FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の吹奏楽コンクールではメリッロの「アメリカの騎士~選ばれし者」を自由曲として選ぶチームは
随分と少なくなってきた印象があったりします。
2001年~2003年に掛けてこの曲は吹奏楽コンクールでは大ブレイクを果たし
支部大会ではかなり多くのチームがこの曲を自由曲にしていて一時的にちょっとしたミニバブル的な大ブレイクが
起きていたような印象もあったりします。
2001年の市立柏高校の素晴らしい名演が他校にもかなりの影響を与えたのかもしれませんし、2001年においては、
柏の影に隠れてしまったような感じでもあるのですけど、同じくこの曲を自由曲に選んでいた京都の洛南高校の
素晴らしい名演も忘れてはいけないと思います!

それにしてもこの「選ばれし者」とはいかにも「傲慢な大国・アメリカ」を象徴するようなタイトルだなと感じなくもないのですけど、
1999年に作曲された際には、新しいアメリカを担う英雄を待望したという意図があり、
その英雄が「アメリカの騎士」というわけだったようです。
2001年にこの曲が日本で大ブレイクを果たしていた時に、私自身もちらっとですけど、
この「選ばれし者」は、組曲「アメリカの騎士」という組曲の中の一つの曲ではないのかという話を耳にした事はあったものの、
当時の感覚としては「それならばいずれ近いうちに組曲全曲が発表されるのかな・・?」と思っていたものでしたけど、
その全貌はベールに包まれたまま年月が過ぎたという感じでもありました。
当時としては「選ばれし者」だけが先行出版されたというのが一つの説だったような印象があります。
後述しますけど、その後日本の吹奏楽連盟が規約改定をした際に「コンクール演奏でのベースギターの禁止」というものを
打ちだし、ベースギターをかなり効果的に曲の中に使用しているメリッロの「アメリカの騎士」の魅力が半減する事に
なってしまい、「アメリカの騎士」の全容が明らかになる頃には既にこの曲の日本での人気のピークはとっくに過ぎてしまっていた
という事情も実はあったりもします。

そうした中、2007年頃だったかな・・・?
「A WISH TO THE WORLD」(世界への願望)という曲が、発売され、この曲が実は組曲「アメリカの騎士」の全曲版に
相当するという事が判明したものでした!
この組曲は全19曲から成り、2007年に発売されたCDには15曲が収録されているようですけど、
日本であんなに大ブレイクした「選ばれし者」はなぜか未収録でもありました。
当初は「アメリカの騎士」として作曲された一連の作品群なのですけど、
2001年の「9・11同時多発テロ」を機に「世界への願望」というタイトルに変更された経緯もあるようです。

メリッロ自身、2001年のいわゆる世界同時多発テロ以降に、海外の多くの先人たちの英雄の姿を学び、
言葉の壁を越えた友人の輪がどんどん拡がったことが「アメリカの騎士」という一国の英雄だけが世界をリードするのでは
決してなくて、「世界には有名無名も含めてこんなにも素晴らしい英雄たちがかつて存在していたし、今現在も
そうした英雄たちは日々努力を重ねてきている」という事に改めて気が付き、かつて自分が作曲した曲についても
「A WISH to the WORLD (世界への願望)」とメリッロ自身の新しい希望と願いを込めて曲のタイトルと構成を
かなり大がかりに変更したという事になるのだと思われます。
メリッロはこの組曲を通じて、「英雄は常に身近なところに存在している」と言う事を特に若い世代に伝えたかったような
意図もあるのかもしれないです。
そうした意味では「アメリカの騎士」改め「世界への願望」という曲は、
名もなき英雄達の物語であり同時に将来を担う若者達へのエールなのだと思います。
不屈の精神で逆境を乗り越えてきた勇者の魂を受け継ぎ、現代の子供たち、そしてそのまた子供たちが勇気を持って
果敢に突き進んで欲しいという強いメッセージが込められた作品と言えるのだと思います。

「世界への願望」はとてつもなく長い組曲のようになってしまったという結果になってしまったと言えるのかも
しれないですけど、元々の曲でもあった「アメリカの騎士~選ばれし者」は大変イメージがしやすいし分かり易いし
聴いていて「スカッ!!」とする爽快さは間違いなくあると思えます。
この曲は冒頭のアルトサックスのジャズっぽいソロがとにかく格好いいですし、序盤の展開部のスピード感は快感です!
あのスピード感とキレ味はジャズの世界みたいな感じもありますし、特にサックスセクションのノリの良さと
ベースギターのリズムギンギンのあのノリのよさは爽快だと思います!
中間部の高揚感も、確かに意図が見え見えみたいな人工的な安っぽい感じがあるのは否定はしませんけど、
そこにあるのは「努力すれば全ての夢がかなう事が決して夢物語ではない」といったアメリカンドリームなのかも
しれないですね~!

アメリカの騎士~選ばれし者の過去の吹奏楽コンクールの名演として2001年の市立柏高校を挙げる方は多いと思いますけど、
上記で書いた通り私は2001年の洛南高校を推したいと思います。
市立柏はベースをギンギンに聴かせて都会的で洗練された格好いい音楽なのですけど、
逆に少しええかっこしすぎみたいな感覚もあったりもします。
その点洛南は実に音楽が正攻法だと思いますし、男子校らしい重厚感と実直さは圧巻だと思います。
洛南の演奏のラスト近くのティンパニの硬質な響きは私的には特に特に気に入っています!

それにしてもどうして唐突にこのメリッロの「選ばれし者」はコンクールの人気自由曲から消え去ったのでしょうか・・?

メトセラⅡや海の男たちの歌などの例があるようにコンクールの自由曲の人気の浮き沈みは激しいから
メリッロのアメリカの騎士~選ばれし者が吹奏楽コンクールの人気自由曲から姿を消してしまったというのは
別に珍しい話ではないと思います。
この曲の場合、その消えた理由の背景にあるものとして、上記でちらっと触れましたけど、吹連のコンクール既定の改変
というものが大きいのではないかと推察されます。

その規定改変の一つが「吹奏楽コンクールにおけるベースギター禁止」と言う事なのでした。

確かにメリッロの「選ばれし者」からベースギターを除いて代用楽器としてコントラバスを当てたとしても
恐らくですけど曲自体の持ち味は半減するかもしれないです。
そのくらいベースギターが大きな影響力がある曲なのだと思います。

ベース使用の曲と言うと、最近の吹奏楽オリジナル作品の中では

〇アメリカの騎士~選ばれし者 (S.メリッロ)

〇コンサートバンドとジャズバンドのためのラプソディー (ウィリアムズ)

あたりが有名ですよね。

そういえば1998年に土佐女子の名演で一躍有名になったコンサートバンドとジャズバンドのためのラプソディー という曲も
最近の吹奏楽コンクールではほとんど演奏されなくなってしまった背景にあるのも
吹奏楽連盟のベースギター使用不可という規定の影響が大きいのだと思われます。

ベースギターを吹奏楽コンクール全国大会で一番最初に使用したチームはどこなのでしょうか・・?

私の聴いた限りでは、1986年の東海大学第一高校なのかなと思っています。
自由曲は、ラム/イーゴリファンタジーという曲でしたが、
導入部で最初にベースが鳴った時はとてつもないインパクトを感じたものでした。
だけど、この演奏録音で聴くと、すごく面白いものがあります。
生で実際に聴いた時は、「全然盛り上がらないし、この曲のどこが面白いのかよく分らない」というのが正直な感想でした。
指揮棒もノリノリなのですけど、今一つ盛り上げに欠ける曲と感じたのも事実です。
曲が終始ジャズ風に鳴っているのだけど、曲自体の緩急の差とか強弱の差が弱く、
何となく騒がしい曲だな・・という印象だけで終わってしまったような気もしました。
だけど後日録音の音源を改めて聴いてみると、
別タイトル名が「ストラヴィンスキーの主題による幻想曲」となっている通り、
幻想曲「花火」とか「春の祭典」のモチーフを部分的に取り入れたり、
クラシック風とジャズ風な要素をミックスさせたりと色々面白い試みはあったと思います。
終わり方も「春の祭典」のパロディーみたいで、それもまた面白いと思います。
この曲はライヴで聴かせるよりは、CD等の録音でじっくり聴いた方が楽しめる曲の部類に入る曲のようにも思えました。
途中でベースギターの相当大胆なソロもあるしやはり面白い曲だと改めて感じます。

吹奏楽コンクールは、1981年にピアノを使用する事が解禁となり、
それから弦楽器・ハープもOKとなり、その流れで確かベースも可となっていったような気がします。
ハープを最初に使用したチームは、恐らくは1981年の市立川口高校の「無言の変革~問い」だと思います。
ヴァイオリンを実際にソロ楽器として使用した初めての例は、1982年の仙台第一高校の組曲「グランドキャニオン」だと思います。
チェロを使用した例は、96年の伊奈学園の「英雄の生涯」だったかな・・?

チェロとヴァイオリンまで使用OKというと「管弦楽団とどこに違いがあるの・・?」みたいなツッコミも入りそうですし、
それは本来の吹奏楽の響きとは異なるような気もしますので、今現在の吹奏楽連盟のヴァイオリンとチェロの使用禁止は
むしろ当然だと思いますけど、
ベースギターの使用禁止の規定は以前のように使用可にして貰いたいですね~!

上記の「アメリカの騎士~選ばれし者」を以前ベースギター無しの「コントラバス代用」ヴァージョンをコンクールで
聴いたことがありますけど、感想としては「音量が弱いし、あの響きはコントラバスだけでは無理だよね・・」という
印象は全然拭えなかったですね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ご無沙汰しております

 確か、エレキベースについては、私達が中学生の頃から使用は可だったと思います。

「エレキ・ベース以外の電気楽器」は使用不可という規定がありましたので、エレキベースは使用可能ということだと思います。

実際に、「ディスコ・キッド」やポップス変奏曲「かぞえうた」には、エレキベースのパートもあり、少なくともこの2年間は松山市民吹奏楽団がコンクールで実際に使用し、1978年には全国大会でも演奏しているはずです。(実はそのとき私は中学生の分にもかかわらず松山市民吹奏楽団の準団員で、当然中学の部に出場しているので、松山市吹ではコンクールには出場しておりませんが・・・)

たぶんそれ以外の団体も演奏していると思いますよ。

ベース

なおりパパ 様


ご無沙汰しております! お元気そうで何よりです!

7/7の当ブログの吹奏楽カテゴリ1000記事到達のお祝い記事には、実はなおりパパ 様のお名前も登場していましたので、
事後報告になりますが何卒宜しくお願いいたします。

ディスコ・キッドやかぞえうたにスコアにベースが元々入っているのは有名な話だと思います。
ちょっと説明が悪かったのですが、本記事は自由曲でのお話でもありましたので、全国大会・自由曲というくくりでは
ベース使用は東海大学第一がその先駆なのかもしれないです。

「アメリカの騎士~選ばれし者」はベースが入らないと、魅力半減だと思いますし、コントラバスで代用しても
聴いた感じではモダンジャズみたいなサロンみたいな音楽になってしまい、やはり違和感は感じてしまいますね・・

吹奏楽ゆえの制約

 いつもの記憶の話で申し訳ないのですが・・・

 吹奏楽関係の月刊誌での立ち読みで、1981年頃に前橋商業(?)が自由曲でエレキベースを使用した記事を見たような気がします。クラシックのアレンジものだったようですが、関東大会止まりだったかも。指揮者が変わって音楽に対する方向性の変化があったのでしょうか。
 1982年に同校の関東大会の演奏も聴いていて、確かチャイコフスキーの交響曲第4番フィナーレだったような(市立柏も同じ曲だったかも・・・)。

 コンクールではないのですが、市立習志野の定演で、ビローワなる作曲家による電子楽器(たぶんシンセサイザー)を含んだ現代曲を聴いたことがあり、バンドの不協和音と、ゆるやかな電子音(スピーカーからの音)との交叉のある響きを味わった思い出があります。

 吹奏楽、昔はコンデンス・スコアが総譜代りになっていて、細かい楽器の指定のない作品、編曲も多かったようで、ある意味で大らかな発想があったように思えます。地域、国によって吹奏楽編成は異なっていましたし、今でも世界的には管弦楽のようには共通していないと見受けられますし、多少の楽器変更も考慮されているものかも知れません。

 日本の吹奏楽業界はコンクール中心で発展した経緯があること、また、あくまで管楽合奏を主体として管弦楽との違いを打ち出すのに腐心してきたこと等があって、楽器制限も細かくなっていったのかも知れませんね。
 逆にコンクールに関わらない場での世間での注目度がもっと上がることになれば、エレキベース等を使った作品でも知れ渡り、吹奏楽に携わっている人々の労も報われるはずだと思います。一時的な流行りになるのが最も寂しいことですわ。(管弦楽をバックにしたエレキギター協奏曲なるものが10年以上前の音楽雑誌の記事に話題になっていたけど今はどうなったのかしら?)

 ネリベルも電子ヴァイオリンと吹奏楽のための作品を書いています。
 電子楽器(スピーカーを発信源にした楽器)とのコラボした作品、過去のものでも面白そうなもの、結構ありそうですね。

コンクールの一つの功罪

とりあえずホラ吹き 様


1981年の前橋商業は前年までの大木先生による鄙びた邦人路線から、急激に高橋先生による西洋音楽路線への
変更でしたので奏者としても相当戸惑いがあったのかもしれないですね。
81年の自由曲はサン・サーンスの「死の舞踏」ですので、この曲を吹奏楽コンクールの自由曲にした時点で
選曲ミスと言えるのかもしれないですね。
この曲にベースを入れたというのは初めて聞く話ですけど、あの曲の一体どこにベースが加わる余地があるのか
ちょっと意図不明ですね・・
市立柏は81年のローマの祭りは清潔な響きだったのに82年のチャイコの4番は随分と乱暴な響きになっていましたね・・

よく言われる話ですけど、高校野球と吹奏楽コンクールのレヴェルが驚異的に上がった背景として
甲子園と吹奏楽コンクールの存在はあったのは間違いないと思うのですけど、
コンクールで優秀な成績というか審査員に最大多数的に好印象を与えるために、無難な選曲にオーソドックスな解釈が
目立ったという事もあると思いますし、
主催者としても「審査基準の維持や統一性」のために使用楽器を制約せざるを得なかったという事も
あるのかもしれないですね。

そうした中でグラスハーモニカ等特殊楽器と小節という概念を超えたシュワントナーの「・・そしてどこにも山の姿は無い」の
歴史的名演を残した1991年の埼玉栄は素晴らしいと思いますし脱帽ですね~!

追記・市立柏の試練

 1982年の市立柏、コンクールでは千葉県の予選、本選、関東大会と生演奏を聴いています。実はこれも記憶ベースでなのですが、ちと込み入った事情があったようです。当時、千葉県版の新聞記事にもなっていたと思います。
 
 県大会予選直前(当日?)、何者かが多くの楽器を破壊し演奏不可能となってしまったようです。このため急遽近隣の中学校等から代替の楽器を借用して演奏に臨んだそうです。自分はこの際の演奏を聴いて、少々フレーズが浮ついた面はあるものの、関東大会には行けるインパクトある演奏、と感じたのですが、まさかこんな事情があったとは思いもしませんでした。冷静に思い返すと、どこか鬼気迫るものもあった、とも。ところが、県大会、関東大会と進むほどに自分が感じたインパクトは薄れていってしまいました・・・。
 この楽器破損事件、顛末についてはどうなったのかは判りません。ただ翌年の6月頃、課題曲のクリニックで自分は市立柏の演奏に接しており、着実に活動している様を確認しています。その後の全国大会常連への足取りは周知のとおりでしょう。

 演奏の裏にはいろんな事情やドラマがあるもの、時にはプラスに働いたりマイナスになったりします。演奏そのものが素晴らしいことは聴く側にとっては必要不可欠ですが、今一つに思えた際にどう想いを馳せるかでも、気持ちが安堵させられる場面もあります。目前で演奏している団体がいつも世界一、と思えることが、聴き上手な聴衆のコツかも知れません。

 少々デリケートな内容になってしまいました。どうもベルク系の現代音楽趣味の堅苦しい自分、たまには、イタリア音楽風に軽やかなコメント目指さんといけませんな。ちょいと明るめなコメント、考えておきますわ。

コンクールのドラマですね・・

とりあえずホラ吹き 様


市立柏にも過去にはそうしたドラマもあったものなのですね・・
(楽器破壊とはかなり酷い事件ですね・・)

吹奏楽コンクールにはそうした事件・ドラマは付き物だと思いますし、87年の関東第一もチューバ奏者が
楽器運搬車両に閉じ込められてしまい、本番は1名で普門館のステージに立たざるを得なかった事件がありましたからね。

市立柏は全国初出場の頃前後は正直「スピード感はあるけど粗っぽい演奏」と感じていましたけど、
87年の「ローマの祭り」以降、サウンドが劇的に洗練され、現在の姿へと繋がっているようにも感じられますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4365-67139184
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |