FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前の過去記事の吹奏楽カテゴリの中で「パーシケッティー/吹奏楽のための仮面舞踏会」の記事を掲載させて頂き、
「以前聴いたハンスバーガー指揮/イーストマンウィンドアンサンブルのレコードの演奏が
素晴らしい演奏で忘れられない。この演奏は当時ブラスのひびきで流され、
エアチェックし擦り切れるほどカセットテープで聴いた。何とかこのレコードが覆刻されないものか」と書いたのですけど
色々と調べてみると 実は2011年にアメリカン・ミュージック・フォー・シンフォニック・ウィンズ」というタイトルで
ユニバーサル ミュージック クラシックから復刻版CDが出ていることが判明しました。

早速このCDを取り扱っている紀伊国屋オンラインショップで注文したところ、
「現在在庫なし、入荷待ち」という状態が随分長く続いていたと思います。
そうした訳でハンスバーガー指揮/イーストマンウインドアンサンブルによるあの素晴らしい名演CDの復刻版は
ずっと聴く事が出来ずにいたのですけど、
たまたま眺めていたアマゾンではすぐに購入可能の状態になっていてしかも1700円程度と言う価格でしたので、
速効で購入をさせて頂きました~!
紀伊国屋オンラインは結果的に長期間に渡って全くの役立たず状態でもありましたので(汗・・)
「それだったら最初からアマゾンで注文しておけばよかったじゃん!」と少し後悔はしております・・

先日そのCDが届けられたのですけど、このCD、パーシケッティーの「仮面舞踏会」以外の他の収録曲が
また素晴らしいのですよね!!!
ダールの「シンフォニエッタ」とハートリーの シンフォニック・ウィンド・アンサンブルのための「シンフォニア第4番」が
収録されています。
ダールのシンフォニエッタは確か以前国立音大ブラスオルケスターの定期演奏会で一度聴いた事があり、
「いい曲だなぁ・・」と感じていたもののこの曲の音源が中々見つからず放置状態が続いていましたので、
これも一つのすてきな収穫でした~!

ハートリーの「シンフォニック・ウィンド・アンサンブルのためのシンフォニア第4番」は、
フェネルがかつて東京佼成と共に「ピース・オブ・マインド」の収録曲の一つとして録音していましたけど、
このハンスバーガー指揮の方が断然内容がいいと思います。
というのも、ハートリーのシンフォニア第4番も仮面舞踏会同様にハンスバーガー指揮の演奏が
「プラスのひびき」で流され、とても印象深かったからです。
(私個人の感想としてはフェネル指揮の演奏の仮面舞踏会とシンフォニア第4番は少しカラフルで明るすぎという印象が
あったりもします・・

ハートリーのシンフォニック・ウィンド・アンサンブルのための「シンフォニア第4番」は四楽章構成で
演奏時間は8分足らずの短い曲ながらも
「ミニシンフォニー」という感じで大変構成に優れ、密度が濃い曲だと思います。

この曲は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.アレグロ

Ⅱ.アダージョ

Ⅲ.ヴィヴァーチェ

Ⅳ.アレグロ

ⅠとⅣのテンポが速い楽章の間に、ゆったりとしたⅡとミステリアスなⅢが挟まれていて
構成的に非常にバランスが取れているのがすてきな構成だと感じます。

Ⅰは溌剌とした中にも何か「不安感」が垣間見え、その不安感はⅡでピークに達します。
Ⅲは、とてもミステリアスで不思議な感覚の音楽なのですけど、
Ⅲの最後のティンパニの打撃音だけを聴くと
「あ、この曲終わったんだ・・・」とついつい勘違いしてしまいますが、実際はⅣがまだ残っていて
ラストのⅣは、これまでの不安感・寂寥感・ミステリアスさを完璧に吹っ飛ばす陽気な「マーチ」に
なってしまうのが何か面白いと感じます。
Ⅰ~Ⅲまでの不思議な感覚とⅣのいかにも「陽気なアメリカ魂」の間には
何か「微妙なミスマッチ」というか「唐突さ」があり、
そうした違和感を楽しむのも、この曲の一つの魅力なのかなとも思ったりもします。 

全体の演奏時間は7分程度の大変短いものなのですけど、とにかく全楽章全ての音楽的密度が濃くて
吹奏楽コンクールで演奏される事は多分無いとは思うのですけど、パーシケッティーの吹奏楽のための交響曲第6番のような
新古典主義的な作品にもたまには触れてみるのも悪くは無いと思います。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

少しずれるかもしれませんが。

ブラスの響き

で、アントニンキューネル 武蔵野音大 のアルメニアンダンスを聴いて素晴らしいと思いました。後日、CDを買いました。

少しパーカッションがずれるところがありましたが、このアルメニアンダンスが僕にとっては最高のものです。。

キューネル先生

甲辰 様


キューネル先生の武蔵野音大を指揮されたCDはアルメニアンダンスやオセロを含めて全般的に
テンポ設定が大変遅めで、先生としてのロマンティックな解釈と煉りに練った音楽としての表現を感じたものでした。

キューネル先生は武蔵野音大勇退後は、岐阜教育大学の吹奏楽を長い間指導されていて、
私も東海大会で何度かその指揮ぶりを拝見した事がありますが、いつも半袖シャツに上着なしと言うスタイルも印象的でしたし、
CDのような重厚で慎重な解釈という印象も感じたものでした。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4372-4d9a1d21
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |