FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現在夏の甲子園大会の地方予選が毎日熱戦が繰り広げられていて、「青春真っ盛りでいいよねぇ~」と感じてしまいます!
選手の皆さんは当然の事として、暑い中頑張っている応援の皆様や運営関係者の皆様に
対して心から敬意を表したいと思います。

ここ埼玉でも連日県営大宮球場とか駒場の浦和球場などにおいても熱戦が繰り広げられています!
個人的には、今年の3月をもって学校統廃合になって「市立川口高校」という校名が消失しても、新しい学校として
スタートを切った川口市立高等学校ですね~!
ここの学校は野球で言うと、元巨人の大エースの斎藤投手の出身校でありますし、吹奏楽で言うと
かつて二つの交響的断章・無言の変革シリーズで吹奏楽コンクールで歴史的名演を残してくれた大変偉大な歴史を
有してくれていますので、野球も吹奏楽も「新しい歴史」を是非是非作って欲しいものです!

さてさて・・こうした夏の甲子園の地方大会の熱戦が繰り広げられている各野球場においては、
聴こえてくるのは吹奏楽部による様々な応援歌でもあったりします!
あのメロディーは私にとっても「懐かしい!!、自分も高校生の頃はよくああやって野球部を応援していたよなぁ・・・」という
何とも甘酸っぱいメランコリーのようにも感じられますね・・

高校野球の応援ソングの中で今でも耳にする曲を幾つか挙げさせて頂きますと・・

〇タッチ

〇さくらんぼ

〇ルパン三世のテーマ

〇サウスポー

〇宇宙戦艦ヤマト

〇狙い撃ち

〇ポパイ ・ザ・セーラーマン

〇銀河パラダイス

あたりかな・・・

だけど考えてみると、さくらんぼ以外は全て昭和の時代の曲であったりもしますし、
いかに高校野球の吹奏楽部による応援ソングは「定番」が存在し続けていて、
それが30年以上もずーーっと代々受け継がれている事にはすごいものがあると思いますし、
逆に言うと最近の歌謡曲・J-POPというものには「誰の耳にもすーーっと入ってくる曲」が少なくなっているのかを
立証しているのかもしれないですね。
というか、最近のJ-POPはあまりにもキーとか転調とかメロディーラインとか難しいものが多すぎて
カラオケに行っても歌えそうもない曲ばかりですね・・・(汗・・)
その点、アニソンというのは昔も今もやっぱり「親しみやすい」というのか「歌いやすい曲が多いかも・・」みたいな
印象もありそうですね。

そうした中、先日大宮県営球場近くを通りかかった際に流れていたのが、ピンクレディーの「サウスポー」でした。

この曲がヒットしたのは1978年でしたけど、40年近くも一つの曲がこうやって野球の応援ソングとして受け継がれていっている
事には「音楽ってやっぱりすごいね・・」と痛感せられるものがあると改めて感じたものでした。

「サウスポー」は私自身も現役奏者時代によく吹いていた曲の一つでした~!
野球部の応援もそうでしたけど、
文化祭とか小学校でのお楽しみコンサートとか地域の夏祭りのパレードとか地区合同演奏会等でも この曲を演奏すると、
大抵の場合、会場の雰囲気がパァー――ッと和らぐというのか歓声が上がっていましたけど
それはよく分かりますね。
だってこの曲とってもノリがいいですから・・・・(笑)
この曲が発売された一か月後ぐらいには、「ミュージックエイト」という音楽出版社からもう吹奏楽用にアレンジされていて、
1978年の中体連・高体連・各地の甲子園の地方大会、そして甲子園大会においても
かなりの学校が演奏していたと思います。

サウスポーの冒頭の歌詞は「背番号一の凄い奴が相手、フラミンゴみたいちょいと一本足で~」と
当時の王貞治を想定したものでしたけど、
例えばその当時石野真子が「ジュリーがライバル」という沢田研二を想定した曲を歌っていた事を考えると、
「昭和の時代って誰しもが認める絶対的なスターがいた時代だったなぁ・・」と改めて感じてしまいますね・・

1978年当時の感覚としては「ニューミュージック」の全盛期という感じがありました。
ニューミュージックというと最近の若い皆様にとっては「なにそれ・・?」という感じなのかもしれないですし、
既に死語の世界の領域ですね・・(汗)
別に「J-POP」と大して変わりが無いような気もしますけど、
従来の歌謡曲とも異なるし、フォーク・ロックとも少し違うみたいな新しい「ポピュラー音楽」という感じなのかな・・?
当時このニューミュージックの代表的歌手というと、
渡辺真知子・ツイスト・庄野真代・原田真二・サーカス・サザンオールスターズ・八神純子あたりなのかな・・・?
1978年のレコード総売り上げのうち、半分程度は、こうしたニューミュージック系の歌手によるものとの事です。
そうした中、吹奏楽部としても上記のニューミュージックに該当するような歌手の方の曲も
随分と演奏した記憶がありますね。
渡辺真知子の「かもめが飛んだ日」とかサーカスの「Mr.サマータイム」とかツイストの「宿無し」とか
庄野真代の「飛んでイスタンブール」とか八神純子の「みずいろの雨」は
吹いていて、本当に楽しい曲でした!!
大学以降になると、こうしたポップスを吹奏楽で演奏する場合って、結構「チェッカーズ」が多くなっていた感じが
あるのですけど、感覚で言うとチェッカーズの曲は「意外と難しい!!」という感じでした。

これも時代の変化というものなのかもしれないですよね。

音楽のメロディーラインとしても曲の雰囲気としても「歌いやすい」とか「誰もがメロディーラインをすぐ覚えられる」というのは、
ピンクレディーあたりまで・・という感じになるのかもしれないですね。



48f7b721_convert_20150509024830.jpg



「響け! ユーフォニアム」は高校の吹奏楽部をモチーフにしていましたけど、高校野球の応援シーンは
ありませんでした・・

その代わりに駅中コンサートやマーチングのシーンはありましたけど、
吹奏楽部にとってポップスコンサート・高校野球の応援・マーチングなどは吹奏楽コンクールとは別に
大切な行事でもありましたし、私も高校野球の応援は結構大好きでした~!

マーチングも悪くはないのだけど、歩幅を揃えての全員での演奏しながらの規律維持は、これは大変なものが
ありましたね~(汗)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

チェッカーズの曲って難しいんですね~。高校野球の応援ソング。実はあれ聞いているだけで楽しめますよね。イベント行くと、けっこう音楽を聴く機会が多いのは前にお話ししたかもしれませんが(吹奏楽がプログラムに含まれていることが多い)、ルパンⅢ世が流れると唐突にテンションがあがる私です。名曲はいつの時代も好かれるのですね~。

他には

こんにちは。
高校野球には応援のブラバンの演奏はつきものですね。
最近多いのはX-JAPANの「紅」と「アメリカンシンフォニー」かな。
「サウスポー」は平和台のオールスター戦で王さんと永射さんの対決から作詞家の阿久悠さんが書き上げました。
選手の保護者も知ってる曲をチョイスするなかもしれませんね。
山本リンダの「狙いうち」は中日のヒッティングテーマだから。
「パウエル パウエル ホームラン」って歌っちゃいます。

イベント

八咫烏(全力稼働中) 様


考えてみると、カラス様がよく行かれるよさこい・ダンス・阿波踊り等のイベントにおいては
タイアップとして吹奏楽のポップス街コンやマーチングが同時開催されている事も結構多いと思いますので、
吹奏楽を聴かれる機会も多いのもしれないですね。

ルパン三世のテーマは、吹奏楽経験者はほとんどの方が一度は演奏した事があるはずのポピュラーな曲だと思います。

チェッカーズは意外と転調が多くリズム感を掴むのが難しいという面はあったと思います。

永射投手

五航戦の愛鷹 様


えーーー、サウスポーのモデルって永射投手だったのですね~!!

永射投手は変則的なアンダースローサウスポーで、当時日本ハムのソレイタやロッテのリーに相当というか思いっきり
嫌がられていたのが大変印象的でした~!

教えて頂きありがとうございます!

野球と吹奏楽の相性って本当に最高ですよね~!!

奈良も高校野球、始まってます♪
(先日、主人が観てました)
プロと違って、高校球児は
一生懸命なので感動します。(^-^)

確かに応援音楽って「昭和」ですね♪
ピクンレディって小学校低学年ですもんね~
その曲が今もなお...ってスゴい!

ピンクレディ

napo 様


高校野球はあの筋書きのないドラマが素晴らしいですね~!

奈良の吹奏楽と野球と言うと天理高校のあの強烈且つ洗練された吹奏楽のサウンドは
私にとっては憧れの音でしたね~!

ピンクレディのサウスポーは今現在も定番の応援ソングですね!

そこにあるのは親しみやすく分かりやすい音楽なのだと思いますが、それだけ今現在のJ-popが
誰にでもわかりやすいメロディではないという事なのかもしれないですね。

高校野球

高校野球のシーズンですね。

プロ野球と違って必死さが伝わってきますから

サッカー好きの優子でも高校野球は

好きです。

〇タッチ

〇さくらんぼ

〇ルパン三世のテーマ

確かに流れてますね~~

時代も変化してますが、

高校野球も少しずつ変化してるようですよ。

高校野球

優子 様


高校野球って仰る通り、プロ野球と違う必死さが見ている人の胸を打つのだと思いますし、
あの筋書きのないドラマとか一度負けたらそれで終わり・・というある意味残酷な点が
見ている人たちに「何か」を伝えているのだと思います。

タッチ・ルパン三世・サウスポーなどの昭和の名曲が今現在でも受け継がれて演奏され続けているのは、
それが普遍性というものなのかもしれないですね。

こんばんは♪

さくらんぼって高校野球の応援ソング
だったなんて知らなかったです(笑)。
タッチは野球漫画だし有名ですね(*´▽`*)

タッチ

ふたごパンダ 様


さくらんぼは甲子園の本大会でも多くの高校が応援曲として今現在も頻繁に演奏していますね~

タッチは私が高校の頃に連載が開始されていましたけど、アニメも名作ですし、南の声優の日高さんも南役で
声優として不動の地位を築きましたし、岩崎良美さんも歌謡曲とアニソンに名を残し、
みんながハッピーになった曲としても大変名高いですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4383-b19b9c4f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |