FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ラーメン大好き 小泉さん」は惜しまれつつも今年の3月に最終回を迎えましたけど、原作漫画は今現在も
まんがライフSTORIAにて鋭意連載中です!
現在では6巻まで出ています。
ちなみに私自身は上の記事でも書いた通り、「ラーメン大好き 小泉さん」の原作漫画は既に全巻を大人買い
しております・・(笑)
アニメ版での小泉さんもミステリアスな美少女さんでしたけど、実は原作コミック版の小泉さんの方がアニメ版よりも
より強くミステリアスな美少女JKさんとして描かれている様な雰囲気があると思います。
アニメ版は1~3巻と4巻前半部分から主に構成していましたけど、漫画版の最近の話ではアニメ版最終回あたりで登場していた
大澤悠の従妹の絢音お姉ちゃんがもはや準レギュラー化していると思われるほど登場頻度がかなり高いです!
そうそう・・絢音おねえちゃんというと3巻の欄外にて、セーラー服を纏った14歳の絢音おねえさんと5歳のロリロリの悠が
描かれていましたけど、二人ともとってもかわいかったです~!
そして絢音の「よう見ときや~、あれがナニワを守りしドラゴンやで~」とラーメン店の飾りを説明するなど
そのテキトーさは今と大して変わりがないというのもすてきな発見でした~(笑)

絢音お姉ちゃんは、東京でのOL生活にも
大分慣れてきていると思われますけど、新しい職場環境はオヤジたちばかりで「つまらんわ~」という感じで、結構小泉さんを
呼び出しては二人でラーメン食べに行くシーンがあるのはいいですね~!
その中でも絢音お姉ちゃんが「今日は一杯飲みながらラーメン食べたいわ~」と言った時に小泉さんがチョイスしたラーメン
というのが「テキーララーメン」という事でアルコール度数が極めて高そうなラーメンでした!
あのテキーララーメンは食べただけで酔っぱらいそうですけど、絢音お姉ちゃんがうっとりしていたように意外とおいしい感じは
ありそうですし、肉との相性もよさそうですね・・(笑)




螟ァ貔、_convert_20180707190159




アニメ版での大澤悠の小泉さんへのストーカー振り(笑・・)は、なんとなく「かわいいね~」とか
「JKさんならではの微笑ましいものがあるよね~」という感じでもあったのですけど、
4巻以降の悠は「ちょっと怖いモノがあるのかも・・」という感じになっているのもとっても面白いものがあると思います。

自室での「そうだ! 小泉さんになろう!」と半分うつろな目で(?)呟く辺りは、さすがに狂気すら感じてしまうのかも
しれないですけど(汗・・)
悠の「小泉さんになろう」というのはストーカーが憧れの対象の独占欲の強さゆえに
憧れている人の服装とか持ち物とか髪型等を真似していき、自身もその憧れの対象と瓜二つになる事で
独占欲を満たすという事ではなくて、
「(小泉さんのように)ラーメンを一杯いっぱい食べ歩いてみたい~!」というのは逆に大澤悠がまだまだ全然まともである(?)
という事を示唆しているのかもしれないですね~(笑)

そしてその翌日悠は悠自身がとっても大好きな肉系ラーメンを食べまくり、その美味しさのあまり
悠の脳内妄想の結実としてついつい「小泉さーん、またおいしいラーメン食べに行こうね~!」と空に向かって
独り言を口ずさんでいたのですけど、その瞬間背後から悠が聞いたのは
「お断りします」といういつものあの小泉さんだったのでした!(笑)
悠が名古屋で迷子になった際とか悠が浅草で美沙たちとたっぷりと遊んだ後にバッタリ出くわしていたのは
やはりあの小泉さんでもありましたので、何だかんだいっても悠と小泉さんにはどこか「不思議な縁」が
あるのかもしれないですね~(笑)
そして悠と小泉さんのその際の会話の際に悠が何気なく発した
「へ~、小泉さんもつけ麺みたいなラーメン以外のものも食べる事ってあるんだね!」という言葉に反応してしまったのが
本記事の一つ後に記載している小泉さんの悠に対する怒りの「壁ドン」に繋がっているという訳なのです!




謔_convert_20180707190251

螟ァ豐「_convert_20180707190134



ちょっと気になるのが5巻辺りから登場してきた内気な転校生の女の子ですけど、
彼女が小泉さんに近づいて行ってなにやら親しげにしている様子を背後で見ていた大澤悠の心の叫びが
「私の方が先に小泉さんと仲良くなっているに、私の方が先に、私の方が先に・・」となにやら半分壊れかかっているのも
実に悠らしい話でもありました・・ (笑)

この転校生ちゃんは小泉さんに「お勧めラーメンを教えて下さい」と懇願するのですが、小泉さんの答えは
言うまでもなく「お断りします」なのですけど、この娘がより具体的に
「私の家族の××は○○出身でこういう味が元々好みなんだけど、この人たちが美味しく味わえるラーメンがあれば
教えて下さい」とより具体的に伝えると小泉さんは「わかりました・・」と
「恐らくはこういうラーメンならばお気に召してくれるはず」と小泉さんのお勧めラーメンを教えていましたけど、
小泉さんは確かに無愛想なんだけど、ラーメンに関して困っている人がいれば、(大澤悠以外は・・)救いの手を差し伸べる
というのも小泉さんらしい話でもありました・・

それにしても悠の「私の方が先に小泉さんと仲良くなっているに、私の方が先に、私の方が先に・・」と壊れかかっていた様子は
プリキュアで例えると、マナと転校生・まこぴーが仲良くしている様子を見て
「私の方が先にマナと・・」と思わず焼きもちを妬いてしまった六花を彷彿とさせるものがあるのかもしれないですね・・

アニメ放映は完了していますけど、是非第二期の制作は期待していますし、同時に原作漫画版の方も
今後もしばらくは目が離せそうにもないですね~!
それにしても小泉さんの下の名前とか家庭環境とか、本当は実は大変なお金持ちの御令嬢なのではないか疑惑など
小泉さんに関する謎は深まるばかりですね~!




縺九i縺翫¢_convert_20180604154529


蟆乗ウ峨&繧点convert_20180707190111



原作漫画本というと小泉さんの一人カラオケでの熱唱シーンも大変印象的でした!

一人貸し切りルームで小泉さんがやっていた事とは、言うまでもなくカラオケ店のおいしいラーメンを食べる事
なのですけど、ここで小泉さんはなんと・・!
ひとりカラオケ熱唱をしていて、その様子を廊下から偶然発見した大澤悠を狂喜乱舞させてしまい、悠は
その貸し切りルームに乱入しようとしますけど鍵が掛っていて中に入れません・・
そして悠が騒いでいた様子を例によって冷たい視線で眺めていた小泉さんはフロントに「不審者がいる・・」と通報していたのは、
小泉さんらしい話でもありました~! (笑)

だけど悠の気持ちもよく分かりますね~!

私も小泉さんの歌声は是非ぜひ聴いてみたいものですし、熱唱する小泉さんというのも極めて意外だけに
見てみたい気持ちが強いですね~!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |