FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ストラヴィンスキーのバレエ音楽「火の鳥」は大好きな曲の一つです。

この曲を知るきっかけとなったのは、やはりというか例によって
吹奏楽コンクールでして、B部門(→この用語自体既に死語かも・・・)の
ある高校の演奏です。
貧弱な編成でトランペットは2本しかなかったのに
(作曲者自身、組曲版は何度か改訂を実施し、確かある版では2管編成だったから
 それはそれで正解だったかも・・・)
重厚で迫力ある演奏を聴かせてくれ、特に「魔王カスチェイの凶悪な踊り」の出だしの
強烈なインパクトには、興味深々でしたので、
早速翌日には、レコード店に行き、レコードを買ってきました。
確か、小沢/パリ管だったと思います。

聴いてみて少し意外だったのは今でもよく覚えています。

曲全体として、ファンタジー感漂う曲想で、どちらかというと、
いかにもロシアの荒々しい曲というよりは、
ドビュッシーのエコーを漂わせる曲だなーという印象でした。
出だしのいかにも魔法の国のような音楽、「王女たちのロンド」の幻想さ
意外と繊細な曲であったのは正直意外な感じもしました。

だけど「魔王カスチェイの凶悪な踊り」の部分は、心地良い音楽にウトウトしていた聴衆の眠りを
吹っ飛ばすだけのインパクトは充分あると思います。
激しいリズムにゾクゾクしたものです。
一方子守歌の気高さ、フィナーレの高揚感は素晴らしいと思います。
特にフィナーレが始まる際のホルンソロの部分は、何時聴いてもなんだか
ホッとするものはあります。
(魔法の国から現実へ帰還出来る安堵感のようにも聴こえます。)

この曲はオケの演奏会では定番中の定番の曲なので何度か聴いた事が
ありますが、個人的には、1989年のサントリーホールでの日本フィルの定期が
一番印象に残っています。
だけど、この曲は組曲として聴くよりは、全曲版を聴くことをお勧めします。
正直、組曲版では、美しい部分が軒並みカットされていて正直歯がゆい・・・
組曲版の中には、カスチェイで終わる版も存在していますしね。

むかーし(1997年頃かな・・?)5月の連休中に
サントリーホールをブラブラしていたら(→何ていう所を散策しているのでしょうね・・)
「当日券あります」の札があったので、曲目を見てみたら、
サン=サーンスの「動物の謝肉祭」・「火の鳥」とか書いてあったから、
思わず当日券を買って入ってしまいました。

沼尻竜典さん指揮/新星日響だったと思いますが、
会場に入ってのけぞりました・・・・
というか、この日は「こどもの日、特別演奏会」という事で、小さな子供とその親たちばかりで
30過ぎの男が一人でノコノコ入れる雰囲気は全くありませんでした。
むしろ「こっ恥ずかしい」感一杯でした・・・

仕方ないのですが、演奏中も子供のはしゃぐ声が終始止まらない感じでしたが、
それはそれで仕方ないのかも・・・
何か貴重な経験でしたね。
沼尻さんと司会者の女の人の会話が何か面白かったのは今でも
覚えています。

動物の謝肉祭の「カッコー」では、クラリネット奏者が
カッコーのお面を付けて、舞台脇でライトアップされた状態で吹いていたのは
何か印象に残っています。

でもこの日一番「なるほど」と思ったのは火の鳥でした。

前半は子供たちも退屈そうにしていましたが、例の魔王カスチェイの出だしのジャンという音が
鳴った瞬間に、今まではしゃいでいた子供達が急にシーーンとなり、
ビクッとのけぞっていたようになったのは、さすが「ストラヴィンスキーのインパクト」と
思いました。

帰りに、他の子供たちと同様にお土産のお菓子を係りの人から配られたのは、
さすがに「トホホ」という感じでしたね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/44-ce983f56
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |