ウォルター.S.ハートリー / シンフォニック・ウィンド・アンサンブルのための「シンフォニア第4番」 → 紀伊国屋オンラインショップではずーっと「入荷待ち」となっていたのにアマゾンではすぐに入手できてしまいました~!

2 0
以前の過去記事の吹奏楽カテゴリの中で「パーシケッティー/吹奏楽のための仮面舞踏会」の記事を掲載させて頂き、
「以前聴いたハンスバーガー指揮/イーストマンウィンドアンサンブルのレコードの演奏が
素晴らしい演奏で忘れられない。この演奏は当時ブラスのひびきで流され、
エアチェックし擦り切れるほどカセットテープで聴いた。何とかこのレコードが覆刻されないものか」と書いたのですけど
色々と調べてみると 実は2011年にアメリカン・ミュージック・フォー・シンフォニック・ウィンズ」というタイトルで
ユニバーサル ミュージック クラシックから復刻版CDが出ていることが判明しました。

早速このCDを取り扱っている紀伊国屋オンラインショップで注文したところ、
「現在在庫なし、入荷待ち」という状態が随分長く続いていたと思います。
そうした訳でハンスバーガー指揮/イーストマンウインドアンサンブルによるあの素晴らしい名演CDの復刻版は
ずっと聴く事が出来ずにいたのですけど、
たまたま眺めていたアマゾンではすぐに購入可能の状態になっていてしかも1700円程度と言う価格でしたので、
速効で購入をさせて頂きました~!
紀伊国屋オンラインは結果的に長期間に渡って全くの役立たず状態でもありましたので(汗・・)
「それだったら最初からアマゾンで注文しておけばよかったじゃん!」と少し後悔はしております・・

先日そのCDが届けられたのですけど、このCD、パーシケッティーの「仮面舞踏会」以外の他の収録曲が
また素晴らしいのですよね!!!
ダールの「シンフォニエッタ」とハートリーの シンフォニック・ウィンド・アンサンブルのための「シンフォニア第4番」が
収録されています。
ダールのシンフォニエッタは確か以前国立音大ブラスオルケスターの定期演奏会で一度聴いた事があり、
「いい曲だなぁ・・」と感じていたもののこの曲の音源が中々見つからず放置状態が続いていましたので、
これも一つのすてきな収穫でした~!

ハートリーの「シンフォニック・ウィンド・アンサンブルのためのシンフォニア第4番」は、
フェネルがかつて東京佼成と共に「ピース・オブ・マインド」の収録曲の一つとして録音していましたけど、
このハンスバーガー指揮の方が断然内容がいいと思います。
というのも、ハートリーのシンフォニア第4番も仮面舞踏会同様にハンスバーガー指揮の演奏が
「プラスのひびき」で流され、とても印象深かったからです。
(私個人の感想としてはフェネル指揮の演奏の仮面舞踏会とシンフォニア第4番は少しカラフルで明るすぎという印象が
あったりもします・・

ハートリーのシンフォニック・ウィンド・アンサンブルのための「シンフォニア第4番」は四楽章構成で
演奏時間は8分足らずの短い曲ながらも
「ミニシンフォニー」という感じで大変構成に優れ、密度が濃い曲だと思います。

この曲は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.アレグロ

Ⅱ.アダージョ

Ⅲ.ヴィヴァーチェ

Ⅳ.アレグロ

ⅠとⅣのテンポが速い楽章の間に、ゆったりとしたⅡとミステリアスなⅢが挟まれていて
構成的に非常にバランスが取れているのがすてきな構成だと感じます。

Ⅰは溌剌とした中にも何か「不安感」が垣間見え、その不安感はⅡでピークに達します。
Ⅲは、とてもミステリアスで不思議な感覚の音楽なのですけど、
Ⅲの最後のティンパニの打撃音だけを聴くと
「あ、この曲終わったんだ・・・」とついつい勘違いしてしまいますが、実際はⅣがまだ残っていて
ラストのⅣは、これまでの不安感・寂寥感・ミステリアスさを完璧に吹っ飛ばす陽気な「マーチ」に
なってしまうのが何か面白いと感じます。
Ⅰ~Ⅲまでの不思議な感覚とⅣのいかにも「陽気なアメリカ魂」の間には
何か「微妙なミスマッチ」というか「唐突さ」があり、
そうした違和感を楽しむのも、この曲の一つの魅力なのかなとも思ったりもします。 

全体の演奏時間は7分程度の大変短いものなのですけど、とにかく全楽章全ての音楽的密度が濃くて
吹奏楽コンクールで演奏される事は多分無いとは思うのですけど、パーシケッティーの吹奏楽のための交響曲第6番のような
新古典主義的な作品にもたまには触れてみるのも悪くは無いと思います。
 
関連記事
ページトップ