FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


マーチ「カタロニアの栄光」は1990年の全日本吹奏楽コンクール課題曲Cです。
1990年の課題曲は、個人的な見解ですが、1986年と並んで史上最高の課題曲の当り年という気が
します。
ランドスケイプは、N響アワーでもかつてお馴染みだった、池辺晋一郎氏の素晴らしい名作ですし、
風の黙示録は、名取吾郎氏の「遺言」みたいな作品です。
「マリーンシティー」も2分程度の極めて短い曲ながらも、メロディーラインがとても魅力的な
マーチです。
要はA~D全てが名作揃いと言うのは、中々無い事だと思います。
(自分が高校二年の時の1982年課題曲が史上最低の外れ年と言われたのとはエライ対照的だ・・・)

その中でも、マーチ「カタロニアの栄光」は大好きな曲です。
この曲は「マーチ」となっていますが、行進するような楽しい快活な行進曲ではありませんし、
正直この曲で行進する事は結構大変なのでは・・・??
この曲は、何となくですが、スペインというよりは、何か中央アジアとかアラビア半島の辺境地
みたいな香りが感じられるのです。
勿論、曲自体、イスラムの香りのような雰囲気も漂わせているのですが、
何か、遠いはるか昔、ヨーロッパ出身の兵士が、戦争に駆り出され、遠い中央アジアの砂漠が
延々と続く辺境の地で、故郷に早く戻りたいと願いながらも、
異郷の地で孤軍奮闘しているような香りを感じてしまうのです。

この曲が課題曲として演奏されている頃、自分自身はある地方銀行の営業職に従事していましたが、
6月頃、突然支店長に呼び出され、
「何だろう、何かヘマしたかな・・」とビクビクしながら行ってみたら
「はい、君、一週間後に甲府に転勤ね。三日で引継ぎし、荷物をまとめてすぐ甲府に行ってね。
なーに、君は独身で次男だから、特段困る事もないだろう。大丈夫、2年ぐらいしたらすぐに都内店舗に
戻れるはずだから・・・」と
いきなり人事異動通知書を提示されたからです。
そして一週間後に炎天下の盆地のくそ暑い甲府に飛ばされたのですが、
自分は山梨とは縁も縁もない人間なので、
「えー、何で自分が甲府に・・・、だけどこの異郷の地で孤軍奮闘して頑張ってみよう」と
思ったものです。
そんな時、この「カタロニアの栄光」を聴くと、縁も縁もない見知らぬ土地で孤軍奮闘している曲の
自分自身のイメージと自分自身の当時の心境がピタリと符合し、
何か結構この課題曲は好きになったものです。

だけど、この課題曲、演奏する方としては結構難しそうですね。
木管の甲高い響きとか不協和音、変拍子に近い拍子感・・・
結構奏者の方は大変だったと思います。

この曲、90年に来日したハンスバーガー/イーストマンウィンドアンサンブルのコンサートの
アンコールで演奏されていましたが、あまりのテンポの速さに驚いたものです。
やはり色々な解釈があるものですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/436-3cea6d40
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |