FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


キティラーとは言うまでもなくハローキティをこよなく愛する人たちの総称で、ハローキティ愛好者とも換言出来ます。

そうしたキティラーの皆様たちのためのサンリオが企画化したものが「ハローキティといっしょ」というコンテンツです!

「ハローキティといっしょ」は、秋葉系と言われる様々なイラストレーターをメインに起用し、
キティちゃんを題材にオリジナルキャラを展開している企画と言えます。
そしてこれはよく混合されがちなのですけど、キティの擬人化ではなくキティラーのキャラクター化が
いわゆるサンリオ商品との相違点と言えるのだと思います。
つまり、キティちゃんをこよなく愛するキティラーそのものをイラスト・フィギュアをメインにキャラクター化していきましょうという
プロジェクトと言えるのだと思います。
そしてその結果として、「超キティラー」と呼ばれる架空のキャラをコンテンツに参加した絵師が描き、
メーカーはそれをグッズ化し販売もしくは景品用として制作していこうというプロジェクトであり、
絵師様もメーカーもそれぞれウィンウィンの関係を構築できるという結構面白い試みであったりもしていると感じられます。

「ハローキティといっしょ」のプロジェクトに参加した有名なイラストレーターの中でも私的にいっちば~ん!の注目だったのは
「初音ミク」の原作イラストレーターの絵師様でもあられるKEI先生です。
上記で述べた通り、ハローキティが大好きな女の子(キティラー)を有名イラストレーターが描く「ハローキティといっしょ!」は、
当時様々な商品が現実に実現化されていましたけど、
マウスパッドやクッション、そしてなんとあのうまい棒などさまざまな形で商品化されていたのですが、
フィギュアも制作もされ商品展開もされていました。
「ハローキティといっしょ!」のシリーズ企画においては、複数のイラストレーターが自分なりにイメージしたキティラーを
デザインしていていたものですけど、一般的には絵師様一人に付きキャラクター1名という制約が課せられていたのですけど、
KEI先生のみ、これまでの実績が考慮され唯一4人ものキャラクターをデザインしていた経緯がありまして、
キティちゃんファンの間では、KEI先生がデザインした4人のキャラクターをまとめて「KEI'sキティラー」という言葉までもが
生み出されています。

そんな訳で、本記事はそうした「KEI'sキティラー」の中から、「ハローキティといっしょ!KEI's キティラーリオ」のフィギュアを
レビューをさせて頂きたいと思います。
そして後半にdream fantasy のアミグリさんが
描かれたキティちゃんのイラストのご紹介をさせて頂きたいと思います。

KEI'sキティラーは上記で書いた通り4人のキティラーさんをKEI先生がデザインされたものなのですけど、その4人は
4人組キティラーバンドとして公開をされています。
そしてこの4人組についてはいずれもフィギュア化が既に実現されていますけど、本記事でレビューさせて頂きますのは、
リオのフィギュアです。

ちなみにですけどその4人組キティラーバンドは下記の4名です。

聖葉リオ 担当パートはギターとボーカルです。

雪代マイ 担当はベースで北海道限定の雪うさぎキティの形をしています。

北条ミミ 担当はキーボードで、実際に使っているのは青いキティリボンつきショルダーキーボードです。

倉嶋タツキ 担当はドラムで、もちろんそのドラムもキティ型です!









RIO(リオ)は4人組キティラーバンドの中のリーダー的存在でいっちば~ん! 最初に
キティラーバンドのメンバーになった女の子でもあります!
一人目のKEI'sキティラーという事なのだと思います。
設定の上では16歳のJKさんとされていまして、KEI先生という事で、初音ミクと年齢的にはほぼ同じという感じに
なっております。
全体的な雰囲気としてはミクよりはちょっとというか・・かなりお姉さんみたいな感じでもありますね~(笑)

担当パートはギターとボーカルで、金髪のロングヘアで普段はキティの顔をした帽子をかぶり、
赤いジャケットを着ているのですけど、バンドの時は白いステージ衣装に着替え、
キティのギターを使い頭にもキティのヘッドホンを装着しています。
バンドやっている女の子のフィギュアと言うとけいおんのあずにゃんや唯とか先日当ブログでもレビューさせて頂きました
バンドリの戸山香澄を思い浮かべることが多いのですけど、このリオのフィギュアもそれに加わったような気がします。

リオはクールで口数は少ないが音楽にかける思いは熱いという感じの女の子です。
一見第一印象はちょっと派手そうな感じの子・・?という感じもしなくはないのかもしれないですけど、そうしたギャップにも
すてきで萌えっぽい要素を感じられそうですね・・(笑)
最初はソロで活動していたのですけど、次第にキティラー仲間を増やしてバンドを組むようになっていきます。




002_convert_20180713164301.jpg



箱の横に描かれているのがKEI先生の元々の公式立ち絵の一つです。

上記で書いた通り雰囲気としてはミクとほぼ同年齢という感じなのだと思いますけど、
ミクがどちらかというと「異世界からやってきた不思議少女」という感じも無くは無い中、こちらのリオの方は
「普通の女の子」という印象もありそうですし、
そうした普通の女の子がキティちゃんをこよなく愛し、そうしたキティちゃん愛好者を束ねてバンドを作ってみた~みたいな
雰囲気が公式絵からも伝わってきそうです。

そして同時にとってもかわいい~!という公式立ち絵なのだと思います!

やっぱりバンドやっている女の子はすてきですね~!




003_convert_20180713164322.jpg



まずは通常ファームと言うべきレビュー写真です。

KEI's キティラーリオ のフィギュアは、ヘッドホンとギターは取り外しが可能でありますけど、
ヘッドホンは首に掛ける事も髪に乗せる事も可能です。

キティちゃんデザインのギターなのですけど、キティちゃんが全面に出してキティちゃんギターそのものという感じでも
ありますので、このギターだけで既に「キティちゃん感満載!」と言えるのだと思います。
基本的にこのシリーズは非売品扱いと言うかあくまでアミューズメント景品という事でメーカー正規品ではないもので、
さすがにギターの弦まで表現するのは無理があったのかもしれないですね・・
先日のバンドリ!の戸山香澄フィギュアのギターにもけいおんのあずにゃんフィギュアのギターにも弦は付いていませんから、
基本的にプライズ系にそこまでの精緻さを求める方に無理があるのかもしれないです。
そうそう、戸山香澄の名前が出てきましたけど、香澄フィギュアのギターもあまりにも存在感が大きくサイズも大き目と言う事で、
最初からフィギュアにギターというアイテムがセットされていたわけではありませんでした。
戸山香澄のポージングが意外と大きいため、他のプライズ系フィギュアのように最初から仕上がりの状態で
梱包してしまうとスペースを取り過ぎて箱に収まらないという事情があったため、箱に梱包されていた状態では
ギターも右腕も付いてはいないというセッティングでした。

そして似たような事はこのKEI's キティラーリオ のフィギュアにも言えそうです。

何かと言うとリオの長髪と独特なデザインのキティちゃんギターというせいもありますし、箱への梱包という問題もあるのですが、
リオフィギュアにキティちゃんギターをセットするためには、リオの首(!)を一旦取り外し、首部分にキティちゃんギターをセットした
状態で再度リオの首を吊り付ける必要も実はあったりもします・・(汗・・)

上記写真ではキティちゃんヘッドホンは髪にセットしないで箱に入っていた組立説明書の通りにまずは首に掛ける形に
してあります。
後ほどキティちゃんヘッドホンを髪に飾った写真も比較の意味でレビューいたします。

リオの白のステージ衣装はとってもかわいいしよくお似合いだと思います。白と言うか厳密には白と赤の縞なのですけど、
特に赤と白の縞ニーソと太ももが醸し出す絶対領域の存在は光り輝くものがあると思います!
(そう言えばミクにも絶対領域は不可欠・・という感じでもありそうですね)
そしてリオのこのすらっとした雰囲気はかわいいと言うよりも美形とかモデルさんみたいな雰囲気すらあると思えます!



012_convert_20180713164724.jpg



これはほんとちょっとした管理人のイタズラ遊び心です・・(汗)

この種の美少女フィギュアとしては首の取り外しが可能と言う事で、上記に書いた通りキティちゃんギターをセットするために
リオの首を取り外した状態です。

うーむ、これは都市伝説によく出てくる首なしライダーっぽい雰囲気がありそうですね・・(汗)
それにしてもドール・フィギュアに首が無いとやっぱりちょいと不気味な雰囲気がありそうですね~・・(←コラコラ・・)



004_convert_20180713164341.jpg

005_convert_20180713164402.jpg



キティちゃんの一つの特徴として頭のあの赤いリボンがあると思うのですけど、リオが装着しているヘッドホンも
言うまでもなくキティちゃん仕様です!
このヘッドホンにはキティちゃんをイメージさせる赤いリボンが付いているのですけど、これ、とってもかわいいと思います。

このフィギュアには珍しく(?)組立説明書が添付されているのですけど、この説明書に書かれている完成イメージイラストには
上記のようにキティちゃんヘッドホンを頭ではなくて首に掛けている様子が描かれていましたので、
まずはその組立説明書通りにセットしてみました。

あくまで私の感想なのですけど、キティというキャラをより強く強調したい場合は、首に掛けるのではなくて
キティちゃんヘッドホンを頭に乗せた方がいいようにも感じられますし、
ガールズバンドのボーカリストという事をイメージさせるには逆に頭に乗せるのではなくて首に掛けた方がいいのかも
しれないですけど、正直そのあたりは「どっちでもかわいいから別にこだわらなくてもいいじゃん・・」という感じかもですね~




006_convert_20180713164424.jpg



リオのちょいと吊り上った目がとてもすきですね~!

そしてリオのお顔をよく見てみると舌をペロッと出しているのですけど、これがまたとってもお茶目でチャーミングで
かわいいと思えるのですけど、同時にちょっとエロい雰囲気もあったりして
そこにあるのは少女と成人女性の丁度狭間に位置している「すてきな乙女」という感じなのかもしれないですね。

それにしてもキティちゃんギターの大きさは半端なくデカいですね~!



011_convert_20180713164705.jpg



リオの後ろ姿です。

金髪の流れるような後ろ姿にも思わず見とれそうなものがあると思います。

そして絶対領域に関しても、後ろ姿の赤と白の縞ニーソと太ももの間がとてつもなく眩しく感じられます!




007_convert_20180713164524.jpg



それにしてもリオの足は細いし、まるでモデルさんのような雰囲気に溢れていると思います。

「美形モデル」とか「雑誌の専属モデルさんみたい・・」みたいな言葉がよくお似合いそうです。

この立ち姿はとてもじゃなけど設定年齢の16歳には見えないですね~!

脚線美も申し分ないという感じですし、このまんま艦娘にスカウトされても全然違和感ないと思います!(笑)




008_convert_20180713164546.jpg

009_convert_20180713164617.jpg



それでは上記で書いた通り、キティちゃんヘッドホンが首にかかった状態と頭に乗った状態の違いをお楽しみ
頂きたいと思います。

説明書ではヘッドフォンは首に掛けているのですけど、せっかくネコミミのキティちゃんヘッドホンがアイテムとして
付いているのですから当然頭に乗せたくなってしまいますよね~!

バンドの女の子がネコ耳を装着してファンサービスをしているというようにも見えますけど、
頭にキティちゃんヘッドホンをしているかいないかだけで随分と印象が違っているように見えたりもします。

さてさて、皆様にとってはキティヘッドホンを頭に乗せているリオがいいのか、それとも説明書通りに首に掛けた方がいいのか
どちらかより魅力的に感じたのでしょうか・・?
もしも宜しければ「こっちの方がいいじゃん」みたいな感想を教えて頂ければとっても嬉しいです!



010_convert_20180713164642.jpg



とにかくとってもかわいいKEI's キティラーRIO(リオ)のフィギュアだと思います!

キティちゃん本体ももちろんとっても大変魅力的なのですけど、キティちゃん大好きというキティちゃんファンの女の子に
焦点を当てたこうしたフィギュアもとても素晴らしいものがあると思います。



moblog_2eb4d683_convert_20170226213959.jpg



ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
本日ご紹介させて頂く作品は、上記にてキティラーさんの中からケイのフィギュアをご紹介させて頂きましたので、
サンリオ関連からのキャラの中では言うまでもなくいっちば~ん!のメジャーなキャラでもある
キティちゃんをご紹介させて頂きますけど、上記フィギュアもサンリオ関連だけどキティちゃんではなくてキティラーという
事でもありましたので、今回はちょいと変化球を投入して見たくもなりましたので、
2014年3月に描かれた「キティミクちゃん」という初音ミクとキティちゃんのコラボイラストをご紹介させて頂きたいと思います。

キティミクですけど、こうしたコラボイラストは見ているだけでとっても楽しいものがありますよねっ!

上記のキティラーのリオのフィギュアももキティちゃんとのある意味コラボという事で三次元的に楽しいものがありましたけど、
アミグリさんが描かれたミクとキティちゃんのコラボという二次元作品もとっても楽しく興味深いものが
あると思います。
リオのフィギュアのデザイナーさんのKEI先生がミクのデザイナーさんでもありますので、アミグリさんがキティちゃんとミクを
コラボさせるのは案外と自然な流れなのかもしれないですね・・(笑)

アミグリさんが描かれたキティちゃんとミクのコラボ絵はとてもかわいいですね~!
キティちゃんのツインテールも大変珍しいだけに
キティちゃんファンにとっても大変貴重なあると思います。
これはキティラーのリオもとっても大喜びしたかもしれないですし、もしかしたら「自分もツインテをやってみた~い!」と
思うのかもしれないですね・・(笑)
アミグリさんが以前描かれた作品の中に「ネコ耳ミク」というとっても可愛い作品がありましたけど、
上記のキティちゃんミクは、猫っぽい要素をさらにすてきに進化させたものといえるのかもしれないですね・・(笑)

描かれた当時のアミグリさんのコメントとして
「実はこの作品、クーピーで描いたアナログ作品なのです!
キティとミクという珍しい組み合わせ+アナログ作品、ということで、このイラストは
珍しいポイントがいっぱい!!という感じですね!(笑) 」とのことですけど、
こうしたすてきな遊び心満載のイラストはやっぱり楽しいものが伝わってきますよね!

上記のアミグリさんが描かれたキティちゃんミクは、その権利は全てキティちゃんミクの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、 当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

それでは最後まで本記事を読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

キティラーの気持ち、実は結構よくわかります。私もイベントのとき、自分が好きなチームさんを追い開けているので。しかし、まあ、それをフィギュアにしてしまったのですね。面白い試みだと思います。結局のところ、キャラクターたちは、それそのもので完璧になるわけでもはなく、ファンと一緒に成長していくものですものね。

ファンあってこそ・・

八咫烏(全力稼働中) 様


こうした試みはとてもすてきな事だと思います。

よさこいもそうですけど、東方・艦これなどゲーム作品やアニメ作品等もファンあってこその作品であり、
キティちゃんでとてつもない利益を叩き出しているサンリオも、奢り高ぶる事なく
ある意味、ファンへの感謝の気持ちの還元を、
キティちゃんファンをフィギュア化にして返しているのもファンを大切にしている事への
裏付けと言えるのかもしれないですね。

(*´▽`*)

大昔キティラーでしたが
今は落ち着きました(笑)。
フィギュアとキティとのコラボが
あったのは知らなかったです(*´▽`*)

こーんなフィギュアもあるんや~
キティ好きも欲しいかも♡
でも、ぬくぬく先生は
いろんなフィギュア持ってますね〜

キティラー

ふたごパンダ 様


キティラーという言葉が定着しているほどキティちゃんのファンの皆様は際立って多いと言う事なのだと思います。

キティちゃんファンの皆様を大切にするというサンリオの姿勢がこうしたキティラーそのものをフィギュア化したと
思われますけど、それもすてきなファンサービスなのだと思います。

キティラー

napo 様


このフィギュアはキティちゃんファンを大切にした結果としてのサンリオとしての愛みたいなものを
感じさせてくれていると思います。

あ・・このフィギュアは、7/29の当ブログに登場してくるとあるフィギュアと同様に
うちの奥様絡みでもありますので
(彼女もとてつもないキティラーであったりもします・・)
私が持っているというか、二人で色々とヘンなモノを持っていると言えるのかもしれないですね・・(汗)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4393-00a146f6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |