FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1993年の課題曲は「課題曲改革」の一年目ということで、課題曲として出題されていた4曲は全てマーチという年でもありました。
一日丸ごとコンクールを聴いている身としては負担が減るというか、
難解な課題曲を聴かずに済むというリラックス感があったりして従来よりは、随分と「聴きやすい大会」という感覚もありました。
特に課題曲Ⅳ/マーチ「エイプリル・メイ」は大変親しみやすくメロディーラインが実に躍動的かつ美しい
という感じで、聴くだけで何か「ハッピー」な気持ちにさせてくれていたと思います。
もしもですけど、私自身が1993年にスクールバンドの指揮者であったと仮定したら、この年に選ぶ課題曲は
迷うことなくこの課題曲Ⅳだったと思います!
マーチと3月を掛けているのも作曲者の粋さを感じさせてくれますし、演奏しても聴くだけでも底抜けに楽しい曲だとも思います!
課題曲Ⅱのスターパズルマーチについては先週の土曜日に散々語っていますので今回は省略いたします。
課題曲Ⅰ/ターンブルマーチは、いかにも古典的マーチというかマーチの正統派という感じがあり、
悪くは無かったのに、あまり人気が無かったのは気の毒のように感じたりもします。

課題曲Ⅲ/マーチ「潮煙」はとっても大好きな課題曲です!

どちらかというと「行進曲」という感じではなくて、「ポップス+リズム」という感じですし、
この年の課題曲4曲の中では群を抜いて技術的には大変難しいものがあったと思いますし、後述しますけど、
その難しさの中でも圧倒的に難しいパートはトランペットセクションだったと思います。
県大会や支部大会でこの課題曲Ⅲを選び、最初から最後までリズムがぎくしゃくしてしまうチームとか
冒頭から大活躍するトランペットソロがしくじってしまいミストーン連発の演奏になってしまうとか
マーチ「潮煙」の「悲惨な事故」(?)は当時かなり続出していたような印象があります。
全国大会でも、袋原中学とか職場の部のNTT中国とかトランペットが外しまくってしまい、結果的に
自由曲で好演を見せても課題曲の印象度が悪いせいもあったのか、銅賞と言う評価になっていたのは、
これは客観的に聴いても「仕方がないのかも・・」という感じでもあったと思います。

あの「潮煙」のリズムがどんちゃん鳴る感じとか粋な感じとかあのノリは当時も今も大好きです~!

このマーチ「潮煙」なのですけど、最初にこの課題曲を聴いた時の印象は
「これってなんだか刑事ドラマのテーマ曲みたいな雰囲気なのかも・・」と感じたものですけど、そうした印象は
決して的外れでは無いと今でも感じていますね。
余談ですけど、刑事ドラマのテーマ曲と聞いて、
昭和育ちの世代の皆様ですと、太陽にほえろ・西部警察を連想されると思うのですけど、
平成育ちの皆様ですと、踊る大捜査線・相棒・古畑任三郎を連想されるのかもしれないですね。
そして昭和の頃ですと海外版の刑事ドラマのテーマ曲と聞いて真っ先に思い出すのは「刑事コロンボ」なのかもしれないですね!
あの口笛みたいな電子音の楽器は何だったのだろう・・?と当時は思っていたのですけど、
あれってどうやらメシアンのトゥーランガリア交響曲でお馴染みのシンセサイザーの遠い先祖でもありそうなオンド・マルトノと
知ったのはずいぶん後の話でした・・

1999年6月のサントリーホールでの東京交響楽団の定期演奏会の話ですけど、前半が矢代秋雄のピアノ協奏曲で、
後半がメシアンのトゥーランガリア交響曲でした。
プログラム全体の副題として「師弟の絆」とありましたけど、メシアンと矢代秋雄はフランス留学時代の師弟関係がありましたし、
ピアノ協奏曲第三楽章の後半の展開に悩んだ矢代秋雄が中村紘子に
「何かいい方法があったらぜひ教えて・・・」と懇願したエピソードから考えると確かにぴったりのタイトルかもしれませんよね。
この日の演奏は、中村紘子も東京交響楽団も指揮者の秋山和慶も大変素晴らしい名演を聴かせてくれ、
とにかく素晴らしい前半の矢代秋雄のピアノ協奏曲でしたけど、後半のメシアンはあまりにも曲が難解すぎたせいか、
曲の途中なのに席を立つ人が続出というのは、演奏者にとっては気の毒な話でしたけど、
あの難解さと十楽章構成という曲のあまりの長さを考えると仕方がないのかもしれないですね。
あまりにも前半の矢代秋雄のピアノ協奏曲が素晴らしすぎたゆえに、メシアンを同時に聴いてしまうと
矢代秋雄ですら優しく平易に聴こえてしまうのは、何か面白い感覚ではありました。
そういう私自身もトゥーランガリア交響曲に関しては、第5楽章「星の血の喜び」・第6楽章「愛の園」くらいしか分らないです(汗)

あれれ・・なんで私このカテゴリでメシアンの話をしているのでしょうか・・??

話をマーチ「潮煙」に戻しますと、この課題曲Ⅲは決まるとトランペットがとてつもなくかっこよく思えましたけど、
私的にこの曲でいっちば~ん!カッコよく感じさせる楽器はトムトムだと思います!
この曲はCDで聴くと「楽譜の中にドラムセットが指定されているのかな・・?」と感じさせてくれるのですけど、
実際はドラムセットは使用されておらず、その代わり最初から最後までトムトムが小太鼓・ティンパニに変って
リズムセクションをリードしているような印象すらもたらしていると思います。
特にラスト近くのトムトムの叩きっぷりは聴いているだけで爽快でした~!

1993年の高校の部は、ⅡとⅣに人気が集中し、ⅠとⅢを演奏するチームは極めて少なかったですね。
Ⅰは基町高校のみで、Ⅲは埼玉栄と東海大学第四だけに留まっていたのは大変意外でもありました。
私的にはこの課題曲Ⅲの演奏の中でいっちば~ん! よかったのではないかと感じさせてくれた演奏の一つが
関東大会での常総学院だったのですけど、なぜか常総学院はまさかのダメ金で、全国に進めなかったのが当時
残念でしたし、川崎産業会館でのこの年の関東大会・高校の部を朝から聴いていた私にとっては
「どうして常総が代表になれないの~!? 市立柏みたいなスカスカ演奏を代表にするなら常総の方が全然代表に
相応しいじゃん!」と当時文句をぶーたれていたものでした・・(汗・・)
Ⅰが人気薄と言うのは何となくわかるのですけど、Ⅲ/潮煙が意外と人気が無かったのは少し意外でした。
上記で書いた通り、この年の課題曲Ⅳ/マーチ「エイプリル・メイ」が実に楽しい曲で
技術的に平易ながらも演奏効果が非常に高いというコンクール課題曲としては大変お手頃な曲でしたし、
課題曲Ⅱ/スターパズルマーチも、「きらきら星」という誰もが知っている曲を引用していますので
ⅡとⅣの人気が高いのは当然という感じでもありました。

マーチ「潮煙」の全国大会の演奏の中では断トツの圧倒的な名演は神奈川大学に尽きると思います!

トランペットの技術的難解さを全く感じさせずに大人の余裕みたいな感じで終始リラックスした雰囲気で演奏していましたし、
自由曲の「ディオニソスの祭り」も素晴らしい名演だったと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ちと吹奏楽以外のコメントですが・・・

 演奏中の間違い、これはプロオケでもよくあるし、間違えることを常に前提とした人様のことだからある程度は仕方ないことです。ただテクノロジーの発達でレコード、CDで慣れた聞き手は、間違えて聴こえることに抵抗を感じるのは、現代ならではこと。またこう云った聞き手の増加で演奏者の技量が向上したのも事実でしょう。尤も、本番で結構間違えだらけに聴こえるのになぜか音楽の流れにハマっているウィーン・フィルのような、異次元のオケもあります。こんな境地、ある意味羨ましいものです。

 矢代秋雄のピアノ協奏曲、渡辺暁生/都響に中村紘子(だったかな?)の実演で聴いたことがあります。一緒にいた知人は「何かごった煮な感じだな」と言っていて、古典・ロマン派志向の人には受けが芳しくないようでした(自分は大満足でしたが)。この日は後半にこの協奏曲が演奏されたのですが、トリはラヴェルの「ボレロ」でした。フランス系でまとめて、循環形式が根底のテーマだったのかな。
 フランス系の曲、意外と形式、形態のしっかりしたものが多く、メシアンやブーレーズにも聴いていて感じられることがあり、特に後者はハチャメチャに見える楽譜を少しでもたどるとパズルのように音符が連ねられていて、それを認識して聴いていると面白くなってきてしまいます(とは言ってもかなりの覚悟がいるのは確実ですなあ)。また、楽譜そのものが絵画に見えてしまうこともあり、不思議な魅力をもっていると思っています。

 このメシアンとブーレーズの作品と一緒にケックランの管弦楽作品が並んだCDを一時期よく聴いていました。作品名が「バンダール・ログ」とか言って、「民衆のためのコラール」とは全く異なった荒々しさを伴ったものでした。凄まじさに唖然とさせられましたが、ケックランは、様々なタイプの作品を残しているようなので、いろいろ聴き探すのも面白いかもしれませんね。また、「ディオニソス」のフローラン・シュミットと時代的に近いハズなので、関連性も調べてみたいものです。

潮煙

仲間内では、「時代劇のオープニングみたいな曲」でした。
特に候補にあがるまでもなく、自分たちの学校では(無難に?)マーチ・エイプリル・メイに決定。

個人的にはスター・パズル・マーチが好みだったんですけど(できるできないは別で)、
まぁ、少人数で、金管ゴリ押し編成ではやむを得ないでしょうけどね(笑)

矢代秋雄/ピアノ協奏曲

とりあえずホラ吹き 様


矢代秋雄のピアノ協奏曲は、聴き方によっては映画音楽のようにも聴こえたりもしますし、
交響曲の複雑さに比べると大変わかりやすい曲のようにも感じたりもします。
第二楽章において作曲者自ら「夜明けの悪夢」と評した部分は「確かにそう言う雰囲気なのかも・・」と
感じてしまいます。
メシアンと矢代秋雄は師弟関係と言う事ですけど、私的には矢代秋雄の交響曲~第四楽章のラスト近くの
金管楽器の清らかなコラールの美しさは師匠の美的センスの影響が多少はあるのかな・・?と
思ったりもします。

メシアンの曲は、私にとっては分かりやすい部分と何を言いたいのかさっぱりわからん部分が交錯しているという
印象もあるのも事実ですけど、
指揮者としてではなくて作曲家としてのブーレーズもそうした印象はより強く感じる面もあったりしますね・・

ケクランの管弦楽曲がメシアン・ブーレーズと同じに収録されているというのも意外でした!



マーチ「潮煙」

某大学の卒業生 様


マーチ「潮煙」は刑事ドラマとして聴いても銭形平次や暴れん坊将軍といった日本の時代劇のBGMとしても
違和感がない感じが確かにあると思います。
93年の課題曲としてはⅣのエイプリル・メイが一番無難だし演奏効果が高いと思われますので、
Ⅳが一番多く選ばれたというのは当然なのかもしれないですね。

そう言えば「スターパズルマーチ」で引用された曲の中でも「七人の刑事」がホシつながりで
引用されていましたね~(笑)

マーチ「潮煙」とマーチ・エイプリル・メイ

潮煙とエイプリル・メイは多分ですけど、楽譜が表裏だったんでしょうね。
少なくともですが、地元の吹奏楽コンクールの県内地区大会も県大会も半分ぐらいの団体がエイプリル・メイを課題曲に選曲していたのに対し、潮煙は仰るとおりあまり課題曲として演奏されませんでした…。というよりもほとんど演奏されてませんでした。
管理人様が仰るとおり、あのトランペットソロが鬼門だったと自分も思いますし、表現もしにくかったのかな…?
この年から全部マーチの年と全部マーチ以外の年の隔年採用になったのが、四半世紀前のこととは言えど思い出されます。
マーチの年は技術的に平易でしたが、個性ある演奏が多く選曲も比較的バラけて面白かったですね。対して翌年1994年と4年後の1998年は演奏時間が約6分かかる曲が複数あったり、しかも多くの団体がそういう課題曲を選曲したり、更には表現がどこも似かよってたり……。自由曲は制限時間を気にしてか、「なんだ、木に竹を継ぎ合わせたような違和感あるこのカットは…」と思う演奏も出現したり。
1994年はそれでもいくらか選曲がバラけたと思いますが、1998年の「童夢」と「稲穂の波」に選曲が集中したときは、長い演奏時間が結果的に聴いてて疲労感があったり、似た表現が続いて聴いててウンザリしたりしました……。
約10年前からマーチとマーチ以外の曲が混在して採用されるようになったのは、個人的にはよかったと思います。

スター・パズル・マーチ

七人の刑事、確か最後のソロ部分がそうですよね。

ただ、当時大学生だったので、七人の刑事のリアルタイム世代じゃないので、
まったく気づきませんでした。
大人になって、偶然七人の刑事を聞いたときに、
「スター・パズル・マーチだ!」
と気づいたのですが、
犯人=ホシ(星)とまではわかりませんでした。

大学時代に、課題曲決めをするときに、とりあえず初見演奏し、
一発で分かったのはきらきら星とムーンリバーとスターウォーズくらいです。

それ以外にも数曲あるようですが、当時の大学時代のあの編成では、
楽器・パート不足で再現できず、気づかなかったのかもしれません。

苦手な課題曲

一秋田県民 様


1994年当時、私は仕事の関係で山梨に左遷(?)中でしたけど、その時に聴いていた山梨県大会でも
課題曲Ⅲ/潮煙を選択したチームはゼロでした!
その位難しい課題曲だったと思いますし、東北代表の袋原中が前年度金賞なのに、この年は課題曲の
トランペットのほぼ崩壊状態により、自由曲のサロメがあんなに見事な演奏をしているのに銅賞という評価は
妥当というしか言いようがなかったです・・(汗)

私も92年以前とか現在のようにマーチとマーチ以外の書き下ろし曲が混在した方がバランスが取れていて
好きです。
というか、94年の「雲のコラージュ」と96年の「交響的譚詩」が実は大嫌いという事もあり、この2年間のコンクールは
結構苦痛なものがありました・・
98年の「稲穂の波」は大好きなものでいくら聴いても飽きることはなかったですけど、私的に一番の稲穂の波は
やはり新屋高校に尽きると思います!

スターパズルマーチ

某大学の卒業生 様


93年の課題曲Ⅱのスターパズルマーチの元ネタはキラキラ星以外では

〇星に願いを
〇星は何でも知っている
〇組曲「惑星」~Ⅰ.火星
〇スターウォーズ
〇Moon River
〇星のフラメンコ
〇7人の刑事

といった曲が引用されています!

最初に聴いた時はキラキラ星とスターウォーズ以外はよく分からなかったのですけど、何度か耳にするうちに
「あ。これはあの曲の引用なのか~」というのが少しずつ分かってきたという感じでもありました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4306-c83497e2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |