FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


モートン・グールドというアメリカの作曲家は、どちらかと言うと私のような吹奏楽経験者の方が馴染みがあるのかな・・?
グールドというと「アメリカン・サリュート」が一番馴染みがある曲のようにも思えますけど、
日本で実はいっちば~ん!親しまれているグールドの音楽というのは
テレビ朝日系の「日曜洋画劇場」のエンディングテーマ曲として放送開始(1966年10月)から
2003年9月まで長らく流され続けていたグールド自身の編曲・ピアノ・指揮による「ソー・イン・ラヴ」のような気もします。

ちなみにですけど、私が高校生ぐらいの頃、吹奏楽とかクラシック音楽等について全然何も知らず詳しくも無かった頃、
モートン・グールドとピアノ奏者としてあまりにも著名なグレン・グールドを混同していて
先輩から「おまえ、バッカじゃないの・・!?」と言われていたものです・・(汗)

吹奏楽経験者に限って言うと、モートン・グールドの知名度はグンと跳ね上がるように思えます。
グールドの吹奏楽作品というと、どんな曲が挙げられるのかと言うと、

〇サンタ・フェ・サガ

〇狂詩曲「ジェリコ」

〇吹奏楽のためのバラード

〇ウエストポイント交響曲

〇カウボーイ・ラプソディ

〇アメリカンサリュート~ジョニーが凱旋する時のテーマによる

あたりが有名でしょうし、狂詩曲「ジェリコ」は現在でも吹奏楽コンクールで時折耳にすることもありますし、
根強い人気はあるのかもしれません。

モートン・グールドの吹奏楽曲というと、特に強い人気があるのはアメリカンサリュート・ジェリコ・サンタ・フェ・サガだと
思われますけど、その中でも特に狂詩曲「ジェリコ」は群を抜いていると言えるのかもしれないです。

ジェリコの元ネタは実は旧約聖書です。

「モーセの後継者ヨシュアはジェリコの街を占領しようとしたが、ジェリコの人々は城門を堅く閉ざし、
誰も出入りすることができなかった。主の言葉に従い、イスラエルの民が契約の箱を担いで7日間城壁の周りを廻り、
角笛を吹くと、その巨大なジェリコの城壁が崩れた」というヨシュア記6章のお話が曲のベースになっていると
思われます。

狂詩曲「ジェリコ」はとにかく壮大なスケールの音楽です!
木管セクションによるとてつもなく甲高い響きから開始されるという雄大なプロローグに始まり、
ラッパ作戦・ジェリコの城壁崩壊へと展開され、最後は圧倒的な賛歌で終わるのですけど、
ここにあるのは大変イメージがしやすくて分かりやすい音楽と言う事なのだと思います。
一番分かりやすいのは言うまでもなくこの曲の最大の白眉で聴かせどころの城壁崩壊シーンなのですけど、
あのとてつもない打楽器と金管セクションによる音楽物語は、旧約聖書のストーリーを全然知らなくても
「なにかとてつもなく巨大なものが壊れていく・・」という具体的なイメージを間違いなく聴いている人の脳に伝えている事が
出来ていると思われます。
そしてあのラッパ作戦におけるトランペットセクションによる凄まじい進軍ファンファーレ的なものも
あまりにもそのものズバリというのか
「音楽というものはこんなにも分かりやすく具体的な場面をイメージさせることも出来るものなのだ!」という事を
見事に聴衆に伝えていると感じられます。
(そうした場面場面を具体的に音楽としてストーリー的に表現している曲の一つがアーノルドの序曲「ピータールー」
なのだと思えます!)

狂詩曲「ジェリコ」というと、私よりも一廻り上以上のオールドファンの方ですと、真っ先に
1969年の出雲一中を挙げられると思います。
そしてもっと上の世代の皆様ですと泉庄右衛門先生指揮の天王寺商業を挙げられるのかもしれないですね・・
出雲一中のジェリコは、中学生とは到底思えないあまりにも素晴らしすぎる演奏でしたけど、
あの演奏って、当時は、今現在の金銀銅のグループ表彰ではなくて一位~三位といった順位制度を採用していますが、
出雲一中の演奏が3位というのは、「そりゃないでしょ! あれは誰がどう聴いても1位であり、
今津のローマの謝肉祭や豊島のエルザより順位が低いなんて絶対にあり得ない!
ありゃ・・絶対審査員は居眠りしていたか、よっぼど耳がポンコツなのかどちらか一つだね・・・」
と私は今でも確信しています。
この年の今津・豊島第十・出雲第一の演奏は幸いな事にレコード化されていますので、
私の言うことが「本当かよ・・」と思われる方は是非あのレコードを聴いて欲しいなと思ったりもします。

だけど出雲一中のジェリコは、「城壁崩壊」の前の場面のトランペットによる勇壮な部分が全てカットされていて、
あのシーンも是非聴いてみたかったな・・と思ったりもしますけど、あの年の課題曲は「ふるさとの情景」というどちらかというと
長い課題曲の年でもありましたので、時間制約上難しかったのと、いくら巧いといっても中学生には
あのトランペットの勇壮な部分は技術的にも体力的にも厳しいものはあったのかもしれないですね。

そういう意味においては、プロの演奏も含めて、過去の吹奏楽コンクールの演奏でも
意外と狂詩曲「ジェリコ」の「これが決定的名演」といういわゆる「名演」が未だに出てこないみたいな感じもあったりします。

私にとっての狂詩曲「ジェリコ」とは、1977年の神奈川大学の演奏が今の所、私にとってはいっちば~ん!なのだと思います!
残念ながら、この年の神奈川大学の演奏は、レコード音源がありませんし、
「知る人ぞ知る幻の名演」みたいになっているのは極めて残念なのですけど、
金管セクションの強烈なリズム感や例の城壁が壊れるシーンの打楽器の大活躍ぶりとか
埋もれてしまうには惜しまれる「隠れた名演」です。
特に神奈川大学のトランペットセクションとスネアドラム奏者の技術力の高さは素晴らしいと思います。
この時の演奏は、まだ小澤先生が赴任される前の演奏なのですけど、
小澤先生が赴任される前に既に神奈川大学吹奏楽部は
相当のレベルに達していたものと推察されるような演奏なのだと思います。
神奈川大学吹奏楽部は、大学部門においては古今東西圧倒的にNo.1みたいな立ち位置にいると
思いますし、それを実現化した小澤先生の功績はあまりにも偉大過ぎると思いますが、
小澤先生が来られる前においても、77年のジェリコとか
1973年のパーシケッティーの「吹奏楽のための仮面舞踏会」といった歴史に完全に埋もれてしまってはいるけど、
「すっかり忘れられてしまった影の名演」も実はこんなにもあるんだなぁと改めて感じたものでした。

モートン・グールドは、クラシック音楽の作曲家なのかもしれませんけど多彩な才能があり、
映画音楽・バレエ音楽・ジャズ・ミュージカルなど多くの分野で作品を残しておりますけど、
作曲家としての顔を有しながらも指揮者としての顔も有しており、RCAレコードに膨大な録音が残されています。
モートン・グールドはコープランドとほぼ同じ時期に活動されていましたけど、
かなり長生きされていて亡くなったのは1996年です。
しかも現役バリバリだったようで、亡くなる翌日すらも元々ディズニーのイベントの指揮を振る予定だったとの事です。

グールドの管弦楽の作品と言うと、何といっても「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」を強く推したいと思います。
残念ながらこの素晴らしい曲、日本では知る人ぞ知る曲なのですけど、こんなに聴いていて楽しい曲もないと思います。
「交響曲」という表記ですけど、実際は組曲に近い印象です。
この曲の最大の特徴は、管弦楽曲なのに、サックスが5本も入り(アルト2 テナー2 バリトン1)とギターも入る点も際立っていると
思います。

この曲は下記の四つの楽章から構成されます。

Ⅰ..ルンバ

タイトル通り、ノリノリな曲です。全体にサックスセクションが全体を牽引しているような感じもします。
楽しげに踊っている光景が目に浮かびます。

Ⅱ.タンゴ

ギターで開始され南米の夜のだるい雰囲気がよく出ています。

Ⅲ.ガラーチャ

バスクラリネットの伴奏に乗る形でトランペットによる軽快な舞曲が印象的です。
リズム感抜群の感じの曲です。

Ⅳ..コンガ

熱狂的なリオのカーニバルを連想させる音楽です。
出だしは打楽器から開始されますが、色々な楽器が絡み盛り上げていきます。
ラストは、8小節の打楽器セクションのソロを経て唐突に閉じられます。

17分足らずの短い曲なのですけど、熱狂あり、スローなだるさあり、ダンスあり、リズム感の切れ抜群と
純粋に音楽を楽しみたい方にとってはうってつけの曲と言えると思います。
そしてこの曲の構成と雰囲気は、リードの吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」にも共通しているような
印象もあったりもします。

そしてこの「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」も素晴らしいけど、モートン・グールドの管弦楽作品として
もう一曲推したい曲があります。

それが「フォスター・ギャラリー」という作品です。

2000年頃にNAXOSレーベルよりグールドの作品集のCDが発売され、そのCDの中にフォスターギャラリーが
収録されている事が判明し
当時飛び上がって喜んだ記憶があります。
ちなみにこのCDの指揮は、T・クチャル 演奏はウクライナ交響楽団です。
こんなバリバリのインチキ臭いアメリカの香りがプンプンするこの曲をアメリカの管弦楽団ではなくて
ロシアの管弦楽団が演奏しているのかは謎ですけど、ナクソスというレーベルを考えると、そこにあるのは
予算の問題という事なのかもしれないですね。



51j4Kjrp+RL_convert_20141130233507.jpg



「フォスター・ギャラリー」という曲は面白すぎてたまらないです!

この曲は知る人ぞ知るというウルトラマイナー級みたいな曲で本当は他人には教えたくないというか、
「自分だけが知っている」みたいな感触を楽しんだ方がいいとも思うのですけど
あまりにもマイナー過ぎて、グールドが気の毒という感じもしなくはないのでここに改めて取り上げたいと思います。
ちなみにですけど、とてつもないウルトラマイナーなクラシック音楽で、知る人ぞ知る曲だけど実はすごく面白い曲の例として
私はカヒッゼの「イタリア狂詩曲」を挙げたいです!

さてさて、「フォスター・ギャラリー」なのですけど、
フォスターの名旋律の数々を変幻自在に紡いで作曲された曲と言えると思います。
フォスターの中でも最も有名な「草競馬」の変奏を、ムソルグスキーの「展覧会の絵」の「プロムナード」のように
曲間の随所に挿入しているのもユニークなところです。
他にも「金髪のジェニー」とか「おお、スザンナ」とか「スワニー川」とか「なつかしいケンタッキーの我が家よ」みたいな
どこかで聴いたことがあるようなアメリカの民謡・俗謡・メロディーが次々へと出てきて
聴いていて飽きるという事はまずないと思います。
モートン・グールドは20世紀の作曲家なのですけど、複雑な現代音楽みたいな要素はほぼ皆無で
「分かり易くて聴き易くて楽しい曲」を意図しているのがよく分かるような感じもします。
全体的にはその「分かり易さ」が何か胡散臭いというかインチキ臭いというか悪く言うと「安っぽく」聴こえたりもするのですけど、
別に現代音楽の難解な無調音楽が闊歩した20世紀にあって
こんな分かり易い曲があってもいいじゃないかみたいな感じは非常によく伝わってきます。

この曲は「展覧会の絵」を少し意識しているのかな・・??

「展覧会の絵」の「プロムナード」は、曲と曲の接続曲みたいな形で楽器と調性等を色々と変化させて
組曲の中に何か所も登場しますけど「フォスター・ギャラリー」もほぼ同じ仕掛けですね。
「草競馬」を引用した部分が曲と曲の間に「接続曲」みたいな感じで計4回も出てきます。

全体として30分前後の曲ですし飽きないで一気に終曲まで辿りつきますから是非お勧めしたい一曲です。

この曲のタイトルを以下に記すと・・・・・

Ⅰ.草競馬
Ⅱ.おいで、愛する人のまどろむところへ
Ⅲ.ケインブレイク・ジグ
Ⅳ.スワニー川
Ⅴ.草競馬変奏曲
Ⅵ.「オールド・ブラック.ジョー」と゜なつかしいケンタッキーの我が家よ」
Ⅶ.村祭り~カドリーユとワルツ
Ⅷ.金髪のジェニー
Ⅸ.草競馬変奏曲
Ⅹ.讃美歌~「メアリーよ、おまえの魂はどこに」と「天使は私に歌い」
XI.「友よ、私のために杯を満たさないで」と「キティ・ベル」の変奏曲
XII.草競馬変奏曲
XIII.おお、スザンナ

何度聴いてもとっても面白いです!

この曲、日本のプロの管弦楽団では全く演奏されていませんけど、
吹奏楽コンクールでは既にいくつかのチームが自由曲として取り上げ
玉川学園中等部がこの曲を自由曲に選曲し、全国大会にまで駒を進ていたのは大変印象的でした!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

フェネルのウエストポイントを聴いて

 近くの中古レコードショップにフェネル/イーストマン・ウインド・アンサンブルの輸入盤(マーキュリー製)があったので購入して、先程聴いていました。グールドの「ウエストポイント・シンフォニー」、パーシケッティの交響曲等が収録されていて、一部の管弦楽風の音の厚みで押していくタイプの演奏ではなく、室内楽的で繊細な表現が感じ取られ、意外に思えました。これなら、通常のクラシックと何も遜色なく、鑑賞出来る内容だとも感じられました。
 確か、フェネルはウインド・アンサンブルの形態を提唱したと思いますが、個々の奏者の確かな力量から楽器を取捨選択して合奏を作り上げようとしたことが認識できる演奏かなと。その分、響きの厚みは求めてはならない気もしました。音の作り方はどことなくシカゴ響に近いものもあるかも。

 今、吹奏楽コンクールの真っ盛り、どこの学校、団体も練りに練った熱演を繰り広げていますが、どうも厚ぼったい音ばかりで、数団体で聴き疲れしてしまいます。野外で演奏する吹奏楽の成り立ちからして、こう云った傾向は仕方ないし、「皆で合奏して楽しむ」ことからすればやむを得ないことかも。でも、音楽とは何?と考えた場合、繊細さは絶対外せないハズ。フェネル/イーストマンの演奏に、この繊細さが多く、詰まっているようです。
 実はもう1枚、スーザのマーチばかりのレコードも同じ演奏者で購入して、一部を聴いて、その想いがより強くなってしまった次第です(但しこちらのレコードはモノラル盤でしたが・・・)。フェネルの演奏、東京佼成との演奏まで到達するか判りませんが、機会作って聴き直す必要がありそうです。特に昔、あまり納得出来なかったストラヴィンスキーやヒンデミットの作品の演奏、作曲者自身の演奏や特に前者、デュトワやブーレーズの演奏とどう異なるか、聴き直してみる必要があるようです。

 もしかして今の吹奏楽界にとって、フェネル/イーストマンの演奏は古典として聴いて学習すべき演奏なのかも?(ちと大袈裟?)

 ジェリコ、ちと嵌った時期があったのですが、この件についてはまた別稿で記したいと思います。トランペット3本とコルネット3本の掛け合い、こりゃ大変ですけど、自分の先輩方がこの部分をコンクールでやってのけたとのことを聞いていて、いまだに頭が上がりません。フリューゲルも2本パートがあるので、本格的にはトランペット系で計8本!ニクソンの太平洋の祝祭(平和の祭)顔負けですわ!(こちらはコルネット4パートに各々2人必要!)鳴らし方、気をつけないとうるさそうですなあ!!

普門館フォルテ

とりあえずホラ吹き 様


最近の若い現役奏者の皆様にとってはマーキュリー盤の存在自体を知らない方がほとんどなのかもしれないですけど、
ご指摘の通り、「ウインドアンサンブル」の原点を見出すためにもこの初期の頃のマーキュリー盤のフェネル指揮の
イーストマンは聴いて欲しいですね~

ただマーキュリー盤は聴き方によっては「音が生臭い」とか「音源が近すぎる・・」みたいに感じる方も
多いのかもしれないですね。

私自身、ウインドアンサンブルの考えはフェネルよりはハンスバーガー指揮のイーストマンのパーシケッティーや
グレインジャー・ホルスト等を聴いて学んだという感じなのかもしれないです。
パーシケッティーの交響曲第6番「吹奏楽のシンフォニー」は、ストラヴゥイスキーの三楽章の交響曲等の
新古典主義に匹敵するものがあり、あの霊感溢れた雰囲気は今でも大好きです!

2011年以降全国大会の会場が5000人収容の普門館から3000人の名古屋国際に変更になりましたけど、
その一つの影響としていわゆる普門館フォルテと呼ばれるとてつもない大音量と演出過剰なダイナミックスレンジが
最近では減りつつあるという事が挙げられるように感じられます。
私自身も普門館の「ローマの祭り」に代表されるようなあの大音量と熱演は実は大好きなのですけど、最近のこれでも
多生は内省的側面が深まっている最近の演奏は、むしろいい方向に変化しているのかもと
思ったりもしています。

ジェリコの生演奏は私もプロアマ問わず何度聴いた事がありますけど、トランペットとコルネットの掛け合いと
例のあの城壁崩壊シーンなどすべてに納得できる演奏はまだお目にかかれていないですね・・
いつかそうした名演に巡り合いたいものです!

三年ぐらい前に関西大会で洛南高校が演奏してました。
トランペットの掛け合い。。五人でしてたような…スライドトランペットや、ワーグナーチューバもあったような…初めて聴きましたが、一瞬で好きになりました。

ジェリコ

名無し 様


洛南高校は宮本先生の勇退とご逝去以降は、全国大会ではすっかりご無沙汰しておりますが、
頑張っているのですね!
安心しました!

洛南のような豪快なサウンドとジェリコの相性は抜群といえそうですね!

洛南高校
毎年、関西大会まで進んでます。
共学になったようです。
京都ではダントツではないでしょうか…昔からの洛南ファンなのですが(^_^;)

なんとか復活して欲しいですね!

名無し 様


洛南高校は一度交響詩「ドン・ファン」で県大会止まりという事があった以外は関西大会には出場し続けている事は
驚異的だと思いますし、これが伝統の力なのかもしれないですね。

男子高の共学化というのは全国的な波なのでしょうけど、少し寂しいものは感じたりもします。

最近の関西大会は大阪が代表独占状態が続いていますので、京都・奈良・兵庫などのチームにも
頑張って是非古豪復活を期待したいものです。

YouTubeで
『ニルヴァーナ 吹奏楽』と調べてみて下さい。八木澤教司さん作曲で昨年の自由曲を演奏している動画があります。
関西大会で、凄い!!と思って音源探しまくったのですが委嘱作品なので、なかなかUpされず…やっと見つけました。

無題

名無し 様

貴重な情報をありがとうございます。

この記事はモートン・グールドに関することですので、できればグールドにのみ言及していただければ幸いです。
そしてできればコメントをされる際にはお名前を名乗って頂ければと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4395-9c94a789
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |