FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


フランスの作曲家のダリウス・ミヨーというと、吹奏楽経験者の皆様ですと「フランス組曲」なのかもしれないですね!
この曲は1981年の富山ウインドとか1988年の谷山中みたいにたまに全国大会の自由曲としても
演奏されることもあったりします。
(1960年に矢野先生時代に天理高校も自由曲として演奏しています)
この曲のタイトルが示唆する通り、フランス各地の民謡が組曲のいたるところに盛り込まれています。
この組曲は元々は吹奏楽曲として書かれ後に管弦楽用にアレンジされている珍しい作品です。
元々は吹奏楽として作曲され、後日管弦楽にアレンジされたという意味では、ヴォーン・ウィリアムズの「イギリス民謡組曲」や
フーサの「プラハのための音楽1968」や伊藤康英の吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」などと同じと言えると思います。

フランス組曲は下記の5曲から構成されています。

Ⅰ.ノルマンディー

Ⅱ.ブルターニュ

Ⅲ.イル・ド・フランス

Ⅳ.アルザス・ロレーヌ

Ⅴ.プロヴァンス

吹奏楽コンクールでは、Ⅲ・Ⅳ・Ⅴを選ぶパターンが多いですね。

Ⅰは、フランス解放の始まるノルマンディー上陸作戦の土地でもありますよね~!
ホルンの旋律から始まり、やがてオーボエが「哀れなブルターニュの漁夫」の旋律を奏でるⅡもとても美しいです。
快活で速いテンポのにぎやかな曲のⅢ、しっとりとしたⅣ、高らかな讃美歌みたいなⅤがやはり印象的ですけど
Ⅴのプロヴァンスでビゼーの「アルルの女」~ファランドーレの踊りで大活躍をする
フランスの民俗楽器「ブロヴァンス太鼓」が活躍するのはこの組曲のいっちば~んの聴きどころです。
プロヴァンス太鼓のリズムにのってピッコロ、フルートが副主題を奏で、トランペットとトロンボーンによるファンファーレを
はさんで中間部にはいり、また同じ合図により主題が再現され、コーダに入り曲が華麗に閉じられます。

Ⅳの「アルザス・ロレーヌ」は、歴史的にはこの地方を巡ってフランスとドイツが何度も戦争を繰り返し
領有権を奪い合い、その都度ある時はフランスの領土となりある時はドイツの領土となり、
例えば学校の授業の「公用語」もそれによってドイツ語かフランス語かたびたび変更になり
そうした事実が、小説「最後の授業」の背景にもなっています。

Ⅳの何かもの悲しさはそうした歴史的背景もあるのかもしれないですね。

ミヨーというと、個人的に印象深い曲というとバレエ音楽「世界の創造」だと思います。
この曲、実は一度だけ実際の演奏会で聴いたことがあり、
その不思議な感覚、ジャズの要素、サックスのけだるい雰囲気に魅了された記憶があります。
曲は16分程度とそれほど長くもありませんし、かなり変化に富んでいますし、
ジャズっぽい洒落た要素も多々ありますので飽きる事はないと思います。
ミヨーの作曲の意図としては「アフリカ人の視点から描いた天地創造」とのことです。
この曲はほとんどの音楽解説書においてはジャンルの扱いは「管弦楽作品」となっていますが、
私の意見としては、「限りなく吹奏楽オリジナル曲」に近いと思っています。

というのも「世界の創造」の楽器編成は、

フルート2(第1フルートはピッコロと持ち替え)
オーボエ1
クラリネット2
ファゴット1
アルトサクソフォーン1
トランペット2
ホルン1
トロンボーン1
打楽器1名 (ティンパニ5、シンバル、スネアドラム、テナードラム、プロヴァンス太鼓、ウッドブロック、メタルブロック、
足踏み式のシンバル付バスドラム) ※ティンパニ以外の楽器はドラムセットのように組み合わせて演奏する。
ピアノ
ソロヴァイオリン2
チェロ1
コントラバス1

17名の奏者のうち、14名が管楽器と打楽器・ピアノで、3名が弦楽器ですから、
管弦楽曲とも吹奏楽作品とも両方とも言えるのかもしれませんけど数の論理においては、
吹奏楽に限りなく近いといった方が宜しいのかもしれないですね・・(笑)

あ・・、それを言うとヘンデルの「王宮の花火の音楽」も吹奏楽曲になってしまうのかな・・・?
だけど王宮の花火の音楽には一応弦楽合奏もオプションとして付いているから、
さすがにこの曲は古典的な管弦楽曲と言えそうです。

ミヨーというと「世界の創造」以外にも色々とユニークな作品も残していますけど、ミヨーの単独作品ではなくて
合作という扱いではありますが、バレエ音楽「エッフェル塔の花嫁花婿」という作品は、まさにフランス音楽の粋で
エレガントな部分がギュギュ~っと詰まった小粋な作品だと思います。
このバレエ音楽はジャン・コクトーがミヨーを含めたフランス6人組に作曲を依頼したものの、
第6曲「電報のワルツ」を担当する予定であったデュレが、リハーサル4日前になってこの企画をドタキャンしてしまい、
代りにミヨーがわずか三日間で曲を作り上げたというエピソードも残されています。

そうそう、ミヨーというと限りなくマイナーで珍曲という扱いになってしまいますけど、ガーシュインのあのあまりにも有名な
「パリのアメリカ人」の二匹目のドジョウを狙った作品として「ニューヨークのフランス人」という曲も残しています。
ミヨーは、「バリのアメリカ人」に対抗して「ニューヨークのフランス人」という曲を作曲しますが、
これは全く受けませんでしたし、 全く演奏されませんし、CDもほとんど出ていません。

これはいかにも「二匹目のドジョウ」戦略ですね・・(汗・・・)

ちなみにこの「ニューヨークのフランス人」ですけど、その構成は・・

1.ハドソン河上の霧のニューヨーク
2.修道院
3.セントラル・パークの馬車
4.タイムズ・スクエア
5.屋上庭園
6.ヤンキー・スタジアムの野球

という事らしいです。(私もこの曲を聴いたは一度も無いもので、どんな曲なのか皆目見当つかないですね~)

ミヨーの「フランス組曲」やバレエ音楽「世界の創造」はある意味、吹奏楽曲でもあり管弦楽曲でもあるのですけど、
ミヨーと同様にフランス人で、吹奏楽とも管弦楽ともどちらにも取れそうな曲があったりもします。
それがメシアンの「我、死者たちの復活を待ち望む」という曲なのですけど、この曲はバリバリの現代音楽です!
そしてこのフランスの偉大なる現代音楽の作曲家、メシアンの曲を過去に一度だけ吹奏楽コンクールで演奏したチームが
あったものです!
(2017年現在、メシアンのあの難曲を吹奏楽コンクールで演奏したのは後述しますけど、1995年の一度限りです!
そして多分ですけど今後もあの曲を演奏するチームは出現しないと思います)
その曲を演奏したのは、今現在は都立片倉を率いて全国大会で何度も金賞に輝いている馬場先生の
片倉高校の前の赴任校、都立永山高校の1995年の自由曲がまさにその唯一の事例です。

「我、死者達の復活を待ち望む」は「トゥーランガリア交響曲」や「鳥の歌」三部作と並ぶメシアンの代表作品の一つです。
というか、なんでこんな複雑怪奇な曲を自由曲にしようと思ったのでしょうかねぇ・・・

いやいや、馬場先生の思い切った挑戦はすごいものがありますし、あの演奏を都大会と全国大会で二度も聴く事が出来た私は
とてつもなく貴重な経験をさせて頂いたと今でも思っています、

当時のBJのインタビュー記事で馬場先生は
「1995年は阪神淡路大震災・オウム事件などで世相が大きく悲しく揺れた年であり、
そういう年だからこそ何かメッセージを後世に残しておきたかった」みたいな事を言われていましたけど
その辺りは過去も現在もメッセージ性の強い曲を大変アクが強く個性的に、かつ音楽的にまとめられる馬場先生らしい
お言葉だと思います。

だけどあのメシアンですよ~!!

あのメシアンを吹奏楽コンクールの自由曲にしてしまうなんて、かつて1983年に花輪高校が自由曲に、
無調音楽全開のベルク/三つの管弦楽曲を選んだ時とか
秋田南高校がやはりベルクの歌劇「ルル」組曲を自由曲に選んだとかと同じくらいのインパクトがある思います。
現代音楽の当時の生き神的存在で、ブーレーズも信奉していたあのメシアンの曲を吹奏楽コンクールでチャレンジするとは
今現在の視点で考えてみても「大変な決断とチャレンジ魂」という印象が強いです。

メシアンの「我、死者達の復活を待ち望む」という曲は、1996年2月号のBJの記事においては、
クラシックアレンジ作品ではなくて「吹奏楽オリジナル作品」として分類されていたのは正直驚きました。

だけどよく考えてみると、確かに間違いではないのですよね。
この曲はかなりの特殊編成でして、楽器編成の中に弦楽器は一切使用されていませんし管楽器と打楽器のみでの構成です。
しかもその打楽器と言うのも、都立永山の実演を聴いた際も、まさに「驚き!!」という感じでしたけど、
チャイム・ゴング・ドラを複数個も使い、曲そのものがドラが終始ごわーーーーんと轟音を立て、チャイムがチャイニース風な
色彩の音楽を誘導しているみたいな感じでした。
普門館の舞台の上に、とてつもない数の大小のドラがずらーーーっと並んでいたという印象が大変強いです・・

確かに弦楽器を使用していないから、分類上は「吹奏楽作品」と言えるのかもしれませんけど、
あのメシアン大先生のあの曲を「吹奏楽オリジナル作品」として計上してしまうBJ編集部にも当時は「何と言う大胆な・・」と
感じていたものです。
ほぼ100%ありえない話ですけど、ストラヴィンスキーの「管楽器のためのシンフォニー」とか
上記で記したミヨーのバレエ音楽「世界の創造」を自由曲に選ぶチームが出た場合、
分類はやっぱり、吹奏楽作品という事になるものなのかな・・?

なんとちょいと気になったりもしますね~
関連記事
スポンサーサイト



コメント

妄想

 バルトークのピアノ協奏曲第2番、この第1楽章には弦楽器が全く登場しません。昔、吹奏楽団の指揮をしていた際、この楽章、自分の吹奏楽団で出来たら面白いのになあ、なんてとんでもないことを考えていました。
 今の吹奏楽コンクールの規定なら、この楽章、演奏可なのでしょうが、この曲弾ける生徒さんいたら、とっとと留学したほうが良いかも?尤も、複数の生徒さんに引き分けさせる、なんてこともあったりして?(あるわけないよ!)
 でも、ラヴェルのダフニスとクロエのフルート・ソロをフルート出演者で吹き分けをしていたのは、吹奏楽コンクールで見かけたことがあります。皆上手でしたよ(確か習志野高校だったかな)。

バルトークというと・・

とりあえずホラ吹き  様


コメントとは全然関係ない話ですが、バルトークのヴァイオリン協奏曲第一楽章と
二つの肖像~Ⅰ.理想的なものは、全く同じ曲だったのですね・・
両曲ともヴァイオリンが終始ソロを奏でますけど、まさか同じ曲のたらい廻しとは意外でもあったのですが、
当時はバルトークの元・彼女のガイエルとの話は全然知りませんでしたので、後日そうしたエピソードを知って
「なるほどね・・」と感じたものでした。
「二つの肖像」のⅡのタイトルが醜きものというのもなんだかそりものズバリ・・という感じですね。

うちのブログのプロフィール欄に6年前から書いてある通り、私自身は1987年の習志野高校のダフクロのⅡ.パントマイムを聴いて吹奏楽の響きに対する考えに多少変化が生ずるきっかけになっていたと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4400-8d0ee82b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |