FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


繧峨・繧√s_convert_20180619013614




「ラーメン大好き 小泉さん」では本当にたくさんのすてきに美味しそうなラーメンが登場していました!
どちらかというと醤油ラーメン・とんこつラーメンが小泉さんのお好みなのかな・・?と感じられもしましたけど、
小泉さんはトマトラーメン・激辛ラーメン・紫色のラーメン・パイナップルラーメン等の変化球ラーメンもかなり積極果敢に
食べているシーンが何度もありましたので、要は小泉さんはとにかく「おいしいラーメンが大好き!」という事なのかも
しれないですね~(笑)

上記は漫画版の「ラーメン大好き 小泉さん」の一コマですけど、王道醤油系ラーメンが本来のお好みの小泉さんも、
その反動でミドリムシラーメンといった個性派ラーメンも時に食べたくなるという事なのだと思います。

本記事においては「ラーメン大好き 小泉さん」のアニメ版第5話の中から「ミドリムシ」の話を取り上げさせて
頂きたいと思います。
さすがに「ミドリムシラーメン」というのはカップ麺では商品化は難しいのかもしれないですね~(笑)




94047ab1-s_convert_20180619013915.jpg




私が高校生の頃って昭和も後半の方でしたけど(汗・・→年がバレバレっすねぇ~・・)
当時の国公立の大学受験はマークシート方式でお馴染みの共通一次試験でしたし、
(国立の中で一期校・二期校と違いがある世代は私よりはるかに年上世代ですねぇ・・汗・・)
当時の「理科」というのは、生物・地学・化学・物理という4科目から成立していました。
ちなみに私の世代のひとつ学年が下以降だと、この4科目が統廃合になり、理科Ⅰと理科Ⅱに改変されることになります。
そういう意味では私の学年までが純粋に「生物」という科目を受けた最後の世代ということになるのかもしれないですね。

「ラーメン大好き 小泉さん」第5話の中で、どんな科目名なのかはわかりませんけど「生物」の授業と思われるシーンが
あったりもします。
そしてそこで登場していたのが「ミドリムシ」だったのでした!

あー、この黒板に書かれていた、単細胞生物・動物性・植物性というワードは懐かしいというか
生物の授業でそんな用語を聞いていたような記憶もありますね~!
黒板の動物性・植物性というワードの横に「ミドリムシ」という言葉が出てきますが、
ミドリムシは確かに単細胞生物なのですけど、鞭毛運動をする動物的性質をもちながら、
同時に植物として葉緑体を持ち光合成を行うため、「単細胞生物は動物または植物の区別が難しい」という話の事例として
授業で使われることが多いから、小泉さんたちの授業でもたぶんそうした話が理科教師から出ていたとい事
なのでしょうね・・

だけどたぶんですけど小泉さんは先生のそうした話は上の空で、その時頭を過ぎっていたのは「ミドリムシラーメン」
の事だったのかもしれないですね! (笑)

「ミドリムシはその中間に分類されるのですが、虫と言っても昆虫ではないんです。鞭毛という触手で動き回りますが同時に光合成も出来るという珍しい――」という先生の話を全く聞いていないで上の空というのは何も小泉さんに限った話ではないようで、
大澤悠も・・この日の前日の話・・・
小泉さんからの「以前ご馳走になったラーメンが美味しかったのは事実ですけれど…それだけです!」というきつーーい
現実のお話と
「また…悠さんの手作りラーメンを食べに行きたいけど、恥ずかしくて言えない…」という大澤悠の脳内妄想が
ごちゃ混ぜと化していて授業を全く聞いていないというのもなんだか脳内妄想の塊と小泉さんストーカーと化してしまった(?)
悠らしい話だったと思います(笑・・)




繝溘ラ繝ェ陌ォ_convert_20180619013702

繝・ぅ繝シ_convert_20180619013740




ミドリムシは上記で記したとおり動物と植物両方の特徴を持つとても珍しい自然素材です。
そのため、野菜や魚などに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、EPAなど59種類の栄養素を持っていますので、
サプリメントは勿論の事、クッキー、飲むミドリムシ飲料、飲むミドリムシのグリーンティーなどにも既に使用され、
その商品化の多様性は相当なものがあると思います。

先日ですけど私もものは試しと思い、ミドリムシのグリーンティーを飲んでみたのですけど
「おいしい青汁」という味で、特にミドリムシという意識を感じることなく一気に飲み干してしまいました~!

そうした中、ミドリムシ商品という事で異彩を放っているのは「ラーメン大好き 小泉さん」でも既に登場していた
ミドリムシラーメンなのだと思います。




d6ccf080_convert_20180619014104.jpg



大澤悠のグルーブ仲間として、ツンデレツインテ美少女の美沙とクラス委員長の堅実な潤がいるのてすけど、
小泉さんは美沙・潤とはどちらかというと普通に接しているのに、なぜか悠だけは冷たい態度を取っているのは
この漫画・アニメり見所の一つですね~! (笑)
悠の「美沙や潤には普通に接しているじゃん! 私だけ冷たい態度を取られるのは納得いかなーい!」と小泉さんに対する抗議の
声は、ま・・あれはある意味自業自得でもあるのですけど、
小泉さんはああいう御方ですので、ある一定の距離をおいて接した方がより仲良くなれるのかもしれないですね~!
ちなみにアニメ版では、悠は両手を左右にかざして小泉さんに抗議の声を上げているのに対して
漫画版では公衆の道路で悠は寝転がりながら駄々っ子のようにジタバタと抗議の声を上げているのは、
アニメ版ではさすがに「悠が気の毒なのかも・・」という配慮なのかもしれないですね・・

ミドリムシの授業のあと、美沙と潤は「ミドリムシは意外と美容にいい」という会話をするのですけど、
生真面目で探究心旺盛な潤は色々と考え込んでしまいます。

潤 : 虫じゃなくて藻の一種なんだって、さっき授業で習ったのに…)

潤 : ミドリムシ、別名・ユーグレナ・・美しい眼という学名を持つ、体長0.05mの単細胞生物

潤 : 六十種類もの豊富な栄養素を含み、健康食品として、更には光合成可能な生物として地球温暖化対策や
    バイオ燃料生産などさまざまな分野で注目されている

潤 : あのミドリムシか… どんな味なのか興味あるな・・
    (べ、別に流行ってるからとかじゃなくて、あくまで単細胞生物への好奇心で知りたいだけ!
    ほ、ほら私、将来理系への進学も視野に入れてるし…)

()部分は潤の心の声なのですけど、中村美沙は典型的なツンデレ娘ですけど、潤のこうした心の声は潤の意外とあり得る
ツンデレさん設定を示唆しているのかもしれないですね~

さてさて、そうして潤がミドリムシの味について考え込んでいる時に、まるで潤の心を読んでいるかのように
潤の背後に現れたのは言うまでもなく小泉さんだったのでした!
    
小泉さん : ミドリムシ・・

小泉さん : ラーメンにもあります。およそ六億個ものミドリムシがスープに入ったみどりらーめん・・

潤 : あの…小泉さん、ちょっと良い?そのラーメンって…

そしてこの後の展開はいうまでもなく、潤と小泉さんは(大澤悠を放っておいて)二人でそのみどりらーめんを
食べに行くのでした~!





48aa3fd6-s_convert_20180619013843.jpg




ちなみにですけど「ラーメン大好き 小泉さん」第5話で登場していた「みどりらーめん」とは、
都内の山手ラーメン本郷 安庵の実在するメニューだったのでした!
このラーメンは残念ながら私は実食した事はないのですけど、
「バジルのあっさりとした香りが口中に広がり、オリーブオイルも多少入っているせいもあるのか
スープパスタを食べている感じに近い」という感想がかなり聞かれるとの事です。

さてさて、小泉さんと潤の感想はどんな感じだったのでしようか・・?

小泉さん : 今日は奮発してミドリ増しです

潤 : ミドリ…増せるんだ。なにはともあれ…

2人 : 頂きます

潤 : この緑色の中にミドリムシが…何億匹も」

潤 : バジル風味のイタリアンみたい…

潤 : まさに今…身体の中に…六億個のミドリムシが流れ込んできている・・!

このラーメンはどちらかというと夏向きという感じで、真夏の暑い時に夏バテ対策とか清涼感を少し求めたい時に
うってつけのラーメンと言えるのかもしれないですね!




bb874e4e-s_convert_20180619014201.jpg


b4f7cd24-s_convert_20180619014026.jpg



そして小泉さんも潤もお約束の(?)ふはー状態となってしまいます!

いいてすね~! 小泉さんに限らず、悠・美沙・潤といった現役JKさんたちがこうやって美味しそうにラーメン食べて
最後は満足そうに「ふはー」というあの恍惚のためいきは本当にすてきなものがあると思いますし、
あの「ふはー」を聞くとテレビ東京で年に一度のペースで放映されている「孤独のグルメ」をついつい連想してしまいますね!




bdc667e5-s_convert_20180619013817.jpg



さてさて、この第5話のミドリムシのお話はやはり小泉さんらしいオチで締めくくられています!

潤 : バジル風味で美味しかったけど、ミドリムシ自体の味はよくわかんなかったかな

小泉さん : そうですか。それではこれから麺の方にミドリムシを練り込んである店に行きますか?

潤 : え!? 今から?今すぐはちょっと…お腹が・・

小泉さん : 地下鉄ですぐですが腹ごなしに歩いて行きますか?

潤 : ミドリムシって…一日にそんなに大量に摂取して良いものなの??

(結局、潤は二杯目のミドリムシラーメンを付きあう事になってしまいます・・)

潤 : 結局二杯目も完食…

しかし・・・! 潤の言葉のあとに小泉さんすら飛び出した言葉はなんと・・!
「では、私は次の店に」というものだったのでした~!
うーーむ、小泉さんはラーメン大好き美少女JKさんなのですけど、実は小泉さん自身は全くの無自覚なのですが、
小泉さんはとてつもない大食漢でもあったという事をこの回で見事に実証していました!

そう言えば・・

第10話のジャンボ餃子の話でもそうした小泉さん大食漢伝説の話も炸裂していましたね!

美沙・悠 : えっ!? ここ!ジャンボラーメンの大食いチャレンジあるじゃん!小泉さん挑戦すれば良かったのにー

潤 : あーそうそう。この餃子も元は大食いチャレンジ用みたいだしね

小泉さん : チャレンジメニューのことは知っていましたが…大食い系はちょっと・・

小泉さん : 私は大食漢ではないので自信がありません・・・

潤(自覚が無いって…)
三人(恐ろしい…)

小泉さん : 委員長、追加の麻婆麺良いですか?あと餃子が残ってるなら下さい!
潤 : あ…うん…

うーーむ、この流れは凄まじかったですね~(笑)

ちなみにですけど、この話の中で小泉さんが完食したのは、担々麺 ・ジャンボラーメン ・春菊麺 ・チャーシュー麺
五目ソバ ・麻婆麺 +ジャンボ餃子の残り全部 という事でした・・
そしてこれだけ食べてもまだ余裕なのか、この店を出た後にも他店の餃子を美味しそうに眺めていました・・

やはり小泉さん自身には「自分は大食いなのかも~」という自覚はまるでないようですね・・

そして誰しもが思う事ですけど、小泉さんはこんだけ食べまくって一体どうやってあのスリム体型を維持しているのでしょうか・・?
謎は深まるばかりです・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ミドリムシを知らない人はあまりいないのですが、それが食品と言われると、やはり引いてしまう人もけっこういるのだと思います。かくいう私が、その一人ですので。「虫じゃなくて藻の一種」これがちゃんと浸透していないというのと、やはり名前にムシがついてしまっているのがまずいと思うのですよね~。でも世界では虫の料理は目下注目を集めていますね。たくさんいるうえに、たんぱく質なども豊富ですものね。問題は、おいしく食事ができるかどうか、ってところなんですが。。。

ミドリムシ

八咫烏(全力稼働中) 様


ミドリムシというと単体細胞とか不気味とかぬるぬるしているみたいなイメージがあると思うのですけど、
最近の宣伝のように「ユーグレナ」と言い換えると
なんだか知的でおいしそうで健康的に聞えるから不思議なものですね~(笑)

小泉さんはミドリムシでもどんな虫でもおいしければ見た目に関係なくどんどん食べそうな雰囲気が
ありそうですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |