FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吹奏楽コンクールは県レベルで微妙に規定とか運営が異なっている場合も実はあったりもします。
私自身は何度か書いた通り仕事の異動で1990年~96年まで山梨県に在住していましたけど、
山梨県の吹奏楽連盟の当時の規定では、中学の部に限り「C部門」を設け、ここの部門は人数制約一切なしで
関東大会への推薦は無く県大会で終了するという規定があったのは大変面白いものがありました。
ある学校は50名の近くのまるでA編成のような人数で臨み、「アルルの女」をおおらかに演奏したけど、
元々関東大会出場を希望していないと言う事であえてA部門に出場せず、県大会で終わってしまうC部門に
出場したのかもしれないですね。
山梨県大会は出場チームが元々少ないので、他県のような地区予選というものはなくても8月のお盆頃の
県大会での一発勝負という感じでしたので、B部門やA部門に出場すると、もしかしたら県代表に選出されて
9月まで練習を続けないといけなくなり3年生の部員の受験生に受験勉強に支障をきたすという配慮がもしかしたら
あったのかもしれないですね。
C部門に50名近くの人数で出場したチームがある一方で、わずか7名で臨んだチームもありました。
この7名の演奏は、アンサンブルコンテストと対して変わりがないような気がしますけど、
確か私の記憶では、小太鼓・クラリネット・フルート・サックス・トランペット・ホルン チューバのみの
特殊編成で、シューベルトの「軍隊行進曲」を演奏してと思います。
そしてこの演奏の面白かったのは、全奏者が全員暗譜で、起立しての演奏スタイルといのが
大変ユニークでしたので、これは今でもよく覚えていますし大変印象的でした。

現在も山梨には、こうした人数制約なしのC部門ってまだあるのかな・・?

そうそう、千葉県にも面白い規定がありました。
1987年の千葉県大会では、確か小編成において、
当時は課題曲はA~Eまでの5曲しかなかったのに、課題曲F「なのはなマーチ」という独自の
課題曲を設けていたと思います。
「なのはな」というのは千葉県の県花なのですけど、印象としてはとっても可憐でキュートなかわいらしい行進曲という
記憶があります。
何チームがこの課題曲Fのなのはなマーチを演奏していましたけど、現在残されている録音や記録がないため、
私の記憶しか媒体がないのは何か少し残念な感じがします。
なのはなマーチ、結構愛らしくて楽しい曲だったなぁ~という漠然とした記憶はあるのですけど、
メロディーラインがどんな感じだったのか等は既に全く記憶に残っていないです・・(泣)
1987年の吹奏楽コンクールの課題曲には、Aの風紋とEのマーチ「ハロー! サンシャイン」という素晴らしき名課題曲が
あるのですけど、それはそれとして小編成用の技術的に平易なコンクール用課題曲を用意しておいたと言うのは
当時の千葉県の吹奏楽連盟の粋な計らいと言えるのかもしれないですね。

千葉県大会というのは、1987年の大会以降は実は一度も聴いた事が無いもので、その後も千葉県の吹奏楽連盟が
独自に課題曲の番外編というシステムを設けているか分りません。
こうした県独自のシステムやアイディアは素晴らしいと思いますし、こうしたローカルルールは県大会レヴェルでは
もっと導入した方が県独自の個性を出す意味ではいいのかもしれないですね~

ちなみにですけど、埼玉県の県の木は「ケヤキ」で、県の花は「サクラソウ」です。
だけど埼玉県には千葉県のような「サクラソウマーチ」はなかったですね~(笑)
そして埼玉県の県の鳥は「シラコバト」でして、埼玉県のいっちば~ん!のゆるキャラのマスコットは
シラコバトに由来するコバトンであったりもします。
埼玉県の吹奏楽関連で独自のマーチを作る場合は、「コバトンマーチ」の方がいいのかもしれないですね~(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

昔の千葉県吹奏楽コンクール

 千葉県の吹奏楽コンクール、昔は3部、2部、1部と部門が分かれていました。1部は自由曲のみで7分程度、2部は課題曲と自由曲で12分以内、この両部門は県大会のみで、人数制限もありませんでした。そして関東大会、全国大会に通じるのが3部、という形態をとっていました。年によって2部での課題曲に3部でのマーチ等易しめのものが入っていたり(70年代後半)、また1部でも課題曲が課された年もありました(1977年)。
 1部、2部と3部とのレベルの差は歴然としていて、どの学校も3部目指して頑張っていたような時代だったと思います。

 1981年に特別2部という部門が出来、現在のB部門と同じ7分以内の自由曲のみの形態が出現し、恐らく関東大会から東関東大会へと改変された頃に現在のA,B,C部門の体制に移行していったようです。(90年代以降20年間程度のコンクール事情はあまり把握していませんのであしからず)


 なのはなマーチ、恐らく聴いたことはあると思いますが、どんな曲だったかの記憶は残っていません。また複数年とりあげられていたような記憶もあります。
 千葉県の場合、編成の大小よりもレベルで部門分けされていた感があり、いまでもその意識が残っているような風土が若干あるように思うのは自分だけかな?

 思いつくままに記しましたが、昔のコンクールのプログラムを引っ張り出せば、より正確な情報が引き出せるかも知れません。その際は後日報告したいと思います。

千葉と埼玉はレヴェルが違うのかも・・!

とりあえずホラ吹き 様


これは千葉県と埼玉県に共通している事なのかもしれないですが、両県共にとにかく吹奏楽のレヴェルは大変高く、
本選とも言うべき県大会に進めるチームが少ないというか
地区予選でふるいに掛けられてしまい、全支部を通して屈指のハイレヴェルの県大会が実現している事は驚異的だと
思います。

1部、2部と3部とのレベルの差は歴然としているというのは、サッカーのJ1とJ2以上の差があるという事なのかも
しれないですね。

西関東と東関東で埼玉と千葉が突出してレヴェルが高いのは、そうした伝統や出場チームのとてつもない多さというものが
あるのかもしれないですね。


そうそう・・7/7の当日の記事にもお名前だけなのですけど、とりあえずホラ吹き 様のお名前もちらっと登場してきますので
ご了解頂ければ幸いです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4354-72e98cce
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |