FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


四季映姫様というのは、死後の世界にて私達の生前の行いを裁き、冥界行きか地獄行きかを
最終決定する閻魔様であり、幻想郷を管轄とされる地獄の最高裁判長であり、
あのサボマイスター(?)の小野塚小町の直属の上司にあたります!
ちなみにですけど、四季映姫様の場合、名前は「四季映姫」であり、その役職名は「ヤナザナドゥ」という事になります。
四季映姫様は、現在の担当は、霊夢たちが活躍する「幻想郷」内の人間・妖怪たちの死者のお裁きという事なのですけど、
外界における極悪人の激増等によって地獄の最終お裁きは大忙し状態に陥り、
こうした死者達を裁く閻魔様というのか最高裁判長は、実は慢性的な人手不足に陥っています。
私達の昔からの古いイメージですと、地獄の閻魔様は、そのお裁きというのは全てお一人で担っていると
思われがちなのですけど、死者を裁く閻魔様も複数以上存在し、いわば分業化しています。
地獄といえども、こうした「分社化・分業化」という「効率」を求められている時代に入っているという事なのですね・・
地獄の沙汰は金次第ではないけど、地獄のお裁きは、分業化に基づいてサクサクと進行していくという事で、
なんだか地獄と言えども現代の外界の如く効率化が優先されている時代に入っているということなのだと思います。

四季映姫様は、そうした閻魔様のお一人であり、
四季映姫様自身が地獄内においては一番最高峰に君臨しているという訳ではないのですけど、
担当している幻想郷のエリア内の裁判においては、誰も映姫様の判断を覆す事は出来ませんし、映姫様の判決が
絶対的なものですし、この判決においては、「再審」というものは100%あり得ませんので、
そういう意味では、幻想郷内の死後の最後の審問にては「絶対的な最高裁判長」なのだと思われます。

東方の世界観による「地獄」は外界の世界の人口増と罪人の増加によって
慢性的な財政難と閻魔様=裁判官の人手不足になっているのですけど、
元々地獄とは縁が深かった古くて経験が豊かな「お地蔵さん」を裁判官に抜擢させることで
(東方の基本的な世界観の一つとして、「お地蔵さん」というのは単なる道端の道祖神みたいなものではなくて、
本来は「地獄に堕ちた人間たちを救済する」というのが本来の役割との事で、地獄とこの世の道をきっちりし断絶するために
守護しているがお地蔵さんという事情もあるそうです)
裁判官不足への対応を図り、結果的に裁判官不足も解消し、
現在の地獄は二交代制で絶え間なく「審問」が続けられているため、
閻魔様も一年中ずっと裁判に掛りっきりという訳ではなくてちゃんと「公休」もあるというのが面白い設定だと思います。
幻想郷担当の四季映姫様は、元々はお地蔵さんだったのですけど、お地蔵さん時代の功績が評価され、
上記で書いた通り現在では幻想郷担当の閻魔様として幻想郷内の最後の審判を担当されています。
大抵の閻魔様の場合ですと、公休中は「静かな彼岸ライフ」を楽しまれている事がおおいのですけど、
元々根が大変真面目で少々頭が固い四季映姫様はなんと・・・!!
公休中の間も担当エリアの「幻想郷」を散策され、
「こいつは放っておくと間違いなく地獄に堕ちるのかも・・」という前兆が出ている人間や妖怪に対しては
「このままではあなたは地獄に堕ちる!! 汝!! 悔い改めるなら今のうち!!」みたいな「事前警告」を発せられているとの事です。
これって、私のような凡人というのか普段の功徳を積んでいない人間にとっては
ある意味ありがたいシステムと言えるのかもしれないですよね。
人間も妖怪も誰だって死後は地獄には落ちたくはないはずだと思います。

現在のような他人に対する思いやりがない生活を続けいたとしたら・・・
これ以上の「他人に知られたくない秘密」を抱え込んで生きていたとしたら・・・
お金を生き金として使わず、ケチケチと貯めこんでばかりいたとしたら・・・
これ以上人様への迷惑を掛け続けていたとしたら・・・・
これ以上根拠のない他人様への陰口を言い続けていたとしたら・・・

「あなたは間違いなく死後の世界においては、天界・冥界には行けずに地獄へ叩き落されます!!」

そうした強い警告を地獄の閻魔様の四季映姫様から「事前通告」を受けていたとしたら、誰しもが
「それはまずい・・・さすがに自分だって地獄には落ちたくない!
少しは自分自身の生活と考え方を改めてないといけない」といった事を多少は考え反省はすると思われます。
四季映姫様もそれをいい事に、多少と言うか、結構な確率でとてつもなく大袈裟な表現を取られる事も多々あるようでして、
「あなたは地獄に堕ちたらこんな罰を受けます」というのをかなり誇張して「受ける罰」について色々とある事ない事を伝え、
「通告」というよりは「脅し」みたいな形で極悪人たちをある意味諭しているというのも、
地獄の裁判における人間たちの本性も分かり切り、人間達の酸いも甘いも分かりきっている四季映姫様らしい
一種の「優しさ」なのかもしれないですよね・・・
そしてそこにあるのは、お地蔵さん時代の四季映姫様が人間たちから無茶振りとも言える無理難題なお願いばかり
されていたのをじっと黙って聞いていたという事もあるのかもしれないです。

そうした幻想郷内での「事前通告」というかお説教活動(?)というのは、既に「地獄行き」が濃厚な人間・妖怪にとっては
はた迷惑というかありがた迷惑な話なのかもしれませんよね・・・
四季映姫様が、「そう、あなたは・・××過ぎる・・」みたいなセリフを言われたとしたら、それはとてつもなく
「長いお説教」の始まりになるそうです。
妖怪にとっては、四季映姫様がそこにいるというだけで大変居心地が悪いとの事で、四季映姫様が公休中に幻想郷に
出現していつものように事前警告を発しようとしたその瞬間に、どんな妖怪も・・・あのゆかりんですらも
さー――――ッと姿を隠すと言いますから、
真っ当に生きる人間にとっては、これほどありがたい閻魔様はいないと言う事になると思いますし、
極悪な人間・妖怪にとっては「顔も見たくない・・」という感じになるのだと思います。

幻想郷最大のヒロインでもあり、最強にして最大の賢者の妖怪のあのゆかりんが唯一幻想郷内で
敬遠する相手というのは実はこの四季映姫様ではないのか・・?という憶測は以前から
言われているのですけど、私もそれに関しては全く異論がないです。
ゆかりん自身、四季映姫様を評して「しょせんあの御方には敵わない・・」みたいな事も珍しく(?)吐露されています。
一つの存在とひとつの存在の間にある「すきま」というものを自由自在に潜り抜けるゆかりんにとっては、
ある意味そうしたアバウトさが一つの魅力であり、
ゆかりんにとっての「選択肢」というものは無限大にあるものと思われるのですけど、
何でもかんでも白黒つけてしまい絶対的な価値基準は「私が正しく感じるか感じないか」の四季映姫様との価値観は、
確かに水と油という感じなのでしょうね。

さてさて四季映姫様は、その公休中に妖怪や幻想郷内の住民にどんな事を説教するのでしょうか・・?

これは色々と脳内妄想のし甲斐があるのですけど、

霊夢に対しては「そう、あなたの神社はあまりにも信仰心が無さすぎる」

うどんげちゃんに対しては「そう、あなたは愚痴が多すぎる」

てゐに対しては「そう、あなたは告げ口と策士振りとみみっちい詐欺が多過ぎる」

さとり様に対しては「そう、あなたは引きこもりが過剰すぎる」

阿求に対しては「そう、あなたは毒舌が過ぎる」

アリスに対しては「そう、あなたは何でも人形に任せ過ぎる」

文に対しては「そう、あなたの新聞はガセネタとやらせが多過ぎる」

そしてもしかして幻想郷の創造神であられるZUN神主様に対しても「そう、あなたはフランちゃんを幽閉しすぎる」

といった事を色々とお説教するのかもしれないですね~

四季映姫様はチルノに対しても色々と苦言を呈されているのですけど、チルノは馬耳東風状態なのかな・・?
ミスティア・ローレライに対しても色々と通告しているのですけど、ミスチーは鳥頭ですので、
ありがたいお説教も数分後には記憶の片隅にも無いという感じなのかもしれないですね。
ルーミアに色々とお小言を並べたとしても、全て「そーなのかー」と逆に切り替えられてしまいそうですね・・
サニーミルクたちに色々とお説教したとしても、
「私たち・・自然現象から発生したあくまで妖精ですので、死後の世界は関係ないのですけど・・」とツッコミが入りそうですね・・

「東方花映塚」における最終ステージのボスは四季映姫様ですので、
この東方ゲームに登場するキャラたちは、ほぼ例外なくこのステージにて
四季映姫様からありがたいお説教を食らっています。

一例を挙げますと、まずは幻想郷最大のコソ泥ともいえそうな魔理沙と四季映姫様との会話を再現しますと・・

映姫 「大量殺人ね」
魔理沙 「いいや、これが成仏だ」
映姫 「そんな事より、貴方。そう、貴方は少し嘘を吐き過ぎる」
魔理沙 「んなこたぁ無い。生まれて此の方、嘘一つ吐いたことが無い」
映姫 「これからもそのままだと……貴方は舌を抜かれる事になる」
魔理沙 「なんだ?突然年寄りの説教みたいな事言うんだな」
映姫 「普段の生活から見直す必要があるわ。
     もし私が貴方の裁きを担当すれば、貴方は舌抜きの刑ね」
魔理沙 「アレか?最初から予備の舌を用意しておけばいいのか?」
映姫 「二枚舌は二枚とも抜きます。その減らず口も今の内に直した方が良いわね」
魔理沙 「そうか、舌を抜かれたくなければお前を倒せばいいんだな?」
映姫 「地獄の存在は、罰を与えるために有るわけではないのです。
    最初から生者に罪を負わせない為に地獄はある。
    それを生者に気付かせるために私が居る。貴方は、少し痛い目にあってでも、
    自分の生活を見つめ直すがいい!」

四季映姫様の魔理沙に対する「汝、悔い改めよ!」という警告はなんかとてつもない迫力がありますね!

続きまして妖夢です!


妖夢 「そうなんですか……でも、何故そんなに幽霊が増えたんでしょう」
映姫 「60年に一度位、こういう事が繰り返されてきたのよ。
      今までもずっと……。危険は無いから放っておくと良いでしょう。
      それはともかく、貴方。
      そう、貴方は少しこの世に来すぎている」
妖夢 「……」
映姫 「貴方は半分幽霊なのです。今のままこの世に来すぎると……
      私も貴方を裁かなければいけなくなる。
      もし私が裁きを担当すれば、貴方を人間として地獄に落とします」
妖夢 「地獄!って、私は冥界の者です。
      何で裁かれなければいけないのですか!」
映姫 「だから、貴方は冥界の者としての行動を取っていますか?
      何にも考えずこの世の者と戯れてませんか?
      それでは駄目なのです。貴方は生きている者とは
      同じでは無いし、死者でも無い。その不安定な位置に
      居るから、冥界に住め、幽霊も斬れるのです」
妖夢 「今でも冥界に住んでるし……幽霊も斬れます!」
映姫 「貴方は少しこの世に馴染みすぎたわ。
      野生の狼も飼えばペット。幽霊もこの世で生活すれば生き物。
      貴方はここで少し裁かれる必要がある。
      紫の桜の下で今までの罪を顧みよ!」

これは冥界の白玉楼にて亡霊のゆゆ様にお仕えしている半分人間で半分幽霊の「妖夢」に対する
映姫様からのありがたい忠告ではあるのですけど、
同じ幽霊系でもプリズムリバー三姉妹に対しては映姫様は「おまえらは喧しい!」みたいな事を注意しているだけなのに、
妖夢に対しては、妖夢の存在意義とか妖夢が果たすべき役割等についても四季映姫様らしい鋭い指摘が
入っているのは「さすが!」と思ってしまいます。

妖夢は普段の日常も白玉楼にてゆゆ様から言語明瞭意味不明のありがたい話を始終聞かされていますので、
案外とチルノ同様に「またか・・」みたいな馬耳東風状態なのかもしれないですね。




mmyonnn_convert_20130806172153.png




ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!

上記にて四季映姫様からありがたい(?)お説教を食らっていた一人が妖夢と言う事で、実は久しぶりにアミグリさんが
描かれた妖夢をご紹介させて頂きたいと思います。
現在は酷暑真っ盛りの8月と言う事で、涼しい気分になるためには幽霊を目撃したりアイスクリームを食べるのが
いっちば~ん!と思われますので、幽霊とアイスをテーマにしたイラストであったりもします!

上記の妖夢はアミグリさんが2013年8月に描かれた「アイスみょん」です!

妖夢が手にしているアイスクリームはとっても冷たくて美味しそうですね!
妖夢は半分幽霊という事で、阿求の「東方求聞史紀」においても、人間よりは体温が低めと設定されていますので、
別に夏場でもアイスを食べなくても十分冷たさは感じているのだとは思うのですけど、
とにかく夏場の美少女は水着とアイスクリームがとてもよく似合っていると思いますし、
まさに美少女・妖夢らしい夏の雰囲気がとってもよく描かれていると思います。
妖夢の雰囲気も、まさに「夏本番!!」という感じですね!
見ているだけで「妖夢と一緒にアイス食べたいなぁ――!!」と思わせてしまうとっても楽しい一枚だとも思います!!

さりげなくこの妖夢の絶対領域も素晴らしいと思います!

妖夢が手にしているのはソフトクリームではなくて、サーティワンで販売されているようなトリプルコーンタイプなのですけど、
もしも妖夢と一日だけ外界デートを楽しむことが出来るというのならば、
是非是非サーティワンに立ち寄らせて頂きたいものですね! (笑)
その時に妖夢があんなにも一杯ある種類の中からどのアイスを選ぶのかとっても興味がありそうですね・・(笑)
でもこんな美味しそうなアイスを妖夢が手にしていたとしたら、横でゆゆ様が「欲しいなぁ・・」みたいな顔を
されているのかもしれないですね・・・(笑)

上記のアミグリさんが描かれた「アイスみょん」は、その権利はアイスみょんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

閻魔様も分業化ですか^^;まあ、実際に亡くなる人の数も多いでしょうし、仕方ないのかもしれませんね^^しかしお説教大好きな人って、けっこういますよね~^^;私はどちらかというと逃亡する派ですね~。ああ、そーですね、ごもっとも~って言って逃亡します。まあ、心の底に思いやりがあるってことなのかもしれませんけどね~^^;

閻魔様・・

八咫烏(全力稼働中) 様


死後の世界のイメージでは、閻魔様のお裁きは再審なしの一発判決だと思われる中、映姫様は、
事前に手心を加えるという親心というのか、事前に「こままではあなたは地獄行」という事前通告をされているのは、
それは映姫様の元・お地蔵さまとしての慈愛なのかもしれないですね。

映姫様は話が長そうだから、ゆかりんも映姫様の姿を見かけるとパッと姿を消すのかもしれないですけど、
妖夢はお人好しだからついついお説教を聞いてしまうタイプなのかもしれないですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4360-3b3a4a68
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |