之指揮/東京佼成W.Oが素晴らしいです!!
吹奏楽コンクールの演奏としては
1992年の習志野ウインドオーケストラが素晴らしい演奏を聴かせてくれています。
(ⅠとⅢから構成されたカットなのですけど、このカット方法がとても自然で、音楽的な連続性と統一感を伝えているのは
巧いと思います)
極めてローカルな話ですけど、山梨県・敷島中で数多くの名演を残した大島先生が
山梨県のB部門時代に笛川中で聴かせてくれた関東大会の「ぐるりよざ」の演奏はかなり印象的です。
第二と第三楽章から抜粋し、第三楽章ではエネルギー不足のため、かなりヘロヘロな演奏になってしまいましたけど、
第三楽章冒頭の鋭い切れ味と第二楽章ラストで魚板をステージ床に「ガツン」と叩き付けた衝撃音のすさまじさは
かなりインパクトがありました。

最後に・・
吹奏楽コンクールなのですけど、現在の規定においては原則として「声」の使用は限定条件ですけど
使用する事自体は可能です。但しコーラスとか歌唱のように歌詞を伴うのは不可です。
歌詞を伴わないいわゆる「スキャット」であれば声の使用はOKとなっています。

あれれ・・そうなるとぐるりよざの第一楽章冒頭部分は歌詞が伴っているから、この曲の第一楽章冒頭の演奏は
コンクール既定としてはNGと言う事で失格になってしまうのですね!
それが原因でこの曲が吹奏楽コンクールで演奏されないとするならば、それはちょいと残念な話ですね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ぐるりよざは・・・

ぐるりよざには苦い経験がありまして、もう演奏する勇気がありません。
演奏会で演奏したのですが1楽章の途中であわや空中分解!?
いや、もう分解していましたねあれは。

曲自体は好きですが、やはり難しいからか最近は演奏団体も絶対数はすくないですよね。
生演奏では東京芸大のぱんだウィンドの演奏が素晴らしかったです。
これはライヴCDも出てるかと思いますが、さすがのテクニックに若いキレ、ハリのある音色、ライヴのノリが相まって本当に鳥肌の立つ演奏でした。
また2楽章では龍笛奏者(雅楽の学生)があのスタイルで演奏するなど100%ホンモノで楽しめました。
(近々再演があったような)

私はぱんだの大ファンですが、それはまた今度…

伊藤康英については私はちょっとニガテですかね。
サウンドが薄いイメージがあり、あんまり聞きたいと思わないので勉強が足りていません。「これだけは聞いておけ!」ってのがあれば、ぜひご指南下さい<m(__)m>

伊藤康英先生

「伊藤康英先生」は「ぐるりよざ」も抒情的「祭」も音楽的解釈が難しいとか、高いテクニックが必要とか、そういうわけではありませんが、全体奏や強奏が多いイメージがあり、吹き終えたときにはパワーを使いきり「もう音が出ないよー、しんどいわぁ……」となるパターンが多いらしいですね…。
実は28日(土)から途中で休みの日を含めて計4日間秋田県大会が始まりまして、少しずつ東北大会に出場する団体も決定しています。今はネットで調べるとすぐ審査結果がわかる時代ですが、後日の楽しみで結果は内緒にしますね(笑)。
ちなみに多分秋田県大会では初めてだと思いますが、あの元天理高校の指揮者「新子菊雄先生」が審査員で秋田に来ております。
自分が新子先生の実物を見たのももちろん初めてです。全国大会で数々の名演をされた先生が秋田県の団体の演奏をどう感じているか、気になりますね。
自分の県はもちろんですが、各県大会の審査員の先生方にも公平・厳正な審査をお願いしたいところです。

伊藤康英先生の曲は・・

まつたく 様


私自身「ぐるりよざ」を演奏した経験は無いのですけど、聴くだけで奏者が疲れ果てるというのか
エネルギーを使い果たすというのは伝わってきます。
1992年にぐるりよざを関東と全国で演奏していた習志野ウインドは圧倒的な名演を残してくれましたけど、
演奏終了後はどの奏者の皆様も精根尽き果てた・・みたいな雰囲気が客席からも伝わっていたと思います。

伊藤康英先生の曲はサウンドがうすいという事は100%無いですよ・・

むしその逆でサウンドは重厚そのものだと思います。

うすいと感じてしまうのは96年の課題曲Ⅰ/吹奏楽のためのソナタの印象なのかも・・?
ちなみに私はあの吹奏楽のためのソナタは、課題曲の歴史の中でも同年の交響的譚詩と同じくらい
大嫌いな曲であったりもします・・(汗)

伊藤先生の曲でお勧めは、

〇北海変奏曲

〇未完のオペラのための前奏曲

〇吹奏楽のための交響的典礼

〇台湾狂詩曲

〇交響曲

だと思いますし、絶対に聴いて欲しいのは未完のオペラのための前奏曲と交響曲です!

新子先生

一秋田県民 様


ぐるりよざはとにかく全奏者(特に金管とティンパニ奏者)はとてつもなくエネルギーを発散させる必要が
ある曲ですし、生半可な気持ちでは絶対に吹けない曲だと思いますし、あの「秘められた想い」は本物であり、
聴く度に頭が下がる気持ちで一杯の曲だと思います。

元・天理の新子先生が審査員とは素晴らしいですね!

あの先生は本当に偉大だと思います。矢野・谷口先生からの実績と伝統を見事に継承したばかりでなく、
新子先生といえども万能ではないというか神ではないというか
結構厳しい時代も経験しているという事にも注目したいです。
例えば、1983年と1991年には、関西大会でまさかの予選落ちを経験していますし、
何よりも1996年~2001年の約5年間は「冬の時代」というか、
毎年関西大会で代表を逃し、関西大会でも金賞を取れない時期もあったようです。
だけどそれを乗り越え、2002年以降は、再度「天理の栄光」を取り戻し、
普門館に戻って全国での金を奪還したのはさすがとしか言いようがないです。

栄光の時代と不遇の時代の両方を経験している指導者なんてのは、そうざらにいるものではありませんけど、
だからこそ「天理」の栄光と伝説は不滅のものなのだと思います。

新子先生の凄い所は、オリジナル曲・アレンジもの、両方に対応できている所です。
オリジナル曲では、オセロ、フェスティヴァル・ヴァリエーション、セント・アンソニー・ヴァリエーション、
ディオニソスの祭りに名演を残し、
アレンジものでは、海・ダフニスとクロエ・中国の不思議な役人・スペイン狂詩曲などに名演を残しています。
私的には、やはり81年の「オセロ」が大好きです。
80年の「ストーンヘンジ交響曲」というマイナーな曲にも光を当ててくれた事も嬉しい限りです。

最近の関西大会は大阪勢ばかりの独占状態ですけど、奈良・京都・兵庫にもかつての栄光を取り戻して欲しいものですね~!

経験

 ぐるりよざ、まだ楽譜がバンドジャーナルの付録でしか入手できない頃に、全曲指揮したことがあります。まあ我流でしたからお恥かしい演奏でしかなかったと思いますが。その際、合唱部分は女声だけにしました。混声や男声には当時違和感を感じたように記憶しています。作曲者に怒られそうですが・・・第2楽章はピッコロで敢行、龍笛の使用も考えはしましたが、演奏者への負担を考え却下、魚板は家庭用のまな板を当日購入して木槌(だったかな?)で叩いてもらいました。演奏会の翌年でしょうか、やたらとコンクールで取り上げられていたのには、少々辟易としてしまいましたが・・・。

 そして20年の後、今度はホルン奏者で演奏、やたら高音が出てくるので苦労の連続、管弦楽での下吹き専門のアマチュア奏者にとっては鬼門だらけでした。この時、サンプルとしてどこかの演奏をCD-Rで何度か聴きましたが、龍笛はちと違和感をぬぐえませんでした。ソロとはいえ、西洋楽器の集まりである吹奏楽との融合は、難しいものがあるのかも知れません。武満徹のノーヴェンバー・ステップスのようには、なかなかいかないのかなあ(ま、この曲は西洋楽器との対峙、対決のようなものだからねえ?)

西洋と東洋の融合

とりあえずホラ吹き 様


伊藤康英先生の注意事項では、Ⅰの冒頭は女声コーラスは望ましくない Ⅱのピッコロでの代用は勘弁して・・
という事でもありましたので、伊藤先生から怒られてしまいそうですね・・(汗)

日本の能や歌舞伎を金髪外国人が演じるととてつもない違和感を感じると思うのですけど、
日本の旋律が登場する楽曲を西洋の楽器で演奏したり
和太鼓・締め太鼓・龍笛・琴といった日本古来の楽器と西洋の弦楽器・管楽器がコラボして演奏しても特に違和感を
感じないのは、面白い現象の一つなのかもしれないです。
和の楽器と西洋の楽器の融合と言うと、ご指摘のノーヴェンバー・ステップスも確かにその通りだと感じるのですが、
より興味深い楽曲として、黛敏郎先生の「舞楽」も挙げられると思います。
あんな和の響きバリバリのメロディーを西洋の楽器だけで演奏してもそこから響いてくる音楽は和の響きそのものというのは
とても興味深いと思います。
コンクール課題曲で言うと、少し古いですけど、1980年の吹奏楽のための「花祭り」では使用される打楽器は、
和太鼓・締太鼓・拍子木・鈴とティンパニ・サスペンダーシンバルなどという事で西洋楽器と和楽器でしたけど、
響いてくる音楽はまさに西洋と和の融合という情緒だったと思います。


ぐるりよざ

(今のところ)最後のコンクールの曲がぐるりよざでした。

作曲者指定によるコンクールカット(1楽章の後半から3楽章の冒頭への連結→3楽章の後半への流れ)や男性コーラスを忠実に?守ったので、
男性奏者全員でコーラスしました。
ただ、人数的にクラとトランペット以外は1人1パートだったこともあり、
パートによってはコーラスに回った男性奏者の穴埋めをするために、
女性団員が男性奏者のパートの音を取りまくってました。

個人的にはB♭クラとバスクラをかけ持ちだったので、
そっちの方が大変でしたが(笑)

コーラスは後にも先にもその1曲だけ。

現在は・・

某大学の卒業生 様


ご無沙汰しております! お元気そうで何よりでした!

ぐるりよざを演奏経験があるとはとてもうらやましいです!

伊藤先生公認のカットは92年の習志野ウインドが見事にその巧みさを実証していましたけど、
確か女声コーラスはNGとかⅡの龍笛をピッコロ代用はNGとか吹奏楽指揮者経験者らしい細かい指示が出されていたのは
大変印象的です。

現在の吹連の規定では歌詞がはいる声は違反行為となってしまい失格になりますので、
92年の習志野ウインドのような演奏が現在ではできないのがかなり勿体無い気がしますね・・

価値のある名曲

ぬくぬく先生さん、こんばんは
「ぐるりよざ」はコンクールで後輩達が取り上げいい結果を得た曲です。個人的にはコンクールではなく、全曲を演奏会などで演奏して、長く受け継いで行ってもらいたいと思う曲です。邦人作品の中でも価値ある名曲と思っています。

奏者は大変だけど・・

sankichi1689 様


吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」は、奏者にとっても指揮者にとっても演奏するだけでとてつもないエネルギーを要する
曲だと思いますし、それだけ伊藤先生の曲に対する想いの強さや隠れキリシタンという歴史の重さがそこにはあるのかも
しれないですね。

邦人吹奏楽オリジナル作品として後世に受け継いでいってほしい曲の一つですけど、歌詞を伴うコーラス禁止という
吹奏楽連盟の規定改定により、
伊藤先生が公認した吹奏楽コンクール用のカットでも第一楽章冒頭が演奏できなくなってしまったのは
勿体無い気はします。

ぐるりよざ

ぬくぬく先生 こんにちは
市立川口のについて検索していたらたどり着きました。

私は伊藤先生が振っていた大学のOBです(伊藤先生は基本コンクールだけでしたが)。
ぐるりよざの演奏経験もあります。
思い出深い曲です。
第二楽章ラストの魚版は、音のいいまな板を使ってましたね。
どこも手を抜けない、しっかりと音が詰まった曲です。
三楽章の金管のコラールは4人のソリです。大好きな部分です。
最後のホルンがさんじゅあんさまを吹きますが、低音&ティンパニもぐるりよざのテーマを演奏しています。

伊藤先生はたまにいらっしゃって振ってくれる際、それは楽しそうに仕掛けやアナリーゼを説明してくれました。
素材の説明ではなく、あくまで変奏の仕掛け解説が多かったのですが。



追伸
記事で「未完のオペラへの前奏曲」(「未完のオペラのための」ではありません)に言及されていますが、これは大学の委嘱で、当時の演奏会以外では演奏されていないのではないかと思います。13分くらいのパイプオルガン入りの曲です。
出版されてCDにも収録されているのは、「未完のオペラへの間奏曲」です。
モチーフは共通ですが。

「未完のオペラへの前奏曲」初演では、パイプオルガンをシンセサイザーで演奏した際、ポップスステージの設定が残っていて、「ぎゅいーん↑」とポルタメントがかかってしまっています。

ぐるりよざ

現役やめてはや●年 様


ぐるりよざや伊藤先生の事を色々と細かく教えて頂きありがとうございました。

伊藤先生から直接のご指導や伊藤先生指揮での演奏や、ぐめりよざの演奏のご経験がある等
とてもうらやましく感じたものです。

未完のオペラへの前奏曲のご指摘恐れ入ります・・本記事で訂正をさせて頂きました。ありがとうございます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4406-a70d1302
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |