FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


A・リードの「組曲シリーズ」としては計7曲残されています。

吹奏楽のための第1組曲 (1974)
吹奏楽のための第2組曲「ラティーノ・メキシカーナ」 (1979)
吹奏楽のための第3組曲「バレエの情景」 (1981)
吹奏楽のための第4組曲「シティ・オブ・ミュージック」 (1992)
吹奏楽のための第5組曲「インターナショナル・ダンス」 (1995)
吹奏楽のための第6組曲 (1998)
吹奏楽のための第7組曲「センチュリー・オブ・フライト」 (2003)

上記7曲がリードの組曲シリーズなのですけど、この七つの組曲の中では私がいっちば~ん!大好きな曲は
誰がなんといっても吹奏楽のための第2組曲「ラティーノ・メキシカーナ」に尽きると思います!
そしてこの第二組曲は私自身がリードの組曲シリーズの中で唯一演奏した事がある曲ですし、
私自身、高校2年の時にこのリードの第二組曲を吹いて、吹奏楽の面白さや合奏をする事の楽しさ、音楽の躍動感に
覚醒したという想いもあり、私個人としても大変思い入れが強い吹奏楽オリジナル作品の一つです。

リードの組曲シリーズなのですけど、これはあくまで私の個人的感想ではありますが、内容的に優れていると
感じられるのは第四組曲までで、第五組曲以降は
「ちょっと外見的効果に頼りがちなのかも・・」という印象があり、第二組曲・第三組曲のような感銘性までには
至っていないのかな・・?と感じたりもしています・・(汗)
そうしたリードの組曲シリーズに含めてもいいんじゃないのかな・・?と感じられる作品として
吹奏楽のための組曲「ハムレットへの音楽」とか交響的ポートレイト「オセロ」もあるのですけど、これらの作品は
組曲シリーズとしての分類ではなくてリードのシェークスピアシリーズとしての分類の方が宜しいようにも
感じられます。
そして厳密に言うと組曲シリーズには含まれていないのですけど、「小組曲」という作品も組曲シリーズとして分類されても
いいのかな・・?と思ったりもします。
この「小組曲」はリードにしては珍しく地味な作品かもしれないですけど、とっても可憐でチャーミングで
全ての楽章が宝石箱みたいなすてきなメロディーラインが一杯詰められているとても魅力的な作品だと思います。

最近このチャーミングな曲もあまり演奏されなくなっているのはとても勿体ない気がします。
最近の中学・高校のスクールバンドの奏者の中には、リードの曲を演奏したことはない方はもとより
アルフレッド・リードという偉大な吹奏楽作曲家の名前すら知らないという人もいるという話を各方面から
聞く事もあり、 正直「時代も変わったな・・・」と思う事もあります。
だけど、吹奏楽を演奏される方はせめて一度ぐらいは、
リードの「アルメにアンダンスパートⅠ」とか「オセロ」とか「エルサレム讃歌」ぐらいは聴いて欲しいなと感じることもあります。

小組曲なのですけど、4曲で構成されていて全体で9分程度の大変短い曲ですけど、
どの楽章も全て愛くるしくてかわいくてチャーミングで親しみやすいメロディーの連続で、私はとっても大好きな曲です。

この小組曲は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.イントラーダ

Ⅱ.シシリアーナ

Ⅲ.スケルツォ

Ⅳ.ジーグ

Ⅰは、トランペットとトロンボーンの華麗なファンファーレで開始され、Ⅱは、オーボエの悲しげなソロが極めて印象的です。
Ⅲは、シロフォーンの響きが楽しいですし、Ⅳは、のびのびとした雰囲気が感じられ大変生き生きとした曲だと思います。

この曲は、福岡工業大学が演奏し銀賞を受賞していたのが全国大会で演奏された唯一の演奏事例です。
小組曲の生の演奏で忘れられない演奏が一つあります。
1988年の東京都大会・職場の部で東京ガスがこの曲を自由曲として選び、全国には進めませんでしたが
都大会で銀賞を得ています。
当時の東京ガスの指揮者は永濱氏という方でして、この指揮者は、吹奏楽では珍しいのですが指揮棒を持たずに指揮をされ、
比較的大柄な方だったせいもあるのですが、全身で音楽を表現するタイプのようにも感じられました。
映画「タイタニック」の有名なシーンのように、両腕を水平に伸ばし、非常にスケールの大きな音楽を
奏者から引き出していたのが極めて印象的です。
永濱氏は、その前年度には、「エルザの大聖堂への厳かな行列」でやはり感受性豊かなスケールの大きい音楽を
聴かせてくれていましたが、この「小組曲」においても感受性豊かな演奏をされていたのが今でも記憶に残っています。

東京ガスは、その数年後別の指揮者でしたけど、何回か全国大会・職場の部に出場していて、
ウィンザーの陽気な女房達・コッペリアでとても楽しい演奏を聴かせてくれていたのが大変印象的でした!

リードの小組曲は、コロンビアから「吹奏楽名曲選」というタイトルで出ていましたが、
このCD、今現在では廃盤になってしまっているのかな・・?
同じくリードの「エル・カミーノ・レアル」も収録されていますので、こうした名曲の名演を収録したCDはずっと
後世にまで残していって欲しいものです。

最後に小組曲の演奏事例なのですけど、山梨県の平野廣海先生と言うと、明海中学校・大月東中学校での
すてきな名演が大変印象的ではあるのですが、1987年以降は学校異動により大月東中を離れてしまい、
その後の全国大会出場は残念ながら一度もなく、その後吹奏楽のスクールバンドの指導者からは勇退
されてしまったのですけど、実は1988年に大月市立富浜中学校を指揮され、関東大会B部門にこの無名校を
いきなり導き、当時の関係者をびっくりさせたものですけど、その時の自由曲がリードの「小組曲」だったのでした!
そしてこの小組曲の演奏は、関東大会B部門金賞で、結果的にこの演奏が平野先生の有終の美を飾られましたけど、
あの演奏は私は後日実況録音として聴いたことがありますれど、
とってもチャーミングな演奏で、素晴らしい演奏であったのは大変印象的でありました!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

小組曲演奏しました

A.リード氏の小組曲は中1の時の大会の
自由曲でした。難易度もそれ程高くないですし少ない編成でも演奏出来るので、「人数は多くないけどなにかしらリード氏の曲の曲を演奏したい」と言うバンドにはとても良い作品だと思います。
それにしても最近はリード氏の事を知らない若い方も増えてきているのですね。ここの所の全国大会でも氏の曲が演奏されないので時代の流れなのかなあ、と感じてましたが、吹奏楽界に多大な貢献をされたリード氏の名前を知らないなんて俄には信じられない様なお話ですね。

小組曲

GILLES27  様


リードの「小組曲」はとても可憐でチャーミングで聴く方も演奏するほうも楽しい曲だと思います。

こういうすてきな曲は後世においても忘れることなく演奏され続けてほしいのですが、
リードの曲が全国大会はおろか支部大会でもなんと一曲も演奏されなかったという信じられない年も最近では
あったくらいですので、
こうした偉大な作曲家の曲は後世まできんちと受け継がれ、演奏され続けてほしいものですね。

小組曲は吹奏楽人生30年を超えて、今年初めて演奏する機会がありました。
私もリードの組曲といえば、2→1→3の順で小組曲はランクインすらしておりませんでしたが、演奏してみると本当にかわいらしい曲で、でも2楽章などはリードの「憂い」が見事に表現された奥深い曲で勉強になりました。

ジャンル違いでは「法華経からの3つの啓示」もリードの組曲では大好きで、1楽章もいいんですが3楽章に心を持っていかれます。

小組曲

まつたく 様


リードの小組曲は大変地味な曲でもあるのですけど、そこには間違いなく捨てがたい味があるのだと思います。
特にご指摘の通り第二楽章の憂いと哀愁を帯びたメロディーには人の心を打つものがあると言えると思います。
この曲に関しては大編成で演奏されるよりは30人前後の編成でしっとりと演奏した方がいいのかも
しれないですね。

法華経からの3つの啓示~Ⅲ.平和の悦びも名曲ですよね~!

なんとなく第一組曲っぽく聴こえてしまう個所も無くは無いとは思うのですけど、少しレトロな雰囲気が
素晴らしいと思います。
1988年の吉永先生指揮の西宮高校の演奏もよかったですね~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4380-0264264f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |